掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2643] マルチアスペクトの誘惑 投稿者:ペイン 投稿日:2014/12/21(Sun) 20:23  

はじめましてアナーキャさん。

夕撃旅団に影響されてLX-7を買いました・・・今頃?
LX-100はド素人が手を出せる価格ではありませんでしたしね〜(笑)
ま、マルチアスペクトと明るいレンズの誘惑に負けたわけです。

店頭で声をかけてきた某カメラメーカーの販売員に
「4:3の天地カットではない、純粋に16:9で撮影できるカメラが欲しい。」
と話したところ
「それに何の意味があるのですか?」
と言われる始末で、アナーキャさんが言うとおり人類の108.69%は、
この件に興味が無いようです・・・

海辺で半日ぼ〜〜としていることを楽しみにしている人間としては、
16:9どころか30:10や50:10のアスペクト比が欲しいくらいですが(爆)

自分も世界を愉快に切り取る生活を楽しもうと思います


[2642] アンコール 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/12/21(Sun) 19:23  

アンコールワット地域、地雷も撤去が終わったそうですし、
一度は行って見たいと思ってるんですが未だに果たせません。
カンボジアと聞くと人が大量に殺された国、というイメージが強く、
イマイチ脚が向かないのです…
もっともそんな事言ったら20世紀に桁違いの国民殺しをやった中国に行った事が説明できませんが…。

どうもあの一帯、クメール文明全体がアーチ構造を知らなかった気がしますね。
中国などは明の時代あたりから城門や橋梁にアーチ構造が入ってますので、
意外に中国本土とは没交渉だったのかなあ、とも思います。
16世紀にはポルトガル人とかも入り込んでいたはずなんですけどね。

スリランカは三蔵法師の憧れの土地ですから、仏教も盛んなのだと思いますが
そこまで行くとそれってImage ではなくやっぱり Idol だよなあ、とも思います(笑)。
でも、そんな写真もそれはそれでいいな、と思ったりもします。


[2641] ラピュタ!! 投稿者:CONI 投稿日:2014/12/21(Sun) 08:59  

カンボジアのアンコール遺跡のタ・ブロームは、「ラピュタはホントにあったんだ」って感じです。
トゥームレイダーのロケ地としても有名ですが。

アンコールワットに行った時、「こんなにでかいのに中に空間が無いじゃん」と思ったことを思い出しました。
わずかに中に入れる建物の天井を見て、アーチ構造になってないなと思ったり。

ちなみにスリランカの仏教遺跡で、警備をしている人にシャッターをすのをお願いしたら、
仏像にお尻を向けてはいけませんと注意され、撮ってもらった写真は、
仏像に手を合わせている私の後ろ姿ばかりとなりました。


[2640] 火種 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/12/19(Fri) 23:35  

何百年も国家が運営されてると、どうしても周辺とは仲が悪くなるみたいですね…。

あ、タイの車の話はホントに“極北”でして(笑)、かなりの変化球です。
というか、タイに行った事のある人には常識みたいな世界かもしれません。
(ただし10年前には全く見なかった現象ですが)
これが日本ではあまり知られてないので、紹介しておこうと思ってるものだったりします。


[2639] タイ大使館焼き討ち事件 投稿者:CONI 投稿日:2014/12/19(Fri) 22:55  

そういえば以前にカンボジアで「タイ大使館焼き討ち事件」ってのがありましたね。
タイの芸能人の女性が「アンコールワットはタイのものだ」って、言ったとか言わないとかが原因でしたが。
そういう話題って、国民感情を刺激しやすいのでしょうね。

他にもカンボジア人は昔からベトナムが嫌いだし、最近も戦争してるから、
日本人観光客がカンボジアでベトナム土産の笠をかぶっていると、
ベトナム人と間違われて嫌がらせをされる恐れがあるとか。

ラオス人はタイ人やベトナム人にバカにされてるって思っていて、
結構コンプレックスを持ってるという話も聞いたことがあります。

タイの車の話題、楽しみです。
そういえばタイで結構「ケネディージープ」を見かけます。
ホントにタイ人って物持ち良いですね。


[2638] お隣 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/12/17(Wed) 23:14  

あ、やはりそういった面があるんですね。
そんなアユタヤ王朝もアンコールワット&トムに攻め込んで、
カンボジア人からは憎まれてるらしいので、
ひょとして現代につながる問題の原点がこの王朝?

そのピックアップトラックは確かに魅力的ですね(笑)。
タイ人の皆さんの車の装飾の極北は、おそらく3回後くらいの
オマケコーナーでやると思いますが、なんかウラヤマシイものがありました…


[2637] アユタヤ 投稿者:CONI 投稿日:2014/12/17(Wed) 21:28  

私の友人・知人の複数のタイ人が、ミャンマー人を毛嫌いしていて、
理由が「あいつらはアユタヤをを焼きやがった」というものです。
やっぱり隣国同士は仲悪くなりがちですね。

前にタイの田舎でフロント周りがBMW、テールランプが180SXという、
すさまじいピックアップトラックを見たことがあります。
ちょっと欲しくなってしまいました(笑)


[2636] オート三輪 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/12/15(Mon) 10:42  

twindog さん、初めまして。
情報どうもです。やはり輸出されてましたか。
無断コピー生産もありなら、なるほどよく見かけたわけです。

ただ、タイの場合、異常に物持がいい、という国でして、
オリジナルが残ってる可能性が高い、という話は
次回のおまけコーナーでやります。

トゥクトゥクが歴史になる前に、一度くらいは乗っておくべきかもしれませんが、
英語で交渉できる連中はボッタくりますからねえ(笑)…


[2635] ミゼット 投稿者:twindog 投稿日:2014/12/14(Sun) 23:23  

こんにちわ。毎回楽しく拝読させていただいています。
さて、ミゼットの件ですが、昭和30年代から40年代初頭に日本からダイハツミゼットは結構な台数が輸出されていました。
初期のバーハンドルタイプから後期のステアリングタイプまで、初代ミゼットのほぼ全バリエーションが輸出されていたと思います。(二代目ミゼットはどうかわかりませんが。)
で、当然のごとく日本本国でミゼットの生産が終了されると、現地でコピーが大量に作られます。それが独自に進化したのがバンコク市内を大量に走り回っているトゥクトゥクです。なぜ後期のステアリングタイプが発展せずに初期のバーハンドルタイプが独自進化したのかと言うと、やはり構造が簡単でコピーしやすかったからでしょうね。でもアユタヤの駅前のミゼットは後期型ですから、たぶん地域によっては後期型も現地生産(コピー)されているのでしょう(画像を見るとヘッドライトが角型のようですから、明らかにオリジナルとは違います)。初代ミゼットが製造終了してからすでに40年以上経ちますので、高温多湿のタイでオリジナルが生き残っているとは思えませんし。
タイではミゼットが独自進化してトゥクトゥクになり、一方同じ東南アジアでもアメリカの影響を受けたフィリピンではジープが独自進化してジプニーになりました。両方とも庶民の足と未だに頑張っていますが、バンコクにしてもマニラにしても経済発展により自家用車の保有台数が増え渋滞がひどくなりましたし、MRTやLRT、バスの路線拡充などにより徐々に消えゆく運命になるのじゃないかと思います。あと15年、20年後には、「昔来たときにはよくトゥクトゥクの運ちゃんと値段交渉したな。」と言った感じの思い出になるのじゃないかなと思ってます。


[2634] それがタイ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/12/13(Sat) 19:20  

ローマで紫が高貴な色として珍重されたのは、単にその染料が貴重で
高価だったからとされてますが、タイはなんで…と考えると…。

御仏の名のもとに口説かれる、というのいろんな意味ですごいですね(笑)。

今回の旅行では、大スランプ→犬猫モテモテ→ちびっ子モテモテ(この翌日)
と事態が進展したため、このシナリオなら次はついにお姉さんにモテモテだろう!
と期待してたのですが、最後の最後までそんな時代は来ませんでした…
まあお兄さんにモテモテとかにならんでよかった、というとこでしょうかね…

ミゼット、タイでは意外にメジャーな車種のようですね。
ミゼットは帰国後に写真を見て気がついた、という面があるんですが、
それ以外のアユタヤの日本車も凄くて、次回のオマケコーナーでとりあげる予定です。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -