掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3023] アラスカ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/09/20(Sun) 20:57  

90人に一人ってすごいですね。
町内に一人二人は保有してるって事でしょうか。
私のアラスカの飛行機の印象はこれなんですが、

https://www.youtube.com/watch?v=TTuDeKxjPck

今年のコンテストの映像がいまだYou tubeに出てきません。
中止になっちゃったのかなあ。
一回は観に行きたかったのですが…。
これで空母に着艦しようとしたら、空母の方が速くて置いてゆかれるでしょう、という世界(笑)



[3022] アラスカ航空事情’ 投稿者:くさの 投稿日:2015/09/20(Sun) 11:46  

アラスカって、操縦免許持っている人の割合は全米平均の9
倍、自家用機保有率は20倍って聞きました。90人に1機自家用
機があるとか。

アンカレッジの郊外には庭に軽飛行機が駐機してある住宅街。
街がありました。近くの滑走路まで道路をタキシングしていく
とか。流石に現在ではこのような住宅街の建設は認められない
とのことですが、すでに作っちゃったものに関しては今更禁止
は出来ないと許されているそうです。


[3021] いいですねえ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/09/19(Sat) 21:08  

うらやましい限りです。
アラスカというと翼がオレンジだとか、ほとんど0距離で停止するデカタイアのレシプロ機とか、
向こう側にロシアが見えるのだろうかとか、個人的にはカオスな印象しかないのですが
一度は行ってみたいですね。

34ノット出る小型船なら、戦場で見張りさえしっかりしてれば雷撃も爆撃も避けれますね(笑)。
露天といえば戦闘指揮処もむき出しで、あれ30ノット以上、
時速60qとかで急速回頭なんかした日には吹き飛ばれるんじゃないかという気もします。
HMSベルファストとUSSニュージャージーで見ましたが、
戦艦なのでいざとなったら装甲指揮所があるニュージャージーはともかく、
HMSベルファストは完全な吹き曝しで、ここで指揮を執ったのか、と驚いた記憶があります。
短時間なら我慢しろ、適当な場所にしがみつけってのがイギリス式なんでしょうか。

空母の場合もミッドウェイの時、最大戦速で退避中の甲板から、
海上に転がり落ちてしまった人とか、居たんじゃないかなあ。


[3020] エルメンドルフ空軍基地とか 投稿者:くさの 投稿日:2015/09/19(Sat) 04:19  

一昨日まで家族旅行でアラスカに行ってました。アンカレッ
ジにはアラスカ航空博物館があるのですが、残念ながら時間
がなくて行けず。

ただ、アンカレッジからウィッティアに向かうアラスカ鉄道
から、エルメンドルフ空軍基地にF-22が連続着陸するのが見
えました。一旦フライパスして360度旋回して着陸していまし
た。冷戦華やかりし頃はアラスカは最前線で、フェアバンク
スからアンカレッジに向かうアラスカ鉄道からも、2001年ま
で使われていたクリアー空軍基地の長距離レーダーが見えま
した。

ウィッティアという小さな町から氷河クルーズにでかけたの
ですが、この町はもともと日本軍の侵攻に備えて、人員・物
資の陸揚げ港として建設されたものとのこと。実際に稼働し
始めたのは戦後ですが、軍が建設したビルが現在はアパート
として使われており、ほぼ全住民(といっても200人)程度が
このアパートに住んでいるという珍しい町になっています。

氷河クルーズに使われるのはウォータージェット推進の双胴
船ですが、なんと巡航速度34ノットでした。試しに高速走行
中にオープンデッキに登ってみましたが、風が強くてカメラ
のシャッターすら切れない(ぶれてしまってピントが合わな
いので)状態でした。大戦中の駆逐艦や巡洋艦には露天艦橋
用に遮風板がついていますが、確かにそれないととても指揮
ができるような状況では無いですね。


[3019] インド 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/09/13(Sun) 18:53  

デンジャラスですね、インド…。
10年以上前、知人がマニラに赴任していたとき、警備員付オートロックのマンションに住んでいる、
と聞いて贅沢だなあ、と言ったところ、でないと死ぬと答えられて、すげえと思ったのを思い出しました…


[3018] 無題 投稿者:kobikky 投稿日:2015/09/13(Sun) 00:17  

アナーキャ様,ボービントンの戦車博物館もかなり辺鄙なところなので、7月に一時帰国した際に国際免許を取ってきたのですが、長時間歩いて疲れた後に交通事情の異なる国で運転して事故でも起こした日には、会社から懲戒をくらいそうなので電車での移動で検討しております。
ちなみにインドでは自動車の運転を禁止されており、アパートの道路を挟んだ反対側のケンタッキーフライドチキンに行くにも、運転手に電話して迎えに来てもらわねばなりません。(道路の横断などしようものなら、それこそ命がいくつあっても足りない交通事情ですし、アパートから出た瞬間に強盗に会うかもしれないし・・・)
これがアメリカなら、レンタカー以外の発想はないのですが(笑)


[3017] ドックスの浅瀬 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/09/12(Sat) 21:04  

kobikkyさん、何らかの参考になったなら幸いです。
ちなみに結構高くつくので私はやめましたが、あそこはデカい駐車場があるので、
レンタカーで出かけてしまうのも手です。
あと、ほとんど無料ばかりのイギリスのこの手の博物館の中では、
例外的にかなり高い入場料を取られますので、この点も注意してくださいませ。


[3016] 一般観光は・・・ 投稿者:kobikky 投稿日:2015/09/12(Sat) 11:07  

アナーキャ様、MO作戦執筆中のお忙しい中、早速のお返事ありがとうございます。やはりダックスフォードは重要ですよね。行き方を調べていたら、平日は直行バスはなく、最寄駅にタクシーもなく、隣駅からタクシーか1時間半に1本のローカルバスで行くしかなく、しかもバスは「開館時間なんか関係ない」というタイムテーブルのため効率が悪く(おまけにアメリカ館は改装中で分散展示)二の足をふんでおりましたが、やはり行くことにします。
4年前に家族サービスで一通りロンドン観光は済ませているのですが、ワーナーブラザーススタジオの蛙チョコレートと百味ビーンズをお土産にたのまれているので、その合間に空軍博物館のMe110、Ju-87をピンポイント攻撃する、作戦としたいと思います。<m(__)m>


[3015] 日本海軍 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/09/11(Fri) 22:11  

海図が無かったので、暗礁を避けたのかなあ、というのは実はちょっと考えてました。
ただ、こんだけの作戦やる海域で、そんなのあるかなあ、というのと、
ツラギ侵攻部隊は普通に南側から侵入してますし、
MO主隊は重巡4隻に祥鳳込みでブーゲンビルの南側を抜けてソロモンに出ています。

なので、きちんと情報を持っていたのだろうな、と思ったのですが、考えてみれば日本海軍なんですよね(笑)。
海図が無くて暗礁を避けたか、特に夜間の突破となる今回はそれを恐れた可能性はあるような気はします。
案外、これが一番合理的な説明かもしれませんね。


[3014] ソロモン諸島を大回り 投稿者:すぅ 投稿日:2015/09/11(Fri) 09:11  

記事の中でソロモン諸島の大回りをご指摘されてましたが、空母を中心とする大きな艦隊が、よくわからない狭い海峡の中を突っ切るのはかなり勇気がいる行動なのかなと思います。特に当時はまだ正確な海図等もあったかどうか不明ですし、万が一艦隊の1隻でも座礁しようものならとんでもなく面倒になるでしょうし。さらにあの辺は熱帯だけに珊瑚礁が発達してる可能性もあり、ヤバい暗礁を見つけた時には手遅れとなりかねません。
実際はマライタ島とサンタイサベル島の間は抜けられる水深がありますが、その北のチョイスル島とサンタイサベル島の間、あるいはブーゲンビル島とチョイスル島の間は浅く、私ならビビッて安全なルートをとるかな、と思います。(ブーゲンビル島の南は航路はできていたはずですが)
いや、そもそもなんでわざわざソロモン諸島の北側から回ってるのかという疑問はあるのですが。

詳細に調べていただいた上に、ほぼほぼ憶測で物を言うのは恐縮なのですが、実際の船は結構浅いところを通るのが怖いものなので…。




[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -