掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[585] 無題 投稿者:koshi_zai 投稿日:2011/08/15(Mon) 22:54  

アナーキャ様、素早いご返事ありがとうございます。
液冷機で対地攻撃は脆弱ではないか、とも思ったのですが、大戦中のP-40とか51Dで経験を積んでいたから大丈夫だと思ったのか、空冷機不足による苦肉の策だったのか……戦略爆撃番長なので何も考えてなかった、という気もします(笑)
英軍は空冷のシーフューリーで対地攻撃してますし。(あ、ファイアフライ………。)

数が揃わないのはD型でも苦労したらしいですね。州兵部隊から持ってきたやつも多く、機関砲を載せた新型が多数含まれていた海軍のコルセアとは大違いだったと何かの本で読みました。


[584] ざっと 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/08/15(Mon) 22:32  

ARさん、H型そのものについて見て行くと、ちょっと意外なのがその重さです。
軽量化を図ってるはずなのに、弾薬、燃料、オイル、冷却液全部満タンだと9544ポンド(lb)にもなってます。
ざっと4.33トン。

D型が同じような条件だとだいたい9700ポンド前後、4.4トンですから、約60kgの軽量化に終わってます。
0よりはずっとマシでしょうが、それでも上昇力などの数字を見ると、
そのレベルでは考えられない結果を出してますから、空力的な洗練とエンジン(V1650-9)の進化が
かなりの部分を占めていた、という事なんでしょうね。

ちなみに、最高速が戦時緊急(war emergency rating )で450mph、キロメートルに換算すると724.2km/h、
これを高度30700フィートで叩きだしてますから、大したものでしょう。
同じ条件でD型は435mph、700.1km/hを高度26200フィートですから。

上昇力も20000フィートまでD型の7分に対し、6.1分、10%以上速いです。

速度差は空力的な洗練なんでしょうが、上昇力のこの進化はあの程度の軽量化では説明付きません。
エンジンのパワーアップだと思うんですが、額面だけみると、V1650-9、それほど強力なもんでもないんで、
(ゆえにずっと軽量化のせいだと思ってました)
数字に出てこない強化された部分とかがあったんでしょうね。

koshi_zai さん、おそらくその通り、このタイミングでホントに
わざわざ低高度に振ったエンジンをテストしたなら、目的は対地攻撃用に使えるか、でしょうね。

朝鮮戦争に行かなかったのは実際、数の問題で、P-47同様、十分な数が揃わない、という理由で外されてます。


[583] 新エンジンの用途 投稿者:koshi_zai 投稿日:2011/08/15(Mon) 22:29  

1946年10月、ジェット戦闘機の未来が見えていそうな段階での新型エンジン開発…対地攻撃向けでしょうかね?
朝鮮戦争モノの本、とくに陸戦主体の本だとP-51DやF4Uが対地攻撃で活躍してますけど、H型は影も形もありません(笑)数が少なすぎたか…


[582] かなりスッキリ 投稿者:AR 投稿日:2011/08/15(Mon) 14:17  

言語のカベと、粗忽な性格からして、テストデータの
分析に全く向いてません。(汗)
暑い中お手数をおかけしまして...

簡単とは言いながら、要を得たご指摘で、だいぶスッキリしました(笑)
たしかにエンジンの名称も変ですし、高度も高度の切り替えも低いですね。

あと思ったのが、ミリタリーパワーでもかなり速いということ。
しっかり装備を積みラックも装着してテストしてるあたり
米軍のテストは信頼できる、てこと。
そんな状態でもD型のテストなど計算値以上の速度を叩き出してる点で
ノースアメリカンの計算値も信頼できるのでは、ということです。


[581] 追伸 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/08/15(Mon) 00:03  

あ、くさのさんの指摘に対する返事、書き忘れました。
米軍岸壁にいたので、アメリカンだろうと思ったんですが、
ご指摘の通り、どうも自衛隊の潜水艦ぽいですね。

ちょっと、今作業ができないので、後ほど修正します。
ご指摘どうもです。


[580] 参考意見 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/08/14(Sun) 23:53  

テストデータを読む場合、軽く神経症になるくらい、気を配る必要があります(笑)。
記事を書く場合はそれもしかたないのですが、
現状、ちょっとそこまで気力がないので、簡単にいくつか指摘するだけにさせてください。

1945年5月のデータ、これは恐らく、普通にH型のテストでしょう。
ここに出てるデータが、ほぼH型の平均的な性能であろうと思われます。

怪しいのは1946年10月のテスト。
最初にテスト機がなかなか来なかったので、テストがまともにできなかった、
といった言い訳が書いてありますが、とっくに配備が進んでたH型がなぜ、遅れたのか。
で、良く見るとこの機体のエンジンが変です。
Packard built Rolls Royce model V-17650-9 なんてエンジン、聞いた事がありません。
V-1650-9のタイプミスか、とも思いましたが、それにしてはそれ以外のデータも変です。

そもそも、過給機の変換高度が1945年のテストとかなり違います。
45年のH型は戦時緊急出力(war emergency rating )で高低の切り替えを
高度20000フィートあたりで行っているのに対し、46年のH型はわずか13900フィート、
軍事出力(military power)では45年が23000フィートオーバー(24000前後?)に対し46年が20800フィート。

実際、両者の最高速度を記録した高度も45年に対し、46年の方が低くなってます。
46年のはどうも、過給機のセッティングを低高度向けに変えた新型エンジンのテストじゃないでしょうか。

もう少し丁寧に検討してみないと断言はできませんが、
少なくとも46年のデータは平均的なP-51Hの性能を示してる、とは考え難いと思います。

とりあえず、この手のデータってのは、慎重に取り扱わないとエライ事になる、というのをご理解いただければ(笑)。


[579] 英語は苦手 投稿者:AR 投稿日:2011/08/14(Sun) 14:52  

たしかにD型以降のピンと跳ね上がったキャノピー、洒落てます♪

テストリポートやはりご存知でしたか。失礼しました(汗)
なるほど、B型やD型のテストも掲載されてますね!
(機会翻訳&自力でH型のとこだけ、ざっと読みました)

H型のテスト、おおむね良好と見てよいですか?
(アクセラレートした失速ってなんでしょう?)
一回目は、水噴射の不具合で従来通り?のブースト圧しか使えなくても
450マイル出てるから、さすが速いなと思いました。

問題は二回目ですね。水噴射が使えて圧がかけられるにもかかわらず
相変わらず450マイル!
これは変ですね。SLでは400マイルも出てるのに。ナゾすぎます。



[578] 潜水艦 投稿者:くさの 投稿日:2011/08/14(Sun) 10:28  

あれ、米軍のものではなくて、「おやしお」型の通常動力潜水艦
ですね。次の「そうりゅう」型からは舵がX型になっているので
見分けがつきます。つうか、自衛隊、空母の名前を潜水艦に使って
良いのか??


[577] 横須賀の謎 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/08/13(Sat) 23:35  

RGSさん、やはり軽量化が大きいのかな、というとこでしょうか。
ひゅうが、陸自どころか、米軍へリまで離着陸してるんですね。
汎用性高いなあ。

ヒルネスキーさん、なるほど、そっちですか(笑)。
なにか私が知らない、海上自衛隊関係のシンボルか、と思ったんですが、なるほど、そう来たか…


[575] ひむか 投稿者:RGS 投稿日:2011/08/13(Sat) 02:23  

最大幅こそベルファストより太い33mですが、
イージス艦よりも倍近い排水量なのにほぼ同じエンジンで
同じ30ktは出さなければならないので、
水線幅だと23.5mとかなり絞った設計だったりと。

ベルファストの時代の艦艇って、喫水線から艦体がそのままス
トンと上甲板まで垂直に立ち上がった水線幅と最大幅がほぼ一緒
という設計ですから、その辺も排水量の差に関係あるんじゃないかと。


ひゅうが、今回の震災でも派遣されていますが、定期修理で
横浜のIHIの造船所に里帰りした翌日に3月11日を迎えて、
本格的にドック入りしてすぐに動けなくなる寸前という
タイミングで修理を取りやめて、先発した他の横須賀配備の
艦艇から一日遅れで三陸沖入りしています。
http://www.mod.go.jp/msdf/ccf1/about/topic/20110620/index.htm(第1護衛隊群公式ページ)




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -