掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1112] 実写 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/08/23(Thu) 23:50  

ウチのサイトを読んでくださった方のホームページで、
非常に興味深いものがあったので、運営者の方の許可を取ってこちらで紹介しておきます。

大戦中の偵察用カメラ、あちこちの博物館では見たのですが、
こちらでは個人で所有していて、実際に撮影までされておられます。

トップページ

http://shantiwing.rakurakuhp.net/

日本陸軍 99式極小航空写真機

http://shantiwing.rakurakuhp.net/i_789750,si_95547.htm

日本海軍 手持式航空写真機 F-8型  六桜社製
(撮影サンプルはなし)

http://shantiwing.rakurakuhp.net/i_789750,si_95019.htm

ドイツ空軍 小型カメラ ROBOT 2

http://shantiwing.rakurakuhp.net/i_789750,si_95023.htm

99式極小航空写真機とか、意外に平面的ではなく、パースがつくんだとか、
いろいろ考えながら見ると、面白いです。
hya さん、掲載許可、ありがとうございました。

*追記
ウチの掲示板だとアドレスが切れてしまうので、コピーペーストで行くか、
トップページに飛んで、上のメニューからスクラップぶっくを選び、2ページ目に進むと見れます。

ついでに、本日、いよいよpanasonic のLX-7が発売ですが、
今回は4万円台前半になるまで待とうと思います…


[1111] 源ちゃんの伝統 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/08/22(Wed) 19:54  

越冬するクワガタっているんですか。知りませなんだ…。
街中ですから、どっかのデパートで買ってきたのが
脱走して繁殖、今に至るという可能性もありにけりかも。

あのバイク、カッコいいなと思ってましたが、ハーレーですか。
むき出しの状態でホットロッドって、天国に一番近いジャンルのバイクだなあ、
と思って見てました(笑)。

アメリカの航空機の国内生産、国内に金が落ちて、
技術も蓄積される、という説明はこの手の問題に対して
昔からよくみかけますが、個人的にはかなり疑問に感じてます。

例えばF-15にしろ、P-3Cにしろ、その導入のピークは
1980年代から90年代、つまり対日貿易赤字でアメリカが
完全にトサカに血が上っていた時期と重なります。
この時期の日本では、一国の首相が国民に対して、
もっとアメリカ製品を買いましょうと呼びかける、という
異常と言うほか無い事までやってるのです。

が、国民の皆さんが、1台150万円のフォードを5000台買ってようやく75億円。
F-15の1機分にも足りません(輸入なら2機ぶんですが)。
当時のアメ車で年間5000台の販売は、かなり難易度が高いレベルでしょう。

そんな買いたくもないアメ車を国民に押し付けるくらいなら、
F-15を200機も買いつければ、アメリカも当面は文句は言わないでしょうし、
(数百万台単位の車を輸入したに等しい)
さらにP-3Cを100機も買うんだから、十分と言える赤字解消への貢献となります。
国内で生産するメリットより、当時の外交状況を考えるとよほど国家的なメリットがあるわけです。

そして技術面。
あの記事中で指摘したように、国産化によるコストの増加は実に1兆5000億円を超えます。
これはスゴイ金額でして、たとえば国産(仮)戦闘機のF-2の開発費は、
余裕をみて見積もっても、3500億円程度に収まっています。
つまり、F-15とP-3Cの国産化をあきらめ、その予算を国産機の開発に回していれば、
F-2なら4機分ですから、F-3,4,5くらいまで造れちゃうのです(笑)。
無論、そんなに戦闘機は要りませんから、国産旅客機だって余裕で開発できる金額でした。

さらに最先端技術と言う事で言えば、地球外探査船、
はやぶさなどは大体100〜200億円の予算で打ち上げられます。
現在、100億円の予算不足で開発が停滞してるはやぶさ2号なんてケチな話ではなく、
1兆5000億円あれば、100機近いはやぶさ2号の開発が可能です(笑)。
その技術的な貢献度はどう考えても、小さなものではないでしょう。

もし、わが国の航空宇宙のために1兆5000億円ある、と考えた場合、
これをアメリカの機体のライセンス生産のために使っちゃえ、というのはあまり
賢い選択ではなかろう、と思うわけです。

ここら辺りは、当ホームページ公認の人間のクズ、
源田実閣下あたりにまでさかのぼる根深い問題なんですが、
意外なほどよく知られてないのですよね…。


[1110] くわがたー 投稿者:ささき 投稿日:2012/08/22(Wed) 13:46  

ヒラタクワガタじゃないですか?!
私の印象では山深い森林のクワガタなんですが、
意外と市街地近くに生息してるんですねぇ。
ヒラタクワガタは成虫が越冬して何年も生きる寿命の長い
クワガタです。高校の頃につかまえた個体はうちで2年
すごしたあと、三田の山に解放いたしました。

完成品輸入とライセンス生産の利害得失については、
輸入だと出費がすべて外貨流出になるのに対して
ライセンス生産だと内需につながって最終的には国民の
懐に帰ってくるのだし、国内航空産業の維持・育成に
役立つノウハウも手に入るのだから一石二鳥という
考え方もあります。それがどこまで「国民」一般に
還流しているかは怪しいところもありますし、ライセンス
料は結局外貨支出ですから、費用対効果をどう見込むかは
一概には言えないとも思いますが…。

ホットロッドのバイクはハーレーの V-ROD ベースですね。
空冷 OHV エンジン+鋼管フレームバカ一代のハーレー一家
としては珍しい液冷 OHC エンジン+軽合金フレームの
異端児です。燃料タンクのように見える盛り上がりは実は
ダミーで、燃料タンクはシート下のフレーム間に巧妙に
隠されています。
ヨーロッパや日本製の高性能バイクに対抗すべく開発された
車種ですが、アメリカでもあまり走っている姿は見ません。
個人的には、「カワサキのパクリ」でも「ドゥカッティの
出来損ない」でもなく、ハーレーが主張するハイパフォーマンス
バイクという独特の形状なので気に入ってはいるんですが、
バイク乗りじゃないので実力のほどは知りません(^^;


[1109] 10円の罪 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/08/22(Wed) 00:33  

inomamoさん、朝鮮戦争中もそんな事があったとは知りませなんだ。

どうも日本人をやってると10円玉の印象で銅(青銅)を安いイメージで見ちゃうんですが、
一応、オリンピックのメダルになってる貴金属なんですよね(笑)。


[1108] 青銅の時代 投稿者:inomamo 投稿日:2012/08/21(Tue) 22:23  

兵器のリサイクルですか…グラバー邸とか見る目が少し変わりますね。

青銅(砲金)といえば蒸気機関車のナンバープレートを連想します。
戦時中は金属供出で取り外されて、車体にペンキ書きしたり、木の板
を下げたりした写真が残っています。

戦後新たに作り直すのですが、朝鮮戦争の始まった昭和25年あたり
に再び砲金の入手が難しくなり鋳鉄製に変わったりしています。

これは日本だけの話ではなくて、アメリカのGMのクルマでも1952年式
だけはモデルチェンジを中止して、鋳物の装飾パーツを鉄プレスに
メッキに変更、なんてマイナーチェンジが行われたりしています。

戦時は硬貨も材質が変わったりしますね。

鉄の時代を経て石油の時代となっても、青銅はなお重要な戦略物資なん
だというのがよくわかります。


[1107] 突破 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/08/21(Tue) 20:43  

イギリス、そんなものを(笑)。
カティーサークなどの高速帆船の技術は、そういや
元々は密輸船のノウハウだ、みたいな話をどっかで見た記憶が…。

南軍、回収再生産をやってますか。
ナポレオン時代の戦争では、戦闘終了後、勝者は熱心に敵の青銅砲を回収してました。
当時は青銅の価格が高かったですから、売って大もうけするんだろう、と思ってたんですが、
溶かして自軍仕様の大砲にしていたのか、という気もしてきました。


[1106] 封鎖突破船 投稿者:くさの 投稿日:2012/08/21(Tue) 12:34  

南軍に武器を供給するため、イギリスの武器商人達は高速の封
鎖突破船なんてものを作っていましたからね。当然、ぼったく
り価格だったと思いますけど。

南軍の12ポンドナポレオン砲ですが、他の青銅砲(実際には真
鍮製もあると思います)を鋳潰してまで製造されています。そ
れでも足りなくて、最後は鉄で作っていますから、苦しかった
のは確かだと思います。圧倒的な北軍相手に、良く4年間も
戦ったものですよ。



[1105] 地球にやさしい 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/08/19(Sun) 21:45  

ああ、地球にやさしい兵器のリサイクルでエコですね(笑)。
まあ、当時の日本はなにせ金がありませんから、いらなくなったら即転売、なんでしょうか。

あまり詳しく調べてないのですが、南軍もあれだけ海上封鎖されながら、
意外に武器の供給は滞ってないんですよね。
経済が崩壊するくらいなんだから、武器だけ入って来たとも思えない。
となると北側で陸揚げして、こっそり陸路で運んだのかと思ってたりしますが…
いや、でも靴がないためにゲティスバーグの戦いは始まったわけで、やはり不足はしてたのか。


[1104] 中古の中古 投稿者:くさの 投稿日:2012/08/19(Sun) 03:25  

戊辰戦争時に大量に輸入された南北戦争の余剰兵器ですが、日
本には殆ど残っていません。何故かというと、戦争終了後、グ
ラバーさん達がアジアに再輸出したからです。

後装式のスナイドル銃(前装式エンフィールド銃からの改造)
は初期陸軍の制式兵器として使用されましたが、その他のミニ
エー式のライフル(スプリングフィールドとな)も相当あった
はずで、まあ、当時の武器商人は大儲けだったでしょうね。

南軍の主力になったエンフィールドですが、別に英国がアメリ
カ連合国を支援していたわけではなく、武器商人さん達が政府
の言うことを聞かずに勝手に売ったそうで。


[1103] ソウルの戦争 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/08/18(Sat) 23:47  

くさのさん、あれも南北戦争の中古品ですか。
となると、当時の東アジアは南北戦争の中古品最大のマーケットだった感じがありますね。
朝鮮半島も、馬車はほとんど発展してませんから、馬をトラクターとする技術はないでしょうね。
見栄で買っちゃったのかなあ…

sskさん、初めまして。
モデルガンですか(笑)…。
レプリカの多い博物館だとは思ってましたが、さすがにモデルガンは予想してませんでした…。
言われてみれば確かにそんな感じですね。確認のうえ、記事の方は修正しておきます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -