掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[389] うつ伏せ 投稿者:くさの 投稿日:2011/05/14(Sat) 04:16  

なんでうつ伏せなんですかね。リクライニングさせれば結果は
同じだと思うのですが。


[388] 論理的な一発ネタ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/05/12(Thu) 23:20  

ささきさん、感想どうもです。
あれで模擬空戦やってましたか(笑)…。
テストパイロットって、ホントにしんどい職業なんですね…。

フランス人の場合、ラムジェットとか、絶対ノリと勢いでやってるよね?
という感じでしたが、イギリスの場合、説明されると、なるほど、と一瞬思ってしまうような、
考えて考えぬいた結果がこれです、といった部分がありますね。
まあ、考えてる途中で、ちょっと冷静になっては…とも思いますが(笑)。

イギリスの場合、恐らく戦後の航空機メーカーの経営対策というカタチで、
試作機の製作をいろんなメーカーに発注していた感じがあります。
メーカーは助かったでしょうが、乗せられるパイロットはたまったもんじゃないよなあ、
と思いました、ホントに。


[387] ブリテン!(゜∀゜)ブリテン!(゜∀゜)ブリテン!(゜∀゜) 投稿者:ささき 投稿日:2011/05/12(Thu) 21:51  

いよいよ始まってしまったイギリスの恥ずかしいチョー秘密大公開、
ブリテン試作機オンパレード!期待しております。
メテオ F.8 の搭乗解説図、ホントに南米の石棺蓋彫刻みたい…
Wikipedia 英語版によれば「通常コクピット型との模擬戦闘において、
後方視界のないうつ伏せ操縦の不利が確認された」とありますが

(1) アレで模擬戦闘やったの?まるで罰ゲームやがな。
(2) その結論、わざわざ模擬戦闘せんでもわかりそうなもんやけど…。

とツッコまずにおられません。
作った本人達は大真面目だったのでしょうけど、この場合それは
言い訳にはならず、真面目だから余計にタチが悪いように思います、ハイ。


[386] 内藤タワーの素 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/05/05(Thu) 20:43  

くさのさん、やはり廃兵院でしたか。
そういや、あそこもヒトラーのウハウハ日帰り観光のコースに入ってましたね。
グレート・イースタンは後で科学博物館に行った時、
模型を見たのですが、あれ、1860年製でしたか。それは確かにすごい。
で、TGVに社割りが効くってのも、またスゴイ話ですねえ(笑)…。

某氏さん、マネキンの存在はそちらのサイトで見て知ってたのですが、
ロンドンに戻ってから、そういや見てないぞと思い出し、三階にあったのだと知りました(涙)。
エッフェル社長は、なんか科学者のサロンみたいのを作ってた、という話なんですが、
あんなとこまで呼び出される科学者も気の毒と言えば気の毒…。

スターリングラードはソ連帰りの連中が“やっちゃった”のでしょうか(笑)。
本家は既に改名しちゃってますから、地球上でこの名を残す貴重な場所かも…。

西側に逃げた連中が、あんだけ世話になった英米による決戦地、
ノルマンディーは全く無視ですから、ソ連から帰ってきた連中は、特に人がよかったのか、
既に洗脳されちゃってたのか…


[385] 塔の2階より上 投稿者:某氏 投稿日:2011/05/05(Thu) 12:34  

エッフェル塔、私は2階から下りだけは歩きました。
さらに上の階層にはエッフェルさんのオフィスだかサロンだかがあり、エジソンとの対談シーンがマネキンで再現されてます。なぜか遙か日本の大正天皇から送られた書状も飾ってあった、はず。建てただけじゃなくてその後の仕事場にまでしてしまうとか、エッフェルさんって結構、高いところが好きなんでしょうか(笑)。

パリの地下鉄といえば私が泊まったところの近所の駅が「スターリングラード」駅だったのが衝撃でした。何かの事件を記念して地名や駅名を変えるのは海外ではよくあることとはいえ、パリの真ん中でスターリングラードとは。いや、むしろパリだからこそでしょうか、英米ではありえないという意味で(笑)。


[384] 上記->蒸気 投稿者:くさの 投稿日:2011/05/05(Thu) 06:52  

ミスタイプしてしまいました。

そういえば、私はブラッセルからパリまでTGV(タリス)に
乗ったのですが、「社割」みたいな制度があって、会社のヒトに
それを使って安くチケットを買ってもらったのです。検札に来
たら、これを見せるようにと、社割証明カードを貰っていたの
ですが、すっかり忘れてしまっていました。で、検札に来た車
掌さん、英語がしゃべれなかったのです。「これ社割だから証
明書見せろ」とフランス語で言ってた訳ですが、こっちは当然
全く理解できず。結局英語を話せる車掌さんを引き連れて、再
度私のところにくるという手間を取らせてしまいました。

このタリスのシャルル・ドゴール駅のベンチもおしゃれでした
ね。ちょっと感動しましたが、座り心地は?でした。


[383] オーパーツ 投稿者:くさの 投稿日:2011/05/05(Thu) 06:41  

あの建物は廃兵院で間違いありません。異様に目立つ建物です
が、使用目的は地味ですよね。馬関戦争のときに長州からぶん
どった日本製24ポンド砲があるのですが、見てません。

シャイヨー宮は、1997年に火事になったとかで、私が行ったと
きには、修理中でしたね。2007年に再オープンしたとのこと。

で、エッフェル塔は確かに当時としては驚異的な建築物なんで
しょうけど、私が一番驚いた19世紀のオーパーツは、上記客船
「グレート・イースタン」です。1860年に就航しているのです
が、全長211m、満載排水量27000トン。それまでの巨大船の6倍
という化物です。1860年に、英国からNYに行っているのですが、
NYに停泊中に、万延元年遣米使節として渡米した日本人一行様
が、これを見ているんですよ。まあ、これ見たら「攘夷」なんて
絶対できないと思ったでしょうね。ペリーの黒船が3000トンで、
それにする、「小山が動いているようだ」と驚嘆しているくら
いですから。


[382] 知る 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/05/03(Tue) 21:58  

いや、私も階段コースがある、とは知らずにすむなら、
知らないママがよかったのですが(笑)…。

高層建築に赤白、って法律はもう無くなった、
という話を以前聞いた話があるんですが、どうなんでしょうね。
東京タワー、あの色は中国系の観光客の皆さんには
ウケがいいでしょうから、あれはあれでアリのような気も。

エッフェル塔を電波中継点に使ったのは軍が最初だ、
という話は見たのですが、テレビも入ってましたか。
パリの場合、他に高層建築はほとんど無いですから、
確かに使わないのはもったいない気もします。


[381] アイフル塔 投稿者:くさの 投稿日:2011/05/03(Tue) 13:55  

エッフェル塔の登り口、階段もあったんですね。知らんかった。
まさか、上の展望台まで歩きじゃないですよね。

エッフェル塔のことって、行ってみるまでほとんど何も知らず、
あの色に驚きました。何色と思っていたのかは忘れてしまいま
したが、東京タワーの目立ち具合とはまるで違ったので。まあ、
あんなところを飛行機は飛ばない、ということなんでしょうか。

ところで、英語版のWikiを見ると、エッフェル塔って現在はTV
塔として機能しているようですね。これも知りませんでした。


[380] 担架 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/04/29(Fri) 20:25  

くさのさん、実はあのヘリの前のページに登場するアルエットIII、
見つめ合うピエール(仮名)の後ろに剥き出しのバスケットがあり、
これは飛行中もつけたままなので、一体何のためのものか…
と思ってたんですが、ひょっとしてその遺体回収用かもしれません。

変な話ですが、夏場とかだと機内に入れたら、臭いが付いてしまい、
当分誰も乗れない、ってな感じになるでしょうから…


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -