掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[4840] ノースロップ 投稿者:アナ-キャ 投稿日:2019/04/30(Tue) 22:53  

今のノースロップはB-21に集中というとこなんでしょうね。
ステルスは未だ実戦に大規模投入されたことが無く、その洗礼を受けてません。
おそらく、やってみたら意外に欠点が多くて、特に費用対効果が悪いのでは、というのが私個人の推測です。
アメリカ軍もその辺りに気がついて設計の重点をややコスト側にふったのがXQ-58のような気がします。

ちなみに読者さんからYF-23の試験飛行時の基礎飛行マニュアルはすでに機密解除の対象、という情報をいただき、
確認して見たところ、フライバイワイヤシステムへのG制限の数値入力は、
マイナス5G〜13.5Gまでの任意の数字、という説明があるだけで、なんらG制限の話は出てきませんでした。
つまりパイロットが死ぬほどGを掛けてもまだ飛び続ける事が可能ということです(笑)。
(人間はマイナスGへの耐久性は極めて弱いマイナス3Gくらいでアウトだろう)

まあ、実際の機体がどこまで耐えたかはデータが無いので判りませんが、少なくともYF-23の設計上は13.5Gまであり、ということでしょう。
6Gうんぬんは、単に試験飛行ゆえの制限でしょうね。タチの悪いデマ、の可能性が極めて高いです。
以上、参考までに。


[4839] ノースロップ 投稿者:くさの 投稿日:2019/04/30(Tue) 12:41  

ノースロップのステルスと言えばX-47Bもありますが、いか
にものデザインですね。ステルス技術自体がどの程度進ん
でいるのかは分かりませんが、少なくとも飛行制御技術は
大幅に進化しているでしょうから、デザイン上の無理もき
きそうです。残念ながら、開発中止されてしまいました
が。

今年の3月にはXQ-58が飛行していますが、正直格好は良く
ないですね、まあ、こちらは低コストを目指しているとい
うのもあるのでしょうが。

最近米軍は、中国の軍事力の増強のために、戦闘時の空中
給油が困難になるという認識だそうです。このため、空中
給油なしでもかなりの長距離を飛べる戦闘機や同伴する無
人攻撃機が求められるのでしょうが、今から開発して間に
合うのか疑問ですね。


[4838] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2019/04/29(Mon) 18:05  

PUL-10は例のホルテンのホームページに動画がありますが、これはエレボンではなく、
翼端に設けられた単純なエルロンで飛んでます。この位置からならヨーの操作も容易でしょう。
両者は操縦系統が全く違うのです。

YF-23の件は、情報源がはっきりしない個人の書き込みだけではちょっと受付かねます。
少なくとも私が見た範囲で、アメリカ軍は公式に情報を公開してません。
一部で有名な2015年のテストパイロットへのインタビューで、ようやくアフターバーナーありの最高速は公開されましたが、
これも正しい数字と言う保証はなく(実際、空軍博物館のデータでは未だに最高速すら公開してない)、
さらにスーパークルーズの数字は守秘義務を理由に凡そのものしか述べられてません。

ただの個人の書き込みでは、ちょっと信用できぬ、というのが正直な所です。
もちろん、私が知らない情報源の可能性も否定しませんので、それがありましたら、私も調べなおします。



[4837] horten PUL-10 投稿者:ssk 投稿日:2019/04/29(Mon) 17:42  

youtubeを漁ってたら90年代前半に飛行したhorten PUL-10というのが出てきて、これは操縦桿に繋がったプッシュロッドとケーブルを介して操縦とあるのでFBW機ではないですよね。
30年近く前にFBW無しで飛ばせたのであれば現代版のHX-2もFBW無くても不思議ではないと予想しました。

YF-23の件は18年4月の航空ライター関健太郎のツイートからですが詳しくは18年5月にイカロス出版から出たムックに載ってるとのことです。私は未読です。

これも上記ツイートからですがYF-22は8G制限だったとか。もしYF-23が採用になっていてもF-22や35以上に開発難航したんじゃないですかね。

http://www.nurflugel.com/Nurflugel/Horten_Nurflugels/PUL-10/pul-10_nurflugel_brief/body_pul-10_nurflugel_brief.shtml


[4836] エレボン 投稿者:アナーキャ 投稿日:2019/04/29(Mon) 08:51  

基本的にはその通りですが、全翼機においてエレボンだけで機体をコントロールするのは意外に珍しいんです。
全翼機の王道、ノースロップ式だと主翼両端にクラムと呼ばれる上下に開くカスタネットのような動翼を付け、
これを開いて生じる抵抗で機体のヨーをコントロールし姿勢を制御、
不安定な全翼機のヨーを抑えて離陸、飛行できるようにしてます。
当然、飛行中の姿勢制御もこれを方向舵代わりに使うのです。
操縦桿とペダルの関係がどうなってるのかも含め、エレボンだけだと真っすぐ飛ぶのも困難なはずで、
普通の感覚では離陸すらできないだろう、というお話です(翼端の垂直安定板はその役割を果たすにはやや小さいと思われる)。
さらに単発の推進プロペラ機ですから、ケツ振りがあるはずで、
実際、両翌単の安定板についた方向舵はこれを打ち消すために不思議な角度で曲がってます。
これだけいろいろな要素を抱えて飛ぶ以上、フライバイワイアをかましてるだろうという事です。

YF-23は未だ謎に包まれていまして、最高速度ですら正式には公表されてません。
制限荷重のデータが公開されたという話も私はまだ聞いたことがありません。
最近になって情報公開が進んだ可能性もあるので、その話の出どころを教えていただけますでしょうか。

ちなみに海のモノとも山のモノともまだわからない試作機の試験飛行では通常、制限いっぱいの荷重は掛けません。
単に試験飛行の制限が6Gまでだった、それ以上は禁止されていた、という話のような気もします。


[4835] エレボン 投稿者:ssk 投稿日:2019/04/28(Sun) 22:53  

こんばんわ。
HX-2の場合、エレボンが重心の後ろにあるので機首上げで上にあがるのはごく普通の挙動では?左にバンクしてる写真でも左右のエレボンとも上がってるので左バンクからスティック引いて左旋回中に見えます。
ところで某航空ライターがつぶやいてましたけどYF-23の制限荷重って6Gなんだとか。これでSAM避けられたんですかね。レーダーに引っかからないからOKってことだったんでしょうか。


[4834] F-22 投稿者:アナーキャ 投稿日:2019/04/28(Sun) 18:09  

一言で言ってしまえば、F-22に関しては冷戦が終わっちゃたのが全ての悲劇の源でしょうね。
湾岸戦争で新しい戦争の形を空軍は試してるんですが、結果的にやっぱ要らない、となって、そこからさらなる迷走が始まりますし。



[4833] 無題 投稿者:まいあみ 投稿日:2019/04/28(Sun) 04:28  

個人的には大好物のノースロップ系の傑作機種の話で大興奮でした
ATF計画が大幅に遅れて内容も迷走したのも
やはり、冷戦真っ只中で構想してる最中に
時代の変化に合わせる作業に手間取った

と、いう感触は有りましたね
mig-21以降の戦闘機は怖く無いけど…
ソ連のSAM開発スピードが怖かったから
ステルスとスーパークルーズ能力が
ATF計画に必須だったのだと思います
当時AMRRAMも開発中でしたし

90年代にアメリカが想定していたNATO戦線での
残存能力にステルスとスーパークルーズは
必須科目だったと思います

でなきゃ、F-15やF-18位の能力で十分でしたからね

空軍にとっても誤算になった
F-16がマルチな能力を発揮できたのも
AMRRAMの採用があってだと思います
スパロー+サイドワインダーが
標準のF-15と比較すると
サイドワインダーだけのF-16だと
有視界外だとタコ殴りされますし
F-16の本来の任務は
数で不利な地上軍の支援のために
なぜか、日本の航空ファンに
人気のないトーネードと共に
航空阻止任務を割り当てられる
予定でしたから

F-22の最終段階で
FA-22とか議会に予算通す言い訳かますあたりから
F-22は地上攻撃も出来ますよー
F-15よりも使い道がありますよー

みたいな言い訳したと思うのですね
と、同時に
F-15、F-16以外の戦闘機やその後継機で
十分だと空軍は思ったのではないでしょうか








[4832] 絶頂期 投稿者:アナ-キャ 投稿日:2019/04/27(Sat) 22:28  

実際、あの頃がアメリカの軍用機開発の技術的なピークのような気がします。
以後はF-35以外、まともな軍用機の開発は行われていませんから、
すでに20年以上、新規開発はなく十分な経験を積んだ技術者はほぼ居なくなってる気がしますし。
個人的にはYF-23とYF-120(F-119はなぜかYF-23には相性が悪い)エンジンがセットなら絶対に買いだと思いますね。

ステルスは実戦投入の歴史が浅いもののF-117が何度も侵入を繰り返したコソボでは最後は撃墜されてますから、
相手が十分な経験を積んでしまえば、いくらでもこれを破る方法はある気がしてます。

ご指摘の通り、ステルスは基本的に横と下からのレーダー波を想定してるので上からには弱いですし、
連載中でちらっと触れたバイスタティック レーダー(Bistatic radar)なども米軍と中国軍は研究してますしね。


[4831] YF-23って 投稿者:くさの 投稿日:2019/04/27(Sat) 05:39  

F-22もそうですが、よくもこんなもんを1990年に飛ばしたもので
すね。パソコンで言えばまだ386の時代で、Windowsは3.0でし
た。F-22もですがこんな30年も前の機体でも、改造のベースに考
慮されというのは、それからあまりステルス関係の技術が進歩し
ていないのか、あるいはアメリカが古い技術を高く日本に売りつ
けようとしているのか。どっちにしても、F-22よりはYF-23ベー
スの機体を見てみたくはありますが。

ただ、将来ステルスどうなんでしょうね。最近 スーパープレッ
シャー気球とか50キロメートルくらいまで上昇できるようです
が、こんなのズラッと並べてそこにレーダー載せたら、案外見え
てしまいそうな気がします。そうなると、今度は全方向ステルス
技術なんてものが開発されるのかもしれんですが。まあ、F-22な
ら見えてもそれなりの戦闘力はあると思うのですが、F-35だとち
ょっと不味そうな。


ステルス機の問題の一つは搭載武器がウェポンベイの大きさに制
限を受けてしまうことで、自衛隊がF-35の導入を検討したときも
AAM-4が収まらないことが問題になりましたよね。ロッキード・
マーティンはウェポンベイは改造できるとか言ってましたが、結
局は改造なしてAAM-4は諦めたようですね。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434] [435] [436] [437] [438] [439] [440] [441] [442] [443] [444] [445] [446] [447] [448] [449] [450] [451] [452] [453] [454] [455] [456] [457] [458] [459] [460] [461] [462] [463]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -