掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[4571] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/07/30(Mon) 08:56  

CONIさん、あ、ホントだ。言われてみれば。
ただあの場所に居たのはおそらく地元以外の観光客だと思われるので、
ひょっとして、アーグラ、デリーと旧ムガールの中心地が長袖地帯…?

ゆうさん、申し訳ないですが、その一帯は私自身が未訪です…

確かにデジタル論理演算でも無限の問題は避けて通れません。
そこら辺りで興味深かったのが円周率で、NASAの技術者によると、地球から火星辺りまで宇宙船を飛ばすとき、
その軌道計算に使う円周率は、3.14では誤差が多すぎてあさっての方に飛んで行ってしまい、
少なくとも数十桁の数字を使っているのだけど、それでも誤差が出るので複数回に分けて軌道修正するのだとか。
無限を現実に持ち込むのは大変だなあ、と思ったのでした。


[4570] 無限 投稿者:ゆう 投稿日:2018/07/29(Sun) 23:09  

面白い話題なのでかぶせてみたいと思います。
ものづくりにおいて3DCADが20年前ぐらいから当たり前に
なっているのですが(20年前・・・オーバークロック、液体窒素の世界です。(笑))
3DCADにはハイエンドの他
Parasolid等カーネルを持ったミッドレンジがあります。
他はとりあえず除外というか知りませぬ。
まあこれらは現状、小数点以下16桁管理なのですが
球体と球体の頂点同士はブーリアン演算が成立せず
非多様体と判定されます。
なにが言いたいかといいますと
無限というのはデジタルの世界でも表現できませぬ。

見えるから、質量があるから、有限なのですかね(笑)

以上、言葉遊びでした。



[4569] なつやすみ 投稿者:ゆう 投稿日:2018/07/29(Sun) 22:35  

アナーキャさん。こんばんは。夏季休暇にてバイクで連れ立って尾道→倉敷→姫路とツーリングに行くのですが何処かお勧めな博物館、史跡等々ありませぬでしょうか。よろしければです。(笑)


[4568] 半そで 投稿者:CONI 投稿日:2018/07/29(Sun) 22:22  

アーグラ城の写真にはいくらは半そでのインド人が写ってますね。
さすがに半ズボンの人はいないようですね。


[4567] せん断応力 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/07/28(Sat) 20:50  

まあ、その通りだと思うのですが、これはどこから出て来た話題でしょうか(笑)…
せん断応力に関しては、ウチでは流体力学のとこで解説しましたね。


[4566] モノを点で支えられる材料はあるか 投稿者:Chopper 投稿日:2018/07/28(Sat) 18:58  

銅線の上に人が立てるか
1.人間の体重によって銅線にかかる応力が銅線がせん断される応力より小さいとき
銅のせん断応力は過去の実験で数値が分かっているので大人が乗っても耐えられる銅線の太さを求めることができます
(恐らく線ではなく銅柱とか銅パイプになるかもしれませんが)
2.1を満たす銅線にバランスを崩さずに姿勢制御ができることすなわちその人が自身の重心を理解して静止することができること(制御的には難しいです笑)
3.動線のたわみ歪み,人が履いている靴の変形が無視できるとき

これらを満たせば銅線(最終的にもはや銅足場という表現になるかと思いますが)に人を立たせることができると思います

針の上にジャンボジェットが乗せられるか
こちらも針の材質,例えば鋼のせん断応力から針の太さ(たぶん針じゃなくて鋼柱になります)を決定して,ジャンボ機のボディが下から支えられても変形しないという条件であれば可能ではあります

いずれにせよ,計算するために便宜上作られた座標すなわち重心が点(長さや面積や体積を持たない)でありますが,材料の関係から支えるモノはかなり大きなものになってしまいます

やじろべえのような小さくて軽いものであれば針のせん断応力を超えないため針で支えることができます
ただ針の断面も太さがある柱で重心のような点ではありません

''物理"という理想的な環境では質点でものを支えることができますが,材料の観点から不可能です


せん断 とは簡単にいうとモノに力が加わってポッキリしちゃう現象です

応力とはモノの断面積あたりにかかる力です.同じ力をかけるなら同じ材料なら太い方が頑丈だよねという概念です.(圧力と同じ単位になります)

せん断応力とはモノがポッキリしちゃう時の応力です


[4565] とりあえず 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/07/26(Thu) 22:05  

ニュートン力学の基本だけはキチンと勉強した方が良いかと。
全ての基本が慣性ではあるのですが、意外と理解されてないのもまた慣性なので
「慣性の力」なる考え方に疑問を感じられるレベルにはなりましょう。
土台が無いのに上に理屈だけくみ上げても砂上の楼閣になりがちですから。


[4564] いや面白いです 投稿者:茶太郎は口の回りが茶色なの 投稿日:2018/07/26(Thu) 21:58  

早速の回答ありがとうございます。
当たり前とされる事がよくよく考えるとわからない事が多くて、大変楽しいです。
今は時間も不思議過ぎて、色々調べても時間の外から観測できない以上、仮説はあれども何もわからないのが面白い。
ヒルネスキー様の紹介サイトも面白そうなので覗いてみます。言われてみれば慣性ってなんだ?とこの投稿で気づきましたし。慣性を完全に制御できれば、UFOの如きイカレタ機動をして撃墜免れる。
改めて、ありがとうございます。


[4563] 物理学 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/07/26(Thu) 17:11  

ウチは力学サイトでは無いので、そういった質問は専門のサイトで行われた方がいいでしょう。
また、いくつかの回答はウチのサイトのニュートン力学の基礎知識の中もにありますが、
あの説明では微積分の定義をキチンとやってないので、本気で理解したいなら、
やはりキチンと勉強される事をお勧めします。
私に無限分割の概念の説明は無理なので、ウチではそれ以上のフォローができませぬ。


[4562] お久しぶりです 投稿者:ヒルネスキー 投稿日:2018/07/26(Thu) 16:33  

万有引力は存在しない
ttp://www7b.biglobe.ne.jp/~pasadena/blog1gravity/sonzaisinai2.htm

重力は力でなく加速度である
ttp://www7b.biglobe.ne.jp/~pasadena/blog1gravity/paper3L12.pdf

重力場の運動方程式
ttp://www7b.biglobe.ne.jp/~pasadena/blog1gravity/unndouhoutei.htm

・重力とは物体に加速度運動を起こす自然現象であって、物体に力を及ぼしているのではない(言わば重力ではなく重性)
・四つの力とは重力、電磁力、弱い力、強い力の四つではなく、
 慣性力、電磁力、弱い力、強い力の四つ
・地球を周回する宇宙ステーションの中で無重力(無重力)状態なのは
 遠心力(慣性力)と釣り合っているから“ではなく”重力が自由落下により消えているから

いつか質問したかったので今聞きます。
これ合ってるんでしょうか。
ただ、調べたらアインシュタインが言ったのは
「ある一人の人間が自由に落ちたとしたなら、その人は自分の重さを感じないに違いない。」
であって
「重力は存在しない」
とは言ってませんでした。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434] [435] [436] [437]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -