掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3595] ありがとうございます 投稿者:がちょう 投稿日:2016/09/06(Tue) 00:39  

なるほど、大河ですか、納得。
すると、前にヒストリアだったかで彼女を取り上げたのは伏線だったか・・あるいは放送時の取材がきっかけだったか・・

全国的にメジャーな人が案外、地元での人気はイマイチなのはどこも一緒なんですねぇ・・
家康ならまずは岡崎とか鳳来寺だろうと思う私はマニアックなんだろか・・?


[3594] 静岡 投稿者:杉村徹 投稿日:2016/09/05(Mon) 23:59  

浜松、たまに出かけると、駅の近くにブラジル系の銀行があったりして「あー、そうだった」と納得したり。
そして一度はおいしいシュハスコを食べに行きたいと願うのです。

家康は、むしろ静岡市の方が駿府城や久能山東照宮がらみで存在感、というかアビール強い気がします。
とはいえ静岡市民がこぞって家康公プッシュしてるかと言えばそうでもないんですが。

あと、観光資源はあっても宿泊施設が足りない、という意見も。
「東静岡駅前にガンダムが立った時、大勢の人が来たが、そういう人たちは日帰りで、市内の観光スポットを回ろうという方向に繋げられてなかった」という話も出たり。



赤旗、「ほとんどのアメリカ人は知らない」というのは、

「具体的にどんな訓練してるのか知らない」とか、あるいは虚実入り混じった情報が流れていた、とか、単に関心のない層が多かった、とか、
そんなところかも知れませんね。

海兵隊のF-4乗りとしてベトナムへ行った、J・トロッティ少佐の「ベトナム空戦史」(朝日ソノラマ)の前書きで、
「多くの人々が、ファントムの様な近代戦闘機の機構はオートメ化されているので、操縦士はスイッチ操作だけしていればいいと思い込んでいる」
云々という一文がありましたが、そういう人々には(TV向けに演出や省略はあるにせよ)意外性に満ちた世界ではないかと。

そして笠原俊夫のアグレッサー漫画「レッズ・イン・ブルー」を読んだとき
「模擬空戦でペイント弾使ってない!」
と衝撃を受けたのです。(←新谷作品の読みすぎ)



[3593] 無題 投稿者:りので 投稿日:2016/09/05(Mon) 22:35  

大河ドラマの影響は大きくて,浜松で家康が存在感を増したのは,彼を主役にする大河ドラマが出てからのように思います.
それまでは,彼はよそから来てよそへ行った人で,浜松市民にそれほどの思い入れはなかったと思います.
まあ,よそからきてよそに行ってしまうというのは,江戸時代の浜松城主も,ホンダも,都市銀行の浜松支店長も同じですが.

旅行ガイドなどでも「静岡はなにかと家康との縁を強調するけれど,浜松のひとはドライなのか家康に関心がない」などと書かれていました.
それに,浜松時代の家康は「各地」で活躍しましたが,浜松付近では三方ヶ原で負けただけですから.
長男切腹やら正妻暗殺やらの話もあって,浜松の小学生にはあまり格好良くなかったです(だから,元市民としては,浜松市のユルキャラ「出世大名家康くん」には違和感があります).

井伊直虎は(ゲームで名前が出たのかもしれませんが)数年前に小説が出て,演劇になったのを知っています(いま中国に来ていてgoogle検索できないので,著者や書名など書けないのですが).
これはなんか凄い話だな,どこかのTV局がドラマにでもすればいいのにと思っていたら,いきなり大河とはびっくりしました.

ブラジルの影響のひとつは,やはり料理ですね.
年末に浜松に帰省すると,ブラジル料理店で大晦日をサンバとともに越すのがこの数年の習慣です.







[3592] 浜松 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/09/05(Mon) 21:03  

がちょうさん、毛沢山も書いてるように大河ドラマになるようで、
市内では押しまくり、という感じの露出度でした。
ゆるキャラまで居ました…

毛沢山 さん、初めまして。あ、ホントに多いでね、関係者の方(笑)。
私は8月26日、広報館のイベントの最終日に訪問してました。

すぅさん、岐阜方面まで広がってますか。
ポルトガル語で朝礼の挨拶をする校長先生ってなんかすごいですね…


[3591] 必修ポルトガル語 投稿者:すぅ 投稿日:2016/09/05(Mon) 08:29  

おまけから
ブラジルの方が多いと言えば愛知・静岡・岐阜の東海3県なイメージがありますね。
同じ日に行った私は当然の様に英語であろうと思っていて、全く気付かなかったです。お恥ずかしい。
んで、各務原出身の友人曰く、あっちの公立小学校は平気でブラジル人がいて、校長先生の挨拶は校長自ら二か国語でしゃべるんだそうな。公用語が事実上日本語とポルトガル語なようで、なんというかすごい世界が展開されているんだろうと想像します。。。


[3590] 井伊直虎 投稿者:毛沢山 投稿日:2016/09/05(Mon) 07:08  

なんか浜松原住民がワサワサ出ていますので、乱入させていただきます(当方も原住民)
井伊直虎はH29年のNHK大河ドラマという事で観光用に盛り上げているという事です。(=市内で看板結構見かけます)

8月夏休みに(暇でしたので)浜松基地見学していたのですが(晴天でした)アナーキャさんとはニアミスしていましたかね?


[3589] マニアック? 投稿者:がちょう 投稿日:2016/09/05(Mon) 02:47  

旅行記の写真の中に井伊直虎の文字が・・
気になって、旅行記が頭に入ってこない。
浜松では私が思っている以上にメジャーなんだろーか?としばし悩む。
写真中の看板&垂れ幕は他でも見られたんでしょうか?
今回の記事に全く無関係とは思われない(笑 ので、あえてお尋ねいたします。

地元の親戚は私が戦国に興味あると言っても、いの字も言わなかったのに。(代わりに非売品の某教授著の高天神城本をくれたので彼の人の興味が偏っている可能性もありますが)


[3588] 遠江 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/09/03(Sat) 20:44  

あ、結構いらっしゃいますね、地元関係の方(笑)。

首都圏の人間からすると、確かに名古屋の隣、という感じがあるんですが、
考えてみれば尾張どころか三河でもなく、遠江なんんですよね、浜松。
しかし大人げないな、名古屋駅(笑)。

尾張と三河は世界が違う、経済圏と農業圏というのは信長の時代からはっきりしてましたが、
三河と遠江、駿河も地元の感覚だと別物になるんでしょうか。
まあ、駿河は判りますが(今川家が文化人だったから)個人的には三河と遠江は、しょっちゅう混乱しますね。

浜松、活気ありましたよ(笑)。
ここ2年で見て来た地方都市、長野、山形、そして私の地元千葉、と比べて、
あ、ここは近代的な都市圏だ、と思わせるものがありました。
と、同時に市内中心部に中学生、高校生があふれてる、というのにも驚きました。
まあ、夏休みというのあったんでしょうが。


[3587] 浜松出身者です. 投稿者:りので 投稿日:2016/09/03(Sat) 14:29  

浜松出身者です.

アナーキャさんの脱線予定の地図を見ながら,県庁所在地でも大都市圏の都市でもないのに,(合併に合併を重ねてですが,いちおう)政令指定都市になった浜松は,確かに例外的な都市かもしれないと思いました.

三河と遠江で一つのまとまりなら(そういう時期もあったのですが),浜松が中心になったかもしれませんが,遠江は駿河と一緒にされて(そういう時期もありましたが)浜松は静岡県に属していますが,経済的に浜松が静岡圏とは言い難い気がします.

さらに東京からは名古屋圏と思われ,名古屋からは県外と扱われているのかもしれません.
東京から来たひとは名古屋の土産にうなぎパイを買いたいと思っているのに,名古屋駅はうなぎパイは愛知県名物でないから構内では売らないよとか:

政治経済的にどこの圏内に属しているのかどこにも属していないのかよく分からないところだからこそ,特色のある製造業が生まれたのかもしれませんが,近年は製造業が絶好調とも言えないので,活気あふれるとも言えません.
都市計画にも問題があったようで,駅前から中心部も寂しいです.
でも(来る来ると言われているのに,なかなか来ない大地震が心配ですが),いいところですよ.

http://www.j-cast.com/2016/09/02276890.html


[3586] 博物館ゴールデンベルト 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/09/02(Fri) 23:58  

あ、いい所に住んでらっしゃいますね(笑)。
磐田のヤマハホールから、岐阜の各務ヶ原まで、日本で一番濃厚な博物館地帯だと
個人的には思ってるんですが、今回、ヤマハとスズキは浜松駅から遠くて断念(というかヤマハは磐田だった)
楽器博物館は時間切れ敗退、という結果に終わってます…。
あとは名古屋のトヨタ博物館に、新幹線の巣、明治村といった辺りも
いつか行こうと思ってるんですが、全部回ると何日かかるんだろう、という感じですね…。

さらに個人的には浜松の天竜区ってどんだけいろんなもんが集まってるんだ、
という感じで(秋葉神社、機関車転車台、本田宗一郎の館)、あの一帯も一日かけて観に行きたいんですけども、時間が…


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -