掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2379] 無題 投稿者:肉鈍器 投稿日:2014/08/13(Wed) 17:41  

アナーキャさん妙な人に絡まれてらっしゃいますね
夏の風物詩ですなww

ヒマなので高校物理の教科書をひっぱり出して
ペンをカリカリ、エネルギー機動理論応用編の式をなぞっています
F-16の素晴らしさを噛み締めることができるのはアナーキャさんのおかげです
本当にありがとうございます


[2366] 抗力係数などの求め方について 投稿者:cos 投稿日:2014/08/12(Tue) 21:41  

昨年の11月以来の書き込みななります。
正月休みにでもと言っていたラムジェットヘリの性能検証の話は忙しくて未だにまとめられておりません、ごめんなさい。(誰も待っていないだろうけど)

タイトルの抗力の求め方について心当たりがあるので書き込ませていただきます。

EM理論の実演のためデジタルダットコムと言う風洞試験の実験データ集が利用可能であると思います。

このソフトを用いると一般的な形状なら(胴体と主翼と尾翼の機体)機体の形状と飛行高度、マッハ数を入力する事で飛行の計算に必要な各種の係数を出力してくれます。



[2365] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/08/12(Tue) 21:17  

SSKさん、豚の飼い主も、泳ぐ練習をしてたらサーフィンに乗って来たみたいな事を言ってるので、
哺乳類にとって波に浮かぶ板ってのはなにかDNAに訴えるものがあるんですかねえ(笑)…。
くわーたまらん、オレにも乗せろ的な。


ぞんさん、感想どうもです。
力学的な説明を、少ない数式で説明するのは常に悩む部分なのですが、
その辺りの記述ははエネルギー(E)は力(F)の距離(L)に置ける蓄積(FL)であり、
逆もまた真なりという事です。

あの記事の要旨は、運動エネルギーの形でエンジン推力を蓄積すると、
それを再度力の形に還元して揚力(=機体質量×G)に出来るよ、という事です。
力とエネルギーの変換、という過程で現象を見てるわけです。
当然、必要な力が大きくなれば、消費されるエネルギーも大きくなります。

そして機体重量の3〜6倍にもなる揚力を、そもそも機体重量以下の推力しかないエンジンで
どうやって維持するの、という話なのです。

もちろん、エンジン出力が単純にそのまま揚力に変換されるわけではなく、
速度を媒介に主翼で変換しますから、
そこにはロスも生じて、100%エンジン出力の蓄積が揚力になるわけではありません。

それと、Gは力ではありませぬ。加速度ですね。
これが質量がかかって初めて力になります。
(質量×重力加速度=地上でかかる力=自重)
すなわち機体質量(自重)×G=機体にかかる力です。

さらに一定半径の回転運動ではない、半径の変化を伴う現実的な回転運動では、
向心力にも、物体の運動エネルギーへの影響はあり、
これが戦闘機などにおける旋回の大きな要素となります。

例えばオモリが回転中にヒモを少し引いて回転半径を短くすることを考えます。
この時、オモリの回転面を維持したままだと、オモリは特に仕事をしてませんから角運動量は保存されます。
となると、当然、角速度の上昇によってオモリの運動エネルギーも大きくなります。

この半径を変える時、オモリを支えるヒモがなく、向心力を負担するのが主翼の揚力だとすれば、
それはより大きな力を発揮する必要があり、その力はどこから来るのか、
といえばエンジン出力か重力しかないよね、という事です。
が、3Gの旋回なら、機体重量の3倍の力が必要になるわけで、
エンジン出力にそんな力はないですから、運動エネルギーの形で蓄積して
それを利用してるのだ、という事ですね。

ここら辺りは人工衛星と地球重力の関係で考えるとよりわかりやすいはずです。


[2363] オンボード 投稿者:ssk 投稿日:2014/08/12(Tue) 10:16  

BABY SEAL comes surfing!
ttps://www.youtube.com/watch?v=2dHeM6gGv8k

これは来てますね。動物界に自撮りサーフィンの波が。

しかしオンボードカメラはGO PROに席巻された感がありますね。

他社がコンパクト化や防水筐体等のギミックに走る中、
カメラ本体はオーソドックスにまとめた分、画質にコスト掛けて、
多彩なマウントと防水ケースで幅広い用途に対応したのが勝因でしょうか。




[2362] Pig wave 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/08/09(Sat) 01:53  

飛ばない豚でもスゴイ豚。ホレちゃうぜ。

https://www.youtube.com/watch?v=HgQPyU3J0P0


[2361] 二度目… 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/08/07(Thu) 20:00  

すみません、ご指摘どうもです。
修正しました…。
2回連続で同じようなミスをやるとは…申し訳ございません…


[2360] リンク 投稿者:hayaoki 投稿日:2014/08/07(Thu) 19:41  

いつも楽しく読ませてもらっています。
20htmlのNextが21htmlとなっていないようです。


[2359] エネルギー 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/08/07(Thu) 18:08  

ちょっと判りにくかったかもしれませんが、
もちろん、エネルギーの総量は変わりませんよ(笑)。
機体の持ってるエネルギーが力として周囲に仕事をした結果、
それが減るのであって、大気も含めた全体の中でのエネルギーの総量は、当たり前ですが常に一定です。

そこら辺りはニュートン力学の話で説明してますので、
前回までの記事では最低限の説明に留めてます。
ついでに、今回の応用編も見ておいてください。

電気エネルギーはおっしゃるとおりですが、
(大出力モーターなら変換率は5割を超える)
そもそも電気を得るための熱エネルギーの変換効率が問題になります。
ペルティエ素子の発電で大出力は無理でしょう。


[2358] 新シリーズたのしみ。 投稿者:aaa 投稿日:2014/08/07(Thu) 17:57  

新シリーズたのしみ。
わかったうえでの、エイヤって説明かもしれませんが、
誤解受けそうかもです。

ボイドの言う(機動用)エネルギーと本来のエネルギーの話がまじってる気ががが

エネルギーって変質してくだけで、なくならんでしょ。

燃料の化学エネルギー(ガソリンと二酸化炭素のエネルギー差)が、なんやかんやして、(機動用)エネルギーになるだが、
空気抵抗(無駄な空気の運動エネルギー)や騒音、熱エネルギーに変質して捨てられちゃう)ため、散逸してく

んで、戦闘機動にパイロットが制御できるエネルギー分が、どれだけ消費されて供給されるかを、簡易な割にうまく近似するのがボイド氏の(ミクロの/戦闘用)エネルギーだけど、
(マクロの)エネルギーの話とところどころ混じってるような。

あと、熱→電気エネルギーは、直接ペルティエ素子とかで変換可能かと。エネルギー密度はともかく
それでモーター回せば....

電気←→運動エネルギーみたいなのは、高効率で変換可能ですし、位置エネとか運動エネとかの高品質(低エントロピー)のエネルギーって相互変換わりとできますしぃ

いや、化も運動も電気も、一緒にしたいから無名数化したのが元々エネルギーとも。



[2357] ステキ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/08/06(Wed) 23:21  

元アリタリア航空のパイロットのイタリア人で、
現在は趣味でチームによるアクロバット飛行をやってる人が、
ポツポツ動画をアップしてるんですが、
とにかく楽しそうに飛行機を飛ばす人で、なかなかステキ。

あえて無線無しで飛んでるみたいですが、ハンドサインとかメチャクチャ楽しそうに出してます。
よく見ると飛んでる間中、ニコニコしていて実にうらやましい感じ。

https://www.youtube.com/watch?v=LyviswdFaNU

なぜか(笑)スピットの自由フランス軍塗装の自機に乗った場合。
地上のイタリアの風景も興味深いですが、たまにスモークを吐くと、
渦になって流れてゆくのに注目。
渦ができると言う事は低圧部ができている、という事で、
これが飛行機に対する抗力の一つになります。
ちなみに最後のは雨ではなく、ヒョウです。

https://www.youtube.com/watch?v=3IPK21Q3jMw&list=UUxfC7BPR1SzpNF83hWCDZFw



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -