掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2180] 人其々 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/05/15(Thu) 14:05  

確かに仰る通り、様々な人がおりますね。

Wikiで「米軍兵による日本軍戦死者の遺体の切断」をひくと、かなりグロイ写真があり、どうしてもこういうショッキングなものに注意が行きがちですが、全体を見れば少数派なのだと思います。 
田舎から出てきた若者が多かったのは、中国戦線の日本も同じで、県内から出た事も無い人が、突然 海外に連れて行かれ、そこで見たものや土産が欲しいのも当然なのです。 それと同じ事が米軍でも発生して、規則上問題が無い 千人針やら日章旗などは、人気の土産だったと思います。

山本七平も、フィリピンの捕虜収容所で、手の器用な捕虜は土産作りが日常化しており、これを売ったり物々交換していたと書いています。


[2179] 自己顕示欲 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/14(Wed) 23:26  

うーん、個人的にはどうかな、と思いますね、その説は(笑)…。

ベトナムに比べるとはるかに平均年齢は高く23歳前後だったのですが、
それでも海外どころか州の外にすら出た事がなかった普通の田舎の若者が大半でした。
平均年齢23歳の田舎の青年たちの集団に、そんな十字軍的な欲求があったかどうか。
40過ぎのテキサスの保安官のオッサンとかなら十分ありえる話ですし、
一部には明らかに狂ってるといった人物が居たのも事実ですが、
平均年齢23歳の朴訥な田舎青年の集団全体が取る行動とは、思いかねるものがあります。

個人的には家に帰ってお母ちゃんに自慢しよう、位のレベルだったのではないか、
と思ってるのですが、こればかりは当時の現場に入ってみないとなんとも言えないところです。



[2178] 戦場土産の背景 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/05/14(Wed) 22:13  

私が読んだ本では、ハンティングと同様だとありました。
獲物の一部を飾って、強い自分を再認識という事です。
どこまで一般化できるかは不明ですが、そういう傾向はあったように思えます。


[2177] 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/14(Wed) 22:04  

五反田猫さん、やはりそんなところですか。
アメリカ兵が戦場からお土産を持って帰る、という妙な風習を持つのは
おそらくこの第二次大戦からなんですが、どんなルーツがあるのやら、どうもよくわかりませぬ。

sskさん、移動用の足場、というのは意外にいい線かもしれませんね。
艦橋周りも、まさに窓拭き用、という感じの位置にあります。
ただ射撃管制装置の場合、入口はあの台座下にあり、上にもハッチがあって
中から出入りすれば簡単に上部に登れてしまいます。
現状は塞がれてしまってますが、元はハッチだらけで、
回転後でも上部に出るのに苦労はなかったように見えます。

足場だとすると、整備用か清掃用だと思うのですが、
ここら辺りも、見た事がないのでなんとも言えませぬ…。


[2176] Mk.37 投稿者:ssk 投稿日:2014/05/14(Wed) 12:59  

こんにちわ。
Mk.37の写真眺めていて気付いたんですがアンテナ載ってる本体とと基部の塔の側面にそれぞれ梯子がありますよね。
本体が旋回すると梯子の位置が合わなくなるので、例のリングを伝って横移動したのではないでしょうか。



[2175] 99式の背景 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/05/14(Wed) 09:23  

以前 ペリリュー・沖縄戦記 (講談社学術文庫)を読んで、ショックを受けましたが、日本軍の遺品は土産として売られていたようですね。 軍服、階級章、武器は言うにおよばず、遺体の一部まで。

公式には、遺体の一部と、武器は、個人のものとする事は禁止され、禁令も出ていたのですが、裏返せばその事実が日常だったのだと思います。 99式にせよ、旧日本軍の武器は、アメリカの方が入手しやすいし、違法ですから持ち込みには海軍の将兵がかかわっていたのでしょう。


[2174] すごいのか 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/13(Tue) 17:17  

人類以外の動物でも高価な電化製品をかっぱらって走って逃げるヤツはいる、という証拠映像(笑)。
アフリカは怖い国だ…

しかし売りさばくルートがあるのか、何かよほど気に入ったのか。

https://www.youtube.com/watch?v=mB5Zw09cK0c

ついでに日本人が撮った猫の日常動画に、英語圏の人間が
what means this?(何が言いたいんだこれ?)
とコメントしてるのに対し、別の人間が、It's Japan. Don't question it.(聞くな、それが日本だ)
と答えてるのを見かける。
ああ我が国もずいぶんとキャラクターが立って来たなあ、と感動したり(笑)。


[2173] 小銃 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/12(Mon) 22:18  

ささきさん、情報どうもです。
おそらく99式だな、と思ったものの、なんか細部が変だなあ、
という感じがしてたんですが、そういった理由でしたか。

あの銃は両方とも1943〜45年に乗員だった人の遺品からの寄贈らしいのですが、
戦艦乗りの連中が、どうやって日本軍の銃を手に入れたのか、を考えると、
どうも終戦の混乱期に、売り飛ばしてた連中が居たんじゃないかという気もしなくもなく…
それともドイツ銃と違って人気がなかったので、海兵隊員あたりからもらったのかなあ。


[2172] 小銃とか拳銃とか 投稿者:ささき 投稿日:2014/05/12(Mon) 16:52  

鹵獲品の小銃、99式短小銃の末期型ですね。俗に「決戦型」とか言われているタイプです。
歩兵銃には距離による弾丸落下を補正するための「照尺」と呼ばれる目盛りつきの
照準器が付いているのですが、末期型ではピストルみたいなただの凸と凹に簡略化されて
います。

ピストルの方は解説どおり南部十四年式の初期型ですね。引金を覆う用心鉄が
ダルマ型ではなく円形で、グリップ下部に弾倉固定用の板バネが付いていないタイプ。



[2171] 使い道 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/11(Sun) 00:03  

私も装甲板か、弾片防御用のクッションをつけるんじゃないかなあ、と思ったのですが、
あれだけ写真が残ってるアメリカ戦艦で、そういった例が見当たらないのです。
艦長の言う事を聞かなかった班が罰として一斉に懸垂20回をやらされる場所、
といった可能性を個人的には考えております(笑)。

韓国のアレは使う場所と使い道を考えないで兵器を開発すると、そのツケを払わされるのは
現場の兵士なのだ、という気の毒な例だと思います。
まあ、わが国の場合も、あまり人の事、言えない部分がありますが…


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -