掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2944] 適度に 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/30(Thu) 23:09  

すぅさん、コメントどうもです。
適度な範囲で(笑)ご期待くださいませ。
本当は全く予定外の内容なんですが、ウチのサイトは対艦巨砲主義で長年停滞したままだったので、
そこら辺りを一気に取り返しておけたらなあ、と考えております。


[2943] これは 投稿者:すぅ 投稿日:2015/07/29(Wed) 23:57  

機体をせざるを得ない新連載ですね!!!でも撃墜されたくは無いので期待くらいにしときます!!!


[2942] 犯人 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/27(Mon) 21:12  

ダーウィンの町は昔からダーウィンなんですが、なぜか帝国陸軍謹製の地図ではポートダーウィンと表記されてます。
恐らく海軍も同じだったんでしょうね。
ポートダーウィンはダーウィンの町南側の砂州の事ですから、
こんな場所を空襲する理由がありませぬ。
実際、一連の戦闘のオーストラリア側の呼称はダーウィン空襲です。

なので、日本語でポートダーウィンと書かれてる記事は何も考えないで
古い資料から転記してるだけ、と考えてほぼ間違いないです。
この人はキチンと調べて物を書いてるか、の判断材料の一つだったりします(笑)。


[2941] 少数派 投稿者:りんどう 投稿日:2015/07/27(Mon) 02:10  

コードウェル少佐は引きぬかれてきたドイツとやりあったベテランみたいなのは少数派だったのですね。
実戦初めてばかりだから教育でヨーロッパからの老練な人を抜いてきたら、思ったより早く教育が終わる前に日本海軍が来ちゃった。

地図でダーウィンというところの近くに海があって、港湾設備みたいなのを攻撃したというので、それがダーウィン港だと思ってました。


[2940] そうでもない 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/26(Sun) 19:08  

例えばオーストラリアのスピットが最大の被害を出した43年5月2日の空襲に関する豪州空軍の報告書、
Enemy Air Raid No 54 on Darwin - 2nd May 1943.に
出撃した54、452、457戦隊(squadron)のパイロットのほとんどは初めての実戦だった(in combat for first time)
とはっきり書かれていたりするのです。

ついでに、この時のスピットの撃墜数を14機とする日本語資料が多いですが、
それは全損失で、実際に撃墜されたのは8機であり残り3機は燃料切れ、あと3機はエンジン故障による不時着です。

あと細かい話ですが、ポートダーウィンなる街は地球上に存在しないのです(笑)。


[2939] 読み直すと 投稿者:りんどう 投稿日:2015/07/26(Sun) 12:59  

坂井三郎氏のスピットファイアの話はP-40との空戦中に現れていて、旋回性が高いのでスピットファイアと考えたみたいに書いてあります。相手が失神したために勝ったような書き方ですし、例として適切じゃなかったですね。

ポートダーウィンは日本が202空(熟練のみ)に対してオーストラリア軍が陸上攻撃用のパイロットという噂が流れていますが、54,452,457戦闘団はオーストラリア人ですが欧州戦線でドイツ機撃墜記録もあるパイロットを多数含んでいます。
砂漠用ボックスフィルタによる減速も言われますが、減速を考えない状態でも、格闘戦に入ってからの重要な速度においては最高速度域で25キロ程度の差の抵抗がどれだけの差か疑問です。
補給、整備面で厳しいのはどちらも前線基地なので、イコールコンデションではないでしょうか?


[2938] そこに居ない 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/25(Sat) 22:11  

スピットファイアがゼロ戦にとって楽勝、という話の出所が
坂井さんの著作ならば、あれは彼の勘違いです。
あの時期のあの場所にスッピットは存在しません。

ダーウィンでの空中戦を指すならば、あれは相手がシロウト集団ですから、
機体の性能差とはちょっと違うと思われます。


[2937] なるほど 投稿者:りんどう 投稿日:2015/07/24(Fri) 22:06  

フィリピン等はP-40相手で楽勝だったのでしょうが、ラエに移ってからの空戦続きの日々というのもまだF4F相手じゃなかったのですね。
楽勝の相手がP-40やスピットファイアだけだとしたら、ゼロ戦の印象も変わってしまいます。


[2936] 戦ってない 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/24(Fri) 21:10  

ささきさん、プレス加工って思ったよりも重要な技術みたいですね。
そういやMK108は実物もなんだかブリキのオモチャっぽい雰囲気がありました。

りんどうさん、坂井さんが負傷退場でラバウルを去るのは
1942年8月7日の戦闘によりますが、氏の手記を信じるなら、
この日が彼が初めてワイルドキャットと対戦した日であり、結局、一度しか戦ってないのです。
かつ氏の手記を見る限り、F4Fに対して楽勝と言う印象は無いでしょう。
逆に言うなら、坂井さんは極初期の戦闘で負傷、日本に帰れたため、その後の激戦に巻き込まれず、
無事生き残って戦後に手記も残せた、という部分があります。

ちょっと予告。
次の更新はちょっと息抜きに少し脱線、と思ってたんですが、
書きだしたら息抜きどころではない泥沼にダイブした事に気がついて愕然としております。
次回、1942年の珊瑚海でお会いしましょう。


[2935] No1エース 投稿者:りんどう 投稿日:2015/07/24(Fri) 20:52  

F4Fとの戦闘は海軍のエース坂井三郎氏の本で簡単なように書かれていますが、実際は優秀な人だけの部隊だったからで
ゼロ戦パワーではないのでしょうか?
空戦も毎日のように書かれていたので、対戦は多かったんじゃないのですか?


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -