掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[5292] スターリンの頭の中 投稿者:アナーキャ 投稿日:2020/09/13(Sun) 15:42  

1937年以降のソ連軍、すなわち大静粛後のソ連軍の場合、後にフルシチョフが述べたように
戦略も軍備も全てはスターリン一人の頭の中にだけありました。
明確な計画も、研究もなく、ただ狂人の妄想の中にあったわけで、すなわち理解不能です。

Tu-4のコピーはアメリカの戦略爆撃で弱体化したドイツに驚いたスターリンが新しいオモチャを欲しがった結果でしょう。
ところがアメリカがその供与を拒否したので、太平洋から飛んできたこれを盗作したわけです。

が、彼は最後まで膨大な爆撃機と、制空権確保の戦闘機の必要性が理解できず、
まもなく興味を失って、悪名高き大艦隊の創設に走ることになります。
ただし同時に宇宙ロケット、後のICBM開発に許可を与えてたりするので、まあ狂人ですね。

禁止ワードはおそらくロシア語か「コピー」でしょう。営業書き込みによく使われるので。


[5291] 無題 投稿者:キンギョ 投稿日:2020/09/12(Sat) 22:57  

ちなみに、作戦レベルで一定空域の優位を維持する、
という考えは古くからありましたが、近代的な「制空権」の概念とはやや異なります。
これを戦略レベル、それこそドイツ全土の空を制圧する、
というレベルの近代的な「制空権」へ進化させたのが
昼間戦略爆撃でドイツ本土に侵入していたアメリカ軍だったわけです。
 この部分ですね。すみません。確認してませんでした。
 ソ連の場合「戦略レベル」まではクリアしていましたが、それを敵国の本土まで広げようとは考えなかったんですね。
 あの国の場合、制空権を細分化してないので、戦略レベルであれば自国の領土内であろうが「いつでもどこでも」とは言えなかろうが、制空権に分類しちゃうんでしょう。
 つまりはアメリカより制空権の概念がゆるいんですね。
 制空権の概念がゆるいということは、制空権を重視していない証拠になり得ます。この辺の考えの甘さが朝鮮戦争などでの惨劇を引き起こしたのだろうなと思いますがいかがでしょう。

 そういえば、前にソ連がベルリンとかに爆撃をしたけどこれは戦略爆撃ではないのか?と質問して、この時にはソ連の爆撃によって戦意喪失を起こした事実はない、としていました。
 しかしながらもう一度調べてみると、ドイツ側はソ連の爆撃機がやってくるとは思ってなかったので、ソ連機をイギリスの爆撃機と誤認していた例も多かったようです。
 そのため、せっかくソ連が大規模な(アメリカほどの量ではありませんが)爆撃をおこなっても、ドイツのラジオ番組ではイギリスの爆撃を受けた!と報じたこともあったそうです。
 そのためドイツ国民が米英の爆撃と思っているものの中にはソ連によるものも相当数含まれていて、しかもソ連はそこまで何度も爆撃をおこなっていないのでその大半はドイツ国民からは気づかれずに終わっている可能性が高いです。
 ですので、そのような事実がなかった、というより、ソ連によるものと認定されていないものが多いという方が正しいのではないかと思います。
 それに、戦略爆撃の概念が全くないのに、スーパー戦略爆撃要塞を完コピしようとするかな?と思います。
 ところでこれ投稿しようとしたら禁止ワードが含まれています!と出て、最初から書き直しになったんですが、何でしょう?


[5290] 連載 投稿者:アナーキャ 投稿日:2020/09/12(Sat) 18:36  

「F-22への道」の書籍を出していただいたパンダパブリッシングさんが、軍事情報のWebサイト運用を始めました。

私も第二次世界大戦期から初期のFCS(火器管制装置)までの流れを追う連載を寄稿しています。
久しぶりに表に出せる夕撃旅団名義のお仕事ですので、興味のある方はご覧ください。

個人的には元テストパイロットの渡邊さんが連載を引き受けたのに驚きました。

あと、いきなり最初にお渡しした三回分の原稿が全部載っていて、さらに驚いてるのですが(笑)…

https://www.military-channel.jp/


[5289] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2020/09/12(Sat) 08:23  

キンギョさん、了解しました。
ただし制空権に関しては、そこだけではなく次のページ以降にも記述があります。
お時間があるときに、確認してみてください。

ホンダジェットの本に関しては知りませんでした。情報どうもです。今度確認してみます。


[5288] 無題 投稿者:キンギョ 投稿日:2020/09/11(Fri) 23:32  

ホンダジェットの層流翼について「ホンダジェット―開発リーダーが語る30年の全軌跡―」という本に、ホンダが層流翼の開発に行ったことについて書かれていました。
 図書館で借りたので手元にないので、間違っていたら申し訳ありませんが、今までNASAなどが行なっていた開発の方法とは全別の方法を使用したそうです。
 たしか、層流翼を全体として見るのではなく、部分部分に分けて考える、というものだったと記憶しています。


[5287] 納得です 投稿者:キンギョ 投稿日:2020/09/11(Fri) 23:26  

第二次世界大戦の前哨戦が始まってから、世界の航空軍関係者がほぼ同時に発見し、
その重要性に気が付いて、腰を抜かした概念が「制空権の確保」でした。
定義は難しいのですが、戦略レベルの空域で航空活動の自由を長期に渡り確保し、
場合によっては、その保護の下で地上戦を有利に進める、といったとこでしょうか。
誰もがそんなもんがあるとは思ってなかったので、例外なく、すべての航空軍は驚きます。
 
つまり、該当の記事で書かれた「世界の航空軍関係者」「全ての航空軍」というのにはソ連は入っていたけど、近代的かつアメリカ的な制空権の概念は持っていなかった、ということでしょうか。
 それなら納得です。
 ただ、そうなのでしたらもう少しわかりやすい場所に書いていただけないでしょうか。
 「いろんな国が制空権について気付いきました」と書かれた直後に「ソ連だけは違った」と書かれていたら、ソ連が制空権の初歩的な概念すら持っていなかった、と勘違いされかねません。実際、それで勘違いしたんですから。
 一応、最低限の読解力はあると自負しているので、ある程度は例の文章にも問題はあると思いますよ。


[5286] 層流翼 投稿者:アナーキャ 投稿日:2020/09/11(Fri) 17:12  

とりあえず、正確なデータは無いので、あくまで推測の範囲内ですが…。
私が話を聞いたのはエンジン部門担当者の方ですが、相当な風洞実験をやってるようなので、
その中で何か見つけたんじゃないかと。

ついでにホンダジェットの表面処理はまさにツルピカなんで、基本特性は共通のはずです。

ホンダの場合、技術データなどはあっさり論文やサイトの技術情報で公開したりするので、
そのうち、何らかの情報が入ってくるかもしれません。


[5285] 無題 投稿者:小豆 投稿日:2020/09/11(Fri) 13:46  

返信ありがとうございます。

NACAの層流翼は最厚部を後方に持ってきて乱流の発生を遅らせるとのことでしたが、ホンダJetの層流翼はまた別の秘密がある感じなんですね。

過去のNACAがそれを開発出来てたらP-51の性能はさらに凄い事になっていたかも(笑)


[5284] 層流翼 投稿者:アナーキャ 投稿日:2020/09/11(Fri) 04:36  

ホンダの場合、完全に独自開発ですし、自然層流翼という呼称を使ってますからNacaの物とは別ものでしょう。
層流を維持できれば層流翼ですから、失敗に終わったNacaの翼型と同じものである必要は無く、原理的にも別物かもしれません。


[5283] ホンダJetと層流翼 投稿者:小豆 投稿日:2020/09/11(Fri) 02:49  

いつもこのサイトを拝見させて貰っています。
ここでは層流翼の事について詳しく、かつ分かりやすく述べられているのでとても助かりました。

この前、なんとなくホンダのHPを見た時にホンダJetの技術について書かれてました。
クラス最高の巡航速度の秘密はホンダが独自開発した層流翼にあるらしく、乱流をなるべく抑えて高速性を上げたそうです。
しかし、こちらのサイトだと現実的に層流翼の効果発揮は厳しいとありましたが、プロペラ機とジェット機では訳が違って来るんでしょうか?

でもHPに載ってる翼型の画像だとスーパークリティカル翼に近い感じがしてたため、遷音速翼型も層流翼に含まれるって事なんですかね…?


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434] [435] [436] [437] [438] [439] [440] [441] [442] [443] [444] [445] [446] [447] [448] [449] [450] [451] [452] [453] [454] [455] [456] [457] [458] [459] [460] [461] [462] [463] [464] [465] [466] [467] [468] [469] [470] [471] [472] [473] [474] [475] [476] [477] [478] [479] [480] [481] [482] [483] [484] [485] [486] [487] [488] [489] [490] [491] [492] [493] [494] [495] [496] [497] [498] [499] [500] [501] [502] [503] [504] [505] [506] [507] [508] [509] [510] [511] [512] [513] [514] [515] [516] [517] [518] [519] [520] [521] [522] [523]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -