掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[738] それはクマった 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/26(Wed) 23:47  

ヒラオさん、人を一人も殺してないのに、あれだけ国家経済に貢献してる軍隊は
世界中探してもまずありませんから、誇っていいと思いますよ(笑)。
ギリシャ時代の彫刻に母性がテーマとして含まれるかは興味深いとこですね。
どの古代文明でも子孫繁栄で豊満型の女性像を造ってますから、
ギリシャにその流れがあっても不思議はないですが。

くさのさん、ヒグマがツキノワグマかでも変わって来るように思います。
昔会った南アルプスの猟師さんの話だと、ツキノワグマは銃声だけで
すぐ逃げ出してしまうから怖くないと言ってましたが。

某氏さん、昔誰かに聞いた
“負け戦&ショボイ作戦ほど名前がカッコよくなる法則”を思い出してしまいました(涙)
まさかエゾシカ相手に負け戦はないでしょうが…。
張り切り過ぎちゃったんですかねえ…。

猫ノ宮さん、そこら辺もヒグマかツキノワグマかで変わってくるんでしょうね。
大正4年の三毛別の時には、陸軍歩兵連隊に撃たれながら逃げ切ってますから、ヒグマ、恐るべしでしょう。


[736] 白糠の夜明け作戦 投稿者:某氏 投稿日:2011/10/26(Wed) 08:04  

熊とのカードはなくても自衛隊、確か昔々にトドにはセイバーで機銃掃射かましてたような… と思ってちょっと検索かけてみたら、どうやらごく最近にもエゾシカ捕獲に出動してるみたいですね。さすがに自ら鹿に機銃掃射とかいうわけではなくてハンターの支援を行った程度っぽいですが。

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/syoukai/siranuka/siranuka.html

しかし作戦名が、こう… たまの機会だからはりきりすぎちゃったというかなんというか(笑)。




[735] クマ対自衛隊 投稿者:くさの 投稿日:2011/10/26(Wed) 02:10  

確か、6.5mm徹甲弾だとクマを無力化できないんじゃなかった
かしら。かといって12.7mm重機関銃持ちだすわけにも行かない
し。

狩猟用ライフルの弾丸って、確かソフトポイントですよね。


[734] 「評価されてもいい…」っつても 投稿者:ヒラオ 投稿日:2011/10/26(Wed) 01:02  

(アメリカ)軍の基地で食ってるという地方都市、日本にもあったような(苦笑)。

しかし、「予算の消化とその経済的な波及効果では世界的に見ても極めて優秀」っていわれても、嬉しくないどころか泣き出しちゃうんじゃないでしょうか。

ただでさえ存在理由についてあーだこーだといわれてる組織ですから…。いっその事まだ「税金泥棒」とはっきり言われていた方が、それでも俺たちは平和の為に必要なんだと開き直れてよいのかも。

クマ相手に出動した事が無いて…猟友会以下ですか我が国の軍隊は(笑)。
まあ、しかし近所にクマが出たので出動を、と要請しても「地元の猟友会の相談してください」と彼らの側から断ってくるでしょうね。やんわりと。

とはいいつつも、勤め先の上得意なんですよねぇ航空自衛隊某基地(笑)。沢山モノを買って頂いておりますです。

あとしつこいですがギリシャのお姉さん。
理想の女性像、といった場合必ずそこには「母性」が加味されてくると思うのですよ。
とすればどうしても肉付きがよくなってしまうのかな、と。

自分も、も少しスレンダーな方が好みですが(笑)。
胸はあのくらいで。



[733] ハブ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/26(Wed) 00:41  

20世紀後半の経済の常識として、国家が金を分配する、という考え方があります。
要するに通貨の流通量の調整を、国の支出で調整してしまえ、という話ですが、
これは公共事業を意味することが多いですし、実際、それが普通です。

が、1950年代から60年代にかけての狂ったアメリカでは、この富の再分配の役割を担ったのが軍です。
この点は、ほとんど無視されてますが(笑)、アメリカが軍を通じで国内にばら撒いた通貨量は、
ニューディルなんざ屁でもねえ、という世界になっているはずです。
そして、実際、世界恐慌の不景気を吹き飛ばしたのは戦争による軍事支出でした。

日本の場合、規模ははるかに小さいものの、全てがアメリカのミニチュアですから(笑)、
自衛隊も似たような側面を持ちます。
特にくさのさんが指摘されたように、人件費という形で、
国内中に現金をバラ撒いているその役割は、決して小さくないでしょう。
まあ、具体的な数字ではまだ追いかけたことがないのですが(笑)、
いらん高速道を造るよりは、自衛隊を一つ駐屯させた方が、地方は潤う気がしますね。
アメリカみたいに戦争なんかやらんでも、ある程度の経済的な波及効果はあるでしょう。



[731] 自衛隊の経済 投稿者:くさの 投稿日:2011/10/25(Tue) 02:47  

自衛隊員の給料って、都市部では特に高いとは思われませんが、
自衛隊の基地や駐屯地のある地方都市のレベルだと結構高いん
ですよ。私の知人で、防衛庁勤務からとある島のレーダーサイ
トの隊長さんに転勤された人がいて、その方から聞いたのです
が、隊員にはなるべく地元でお金を使うように指導していたそ
うです。

それと、予算の確保の話ですが、冷戦時代は「F-15、50機確
保!」「よくやった」みたいなノリだったのが、冷戦後は、「
隊員宿舎予算、確保しました!」みたいな感じに変わったそう
です。


[728] SDF 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/24(Mon) 00:27  

自衛隊はまさに経済軍隊ですね(笑)。
私が知る限り、冷戦時代はもちろん、21世紀に入ってからも、
まともな実戦能力を持った事は過去に1年たりともありませんが、
予算の消化とその経済的な波及効果では世界的に見ても極めて優秀です(笑)。
この点は今後もそのままでしょうし、私はそれでいいと思います。
戦争なんてやらない限り、キチンと文民統制の効いた軍隊はいいものです。
そして、重工業がこれ以上発展しようのない国家において、軍の存在意義はそこにあるのですし。

軍の経済的な意義をキチンと考えた経済学者さんはあまりいませんが、
戦後のアメリカの経済なんかも、軍を抜きにしたら全く意味がないですしね。
1960年代位までは、軍の基地で食ってる、という地方都市はアメリカ中にゴロゴロしてたように見えます。
(ラスベガスも元はそういう街でした)
これはもう、立派な産業です。
ただ、この産業を維持するには戦争が必要でして、
しかも核ミサイルとかをバンバン撃たないヤツ、と細かい注文が付きます。
これがアメリカの悲劇で、この点、戦争はもちろん、山の熊相手にすら出動した事が無いのに、
(帝国陸軍は熊を相手に出動したことがある)
あれだけの経済規模を維持した自衛隊は、ある意味すごいのです。
その経済的な波及効果は、もっと評価されていい気もします。

ギリシャのお姉さんは、好みもあるだろうなあ、と思います(笑)。
個人的には、やはりもう少しスレンダーな方が…といった感じなんですが、
これぞストライクゾーンという人も多いと思います(笑)


[726] 掲載 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/23(Sun) 18:04  

くさのさん、正式にアップさせてもらいました。

幕末も、一時期の太平洋戦争以上にステレオタイプな説明が
今でも多く見受けられるように感じられます。
少しそこら辺を斜めに見てみよう、という意味では、それなりに意義がある内容かと。

ああ、確かに幕府がやった近代化は結構、多いんですよね。
そこに薩摩藩の島津斉彬が加わったりすると、実際は明治になる20年くらい前から、
日本の近代化はスタートしてたような感じがします。


ARさん、感想どうもです。
かなり手落ちがあった事に今になって気が付いて弱ってたりもするんですが、
まあ、黙ってればバレないだろうと自分を誤魔化しております…。

ギリシャの彫刻は確かに時代を超えてスゴイですね。
お姉さんが微妙に太めな人が多いのとフルチンがやたら居るのとが気になりますが(笑)、
それでも、2000年前の段階で既に完成されていた芸術だと思います。

ナポレオンの軍隊というのもいろいろ興味深い面がありますね。
同じ傭兵ではない、一般人から徴募した国民軍でも、結構、変化があります。
初期に多かった、フランス革命の興奮に乗っかって流れて来た志願兵、
つあまり「オレが世界を革命してやるぜ!」
という連中がゴロゴロしていた頃はベラボーに強かったんですが、
そういう人たちが皆死んだり田舎に帰って戻ってこなくなってしまった
スペイン以降あたりからは、かなり弱体化した印象を受けます。
やる気というか、士気ってのは、傭兵時代よりも管理が難しくなってるのかもしれません。
その問題が一気に出てくるのが第一次大戦末期のロシアとドイツなのでしょうね。


[725] おくればせながら 投稿者:AR 投稿日:2011/10/23(Sun) 14:35  

ロンドン旅行記完結おめでとうございます。
F22への道といい今回の旅行記といい、たいへんな労作で
いつも感銘をうけてます。

いまさらですが、ギリシャの彫刻はやっぱり爽やかだなーと。

あと、他の方へのレスへのレスで恐縮ですが、
ナポレオンの国民軍→軍隊→戦争 あるいは国家と軍と経済
の説明は、目からウロコというかコロンブスの卵というか
さすが、慧眼!とうなってしまいました♪


[724] 幕末のページ 投稿者:くさの 投稿日:2011/10/23(Sun) 13:20  

あ、全然問題ないですよ。

幕末の外交って、当然調べている専門家はいますし、最近は中
古本もアマゾンで買えますから、比較的調べやすいのです。が、
一般書では幕末というと龍馬や西郷さんが中心で、きっかけは
黒船だったかもしれないけれど、あとは自律的に日本は動いた
ような錯覚を起こしてしまいます。というか、錯覚を起こさせ
るような教育をしています。でも、実際は外交は幕府にとって
ものすごい重みがあったんですよね。

あと、日本の近代化は明治維新から始まったというような教育
もやめて欲しいところ。少なくとも軍事に関しては幕末から近
代化が開始されています。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -