掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3238] 戦果半額セール 投稿者:すぅ 投稿日:2016/03/01(Tue) 08:49  

おっしゃる通りですね。
が、それでも「ミスった時に全員やられちゃうリスク」がある空母の一斉投入みたいな「思い切った手」は取りにくいですよね。たいていの場合それが期待値最大なはずですが。。。
特に日本の人って期待値よりもリスクを過大に感じてしまう気がします(気がするだけですが)。

ちなみに戦果半額セール、戦果が半分になっちゃうじゃんって誤読したのは秘密です(笑)


[3237] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/02/29(Mon) 20:29  

すぅさん、感想どうもです。
おっしゃる通り、試行回数が増えるので、当たりが出やすいという面はあり、これが約半分だと思います。
残り半分は、今から幸運の女神による戦果半額セール突入といった時に、
その場に居ない、あるいはセール突入宣言を聞いてない、
という感じでチャンスを逃さない努力をやってないんですね。
居るべき場所に居て、知るべきことをキチンと調べるだけなのに、
その努力をしない結果、幸運の女神は全力ダッシュで逃げてゆく、という感じがします。

tadaさん、いいですね、ニューヨーク。
艦載機のステアリングは近年の機体には普通あるはずで(笑)、
私の知る限りF-14、F/A-18はパネルスイッチで操作系を切り替えて
艦上では前輪を操舵しています。
もっと古い機体でしょうか?
ニューヨークだと近代美術館に私が地球上で最も好きな絵、ワイエスのクリスティーナの世界があるんですよね。
私もいつかは行ってみたいものです。



[3236] イントレピッド楽しかったです 投稿者:tada 投稿日:2016/02/29(Mon) 16:57  

怒涛の2日間ニューヨーク観光を終えました。
今回、行くのが決まったのが2週間前だったので準備期間がなく、この空母がWW2の頃使用して、その後改修を受けてベトナムでも使用したというのを現地で初めて知りました。
その他、艦載機は前脚のステアリング機構がついておらず、これは空母運用のみだと不要なのか?でも地上に行く場合もあるんじゃないの?と現地で見て初めて湧いた疑問も楽しい思い出です。
これについては前述のネイビーに後日聞いてみます。

イントレピッドも楽しかったですが、メトロポリタン美術館は充実してました。
アジアの展示で、インド、チベット、日本の仏像の違いとか見比べできたのが特に興味をそそりました。



[3235] お疲れ様でした 投稿者:すぅ 投稿日:2016/02/29(Mon) 11:10  

連載お疲れ様でした。個人的には非常に楽しめました。こんな記事が事実上無料で読めるなんて良い時代だと思ったり。

最後の方で、運は全力で努力した方に向いてくるみたいな記述がありました。
全力で努力している=単位時間当たりの試行回数を増やす努力をしている=結果的に幸運を引き当てやすい
なのかなぁと思ったりした結果、それってでも定量化できないしなぁと(笑)不運も引き当てやすい気もしますが、その間相手が何もしない=不運になる要素が無ければそれでいいのか、とも。

特に何の根拠もないただの感想でスミマセン。。。

次の連載も楽しみにしてます!!!大変でしょうけれども頑張ってください。


[3234] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/02/28(Sun) 20:17  

すみません、3日ほど一部の環境からアクセスできなくなってました。
現在は復旧済みとなってます。

とりあえず珊瑚海海戦の話はこれでお終いで、お次は予告によるとミッドウェイですが、
この情報密度でミッドウェイをやったら、確実に死ぬ、という感じなので、
現状、一度無期延期とさせてください。
その前に、適当にお茶を濁してしまった、太平洋戦争における
日本海軍の戦略についても、一度はキチンと説明する必要があり、
こちらは間もなく再開できると思いますが…

いずれにせよ、しばらく別方向の記事で行く予定です。


[3233] NY 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/02/25(Thu) 23:34  

あ、結構な強行軍なんですね。
エセックス級は、現役原子力級に比べると小さいですが、
それでも下から見ると、相当な大きさがあります。
元祖スペースシャトルと合わせて見る価値はあると思いますので、
楽しんで来てくださいませ。


[3232] 次回の宿題ということで 投稿者:tada 投稿日:2016/02/25(Thu) 01:08  

はい、ニューヨーク初めてなので楽しみです。

今回、アメリカ行ってからイギリス行くので世界一周チケットなんですが、最低3都市、1都市24時間以上の滞在が必要なので、NYを選びました。NYは2日しか時間がなく、ホテルはマンハッタン、空港はニューアークなのでご紹介の場所は今回は無理っぽいです。

うちの会社にネイビーセミリタイア中のおっさんがいるんですが、イントレピッド(前の投稿では”海上”が抜けてましたね)の空母見学はおもろいよ、と言っており楽しみです。そのおっさんが乗艦していた空母の半分の大きさということですが。



[3231] ニューヨーク 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/02/21(Sun) 20:59  

tadaさん、いいですね、ニューヨーク。
わたしは過去2回訪問を予定しながら、未だ行けてません…
もしお時間が在るなら、個人的にずっと気になってるCradle of Aviation Museum
も見てきていただけると嬉しいです。
打ち上げ中止になったアポロ18号の月着陸船を始め、ブルーエンジェルス仕様のF-11とか、
妙なもの持ってるんですよね、ここ。

https://www.cradleofaviation.org/welcome.html



G4M2さん、観測機と戦闘機を比較する段階で、何か間違ってると思いますよ(笑)。


[3230] F4F対零観の空戦 投稿者:G4M2 投稿日:2016/02/21(Sun) 19:11  

軽快な2枚羽に挑戦すると痛い目にあうぞよ。でお馴染みですが、よほど条件を限定しないとF4Fと零観の空戦って一方的になりそうな気がします。戦闘機の性能ばっかりで空戦の結果は決まるわけでもないですし、F4Fが鈍くなる領域に持ち込めば零観はなんとか逃げられることができたのかなぁとは思っています。問題はエンジンかもしれません。熱帯でのエンジン調整は地味に苦労した話もありますし、先に進駐していた日本軍の方に多少のアドバンテージがあったかもしれません。いかに高性能機といえどもエンジンがダメでは空飛ぶ標的ですから・・・。
「こんなところに日本機がっ」って言うような効果も水上機にはありそうですし、まともにやっては勝てないのでなにか意表を突かないとダメそうですね。零観が有利に働くのは複座であるということ。これは航法で有利に働き、操縦士は空戦に専念できるし、見張り能力も目視ながら上がるというメリットはあるでしょう。疲労の面でも有利かと。
性能面では比較にならないので、それを発揮させない形で空戦に持ってかないとダメそうですね。長距離移動で疲れたところを狙うとか・・・。

更に余談ですが、零観の固定脚バージョンを作って陸上機として採用し、陸軍の宣撫工作の一環としてエアーショーをやったら面白いなあなどと考えています。満州の空を飛ぶ二枚バネたちの乱舞・・・。まあこれだったら用途廃止になりつつある95式戦とかでもいいか。ならば新造機として土井さんの95式戦最終進化系を採用しましょうか。なくなったはずの加藤健夫少将が実は名前を変えて大陸にわたり云々かんぬん。64戦隊の生き残りが追尾して疑問を抱くんですきっと。

ああ、またしょうもない与太話になってしまいましたとさ。


[3229] イントレピッド航空宇宙博物館 投稿者:tada 投稿日:2016/02/20(Sat) 19:31  

皆様、こんにちは。
現在、天王山のふもとに住んでおりますが、
交通のかなめではあるけど、しかし街として発展していたorしているという雰囲気は感じないところですね。
淀のほうがメジャーなんですかね。

ところで、ニューヨークに行く機会ができたので
イントレピッド航空宇宙博物館に行ってきます。
空母見学が楽しみです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -