掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3950] 江戸都心 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/06/06(Tue) 23:02  

江戸の西側の場合、代々木、早稲田といった当たりが秋祭りが多く、完全に郊外なので、
四谷から内藤新宿にかけては微妙だな、と思ってたんですが古地図で確認したら、
甲州街道沿いにあの一帯だけ、西にビヨーンと町並みが伸びてるんですね。
甲州街道の左右は盆地であの道だけが尾根道のような状態なので、
幕府も警戒して周囲に屋敷町を作ったのかなあ、と思ったり。

生産性の基準をネズミに置くとたしかにその通りで、なるほどみんなに食べられちゃうわけだ、と思います(笑)。
そのわりには意外に知恵があって、慣れるだけでなく、なつきますね、ハムスター。これは意外でした。
つーか、ブルドッグ、なんかもう、人造生命体みたいな存在ですね…


[3949] 江戸の都心 投稿者:すぅ 投稿日:2017/06/06(Tue) 09:07  

江戸の都心については、新宿御苑の一番四谷寄りの四谷大木戸より内側が
いわゆる江戸の都心という扱いだったと私は認識していたのですが、どうでしょう。
そこまでがいわゆる江戸のエリアなら、この時期のお祭りでも
違和感はないかなぁと思ったりもしますが。

新宿御苑は確かどこぞの藩の下屋敷ですよね。大体あの辺から外側が
江戸の郊外という感じじゃないでしょうかね。
南は三田の辺りがやっぱり上屋敷と下屋敷が入り乱れていて
その辺が江戸の郊外と都心の間のイメージで、今で言う世田谷とか
大田区とか三鷹とかそういう感じだったかと…。


猫さんの再生産性はまぁ生産性最悪な自然界の生き物の一つである人間と比べたら
確かに高いとは思いますが、やっぱり食う側の殺戮マシーンですからね。
それと、生まれるまでのコストはネコ目は低い(小さく生んで大きく育てる)
ので、その小さい子がちゃんと育てられるのであれば確かに生産性は高くはなるかもしれません。
大きく生んで大きく育てる大型草食獣の皆さんと比べるとそうかもしれませんが、
何せ、生まれてから大人になるまでのコストが高額なので。。。

一方ネズミとかイワシとかの生態系の下の方を支える生き物たちの生産性と言えば
まぁもう勝負にならないというか。。。まさに桁違いの数産みますからね。
きっとヘンリー・フォード一味はげっ歯目ナンデスヨ(笑)


ちなみに生産性の低い生き物というのはもう限りなくいる訳ですが、人間にいじくりまわされてしまった
ブルドッグは一腹2頭まで、全部帝王切開、生涯で3度以内の出産までということで、
極端に生産性が低い生き物になってしまっていますね。
まぁ彼らは野生では本当生きていけない生き物なので…。

https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press29/press-170519.pdf


[3948] 流体 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/06/04(Sun) 07:50  

読んでもらえてるなら、幸いです(笑)。
記録を見る限り、ムスタングの記事の半分ちょっと、という読者数なので…


[3947] 境界層 投稿者:コバア 投稿日:2017/06/03(Sat) 20:35  

お久しぶりです。
今、流体力学の記事をスローペースながら読んでおります。
昔スズキの油冷エンジンは境界層がうんぬんかんぬんという記事を某所で見て若干?な部分があったのですが、今回の流体力学基礎知識で、疑問が溶けましたありがとうございます。



[3946] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/06/02(Fri) 23:54  

すぅさん、いや人類に比べれば、猫もスゴイですよ(笑)。
昔、実家の近所にいた避妊してなかったメスはほぼ毎年6匹前後は生み続けて、約10年間で60匹以上の子孫を残しました。
友達の家だったので、引き取り手探しを毎回手伝って、ああ、今年もかと思ったものです(笑)。
猫の寿命が人間の1/6としても、子供の数は12倍程度、それらが生後1年で出産可能になってゆく、
と考えると、その繁殖力はやはりかなりのものでしょう。
まあ、野生の場合、生存率がかなり落ちますが、その点は人間も同じですから。

ハムスターの謎っぷりはスゴイですよね。
ジャンガリアンもゴールデンも野生の写真は一枚も見たことがなく、その研究報告も日本語、英語ともに見つかりませんでした。
そのくせ、いかにももっともらしい“野生のハムスター”の説明が日本語、英語ともに出回っており、
ここまで高度な情報操作をする、という事はやつらは実は宇宙から来た知的生命体ではないか、
と個人的には疑っております…

CONIさん、面倒、の定義にもよりますが、あれ、意外にドアが小さい上にパラシュート、酸素マスクなどフル装備で
横からコックピットに入るってのは結構、大変なようです。
上からスポッと入り込むという方が手っ取り早いようで、当時の映像とかを見ても、P-39はパッと乗り込む、
というよりもよっこらせ、と乗り込んでる印象があります。


[3945] 自動車ドア式 投稿者:CONI 投稿日:2017/06/02(Fri) 21:25  

自動車ドア式のP-39って、乗り降り面倒だったのですか?
てっきり乗り降りしやすいと思っていました。
側面の視界が悪そうとか、脱出しにくそうとか、機体の強度の点で不利なのでは、などと思ってましたが。


[3944] 生産性 投稿者:すぅ 投稿日:2017/06/02(Fri) 17:50  

齧歯類(今はネズミ目でしたっけ)の生産性の高さは目を見張るものがあります。
ただ、まぁ死にやすいのも事実で…。特にハツカネズミなんて…。
一方、ネコ目の皆さんはむしろ生産性の低さがポイントかと。
というかあんな強力なハンターがネズミ並みの再生産をされたら
とてもじゃないですが、まともな生態系にはならないかと思います。
とにかく少数を小さく生むので、赤ん坊の間の死亡率の高さが高いです。
そう考えると恐ろしい狩猟能力と、赤ん坊の頃の死亡率を抑えることに成功した
一部の類人猿が生態系を破壊しまくるほど繁栄する訳ですね。。。

ちなみにハムスターって原産地はわからんわ、野生の個体なんざ見つけられないわで
ある種幻の生き物なんですよねぇ…(笑)

https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press29/press-170519.pdf


[3943] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/06/01(Thu) 15:45  

ta152さん、ネズミは今日も元気に私の安眠を妨害しています…。
齧歯目や猫目の生産性の高さを見ると、よく人類は天下採れたもんだと思ってます。
コルセアはさりげなく謎の多い機体で、現状、調べる時間が無いのでしばらくは取り上げないと思います。

やまさん、ようやく再開しております(笑)。
後はアリソンムスタングの詳細と、翼内機銃配置のこだわりとNACAによる修正と、海軍のムスタング、
といった辺りをざっとやったら実機写真を2〜3機のせて終わりにする予定です。

あの乗り物は完全に適当に書いたシロモノです。車輪に電動モーターつけちゃえば車内はガラ空きだから、
どんな無茶なサスペンションでも積めるよね、とか考えて描いたものですが、
深くは考えてないので、まあ、適当です(笑)


[3942] タイトル画の乗り物 投稿者:やま 投稿日:2017/06/01(Thu) 10:13  

P-51の話が再会しましたね。
層流翼やメアディス効果等、世界の傑作機の記事と読み比べてます。
また、完結のポイントがどのあたりなのか楽しみにしてます。

さて、今回のタイトル画の乗り物なんですけど
サイトを開く度に気になるのですよね。
3輪車で、バーハンドル、スクリーンが小さいのでバイクみたいな感じ。
横からの姿を想像するのですがイマイチ掴めない。
過去のタイトルイメージからすると、100%空想の乗り物?はないよね。
じゃあ、実機があるのかも?・・・・と。
しばらく悩みは続きそうです。




[3941] 無題 投稿者:ta152 投稿日:2017/05/31(Wed) 00:25  

し、しろねずみかわいい
すっかり情がうつられた様でなにより
今日も元気なんかしらん

むかしハム飼ってて、つがいで飼ってたもんだから、
ボコボコ子供産むこととさっきまでカラカラいわせてたのが
気がついたら死んでおられたってことがあって驚愕でしたわ
トシ喰った今になるとそんな逝き方もええかいな。と

で、ムスタングの話楽しいですねぇ。シュムードさんステキ。
でもベルさんの性格キライじゃないす。だまくらかしても儲けたモン勝ちじゃぁ♪
ムスタング自体は優等生過ぎて好きだけどちょっとね。てな複雑な感情ですが
Me109の上からの写真泣けました。解ってたんですけどねぇ
あれでよく頑張ったと誉めてやりたい

アタシもコルセア好きなんでまたそのうち時間あれば是非コルセア物語を・・・

そんなこんなで台湾旅行記楽しみにしてるとか言っておいて未読です
じっくり読ませていただきまする


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -