掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3081] モンゴル語 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/11/03(Tue) 17:48  

確かに言語学では日本語とモンゴル語はウラルアルタイ語でくくられていますね。ただし、元帝国の場合には、他国の文明も優れたものは、人間も含めて取り込んでしまうという国際性がありました。 これは大東亜共栄圏と言いながら多民族を見下していた某帝国との大きな違いと思います。この長所は言語の短所を補って余りあると思います。 言語の面では、同様に多言語を取り入れて統治を行いました。 この時代の戦争が、どのような言語で行われたのかは知りませんが、少なくとも表音文字が無かったモンゴル語の欠点を補う為に「パスパ文字」を発明し用いた事から言語的な欠点をシステムを改善しようとの意図は持っていたのでしょうね。

この文字は元帝国の消滅とともに使用率が無くなってゆきますが、某半島では焼肉文化とともに、これを元にした表音文字として定着します。 当然ながら、某国のウリジンな世界では最も進んだ「我が国の文字」だと言い張っておりますけれど(笑)


[3080] 戦闘詳報 投稿者:くさの 投稿日:2015/11/03(Tue) 09:17  

戦闘詳報は主計科の士官が書くわけなので、比較的字は上手
かったかもですね。「トラ・トラ・トラ」の1シーンで、マ
ーシャル参謀総長の手書き文書が読めずに苦労するというの
がありましたが、英語は類推が日本語よりさらに難しそうな
気がします。

あと、命令等が明確でないというのは言語のせいというより
は、通信容量が限られていることの方が大きいような。無電
でかつ暗号なわけで、どうしても文章を短くしてしまい、そ
れが不明瞭さを増すのではと思います。アメリカでも南北戦
争で電信が使われ始めるわけですが、やはり命令が明確でな
く敗北したというような例はあります。現在のように一瞬で
大量の情報を送れるわけではないのですからね。


[3079] 記録 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/11/02(Mon) 11:54  

それがボイドが言った現場への責任委譲によるOODAループの高速回転なんですが、
残念ながら、それを証明する資料は現存してません。
全て後世における推測でしかないのです。


[3078] モンゴル 投稿者:へまむし入道 投稿日:2015/11/02(Mon) 01:34  

モンゴルはみんなが遊牧や狩猟で様々な戦術を体で覚えており、明示的に指示しなくとも指揮官の意図をくみ取って行動できるっていう意見をどっかで読んだことあります。


[3077] 日本海軍 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/10/30(Fri) 21:45  

五反田猫さん、当時の日本の文化文明が全く近代戦争に向いてないのは確かです。
ただ、言語に要因を求めると日本語と全く同じ文章構造なのに(英語と違って単語の置き換えだけで翻訳ができる)
日本語以上に曖昧なモンゴル語、しかもさらに語彙が少なかった古代モンゴル語で
当時の文明世界の半分以上を支配してしまったチンギス・ハーン軍団のアホみたいな軍隊の強さの説明がつきませぬ(笑)。

すぅさん、戦闘詳報を読む限り比較的字が上手い人を選んで書いたのだろうな、と思うのですが、
やはりどうしても手書きの限界、ってのはありますね(笑)。
タイプライターがいかに偉大な発明だったか、が今回の資料調べて身に染みてよくわかりました…。



[3076] 2発目 投稿者:すぅ 投稿日:2015/10/30(Fri) 17:19  

なるほどです。ありがとうございます。完全に2発目を10と誤読してました。(2が10に見えてました。爆弾と(が重なって見えなくなってる様に勝手に頭の中で補完してた様です。手書きなので仕方ないところです。以前塾講師をしてた頃、採点で困ったことが多々ありましたが(小学生でしたのでなおさら)、これはそれに近いレベルでした…


[3075] 戦争に向かない民族 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/10/30(Fri) 15:25  

2次大戦の惨敗史を掘り下げるほどに、日本人は戦争に向かない民族ではと思います。

仕事で、技術文書の英訳をする事が多いですが、日本語では主語や目的語、所有格が言語概念として存在しませんから、原文をまず補ってやる必要があります。 この時点で日本文を作った人がいれば当人に確認できますが、いなければ文脈を考えて補う必要があります。 この作業無しで普通に会話が成り立って仕事が出来ているのだから、あいまいなままで物事が進んでいるのが日本の社会だと良く判ります。 その補足は、気配りなる特殊技術なのでしょう。 
戦争においては、相手に対する気配りなぞはできませんから、言語の欠陥が、そのまま命令の誤りになってしまいます。

この為、日本軍の近代化においては、軍隊語という独特の語法が出来て、兵隊もこれで教育されました。
例としては「敵らしきもの10隻見ゆ」です。 「敵らしき」とは、現時点では敵と思われるが確認が出来ていないという事であり船の種類も判っていないという事です。英語ならば助動詞:Shall,Will,Mayなどで、普通に確度の強さが表現されますが、日本語には無いので、このような普通に使わない言い回しとなりました。
日本語には、同音異義語も多く、そのような語は通信文には使わないように注意や訓練も必要です。

このように、自然な日本語が戦争に向かないから、特殊な言い方を軍隊語として訓練が必要だったという点でも、つくづく戦争に向かない民族なのだと思います。


[3074] 消える摩爆弾 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/10/30(Fri) 12:16  

合コンに行ったら一人だけメチャクチャかわいい子が居て相手は全員、彼女にロックオン、
というのがあの戦いにおける祥鳳の立ち位置ですからね…

祥鳳の戦闘詳報はカッコ、()が読みにくい、という妙な特徴がありまして、
前部エレベータ下にあるのが(2)で、前部エレベータ左のが(12)です。
見当たらないのは10発目でして、これは戦史叢書でも命中位置不明とわざわざ注意書きが入ってます。


[3073] 被弾数 投稿者:すぅ 投稿日:2015/10/30(Fri) 10:13  

祥鳳は凄まじい被弾数ですね。。。そして時間差を置いたらこれほど食らう前に沈んでしまいそうですから、よほど一気に攻撃を食らったのでしょうね。空母で単艦に近い状況で米軍の攻撃を一手に引き受けたのも原因ですよね。
ところで13発被弾した爆弾のうち2発目が見当たらないのですが、どうしちゃったのでしょうね。数え間違えでしょうか。。。


[3072] 戦う司令部 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/10/29(Thu) 13:55  

個人の資質は別として、結果だけ見れば南洋部隊司令部は戦力の分散、必要以上に手の込んだ展開
(その結果小さな錯誤でも簡単に全体の計画を破壊する)、
と間違っても褒められない作戦を次々と立ててますから、
少なくとも実戦部隊の司令部として有能とは言いかねるように思います。
どうもこの辺り、参謀連中でもまともな戦術教育を受けてないんじゃないか、という疑惑も…

珊瑚海の場合、そこに現場部隊の積極性の欠如とよくわからん錯誤が連発され、作戦全体が崩壊してます。

もっとも、アメリカ側が早くからその主戦場として設定していたソロモン周辺に、
極めて貧弱な装備で侵攻する事になった彼らには同情の余地があり、
この辺りは連合艦隊司令長官の責任という部分が大きいのですが。

珊瑚海だとアメリカ側もそれほど優秀ではないのですが、情報の正しい分析と、
とにかくシンプルな作戦目的と、積極化果敢に攻める、という精神でミッドウェイまで乗り切ってしまってます。
全て、終戦まで日本にはなかったものです。
(山口多聞という貴重な個人的例外はあったが。そういった意味で確かに二航戦なら歴史が変わっていた可能性はあります。)

ただし、この辺りは連合艦隊司令部も同じようなものなので、どうも日本海軍の根本が
そもそも戦争に向いてないという気もします(笑)。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434] [435] [436] [437] [438] [439] [440] [441] [442] [443] [444] [445] [446] [447] [448] [449] [450]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -