掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2842] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/04/30(Thu) 19:13  

二日ほど出かけていたため、お返事がおくれました。

名捨てさん、基本的には私もそんな印象があります。
ただし2000年までだとソロス、意外に優秀でして
そこまでの約30年に複利年率で33%近い数字を残してたはずです。
1987年の大暴落でに大損失を食らっていながらの数字ですから、
それ以外の勝ってるときの数字は相当なものだったと思います。
ただし結局、クオンタム・ファンドの実績はジム・ロジャースが抜けた後、迷走しており、
これがソロスは運の人、という印象の一因かもしれません…。
この人単独での勝利はほとんどが投機性の強い為替相場ですし。

五反田猫さん、そこら辺りは日本の警察機構のマイナス面でしょうね。
日本の治安の安定に大きな力を持ってる組織ですが、過剰なまでの自己防衛本能を持つので、
その利権を侵す存在にとってはこれほどタチがわるい組織も無いとおもいますから…
金に汚いんだけど、それが合法的に処理できるようになってる、というのが問題なんだと思ってます。


[2841] 新しくなれない組織と社会 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/04/30(Thu) 13:42  

昨今、自動運転が話題になり、米国では道路運用の在り方から、免許制度、損害保険までイノベーションが期待されています。Googleが成功するかは不明ですが、世の中が変わる感じはします。

その一方で、日本では自動運転は、絶対無理だろうと思っております。実際、自動車関連の人と話しても、運転補助が限界で、日本では法規制で既に諦めております。
確かに、免許、交通取り締まりから、損保業界まで、イノベーションで仕事が無くなる部門は、絶対に協力しません。

社会への実害では明白なパチンコを韓国や台湾では無くせて、日本では未だに規制できません。
そんな社会では、既得権をぶち壊して、新たな市場を開くイノベーションなどは受け入れられないのですね。

日本で落ち込んでいった携帯電話、テレビなども、電波行政や著作権保護という既得権が足かせになりました。
技術のタネがあろうが、結局 組織や社会が変革を拒めば、新事業は生まれませんので。



[2840] 無題 投稿者:名捨て 投稿日:2015/04/29(Wed) 10:17  

お久しぶりです。

>彼の基本戦略は成功者として名高いソロスと驚くほど似ていて、
>結局、両者の成功と失敗の差は戦略でも知識でもなく、単に運ではないか、と思ったことがあります。

ソロス自身のファンドも90年代末期、ITバブル(懐かしい響きです)の頃には業界平均くらいだったと記憶しています。
そして、2000年以降もネームバリューに実績が追いつかないという傾向でした。

ファンドの場合だと規模が大きくなるにつれ、実績が伸び悩むことが多いですが、
彼の場合だと、ヘッジファンドが乱立するにつれ、つまり
競争相手が力をつけてきた結果が、昔のような運用成績が挙げられなくなったのではないかと思います。

単純にソロスの戦略を真似ただけでは…運用資金を集められない…多少無理をする…結果…
というところでしょうか…

投資銀行が頑張りすぎた結果が、リーマンショックに繋がった訳ですから、
信じちゃダメな人種ですよね。



[2839] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/04/25(Sat) 20:41  

CONiさん、ああ、その味、私も想像できます(笑)。
味は見た目ほど攻めてないんですね。
イスラム圏にもやはり電気街ありますか。
となると、日本の商業施設はやはりアジアでは特殊なんでしょうね。

ささきさん、それはありますね。
結果論の怖さで思い出したのですが、以前、失敗した投資家に興味がわき、
自ら率いるファンドを破産させた人物の手記を読んだことがあります。
が、彼の基本戦略は成功者として名高いソロスと驚くほど似ていて、
結局、両者の成功と失敗の差は戦略でも知識でもなく、単に運ではないか、と思ったことがあります。

世の中、成功した人の自慢話や第三者の判ったような顔をした解説ばかり出回ってますが、
こうやって成功した、という話は、実は失敗した連中も同じ事やってたんだ、ということが多く、
結果だけを見て、相手の話を聞くと痛い目に会う気がします。


[2838] ビジネス書 投稿者:ささき 投稿日:2015/04/25(Sat) 14:44  

まだ日本にいたころ、課題図書みたいなのが重役の間で盛り上がったことがあって、
「ブルーオーシャン」だの「グッド・トゥ・グレート」だの「キャズム」だの
カタカナ言葉が飛び交ったことがありました。
「グッド・トゥ・グレート」というのは業界に確固たる地位を占めた
「グレート・カンパニー」の成功例を集めた話ですが、そのなかにボーイングが
出てきて、
「競合他社が政府にすり寄って軍用機ビジネスの甘い汁を吸っていたのに対し、
ボーイングは敢然と民間旅客機事業に専念したことで成功を掴んだ」なんて
書いてあって「ワーオ」と思いました。
ボーイング247,307,377と続くプロペラ旅客機の死屍累々の歴史は無視ですか。
ドイツの都市を焦土化したB-17や日本全国の都市を焦土化したB-29、
ベトナムのジャングルを焼き払ったB-52の売り上げへの貢献は無視ですか。
ジェット旅客機の投入も英国のデハビランドより遅れ、デハビランド・コメットが
与圧疲労破壊問題で出遅れたがゆえに707の採用が加速したという経緯は無視ですかそうですか。

この手のビジネス本ってなんでもかんでも結果論なんですね。
多角化して成功した企業があれば多角化バンザイ論をぶち上げるし、
多角化で失敗した企業があれば掌を返して多角化ダメダメ論をぶち上げる。
こんなのを金出して読んで有難がって読んでいるなんて、経営者なんて騙されやすい仕事なんだなー
と思ったことであります(´・Д・`)


[2837] 蛍光色ケーキ 投稿者:CONi 投稿日:2015/04/25(Sat) 07:32  

タイで売っている蛍光色ケーキ、食べてみるとバタークリームのもっさりした味です。
おっさんな私には幼いころに食べた懐かしい味ですが、子供のころ一度にたくさん食べると気持ち悪くなった思い出の味でもあります。

インドネシアのジャカルタにもフォーチュンタウンに似た商業施設があったと思います。
電気街のほか衣料品も大量に売ってましたよ。


[2836] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/04/24(Fri) 23:27  

すぅさん、イランにも経済特別区みたいのがあるんですね。
21世紀に入ってから狂人集団といった印象が強くなってしまったイスラム教徒の皆さんですが、
もともとは商売の民であり、18世紀末ごろまではむしろユダヤ人より金を儲けてた印象があります。
さっさと石油なんて埋めてしまって、昔の商業主義に戻れば世の中も平和なのに、と思ってます(笑)。
金持ち喧嘩せず、ですからね。

ささきさん、ありましたねアップルのペプシ時代(笑)。
私が仕事でMacを使い始めたのがまさにその真っ只中でした。

あれもジョブス本人が蒔いた種ではあったのですが、
追放の憂き目に会った後はピクサーの独立を手がけたりしてるわけで、
転んでもただでは起きない人だなあ、と思ったことがあります。
(NEXTは置いて置くとして(笑)…)
まあ、天才型の人ですから、例によって友達にはなりたくない人ではありますが。

ソニーの不幸は基本的その通りでしょうね。
さらには後継者選びの失敗、という面もあり天才型の盛田さん、大賀さんのあと、
あえて普通の人、出井さんを社長にしたのが大失敗だったと思ってます。
(実際はもう一人社長が居るが、就任後間もなく死去)
当時のソニーは秀才型の凡人になんとかできる会社ではなく、
音速を超える勢いで会社が死んで行く事になります。
ちなみに出井さんのソニー改革をほとんどの経済誌、新聞は当時賞賛しており、
その結果がこれですから、経済新聞なんて金払って読む人間の気がしれぬ、と思ってるわけです(笑)。


[2835] SONYとアップル 投稿者:ささき 投稿日:2015/04/24(Fri) 12:59  

ご存知かと思いますがアップルはジョブス不在の10年間に「見るも無残な組織」になり果てました。
Newton Message Padとか先進的な製品もあったんですが、長続きしない。
新製品新企画を出してはすぐに引っ込め、結局やっている事といえばPowerMACの新型を
半年に一度出すだけ。搭載メモリとCPUクロックが多少上がっただけの「新機種」が
なぜか旧機種との互換性が低く、MacOSのアップデートに伴って旧機種がどんどん
サポート対象から外されて捨て値で中古屋に並ぶことになり、それが新機種の
売り上げを阻害するというアリ地獄。
アップルに戻ったジョブスは互換性をバッサリ切り捨てたiMacを投入、さらに
PowerPCを見切ってあれほどAppleユーザーが毛嫌いしていたintel Pentiumを
採用するなど、「正気の沙汰か」とまで言われた改革を断行しました。
あそこまでやらないと、マンネリズム腐りきった組織の再生はできなかったん
だろうなぁと、今のソニーを見ながら思います。
ソニーはトランジスタラジオやカラーTVが有名ですが、ソニー成長の原動力は
ライセンスビジネスだったんです。カセットテープ、3.5インチ・フロッピー、
コンパクトディスク(CD)は全てソニーのパテント。(CDはフィリップスとの共同ですが)
自分で機械を売らなくても、どこかの誰かがカセットテープやフロッピーやCDを売れば
何パーセントかの現金がチャリンチャリンと転がり込んでくるシステム。
ソニーはこのビジネスモデルに味を占めて、自社開発メディアの更なる拡大を試みて
ことごとく失敗します。
βビデオテープ、DATテープ、ミニディスク、メモリースティック…。
AppleがiPodでインターネット上での楽曲ダウンロード販売という破壊的革新を
実現したのに対し、ソニーのメモリースティク・ウォークマンの無惨な敗退は
まさに過去の成功体験に固執して「古い皮袋に新しい酒を盛る」を地で行って
しまった結末だ思います。

ソニーは衰退は90年代に流行った「多角化経営」の負の側面でもあると思います。
仮に家電製品事業部がiPodのようなオーディオ機器を発案したとしても、
メモリースティック部門や楽曲版権ビジネスのソニーATVは
「俺達の商売を干上がらせる気か」と絶対に首を縦に振らないでしょう。
多角化した系列企業の顔色を伺いながらの商売から「破壊的イノベーション」が
出て来るはずもなく、残るのは陳腐化したマンネリだけですね(´・ω・`)


[2834] イランの電気街 投稿者:すぅ 投稿日:2015/04/24(Fri) 09:24  

イランと言ってもかなり特殊な地域であるキーシュ島(イラン唯一のフリートレードゾーン)なので一般的なイランとは比較にならないのですが、いくつもあるショッピングモールの中に電化製品を扱う店が集中しているモールがあります。全体的には輸入高級家電を売るおしゃれなショッピングモールを目指していたのに、ほかと比べると天井が低くせせこましくなって、おしゃれなモールになり損ねた…という感じの場所があります。とはいえ、イラン本土と比べると十分おしゃれで、その分東アジアの様な印象になっているのだと思われます…


[2833] タイの日本 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/04/23(Thu) 22:41  

すぅさん、ホントだ、よく見ると日本海沿岸に赤フンが一人いますね…。
あ、イランにも電気街ありますか。
そういや私、未だにイスラム影響下の国は一度も行った事がないですが、
もともと、商売熱心な人たちのはずですから、面白そうではありますね。

五反田猫さん、楽しいですよね、アジアの電気街(笑)。
ソニーの強さはやはり組織に強さだったと思うので、ジョブスのように
個人で全てを変えてしまうほどの人材は居ないように思ってます。
これまたゲーム業界の話ですが、1990年代、某RPGゲームで稼ぎまくった某メーカーが、
よそのメーカーのヒット作製作チームを引き抜きまくったんですが、
それらは全て結果を残せずに終わってます。
宮崎駿さんとか、ジョブスとか、一人で全てを変えてしまう才能は、そうは居ないんだな、と。
1990年代に流行った人気雑誌の編集長の引き抜きや独立も、全て失敗してますしね。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -