掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3153] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/22(Tue) 23:55  

すぅさん、確かにそのサイクルはありますねえ…。
戦国期の秀吉も、なんか南蛮渡来とかあって俺ら世界最強だよな、
という勘違いもあって朝鮮半島に攻め込んでますしね…
(まあ事実、ある程度までは強かったんですけど)
鉄砲伝来から朝鮮の二回の役までがざっと50年、明治維新から日中戦争までがざっと70年で、
どうも100年我慢しなさい、というのができない民族性なのかもしれませぬ。

りんごさん、フィリピンはアメリカ陸軍、もっとハッキリ言ってしまえば、
マッカーサーの庭でして、そんなところの魚雷を集積したという話を私は知りませぬが、出どころは何でしょう?

兵器の信頼性については、実戦経験不足というのはその通りですね。
ただし、日本側の兵器の信頼性が高かったというわけでもないですけども…


[3152] 米海軍の魚雷 投稿者:りんご 投稿日:2015/12/22(Tue) 12:30  

お久しぶりですアナーキャさん。

「日本軍の攻撃はフィリピン」と予想していた米海軍はフィリピンに魚雷を集積し備えていた。しかし、真珠湾奇襲により太平洋艦隊が行動不能に陥り、フィリピンに集積してあった魚雷を搬送できなかった事が初期に米潜水艦の行動を制約したと考えていました。

また、太平洋戦争勃発より10年前から戦争状態であった日本軍と軍縮により準備不足の米軍、兵器の信頼性もそのあたりの要因が大きいと考えているのですが、どうでしょうか?


[3151] インスパイア系の国 投稿者:すぅ 投稿日:2015/12/22(Tue) 10:26  

技術文化に限らず日本全体の文化としてのパク…基、優れたものを積極的に取り入れることがありますよね。
歴史を大まかな流れで見ても
やべぇ俺たち遅れてる

先進国に追いつけ追い越せ、とにかく参考にし続けろ

ついうっかり追いつけた(気になってしまう)

俺たち最強!!!(とついうっかり思ってしまう)

独自路線を歩んで迷走

ある時諸外国にぼこぼこにされる

一番上に戻る
というループがあるように思えます。

縄文→弥生で諸外国に感化され
飛鳥で独自路線を行き白村江でぼこぼこにされ、
奈良でやっぱり強い国に習わないととなり
平安〜室町途中で独自路線を行き(その間まぐれで外国に負けずに済んじゃう)
戦国で最新技術を知り
それでも江戸幕府は独自路線を行き
幕末にあわて
懲りずに昭和初期に独自路線を行き
戦後に慌てる
みたいな流れができてると思うのです。
近年は技術革新等でそのループは速まっていますが。

そしてそれはお隣のとても大きくて強い大陸の国の政治の動乱に大きく影響されているんですよね。

という私独自の歴史観でした。


[3150] 「夜の着艦 in 珊瑚海」での月の状態 投稿者:A-11 投稿日:2015/12/22(Tue) 00:12  

興味深く読ませてもらっています。

「夜の着艦 in 珊瑚海」
で月が雲に隠れている可能性が気になったので、手元のプラネタリウムシミュレータ
http://www.stellarium.org/
で1942年5月7日の月の状態を目視してみました。
月齢22日くらいで、午前11時ごろから午後11時ごろまで沈んでいるようです。
結論としては、
「月のない真っ暗な夜だった」というアメリカの報告書は正しかった。
だけの話ですが、何か参考になれば幸いです。


[3149] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/21(Mon) 23:31  

すぅさん、確かに空母母というべき存在がイギリスですね。
日本の場合、19世紀末の幕末から20世紀まで、下手をすると今でも、
人が完成させたものをパク…参考にする、というのが技術文化の根幹でしたから、
ああいった試行錯誤が面白おかしく感じるのだと思うのですが、
本来なら、イギリスやドイツ、一部アメリカの狂気の実験兵器こそが
進歩と進化の正しい形なのかなあ、と最近は考えてます。
限度はあると思いますけどね(笑)。

ドーントレスのはダイヴ フラップと言うんですが始動スイッチはあってその開閉は手動です。
ただし角度設定がどうなっていたかは、ちょっとわかりませぬ。

くさのさん、あ、日本に来てるんですね。
最初のは私が小学校2年生くらいの時で、さすがに見に行ってませんが、
アメリカでも誰もヒットすると思ってなかった、という話もあるので、
日本公開まで時間がかかったんでしょうかね。

ご覧になるなら、帝国の逆襲の最後とジェダイの復讐の冒頭の砂漠シーンを観て行くといいと思われます。
人類史上、最も地味な主人公用メカの新旧交代をやったのが初期3部作のスターウォーズですが、
そのマニアックな間隙を突いて妙な伏線を張って来ます、今回の新作。
本国のマニアとかは、見た瞬間、気が付くのでしょうけど…。
そもそも、あの人のも同じ形なんですよね、実はあれ。


[3148] スター・ウォーズ 投稿者:くさの 投稿日:2015/12/21(Mon) 18:09  

本日新宿に眼鏡を買いにいったついでに、歌舞伎町の東宝シネコ
ンに行ってみましたが、タッチの差でスター・ウォーズのチケット買えませんでした。

現在は東京では日劇がスター・ウォーズの聖地とされているそう
ですが、私が第一作を観たのは、当時都内最大のスクリーンサイズを誇っていた今は亡きテアトル東京でした。また、当時は世界同時公開ではなく、アメリカより1年も遅れての公開で、わざわざアメリカまで観に行った人も結構いたようです。


[3147] えげれすの空母 投稿者:すぅ 投稿日:2015/12/21(Mon) 15:19  

蒸気式カタパルトやそもそも空母と言える空母自体もイギリスが作ったりしてますよね。一方で縦索式のアレスティングワイヤーや多段式飛行甲板など、一体どうしてこうなった、みたいなものも多くあるのがイギリスの空母という印象です(笑)多分思いついたものをとりあえず作ってから考えるスタンスだったのでしょう。その結果、実戦に適したものが淘汰されて残っていく辺りはさすがダーウィンの国だと。もっとも実戦で試してるのはもっぱら日米なんじゃないかと思ったりしますが。大戦中最後までソードフィッシュ乗っけてたのもその試行錯誤の一環だと考えたいです(笑)

米軍のフラップ兼ダイブブレーキはアレはまさか自動で動かないですよね?さすがに当時なら主導だと思いますが。。。まるでフラッペロン的な発想で結構好きです。


[3146] ネタばれ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/21(Mon) 13:23  

そうだ、新作スターウォーズについて、一つだけ追記。
“あの”ライトセーバーの形、ちゃんと確認しませう。
できれは旧作3部作エピソードIV〜VIを見て、再度確認した方がいいと思います(笑)。


[3145] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/18(Fri) 23:08  

くさのさん、ああ、源ちゃんとかが…ねえ…
確かにパイロットにしてみれば、翼が畳めようが畳めまいが興味はないでしょうね。
もっとも実はアメリカもそう大差はなく、グラマンがF4Fの主翼を折りたたんだのは
イギリス海軍の要請ですから、後の斜め甲板の発明とか、
実戦では全くパッとしないのに、あの国は空母の
発達史に意外に重要な位置をしめてますね。

名捨てさん、そもそも世界中に植民地を持ってるイギリス、
大西洋と太平洋に艦隊を持つ必要があるアメリカ、
それに比べりゃ日本なんてあれで十分だろう、と私なんかはずっと考えております(笑)


[3144] 軍縮会議 投稿者:名捨て 投稿日:2015/12/18(Fri) 20:06  

>対米、対英7割のつもりが6割という数字にされて
>しまった1割削られた…

冷静に考えると、対GDP比で考えると「対米6割って、日本無茶しすぎだろ」ということになりますね…
逆に考えるとアメリカはそこまで軍備増強していなかったとも言えるけど…


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -