掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3277] 花粉 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/03/13(Sun) 19:34  

関東平野の場合、風上の西に大山脈があるので、よりひどいんじゃないかと思ってますが、
そういや関西の人の花粉症の状況ってどうなんでしょうね。

10日に治るってのはうらやましいですね。
人によっては免疫ができちゃうんでしょうか。

なるほど虫が媒介するなら、確かに風で飛ばす必要なないですものね。


[3276] ヘイフィーバー 投稿者:すぅ 投稿日:2016/03/13(Sun) 05:18  

欧米だと花粉症は発生率が低い代わりに熱が出たり、発疹が出たりと症状は重いみたいですね。

ちなみに私はスギの花粉症は持ってない(はず)ですが、酷い慢性鼻炎を持ってまして、花粉の時期の走りの頃は刺激で結構なダメージがあります。が、10日間もすると治るという、よくわからない感じで毎年何度か花粉症の症状が出ます。今年は酷かったですが、治りました(笑)
ちなみにバナナやゴムは虫媒花かなんかで、風媒花ではないのかと思います(未確認)。花粉症は風媒花しか起こらないはずです。


[3275] 東アジアの鼻 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/03/11(Fri) 22:00  

とりあえず、例によって(笑)、今回の連載は3回までには終わらせる予定ですが…

あ、やはり今年はちょっとキツイですよね、花粉。
つーか、日本の風土病の可能性ありますか…
バナナやゴムの林では花粉症、ないのか。


[3274] 花粉症 投稿者:CONi 投稿日:2016/03/11(Fri) 20:47  

アナーキャ様
新連載、楽しみにしております。

私も今年の花粉はキツく感じます。
ちなみに私の行きつけのタイマッサージ店の店長(タイ人女性)は、
日本に長く住んでいたら花粉症になったそうです。


[3273] 茶色いムーヴメント 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/03/10(Thu) 23:31  

あれま、となると現在の金融業界の現場の皆様はBt(標準ブラウン運動)を使わないで、
乱数系を微積分する手段を既に開発してる、という事ですか。
私なんかには、どういう世界なのか、ちょっと想像がつきませぬが…。

ちなみに最近の金融屋さんがやってる、1/100秒とかの高速取引とかは
(AIを噛ませてるかは外からじゃわかりませんが)
体育会系の肉弾式微分攻撃と個人的には命名してます(笑)。
あんなの一流大学を出て高度な数学の知識身に着けた連中がやる事でもないよなあ、
府中あたりの競馬好きのおっちゃんに任せても、その運用成績は変わらないんじゃないかと思ってます。

なんで、というのは来年の原稿次第ですが(笑)乱数系相手に学習は原理的にできませんし、
しちゃダメなんですよね、本来は。


[3272] 砂上の楼閣はいつまでも 投稿者:えんどう 投稿日:2016/03/10(Thu) 11:16  

以前週次の日経平均データ10年程度でUnit root検定したときは、分散は明らかに標準正規分布とは異なりましたね。
当時学生向けの計量ソフトでもファットテール性を考慮した修正はありました。
金融業でもコンピュータが発展してデータが扱いやすくなった後は当然正規分布から外れていることへの考慮はされています。

金融業の癌はどちらかというと、身内しか知らない情報優位性のある分野、新商品等で情報格差を元にカモをひっかけることですね。それが80年代ならばツールの差(ソロモンブラザーズの債券部門と他行のような)、サブプライム商品ならば一般にはブラックボックス化した仕組み商品の情報格差等。

AIと高速取引の組み合わせ等は、すでに人間は市場のシステムを理解しなくてよい。今の瞬間に儲かる仕組みが完成すれば良い、ということです。それこそ金融理学ではなくて工学と云われる所以なのでしょうが。理論なきモデルです。


[3271] 平均値と運以外の要素 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/03/10(Thu) 11:14  

まず最初に、運以外の要素、何らかの意思の力で結果を変えられるなら、
そのデータの平均値は、理論値(期待値)からズレなくてはいけない、
というのを確認させてください。
(今回のグラフでは毎日の株価の上下確率は幾何分布で必ず1/2になるので、
日々の上昇率は全く動かない、すなわち理論値(期待値)は100%です。
よってデータから出て来た平均値は、理論値と一致してる事になります)

サイコロ賭博は常にどの目も理論値通りの1/6の確率で出る、というのが大前提ですから、
もしこれを意思の力、あるいはイカサマで1/3くらいまで上げられれば、大儲けできます。
つまり、もしなんらかの力によって出目を変えられ、利益が上げられるなら、
出て来たデータの確率平均値は理論値と異なる出現率、1/4とか1/9にならねばなりません。
もしサイコロの出目の平均が1/6に集中したままなら、
いろいろ努力したけど、結局運の力に負けたわけです。

この時、標準偏差の幅(距離)が異なる二つの母集団が混同していても、
出て来た平均値が理論値に一致したままなら、どちらも運で結果が決まっており結論は変わりません。
今回紹介した日経平均と、ダウ工業平均は標準偏差が異なって平均値は同じ母集団ですが、
両者を合体させてグラフを造っても、結局、ほぼ同じような形のグラフになってしまいます。

さらに、もし運以外の決定要素を持つ母集団が紛れ込んでるならマッターホルン型のグラフではなく、
頂点が二つに分かれたMの字型のグラフ、
(一つの頂点が理論値と同じ平均値、一つが何らかの力で替えられた平均値)
あるいはもっと多くの頂点を持つ震度計のようなグラフになるはずで
この判別は、おそらく容易だと思われます。
データ内の平均値が理論値に一致してる限り、何らかの努力はあったかもしれないが、
結局運に負けた、という事になり、それは事実上、運だけで結果が決まってる事を意味します。

ただし仰るように微細なデータの動き、わずかに平均値を動かしてる要素があるとしたら、
これは確かに確認のしようが無く、その可能性は否定できません。

ただ「俺はイカサマのジョー。10回に1回は好きなサイコロの目が出せる能力があるんだぜ」
という微妙な存在感のエスパーが居たとしても、その程度では利益を出すことはできません。
(少なくとも平均1/4くらいまで確率を動かせないとサイコロ賭博では勝ち越せない)
この場合、確かに超能力の影響で、わずかに平均値が動くかもしれませんが、
その程度では結局、利益は出せないので、ほとんど意味がなく、
誤差の範疇として無視して構わない、と思われます。

すなわち、確かにその可能性はあるけれども、
確認できない代わり、ほぼ意味もないという事になるのです。
意味はないけど、間違いなく運以外の要素ではあるよね、というなら確かにその通りではあるのですが…。


[3270] 分布 投稿者:すぅ 投稿日:2016/03/10(Thu) 09:03  

今回出てきたグラフでなっているとは思えませんが、一見正規分布風に平均値付近への集中を伴っていながらも、正しい正規分布ではない分布になった場合、例えば、同じ平均値だけど違う標準偏差を持った二つ以上の母集団が両方混ざってしまっているとか、実は能動的に平均値を変えられるんだけど、変えられる幅が標準偏差の1/100みたいな非常に影響が小さい場合、などがあると思うのです。
が、今回の分布とは関係がなさそうではありますので、正しく正規分布になってないのは私はこのデータをいじった訳ではないのでわからないです。今回のデータはほぼ運だけ(運の影響がとても大きい)のは事実だとは思います。


[3269] 調べる 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/03/09(Wed) 09:06  

まあ、今はだれでも簡単に10年分とかの株価データが手に入るんですから、自分で確かめてみれば、
その辺りはいかに当てにならないか、が簡単にわかりますよ(笑)。


[3268] 無題 投稿者:名捨て 投稿日:2016/03/08(Tue) 22:31  

曜日アノマリーに関しては、検索すれば色々出てきますが、
月曜が祝日という時を除けば、あまり気にしないような気がします。
それよりもSQの方が怖い。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -