掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2070] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/04/07(Mon) 22:41  

くさのさん、ご指摘どうもです。
確認してみたところ、USSをつけてる例とつけてない例が半々くらいでしたが、
海軍の公式データベースに砲艦フィラデルフィが含まれてないので、
とりあえずUSSを外して記事を修正しておきました。
ついでに、スミソニアンのホームページで確認したら、やはり棒付き弾ですね、あれ。
現地でああ、くさり付き弾だと思って解説を見てなかったのですが、
まさか棒付きの方だったとは…。

やはり普通に考えた場合、あの船で砲撃戦やろうと思ったらオールが要りますよねえ…

五反田猫さん、この時代の横撃ちの砲は車輪で甲板に乗ってるだけですから、
撃った反作用は、基本的に砲本体で完結して、船体に影響を及ぼしません。
(ただしフィラデルフィアの正面主砲は木のレールで本体固定なので影響あり)
まあ、すっ飛んでいって、反対側の舷にぶつかったりしたら話は別ですが…
とりあえず、撃つだけはなんとかなったと思いますよ(笑)。
ただし、重量物の砲が一斉に逆方向に走ってゆくと、艦のバランスが崩れ、その影響はありますから、
フィラデルフィアのような小型艦の場合、揺れはあったでしょうね。

CONIさん、ボルトアクションの小銃持ってる鉄道警察も(笑)…
いや、高級菓子店の方が問題は重大なのか…。
こうして見ると、私は平和な国ばかり旅してますねえ…。

アジア方面でも折り紙が受ける、というのは、いい話を聞きました。
今度試してみます。


[2069] 話題を引っ張って恐縮ですが 投稿者:CONI 投稿日:2014/04/07(Mon) 21:54  

 ミャンマーは田舎でもそれなりの駅には、
鉄道警察官の詰め所がありまして、
ボルトアクションの小銃を持った警官が番をしてます。
 日が暮れてから列車に乗りに行ったら、
日本人ということで、詰め所で列車を待たせてもらえて、
(いいのか?)ヒマだし言葉もあまり通じないので、
日本の新聞紙でカブトを折ったら大ウケして、
鉄道警察官のみなさんとチャンバラごっこで遊びました。

 これまたもう20年近く前ですが、インドのカルカッタで、
帰国前に残ったルピーを使おうと思って、
ちょっと高級な洋菓子店にアイスクリームを買いに行ったら、
お店のドアの横に、ボルトアクションライフルを持った、
怖そうなおじさんが座っていて、私みたいな外国人や、
身なりの良いインド人のお客さんが来ると、
にこやかにドアを開けてくれるサービスをしてました。
 同じような感じで、銃を持った警備員のいるスイーツ屋さんを、
複数見た覚えがあるので、これは、
@強盗を防ぐため。
Aテロ対策。
B不○家のペ○ちゃんと同じで、お店のディスプレーの一種。
のどれかと思うのですが、個人的にはBを推したいところです。
 ドアを開けてもらうと、エライ人になったような気分がするんですよ(^^)。


[2068] Philadelphia (1776) 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/04/07(Mon) 09:37  

スミソニアンが、3DデータをWEBで公開しているのですね。

http://3d.si.edu/tour/gunboat-philadelphia-overview
マウスであちこち見ると、球形の砲弾もおいてあります。

確かに、この小さな船では武装過多で、美保が関事件になりそうです。それでも12ポンド砲は、船首方向ですから、何とか撃てそうですが、舷側もある2門の9ポンド砲は撃ったら転覆しそうな気がします。 両舷同時発射すると舟が回転しそうです(笑)




[2067] チェイン・ショット 投稿者:くさの 投稿日:2014/04/07(Mon) 04:46  

フィラデルフィアの砲弾として展示されていたの、チェイン・ショットではなくバー・ショット
じゃなかったでしたっけ。実はチェイン・ショットは知っていましたが、バー・ショットというの
は初めて見たので、へえこんなものがあるんだ、と。ただ、どの展示部屋で見たの
か覚えていないんです。

これも最近知ったのですが、実体弾時代の野砲って、地面に砲弾をバウンドさせる
ように撃って、敵戦列歩兵を混乱させるという使いかたがあったらしいですね。ナポレ
オン戦争の時代は榴散弾はまだ登場していないので(ワーテルローでは使われたらし
いが)、ナポレオンは砲兵をどうやって使ったのだろうと疑問だったのですが。
あと、敵前まで砲兵が突撃してぶどう弾射撃を行う場合もあったようです。


[2066] USSがないのは 投稿者:くさの 投稿日:2014/04/06(Sun) 23:30  

フィラデルフィアは1776年に沈没していますから、まだ大陸・海軍(Continental Navy)
の時代なので、USSがついていないのかもですね。WikipediaではUSS Philadelphia (1776)
となっていますが、これは記事の名称ルールによるのではないでしょうかね。

この小さな砲艦に12ポンド砲を積むのは結構無謀に思えます。乗組員が44人とあ
りましたが、一体どこに乗っていたのやら。この位の大きさでしかも主砲の旋回が
できないとなると、戦闘時にはオールで操艦していたのかも知れないですね。


[2065] 機械銃 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/04/06(Sun) 21:51  

ささきさん、情報どうもです。
当時のドイツ兵だったかの回想だと、手榴弾は確実性に欠けるの対しサブマシンガンなら
突入したら有無を言わせず連射すれば制圧できる、としてましたね。
まあ、こちらは9mmですが。

sskさん、そういや、オートマグナムは宣伝でグリズリーを倒せる、
とやっていたという話を聞いた事があるような。
ちなみに、グリズリーはキチンと弱点を知ってしまえば意外に弱いそうで、
アメリカの有名な弓矢使い、ポープは晩年に5〜8頭のグリズリーを
手製の弓でしとめたといわれています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Saxton_Pope

CONIさん、それは貴重な体験ですね。
鉄道警察にサブマシンガンが必要って国もスゴイですが…。

M-3は6年くらい前に富士の演習を観にいった時はまだ使ってたように記憶しています。

グラントの攻撃精神こそ最重要、というキャラクターは、
後の陸軍の将軍の典型になってしまい、
ここからパットンやマッカサーに繋がる感じですね(笑)


[2064] グリースガンとかステンガンとか 投稿者:CONI 投稿日:2014/04/06(Sun) 11:09  

 M3グリースガンってまだ自衛隊で使ってるんでしたっけ?
10年ぐらい前にシンガポール経由でミャンマーに行ったのですが、
シンガポールの博物館で展示されてた、ステンサブマシンガンと同じものを、
ミャンマーの鉄道警察の指揮官が普通に携行していました。
ちなみの部下の皆さんはボルトアクションの小銃を持ってました。
 何でそんなのをじっくり見れたのかというと、
ヤンゴン環状線に乗りに行ったら、車掌さんが「外国人だから」と(いいのか?)車掌専用車に乗せてくれて、
そこに途中から鉄道警察間の皆さんが武装して乗り込んできて、同席することになったのです。
さすがに銃を持ったまま着席はせず、車両の一角にちゃんと銃を保管するラックがありました。
鉄道警察の皆さんも、私が乗っていることを気にせず、むしろ歓迎してくれたのですが、
さすがに写真は撮ると怒られそうなのでやめておきました。
 「勇気と攻撃精神だけは旺盛」なグラント将軍みたいな人って、
ワタシ的には最も部下になりたくないタイプですね、軍隊でも普通の会社とかでも(^^;


[2063] 熊殺し 投稿者:ssk 投稿日:2014/04/06(Sun) 08:37  

米軍のパイロットは脱出時の護身用の拳銃に装弾数の多い9mmオートを使用するのがほとんどだそうですが
アラスカ基地のパイロットだけは重くて装弾数も少ない45口径を選ぶのだとか。
何故なら9mmじゃグリズリーを止められないから、という話を昔、某航空関係の掲示板で読んだことがあります。

>ささきさん
兵役経験者の韓国人の知り合いに聞いたところ「ベレッタはオモチャですよー(笑)」と不評でした。
何でもすぐ壊れる、弾道が螺旋を描いて頭狙っても足に当たる等さんざんだったとか。


[2062] ストッピング・パワー 投稿者:ささき 投稿日:2014/04/06(Sun) 06:49  

米軍には.45口径に対する「ストッピング・パワー」信仰があるとよく言われます。
もともとはフィリピンで闘争的原住民モロ族と対峙したとき、当時配備された
ばかりのダブルアクション・リボルバー 38 口径が通用せず、西部劇時代の
コルト.45 シングルアクションのほうが効果があった、という逸話から来ている
ようです。
38spl や 9mm パラベラムのような小口径高速弾は連射が利いて命中精度も
高く、貫通力はむしろ .45 を上回るのですが、大直径で重たい .45 弾は
貫通銃創にならないかわり体組織を広範囲にわたって破壊し、たとえ即死に
至らなくともショックによって人は動けなくなる…動きを止める効果
「ストッピング・パワー」があると言われています。
小口径弾でも体内で変形するソフトポイント弾…いわゆるダムダム弾は
同様の効果を発揮しますが、軍用のダムダム弾使用は原則禁止されているので、
.45 に対する信仰もひとしおなのでしょう。
米陸軍は 1985 年に M1911 に代わって 9mm のベレッタ M92 を採用しますが、
海兵隊はこれに反発して M1911 の近代改修型を M45 MEUSOC として採用、
また特殊部隊(SOCOM)でも 45ACP を使うヘッケラー&コック M23 を採用する
という珍事?が米軍の根強い .45 信仰を示しているようです。

M3 グリースガンも .45ACP ですね。グリースガンは SMG としては発射速度が
遅い(400発/分くらい、通常は600〜1000発/分くらいは撃つ)のですが、
あの重たい 45ACP を連射で吐き出すのは接近戦ではかなりの威力がありそう
です。
沖縄や硫黄島の記録映像で、海兵隊の兵士がジャングルや洞窟に向けて
撃ちまくっている姿が記録されていますね…。



[2061] 思わぬ反応 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/04/06(Sun) 01:30  

一部の人から思わぬ反応をもらいましたが、
今回の旅行記で登場してるスーパー スクウィールの決めセリフ、
「おっと、コイツはスーパースウィールの仕事だな」
の元ネタは、ご名答、スーパーグロバーです(笑)。

気になって調べてみたら、いつの間にやらスーパー グロバー2.0(ツー ポイント オー)
に進化してたのね…
https://www.youtube.com/watch?v=KORHQ8ekztU


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -