掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1256] Re:[1242] 城 投稿者:ヒルネスキー 投稿日:2012/12/10(Mon) 17:15  

> ヒルネスキーさん、あの戦闘の記録はカエサル本人筆による内乱記しかないのですが、
> それによると、ポンペイウスの左翼の騎馬隊に対し、急遽、特別編成の歩兵部隊(第四列)を造った、
> これが途中から突撃して敵の騎馬隊を破った、としか書かれてません。
> が、歩兵の突撃で騎馬隊が敗れるなら、誰も苦労はしないわけで(笑)、
> ここら辺り、何かの工夫があったのでしょうが、その点につていは天才の文章らしく、
> 勝ってあたりまえ、とばかりに何の説明もないのです。
> よって、謎、としか言えないんですね。

逆に“歩兵の突撃で敗れる騎馬隊だった”という事はなかったんでしょうか。
例えば馬体の改良が行われていなかったからとか。


歴史と熱資材について
http://togetter.com/li/344926
>チンギス・ハーンの遠征では、戦闘で消耗した矢の回収・再生産を行なう移動型の兵器工場がついてまわっていたのでは

鉄の歴史T〜ブータンの鋼鉄切手〜
http://www.benedict.co.jp/Smalltalk/talk-53.htm

製鉄と歴史について
http://togetter.com/li/366702
 >ポン刀が輸出品として力があったのは、鉄の質の違いもあるでしょうのう。
>>数打ちでも、比較的リン少なきゃ靭性上がりますし。名前のとおり、兵器素材としちゃ靭性は重要でしょうし。
 >さいですな、いちいち叩いてスラグ出してたわけですし……


[1255] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/12/09(Sun) 18:37  

杉村さん、静岡はその手のイベントが多くて楽しそうですね。
1/18のトムキャットって、家を買い換える位の覚悟がないと購入不可能のような気が(笑)…。
ボンサイキット、ありましたねえ、そういえば。
スミソニアン、いつになったら再訪できるやら。

がらんどうさん、初めまして。
ルッサーといい、He219といい、5年以上昔に書いた記事がほったらかしでして…お恥ずかしい限りです。
ルッサーはBf108からアポロの生産管理まで、芸風、広い人ですから、
もう少しキチンとまとめ直して置きたいとは思っているのですが…。

私も、最初は模型の資料として写真を撮ってたんですが、最後にキットの箱を開けてから、
すでに3年以上経っております(涙)…

これにこりず、今後ともたまに覗いて見てくださいませ。


[1254] ルッサー 投稿者:がらんどう 投稿日:2012/12/09(Sun) 01:48  

はじめまして。ドイツ機ファンのプラモデラーです。
独レベルから1/32He219が出たのでググっていて、こちらにたどり着きました。
ルッサーの件は、航空ファンで元ホンダの鳥飼氏も触れていましたが、Bf108、109は彼がチーフデザイナーだったからこそ成功したのでしょうし、Me210の失敗はルッサーが去った体と思います。ハインケルに戻ってから、P.1055の担当だったんですね。

http://home.f08.itscom.net/galland/index.htm


[1253] クリスマスフェスタ 投稿者:杉村徹 投稿日:2012/12/09(Sun) 00:29  

静岡ホビーショーでおなじみ、ツインメッセ静岡に行ったら、やけにデカいF-14がハセガワブースに。
……手前のジョリー・ロジャースが1/48?

――1/18のF-14が塗装済半完成品(輸入)でリリース!?
同じく1/18のドーントレスは脚まで畳めるらしいですが――(くらくら)

バンダイブースで1/72完全変形VF-1の情報が無くてがっかりだったり、タミヤの物販が物足りなかったり、アオシマブースで1/24ハジメのソアラを買ったりしたのはさておき。

>恐らく工場は別か、下請けに出してるんじゃないでしょうか。
まあ確かに(汗)。タミヤ本社とその1階の工場(受付とロビーは2階)の印象が強かったので。
バンダイも時々、本社は東京だと忘れそうになります。
そしてアオシマの80スープラを作ろうとして、中身がAMT製の1/25だと気付いた時の衝撃(大汗)。

河合の箱庭、“ホントに芽が出る!”というあたりがウケたのかもしれませんね、あと金閣寺とかもシリーズにあったので、日本文化的なものとか。
……ああ、思い出しました。以前のワシントンDC/スミソニアンの記事中の“ボンサイキット”ですが、アマゾンで売ってました。
 
http://hokuso-kashiwa.com/kisha/html-meiki-sc-006.html

某氏さん
金型精度もそうなんですが、プラの質もどうなんだろー、とか気になります。


[1252] ゼロ戦 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/12/06(Thu) 20:52  

単体で見ると、そこそこの大きさなんですが、プレーンズ オブ フェイムでの展示の場合、
アホみたいに巨大なアメリカ海軍機とかを見た後にやって来る事になるので、
こりゃコンパクトだなあ、という印象を受けた記憶があります。

そういや橘花なんて群馬で組み立てて、なぜか木更津で飛ばしてますから、
あれ、どうやって運搬したんでしょね。


[1251] 今ものどかな場所ですが 投稿者:ヒラオ 投稿日:2012/12/06(Thu) 00:14  

初めて本物の零戦見たのは中学生の時でした。
太宰府遊園地に展示されていた、確か今は大刀洗にある機体。
「げ、こんなにでけぇの?」と思いました。

当時プラモで1/72の戦闘機と、1/35の戦車と、1/24のスポーツカーばっかり作ってて、スケール感がめちゃくちゃだったようで(笑)。

で、牛車の話、というかまたしても震電の話なんですが。
件の渡辺鉄工所(九州飛行機)がある雑餉隈(ざっしょのくま)から今の福岡空港までは直線距離で2kmほど。
大刀洗飛行場までは12~3km(同じく直線で)。

牛車で移動って、遠いようで近いようで…。


[1250] 伝統 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/12/05(Wed) 20:40  

とろさん、トラックの振動でクラックができましたか(笑)…。
周波数にもよるでしょうが、トラックの振動に耐えられない戦闘機を
空に飛ばしてしまう勇気もスゴイような気がしますし、その対策が牛車、
ってのはワビサビの世界なのかもしれません…

くさのさん、気球は両者ともフランスの発明ですから、あの国の人たちが
自ら航空先進国を任じていたのもある程度は裏づけがあるんですよね。
ツェッペリンが南北戦争に行ってたとは知りませなんだ。
よくよく考えると、南北戦争って、世界初の市民階級軍どうしの戦争かもしれませんね。
アンジャン・レジーム、存在しようがありませんし(笑)


[1249] 気球 投稿者:くさの 投稿日:2012/12/05(Wed) 04:19  

教科書にはモンゴルフィエ兄弟の熱気球が登場しますし、昔の
技術で水素ガスを作るのは難しそうな気がするせいか、熱気球
が先行して実用化されたように思ってしまいますが、ガス気球
もほぼ同時期に登場しているんですね。

フランス革命戦争でも気球は使われたらしいですが、本格的に
使われたのは南北戦争です(まあ、アメリカ人によるとです)。
南北戦争を「戦争ごっこ」レベルと評していたモルトケのプロ
イセンは、当初観戦武官すら送らなかったようですが、少なく
とも1863年には観戦武官を送り出しています。その観戦武官が
ツェッペリンで、南北戦争で使われる気球を見て飛行船の研究
を始めたとのことです。

南北戦争は素人同士の戦いなのですが、その分いろんなことが
試されていますね。潜水艦もそうですけど。


[1248] 航空機を牛で引っ張る伝統 投稿者:とろ 投稿日:2012/12/05(Wed) 00:17  

幾つか気になった事があります

三菱名古屋工場で作った戦闘機をトラック若しくは鉄道で各務ヶ原に輸送した際に
道路事情で細かいクラックが入ってしまいテスト飛行ができなかったので
ゆっくり移動する牛車移動に戻した って経緯があるようなのです

現在のアスファルト舗装って昭和40年台に入ってからで
エアサストラックとか導入されてない時代の道路事情や
輸送事情が関係しているのではないかと…


[1247] 豪華 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/12/03(Mon) 21:10  

瓦葺の船は豪華ですねえ…。
火矢を防ぐ、といった目的もあったのかもしれませんが、
さすがにちょっと重そうです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -