掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1252] ゼロ戦 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/12/06(Thu) 20:52  

単体で見ると、そこそこの大きさなんですが、プレーンズ オブ フェイムでの展示の場合、
アホみたいに巨大なアメリカ海軍機とかを見た後にやって来る事になるので、
こりゃコンパクトだなあ、という印象を受けた記憶があります。

そういや橘花なんて群馬で組み立てて、なぜか木更津で飛ばしてますから、
あれ、どうやって運搬したんでしょね。


[1251] 今ものどかな場所ですが 投稿者:ヒラオ 投稿日:2012/12/06(Thu) 00:14  

初めて本物の零戦見たのは中学生の時でした。
太宰府遊園地に展示されていた、確か今は大刀洗にある機体。
「げ、こんなにでけぇの?」と思いました。

当時プラモで1/72の戦闘機と、1/35の戦車と、1/24のスポーツカーばっかり作ってて、スケール感がめちゃくちゃだったようで(笑)。

で、牛車の話、というかまたしても震電の話なんですが。
件の渡辺鉄工所(九州飛行機)がある雑餉隈(ざっしょのくま)から今の福岡空港までは直線距離で2kmほど。
大刀洗飛行場までは12~3km(同じく直線で)。

牛車で移動って、遠いようで近いようで…。


[1250] 伝統 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/12/05(Wed) 20:40  

とろさん、トラックの振動でクラックができましたか(笑)…。
周波数にもよるでしょうが、トラックの振動に耐えられない戦闘機を
空に飛ばしてしまう勇気もスゴイような気がしますし、その対策が牛車、
ってのはワビサビの世界なのかもしれません…

くさのさん、気球は両者ともフランスの発明ですから、あの国の人たちが
自ら航空先進国を任じていたのもある程度は裏づけがあるんですよね。
ツェッペリンが南北戦争に行ってたとは知りませなんだ。
よくよく考えると、南北戦争って、世界初の市民階級軍どうしの戦争かもしれませんね。
アンジャン・レジーム、存在しようがありませんし(笑)


[1249] 気球 投稿者:くさの 投稿日:2012/12/05(Wed) 04:19  

教科書にはモンゴルフィエ兄弟の熱気球が登場しますし、昔の
技術で水素ガスを作るのは難しそうな気がするせいか、熱気球
が先行して実用化されたように思ってしまいますが、ガス気球
もほぼ同時期に登場しているんですね。

フランス革命戦争でも気球は使われたらしいですが、本格的に
使われたのは南北戦争です(まあ、アメリカ人によるとです)。
南北戦争を「戦争ごっこ」レベルと評していたモルトケのプロ
イセンは、当初観戦武官すら送らなかったようですが、少なく
とも1863年には観戦武官を送り出しています。その観戦武官が
ツェッペリンで、南北戦争で使われる気球を見て飛行船の研究
を始めたとのことです。

南北戦争は素人同士の戦いなのですが、その分いろんなことが
試されていますね。潜水艦もそうですけど。


[1248] 航空機を牛で引っ張る伝統 投稿者:とろ 投稿日:2012/12/05(Wed) 00:17  

幾つか気になった事があります

三菱名古屋工場で作った戦闘機をトラック若しくは鉄道で各務ヶ原に輸送した際に
道路事情で細かいクラックが入ってしまいテスト飛行ができなかったので
ゆっくり移動する牛車移動に戻した って経緯があるようなのです

現在のアスファルト舗装って昭和40年台に入ってからで
エアサストラックとか導入されてない時代の道路事情や
輸送事情が関係しているのではないかと…


[1247] 豪華 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/12/03(Mon) 21:10  

瓦葺の船は豪華ですねえ…。
火矢を防ぐ、といった目的もあったのかもしれませんが、
さすがにちょっと重そうです。


[1246] 無題 投稿者:へまむし入道 投稿日:2012/12/03(Mon) 13:12  

そういえば戦国時代の大船の艦上構造物は本当に家を作る大工が作ってたから、城とまではいかなくても瓦葺の屋根の船もあったそうで・・・


[1245] お城とか 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/12/03(Mon) 10:16  

杉村さん、童友社の状況にそれほど詳しいのではないですが(笑)、
恐らく工場は別か、下請けに出してるんじゃないでしょうか。
ガンプラ全盛期のバンダイとかも、本社は普通のビルの中ででしたし。

そういや、河合の箱庭シリーズ、香港の模型屋で見た事があります。
需要、あったんですかねえ…。

某氏さん、大和の艦橋が姫路城の天守閣とか想像すると、
意外に天下とれちゃいそうな気がしてきますね(笑)。

山城というと、本場は恐らく朝鮮半島なんですが、
連中の場合、何かあったら平地からそこに避難して
門を閉ざしてそのまま敵が去るまで持ちこたえる、という発想なので、
調べてみると、ホントに山を丸ごと城にしてたりして驚きます。

隋、唐帝国が高句麗に連敗してる原因の一つともされてますが、
なにせ10世紀以前のまともな資料が全くない国(だから好き放題に書かれた論文が星の数ほど)
なので、ホントに高句麗時代からあったのか、
なんで騎馬民族の連中がそんなもの思いついたのか、と謎は多いですね。

余談ですが、日本語の城で本丸、二の丸と呼ぶのは
朝鮮の山城で峰の上に作られる構造物をマルと呼んだのがルーツ、
という話もあったりしますが、これも確証はありません。

ただし、日本で最も古い要塞式の城郭、大宰府近辺に築かれた
防人時代の山城に、丸と呼ばれる部分が残ってたりするので、
意外にこの話は信憑性があるかもしれません。


[1244] 石垣の石は一つ一つ塗る(無理) 投稿者:某氏 投稿日:2012/12/02(Sun) 23:33  

小学生の頃は普通に作るだけじゃなくてウォーターラインに櫓とか天守閣を移植して遊んでた覚えもあります(笑)。

実はつい最近、20年ぶりくらいに姫路城を組んだのですが(アクセサリーとして熱帯魚の水槽に沈めるため)、
確かにパーツの合いは…でした。直線で構成されてるパーツだらけのはずなのに…(笑)。

竹田城はなんか最近えらいことになってますね。なんでもこれからは入場料取る予定だとか。
建物が何も残ってない(石垣が残ってるだけで「保存状態がいい」部類に入る謎の世界ですが、城マニアは)くせに徴収するのは珍しいような(笑)。


[1243] そういえば帆船も未経験 投稿者:杉村徹 投稿日:2012/12/01(Sat) 22:42  

>童友社は以前の家の近所に本社がありまして、
タミヤ本社とバンダイホビーセンター(つまり静岡工場)は何度か中に入りましたが――普通の一般住宅みたい、という事は工場は別だったのでしょうか?
あと、仕事途中にフジミ本社の前を通ったりしましたが「え!? ここ!?」と驚くようなムードで。(普通の町工場か倉庫みたいな)


>あの会社が城シリーズの販売を引き継いだのは
倒産した河合商会のキットも引き継いでくれないかなあ、と。
ttp://d.hatena.ne.jp/alfa145qv/20121022
まだしばらくは市場在庫もありそうですが。

城プラモは、童友社の高知城を作ったくらいですが……本物の近所(徒歩15分前後)に住んでた者としては
「石垣の周りは!?」
というのが正直なとこで、あとパーツの合いは(血涙)。
ノイシュバンシュタイン城は――理想としてはこういう作例が。いやもう確かに箱に比べて意外と小さいんです!
ttp://blog.livedoor.jp/marutake_shige/tag/%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%9F%8E

旧イマイの流れを組む木工製品メーカー「ウッディジョー」が、目下駿府城を試作中ですが、これもちゃんと製品化されるのか――来週のクリスマスフェスタ(静岡ホビーショーやタミヤフェアと同じツインメッセ静岡で開催)で、色々突っ込んで聞いてみようかと。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -