掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[5036] ホンダコレクションホール 投稿者:ゆう 投稿日:2020/01/01(Wed) 16:14  

アイルトン・セナ〜音速の彼方へ という映画を
見ました。
その中でざっくりとシフトバイワイヤーと
今では言われたりもする電子制御の話が出てきました。

ホンダコレクションホールの次回で
この辺のことを触れるのかな?と
勝手に思ったりしているのですが
どういう記事になるのか楽しみにさせて頂いています。

それでは今年も可能な範囲で宜しくお願いいたします。(笑)


[5035] 2020 投稿者:アナーキャ 投稿日:2020/01/01(Wed) 03:01  

本年も可能な範囲内でよろしくお願いします。


[5034] 投稿者:アナーキャ 投稿日:2019/12/24(Tue) 22:20  

狭霧 蒼樹さん、感想どうもです。
基本的にはその通りなんですが、本来は吸気の空気が通りやすいように網目の箱になってます。
当時の写真を見てもそうなってますから、なんで展示は金属板の箱なの、というのがあの記事の主旨となります。


[5033] 無題 投稿者:狭霧 蒼樹 投稿日:2019/12/24(Tue) 21:18  

ホンダコレクションホール等博物館の解説が面白いので読むのが止まらないです。
RA301のプランター状の部分はジェットエンジンの空気取り入れ口の対策とほぼ同じ(進行方向とエンジンの吸気管が90°なのでキャブレターのように吸い出される程)で、その対策の様です。
(参考資料 レン・テリー著 レーシングカー その設計の秘訣
 RACING CAR DESIGN AND DEVELOPMENTより)


[5032] いろいろ 投稿者:アナ-キャ 投稿日:2019/12/23(Mon) 22:33  

嶋村さん、厳密には1983年からフラットボトムによって事実上グランドエフェクトカーは禁止となってるので、
1990年代以降のベンチュリ管のような構造をグランドエフェクトには分類しません。
じゃあ何と呼ぶのか、というとその定義を私は見たこと無いので不明です(笑)。

2021年のグランドエフェクトは例の動画でしか見てないのですが、正直、よくわかりません。
もう少しいろいろ情報が出てきたら解説するかもしれませぬ。

j7wさん、あそこからここまでよく回復した、と思いました(笑)。
できればもう少しカタルシスが欲しかったですが。



[5031] 無題 投稿者:j7w 投稿日:2019/12/23(Mon) 22:07  

本日、骨折してから初めて暇潰しにスターウォーズみてまいりました。
確かにいい感じに纏まっておりましたなぁ🎵
初見して40数年、私にとっても完結までは長い道のりですた(笑)

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/100/ruusutaihuu.html


[5030] 返信 投稿者:嶋村速人 投稿日:2019/12/23(Mon) 21:30  

1990年以前のF1と以降では、同じグランドエフェクトカーであってもその原理というか仕組みが異なるのですね(フラットボトム規定が影響してるんですかね?)。どうやらそのあたりがごっちゃになっていました。教えて頂きありがとうございます。
最後に2021年以降のグランドエフェクトの考え方が異なるとありましたが、これは現在のF1マシンにあるリアウィングなどから発生する後方乱流抑制の代わりに、どういうアプローチか分かりませんが車体底面のグランドエフェクトを強化すると言う認識でいいのでしょうか?


[5029] ベルヌーイ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2019/12/23(Mon) 12:54  

流体力学の基礎、圧力とエネルギーは同次元の同じ量であり、その上でエネルギー保存則にしたがう、
よって流体の速度が上がると(運動エネルギーの増加)流体の静圧(気圧)は下がる(圧力としてのエネルギーの低下)、
というベルヌーイの定理を利用して気圧を低下させて負圧を生み出し、車体を地面に吸い付けるのが
グランドエフェクトカーの基本原理となります(ファンカーはいろいろ怪しいが)。

このため車体下の空気を加速し低圧部を生じさせるわけですが、断面積の変化でこれを行うのがベンチュリ管、
上下非対象の板の後ろで生じる渦(低圧部)の吸引による加速によって行うのが翼(ウィング)です。
そしてどちらもベルヌーイの定理を利用してる点では同じです。

ウィングカーは翼の生む降力(ダウンフォース)が主ですが、
凸部の頂点と地面の間の面積が狭い部分はベンチュリ管に近く、その効果もあると思います。

対して純粋にベンチュリ管に近い構造で負圧を得るのが1990年代以降のF-1です。
例のハイノーズと後輪から後の車体下面を上に跳ね上げる形にする事で、
横から見ると車体下面にベンチュリ管のような構造を生み出してます。

ただし、床周辺の囲い板、スカートが禁止のため周囲から流入する空気を停められらないので、その効果は限定的でしょう。
また、この構造は地面と車体下面の幅が変ると劇的に力の大きさが変わるため、
路面の凸凹、縁石への乗上げなどで突然、ダウンフォースが消えてマシンがすっ飛んでゆく恐れが常にあり、危険でもあります。
(これを防いだのがかつてのアクティブサスペンション)
ここらを防いで、安定してダウンフォースを稼ぐ工夫をしてるのが近代F-1の技術開発でもあるわけです。

この点、地面との距離にそこまで影響を受けないウィングカーの方が有利ともいえます。




[5028] 返信 投稿者:嶋村速人 投稿日:2019/12/23(Mon) 11:43  

返信ありがとうございます。
ベンチュリー構造と言いますか、ベンチュリ管のような構造(中間部で絞ることにより、内部を通る流速を上げる)によって車体底面に負圧を発生させる構造のことです。この構造によって車体底面に負圧を発生させダウンフォースを得ているものだと思っておりました。ファンカーもこの負圧の効果を安定させるためにファンを用いていると解釈しておりました。


[5027] 構造 投稿者:アナーキャ 投稿日:2019/12/23(Mon) 09:25  

すみません、ベンチュリー構造と呼ばれる構造を私は知りません。まずその定義の内容確認をお願いできますでしょうか。

またウィングカーはグランドエフェクトカーの中の一つですが、必ずしも両者はイコールではありません(スズメは鳥の一種だが鳥=スズメとは限らない)。
例えば2021年以降のグランドエフェクトカーはまたちょっと考えが異なりますし、
ファンカーに至ってはビックリドッキリメカの世界です。
私も全てのグランドエフェクトカーを知ってるわけでは無いので
その構造と効果を完全に説明するのはちょっと困難なのをご了承ください。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434] [435] [436] [437] [438] [439] [440] [441] [442] [443] [444] [445] [446] [447] [448] [449] [450] [451] [452] [453] [454] [455] [456] [457] [458] [459] [460] [461] [462] [463] [464] [465] [466] [467] [468] [469] [470] [471] [472] [473] [474] [475] [476] [477] [478] [479] [480] [481] [482] [483] [484] [485]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -