掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[109] あれま 投稿者:アナーキャ 投稿日:2010/06/26(Sat) 22:06  

あら、こんなになってしまいますか、アシカ。
なるほど、こりゃ海の獅子…というか、年季の入った海のレゲエのおじさん、という感じですね。
情報どうもです。

アシカは日本近海のは人類史上有数の自然環境破壊期間だった
江戸期にほぼ壊滅させられてる印象があるんですが、
一時は東京湾周辺にもいたようです。
が、当時の庶民にとってアシカはゴロゴロ寝てるグーたらの代名詞でして、
やはり海の獅子とはとは遠い印象だったように見えます。
繁殖場所が、関東周辺にはなかったんですかね。

余談。
茨城県の鹿島神宮は東に鳥居が向いてます。海の方。
でもって、そのすぐ南、千葉の銚子には海鹿島(あしかしま)という土地があり、
ここは明治期まで、アシカやトドが生息しいてました。

……鹿島神宮の使いって、鹿じゃなくて、アシカじゃないの?
というのは、さて、考えすぎか…


[108] 海獅子 投稿者:ささき 投稿日:2010/06/26(Sat) 15:47  

アシカが Sea Lion な訳は、繁殖期のオスの姿にあります。
喉元に分厚い脂肪とタテガミを蓄え、牙を剥き出して
縄張り(=メスとの交尾権)を守るべく血みどろの闘争を
繰り返すのだそうです。
成熟したオスはこの通り、まさにライオンです。

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/f0/Male_southern_sea_lion.jpg

発情したオスのアシカはまさに野獣で、とても動物園で
扱えるシロモノではありません。日本の動物園で見る
アシカが「Sea Lion」というイメージからほど遠いのは、
それが御しやすい若い個体かメスばかりだからでしょう。


[107] 広い 投稿者:アナーキャ 投稿日:2010/06/23(Wed) 00:26  

あれはまあ、たいしたもんですね。
一番多い鳥はカラス、というあたりが東京だなあと思いましたが(笑)。


[105] バラス 投稿者:アナーキャ 投稿日:2010/06/16(Wed) 21:50  

えー、ここしばらくで、ワイルドウィーゼルはなぜワイルドか、をまだ書いてない、という突っ込みをいただいております(笑)。
ご指摘が親切心からである、と信じてやみませんが、忘れたわけではなく、もう一度戻るはずのベトナムの空で書きます。
が、いつになるのやら見当がつかないので、先にちょっとだけ書いちゃいましょう。

あれは、従来のレーダー探知活動が、フェレット、家畜というか愛玩用のイタチ、という名だったからです。
フェレットは、イギリスとかでは猟犬代わりに、ウサギなどを穴倉から追い出す、というのに使われ、
そこから敵の対空管制用レーダーを穴倉からあぶり出す、という意味でそう呼ばれました。
対空管制レーダーなんだから、敵が近づかないと沈黙して居場所がわからない、
よって友軍が飛行してる間に電波傍受によってあぶり出す、という意味。

が、ワイルドウィーゼル(野生イタチ)の場合、穴倉か追い出すどころか、
その場で自ら叩き潰しにゆくわけで、より凶暴なイタチ、ということでワイルドウィーゼル、というニックネームになったようです。

おしまい。


[104] ゴッドエンジョイスロープ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2010/06/09(Wed) 22:58  

ああ、そういやあのアタリでしたね、理科大。
まだ未訪ですが、一度そのうち行ってみたいと思ってます。

あの施設のCGはスクリーンの湾曲の補正をかけた上で、レンダリングしてるんでしょうかね。
あるいはIMAX(ドームの方)みたいに、レンズにそういった補正がかけてあるのか。
あれがご家庭内に入ってくるなら、一台欲しいなあ、と思います(笑)。


[102] とりあえず 投稿者:アナーキャ 投稿日:2010/05/23(Sun) 01:19  

なぜか連続して同じような質問をメールでいただいたので、
どっかで何かあったのか?と思うんですが、
今後のことを考えて、こちらにも書いておきます。

アメリカ空軍の分類において、航空優勢戦闘機(air superiority fighter)
に分類されているのは
F-15
F-16
の2機種のみ。
F-14は海軍機ですし、これは戦闘機相手に空中戦をやる機体ではありません。
航空優勢も確保する気はないのです。空母への脅威への排除専用機でして、
そもそも、設計思想が根本から違います。
(ボクサーと鉄砲もったヤクザみたいなもん。同じ土俵で戦う機体ではない)
ついでに、F-16とF-15も空戦用、とはいえ、根本から設計思想が異なるんですが、
この点は追って、F-22記事の中で説明しますので、しばしお待ちを。

でもって、航空支配戦闘機(air dominance fighter)に分類されてるのは
F-22
F-35(一応すでに決定済みらしい)
の2機種のみ。

そして、ここで言う空軍公式、というのは対議会、対納税者用の資料、
あるいは空軍のホームページなどの分類によるものです。
それぞれに航空優勢戦闘機パイロットの規制といったものがあるわけではないですが(機種ごとにはある)、
一応、公式な呼称となっている、とう感じですね。

ちなみに、一向にその点にたどり着いてないのですが(涙)、
この両者は、根本的に意味が異なります。
フェラーリとウルトラマンくらい、世界も実力も異なるのです。
(この点は、後に連載で登場する、ファイターマフィアの一人が強力に異議を唱えてるのだが)
ダテや酔狂でアメリカ空軍は分類を変えてるわけではないよ、という話があの連載のゴールなんですが…
いつになったらたどりつけるのか…
(予算確保用の議会対策としてのネーミング、という面も間違いなくある)

…なんか、どっかで流行ってるんですか、この話?


[101] 旅行 投稿者:アナーキャ 投稿日:2010/05/21(Fri) 21:16  

最後までおつきあいいただき、どうもです。
大阪は機会があればまた行きたいと思ってます。
ラピートは……誰も止める人がいなかったんでしょうか…

で、今年は、引っ越しをやってしまったこともあり、
予算的に厳しいのですが、さて、夏をどうするかと考えはじめてます。
…どなたか、アバディーンの陸軍博物館(戦車博物館)の引っ越しが、
いつ終わるのか、つーか、ホントに引っ越しやってるのか、ご存じの方、いらっしゃいます?

で、とりあえず、連載を中断していたF22の話を近日中には再開したいと思ってます。
できれば、本人も結構書いたことを忘れてた(涙)これまでの記事を読み返しておいていただければ幸いです。
アメリカ空軍の生い立ちと、ステルスという発想、この2本を別々に追いかけてゆきます。
まずは、アメリカ空軍の生い立ちから入る予定。


[100] 書き忘れ 投稿者:TA152 投稿日:2010/05/21(Fri) 15:24  

ラピートはデビューの時に見に行ってブッ飛びました。
さすがに年月も経ったんで、もう慣れ・・・ません。
鉄人28号をイメージして作ったんだろ。って話がありましたが真偽の程は定かではありませぬ。


[99] ああ・・ 投稿者:TA152 投稿日:2010/05/21(Fri) 10:18  

とうとう終わっちゃったのね。お疲れ様でした。
初めてリアルタイムで旅行記拝見したんですが、地元オーサカの話でもあり、大変楽しかったです。ありがとうございました。
それにしても山王町界隈に自らの意思で2回も行った観光(ですよね?)旅行者って大阪史上初なんではないかしらん・・・


[98] 花園 投稿者:アナーキャ 投稿日:2010/05/20(Thu) 00:17  

意外に全国展開になってきましたね、花園(笑)。

某氏さん、あ、花園天皇であってましたか。
以前、広隆寺だか映画村だか行った時に
現地で読んだ案内板の記憶しかなかったのですが、まあ、外してなくてよかった。

島原の近所にもある、といのは初めて知りました。
全然関係ない話ですが、昔、初めて壬生に行ったとき、
ここが壬生の狼、新撰組の居た場所か!と歩き回っていたら、
すぐに島原周辺に達してしまい、あ、連中、そういう事か、と変な方向に感動しました(笑)。
まあ、京都のそういう場所、というのはある意味あこがれだったのでしょうか。

くさのさん、情報どうもです。
九州にも花園ありますか。

仏教用語で花園、というと通常はルンピニを指します。
つまり仏陀さんの生まれた場所で、転じて子供の楽園、
みたいな隠語として使っている気配があります。
こういうの、明確な文章で残ることがないので推測ですが、要するに、子供のお墓です。
遊郭の傍、子供のお墓、と来ると深入りすると気がめいる話になりそうなので、
まあ、深入りはしないで置こうと思います。
が、誰か調べて、正確なトコがわかったら、こっそり教えてください(笑)。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -