掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[866] ガス 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/01/27(Fri) 00:03  

個人的には、意外にガスが漏れてるのにもちょっと驚きましたね。
ガスが先行してる、という事はガスの膨張スピードに比べてまだまだ弾丸が遅い、という事ですから、
拳銃の炸薬でも、その膨張スピード恐るべし、と思いました。



[865] 水中弾道とか 投稿者:猫ノ宮 投稿日:2012/01/26(Thu) 22:05  

Smarter Every Day の動画、だいぶ前に見た覚えがありますけど、
衝撃波はともかく、銃弾周りを始めあちこちにキャビテーションが
出まくりなのが面白いですにゃー。

アナーキャさんご紹介の動画の方も、銃口出た直後の弾丸の後ろ側
に出てる衝撃波と思しき陰が興味深いですにゃ。
銃弾は銃口を出ても僅かな間はガスによって加速されると言われて
るのがよくわかりますにゃー。


[864] パイロットの涙 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/01/26(Thu) 21:05  

ささきさん、個人的に1950年代のアメリカのテストパイロットほど危険な商売はなかったんじゃないかと思ってるんですが、
命が危ないアメリカのパイロットと、パイロットとしての尊厳が危ないフランスのパイロット、
どっちが辛かったのだろう、と思ったり(涙)…


[863] おフランスの栄光 投稿者:ささき 投稿日:2012/01/26(Thu) 16:12  

哲セさん、お久しぶりです。情報ありがとうございます。
赤外線誘導ミサイルでしたか…

東洋のどこかの国も上昇力さえあれば良いじゃんって事で
F-104 を採用して、サイドワインダーと FFAR で全天候
要撃する気まんまんで、しかし F-106 みたいに GCI 連動の
FCS が無いならそれもアリな選択肢だったんじゃない?
って話をすぐ下でやってたんですが…これと同じレベルだ、
と言われると流石に「ああ…」って思ってしまいます(;´Д`)



[862] ガンダムカラーの国の戦闘機 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/01/23(Mon) 23:42  

哲セさん、お久しぶりです。
今回も、微妙な機体の情報、どうもです(笑)。

やはり改良型でしたか。
つーか、R510赤外線ミサイル、これどうも通常弾頭みたいですから、
単発でどうやって戦う気だったんでしょうね、これ(涙)…。
まあ、フランス人に難しいこと言ってもしかたないのか…

追伸
なんだか連続してメールをもらったので書いておきますが、
あのロマンチックでない二人の目が光るのはサンダーバードへのオマージュです(笑)


[861] おフランス 投稿者:哲セ 投稿日:2012/01/23(Mon) 22:51  

お久しぶりです、F22への道楽しまさせてもらってます。

ものの本によりますと、9050は機体の小型化とジェットエンジンの
推力を増した実用型試作機で、この後生産先行型まで進み何某かの
飛行記録も達成してるようです。
まあ、ミラージュIIIの完成に伴い、開発は打ち切りとなったようで
すが…。

あと、搭載兵器は赤外線誘導のマトラR510とのことです。



[860] フランス 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/01/23(Mon) 20:25  

ささきさん、情報どうもです。

で、よく見ると、機体名が9050になってますね、これ(笑)。
フランス、改良型を造っていたのか…。

一発だけ、しかもこの大きさとなると無誘導核ミサイルっぽいですねえ…。
アメリカの場合、海上、あるいはカナダ上空(笑)で迎撃するから本土に害はないでしょうが、
フランスの場合は…西ドイツ上空か、ポーランド上空で迎撃する気だったんでしょうか(笑)…。


[859] フランスの三又槍 投稿者:ささき 投稿日:2012/01/23(Mon) 08:51  

こんな写真が残っていますから、お腹に一発ミサイルを積む予定
だったみたいです。(上から5枚目の写真)

ttp://maquettes-missiles.blogspot.com/2010/06/sncaso-so-9000-trident-i.html

原文をグーグル様に頼んで英文に翻訳してもらったところ
「allowing to take a missile under the fuselage,
which was his only weapon」という記述がありましたが、
ミサイルの正体はわかりません。先尾翼めいた安定翼の配置は、
フランス初のレーダー誘導 AAM マトラ R530 とは明らかに形状が
異なりますし、R530 の実用化は 1962 年なので年代も合いません。
試作型かあるいは「ミサイル積んでるつもり」のモックアップ、
ひょっとするとジーニーみたいに核弾頭の無誘導ロケット弾を
積む気だったのかも知れません。

個人的に、「謎の円盤UFO」の地球防衛軍インタセプターの
モデルはこのトリダンだったのではないかと思っています(笑
あれも核ミサイル一発だけが主武装だし。


[858] 衝撃 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/01/21(Sat) 15:31  

さっそく見てみました。面白い動画ですね。
つーか、ホントになんでもあるな、YOU TUBE。

ビデオに登場してる人が秒間2200コマと言ってますが、
ファントム高速カメラにしては、妙なコマ数なのがちょと気になりますけども…。

水中と大気では音速が違いすぎるので、その衝撃波はあくまで参考ですが、
短銃身のリボルバーでは、弾が銃口を出る瞬間まで衝撃波が出てないらしいこと、
対してオートマチックは明らかに銃弾による衝撃波が先に銃口から出てること、
などがわかりますね。

ただ、水槽の壁面の壁を弾が撃ち抜いてしまい、水がそこから溢れる結果、
かなり早い段階で衝撃波が消えてしまうので、もう少し大きな水槽だと
ありがたかったのですが、これだけの実験をやってくれただけでも
感謝すべきなんでしょうね。

リボルバーの場合、予想以上に銃身の隙間からガスが噴出してますが、
見た感じでは、これは衝撃波を形成しておらず、この原因はわかりません。
全体の衝撃波も小さめですが、こえれが銃身の短さが原因なのか
弾薬そのものが小さいのかは、何とも言えないところです。

対してオートマチックは、排莢口からのガス、衝撃波のもれ、
共に少なく、これはちょっと意外でしたね。
ただし、排莢口からは一瞬、衝撃波と思しき膨張が見られるのに、
ガラスが割れて水が漏れてしまった結果、すぐ消えてしまうのが残念なところ。
もしかすると、オートマチックは、両者の衝撃波音が耳に届いてる可能性があります。

で、両拳銃とも、弾丸も明らかに衝撃波を伴って飛んでますが、
これはさすがに水中だからで、大気中でどうなるかは、
やはり何ともいえないところです。
ただ、オートマチックは明らかに弾丸の先に衝撃波が見えてますから、
銃口を出る瞬間までは、大気中でも音速を超えてるかもしれません。

ちなみに、下のビデオで見ると、銃弾より先にガスが噴出していること、
そのガス中に衝撃波らしき凸上の流れが見てとれますから、
やはりある程度の口径以上のオートマチックの場合、
銃口までは音速を超えてる気がしますね。

http://www.youtube.com/watch?v=otpFNL3yem4&feature=related


[857] 適当に動画見てましたら 投稿者:ランヴァボン 投稿日:2012/01/21(Sat) 13:21  

High Speed Video of Pistols Underwater - Smarter Every Day 19

というタイトルのとこで、拳銃の水中発射遊び(・・・・実験では無いと思うw)の動画がありまして、
発射時のガスの漏れが多少は解るかと・・・・。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -