掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[356] またまた機関銃のはなし 投稿者:ささき 投稿日:2011/04/15(Fri) 00:10  

11mm って口径、ひょっとすると対飛行船用に 7.7mm 機銃の口径を拡大して作られた「バルーン・ガン」かもしれません。
バルーン・ガンとしてはイギリスのビッカース改造が有名で、オチキスの奴については詳しく知らないのですが。

あのルイスも只のルイスではなく、同調機構を付けた試作型のような気がします。あんな所にあんなデカイ箱が
付いていたら、普通にグリップ握って引き金引けませんよね。その箱の下からシャフトらしき物が出ているのも怪しい。
クランクシャフトにつなげて、プロペラ回転に合わせて引き金を引くメカが入っていたのではないかと
思います。

もっともルイスはオープンボルト発射といって、引き金を引くと後ろに下がっていた遊底がバネの力でガシャーンと
前進し、前進する仮定で弾倉から弾を咥えこんで薬室に突っ込み一番奥まで行ったところで撃針が作動して
雷管を叩いて火薬が燃えてタマが飛び出すというノンビリしたメカなんので、
ペラが通過した瞬間に引き金を引いてもタマが飛び出すのは数十分の一秒先のことになるので、基本的に
同調には向かないです。英仏がルイスをこねくりまわしている間に、幸か不幸かルイスを持って
いなかったドイツはマキシム式の MG08 機銃に同調装置をつけてフォッカーに搭載し、
これを見た英仏もマキシム式のビッカースを同調させて張り合うことになります。

ツェッペリンのゴンドラに付いてる機銃は同調対応前のオリジナル MG08 ですね。銃身も陸戦用と
同じ水冷式のままです。これは博物館の考証間違いではなく、気嚢から漏れた水素ガスがアッチッチに
過熱した銃身に触れて燃えたら一大事!ということで、わざわざ水冷式を選んで搭載していたとの
記録があるのです。


[355] 飛行 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/04/14(Thu) 18:22  

ルブリ作のあれは、フランスの対ライト兄弟秘密兵器で、
その定義は“動力を使って初めて飛んだ”なのです。
まあ、動力つーても馬で牽引、なのですが(笑)。
グライダーに関してはウチが最初、とは主張してないみたいですね。

ケイリーのは“乗り物だから”というだけの理由で
お抱えの馬車の御者を乗せて成功、もう一回飛ばそうとしたら、
この御者さんが、ダンナ、私は御者として給料をもらってるんです、
と拒否して終わったという話をどっかで見た記憶があります。

フランスが航空産業で遅れを取った原因はすぐには思いつかないのですが、
どんなジャンルであれ、フランスが先頭を走ってる、というのもまた想像困難なので(笑)、
そこら辺が正解なのかなあ、とも思ってます(笑)。


[354] グライダー 投稿者:くさの 投稿日:2011/04/14(Thu) 02:12  

イギリス人によると、グライダーで最初に飛んだのはジョージ・
ケイリー卿の孫だか召使だからしいですが、1850年頃のことら
しいので、1856年にルブリさんが飛行に成功していたとしても
世界初にはならないと思いますけどね。

ちなみに、日本ではそれより60年も前に浮田幸吉がグライダー
らしきもので、橋の上から「落ちた」らしいですが。

ただ、飛行機開発初期段階でフランスが世界をリードしていた
のは事実なんですが、WWIが終わったあたりからやる気をなく
したのは何故なんでしょうね。まあ、彼らに言わせれば、WWII
後のジェット戦闘機開発でも世界の先端を行っているとなるの
でしょうが、他国から見たら「ふ〜ん」程度だし。


[353] 北駅 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/04/11(Mon) 19:22  

パリ北駅でちょこっと読んだ説明だと、国際駅、見たいな事が書いてあったので、
もしかしたら、国際線はこの駅に集まってるのかもしれませんね。

ノートルダムからエッフェル塔は4〜5kmは離れてますから、
歩くには結構いい距離ですよ。人のこと言えませんが(笑)

インド人街は私は見てこなかったのですが、珍しいですね。
あの人たち、あまり集まらない、集まってもそんなに表に出てこないので、
インド人街というのは返還前の香港くらいでしか見た記憶がありません。
ちょっと見てみたい気もします。


[352] 華の都 投稿者:くさの 投稿日:2011/04/11(Mon) 13:40  

ロンドンからも、北駅に入るんですね。私もブラッセルから北駅に入りました。そのあたりをちょっと歩いてから地下鉄でノートルダム寺院に行って、そこから徒歩でセーヌ川沿いにエッフェル塔に向かいました。途中でルーブルやら廃兵院やらによってたら、エッフェル塔に着いたのは夕方になってしまいました。

で、帰りは北駅からちょっと離れた地下鉄駅で降りたんですけど、途中にインド人街があったのでちょっと驚きました。フランスとインドって、歴史的にはあんまり関係ないような。。。


[351] Ju-88 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/04/04(Mon) 19:48  

機銃に関しては機首全体で4丁が正解。

それに下のゴンドラ(出っ張り)に2丁で計6門です。
ただし、あの写真で見える1門は鹵獲後、1950年代に
撮影された写真にはないもので、あれ?と思ったわけです。

ゴンドラが機首右に寄ってるのは、単にコクピットを避けるためでしょう。
爆撃機時代から、あの位置にありました。

乗り降りもゴンドラがあるタイプでは全部その後ろからですが、
これはタイプによって開口部がやや異なり、メンドクサイ部分です。



[349] 銃は熱い内に撃て 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/04/03(Sun) 21:54  

あ、あれ放熱板ですか。
そんなものがあるとは知りませんでした。

ブローニングの12.7mmはどこでも見かけるので、
あれがつい基準になってしまうのですが、
ドイツの銃って確かにコンパクトなんですよね。

弾薬ベルト、さすがに機械化されてましたか。
ほとんど写真とかも残ってない世界ですから、
ここら辺も調べ始めたら、奥が深そうではあります。


[348] 機関銃のはなし 投稿者:ささき 投稿日:2011/04/03(Sun) 10:44  

貴重な写真ありがとうございます。Mk.II照準器の反射
ガラスが四角いタイプは現存数の少ない貴重品です。
端っこに40mm?の曳光炸裂弾頭のカッタウェイが写ってたり
して機銃スキーとしてwktkです。

ブローニングの7.7mmのアレ、よく気が付きましたね。
実はあれ、放熱板なんです。
英軍の.303弾は装薬がコルダイト火薬で燃焼温度が高く、
200発ほど射撃すると銃口に弾丸カスがこびりつく現象
(ファウリング;Fouling)が発生したため、対策として
銃身内にクロームメッキを施すと同時に、銃口部に放熱板を
装着したのだそうです。

独軍の機銃は上から順にMG17,MG131,MG15,MG81Zでしょう。
MG17はたぶんMe109の機首銃に使われていた奴で、機関部の
下にプロペラ同調装置のケーブルが付いています。
こうして見ると13mm MG131が非常にコンパクト(というか、
ブローニングの12.7mmがバカでかい)のがわかりますね。
MG81Zは二連装の旋回機銃で、Bf110Gの後席とかによく
使われていた機銃です。一挺あたり1500発/分、二挺で
3000発/分ですから秒間50発のタマを吐き出します。
とはいえ7.92mmですから、実効よりも曳光弾派手に
バラ撒いて相手をビビらせる効果のほうが大きかった…かも。

弾薬ベルト装填装置は、大戦初期以降は電動の自動式が
導入され、箱に弾を並べておいてボタンを押すだけで
ザーッとベルトが出来るようになったそうです。
我が日本軍にそういう機械はあったのかなぁ…
何となく、大戦末期まで手動式でガチャン、ガチャンと
弾帯づくりをやっているような印象が。


[347] 名前 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/04/03(Sun) 01:42  

なるほど、イギリスネーミングの自虐性ってのはあるかも(笑)
剣闘士、ハリケーン、台風、大嵐、がみがみ女、さあ、この中で主力戦闘機の名前はどれだ?
と聞かれたら、まあ確かにがみがみ女が一番アレですよねえ…

あ、情報どうもです。
ある程度の戦果はあった、と考えていいようですね。


[346] ロック魂(違 投稿者:ささき 投稿日:2011/04/02(Sat) 10:55  

イギリス人が「強そう」「カッコ良さそう」な愛称を兵器に付ける時って、
大抵ロクでもない結果になると思います(笑
というか、奴等ってわざとダメそうな兵器に物凄く強そうな名前を
付ける自虐癖があるのかも。どういうセンスでブラックバーンのアレが
「伝説の巨鳥・ロック」になるんだよ・・・。

英語版のゐきぺぢあでは U-976, U-821(B-24との共同),
U-804, U-843, U-1065, U-251, U-2359 の7隻が
ツェツェ・モスキートによって撃沈されたとありますが、
これは同機を装備した 248sq と 618sq の戦果合計では
ないかと思われます。248sq はボーファイターや
モスキート FB.VI との混成なので、全部が 57mm 砲による
戦果だとは断定できませんが、「撃沈戦果なし」という
ことはないと思います。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -