掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[750] 一部訂正 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/11/03(Thu) 21:36  

今回のゼロ戦の説明で、ループアンテナが無い状態だとコクピット後部の天井が穴開き状態に、
と書いたのですが、どうもアンテナ付けていても穴が残ってるような機体もあり、
怪しいので、本文を修正しておきました。
既に読んでしまった方は、そういうものだ、という点をご了承ください。

おわびに、ちょっとオマケ。
いくつかメールをもらったので、再度、確認してみたのですが、
アメリカに行ったキ-100は、リストによれば最低でも2機が確認できます。
が、写真も無ければ試験レポートも見たこと無いので、詳細は一切不明。
ついでに、アメリカ陸軍航空隊は100式司偵機とキ-100は同じ100だから同じ機体だと思い込んでた人たちなので(笑)、
このキ100がホントに五式戦かは判りません。

もう一つ、終戦後にアメリカが日本陸軍に要求した機体リストでは五式戦を4機となってますが、
コレに対して、日本側は小牧に1機だけあると解答、その搬送準備までしたのは確認できますが、
ここから、いわゆる謎の3ヶ月になってしまい、この機体がどうなったのかはわかりませぬ。


[749] イタリアン 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/11/03(Thu) 00:46  

B型でしたっけか。
マッキがうまく行ったので追随したらしいですが、
さすがのイタリア空軍も、もう複葉はいいや、とそこまでになったようですね。

イタリアの場合、シュナイダートロフィーとかでも優秀な機体をいくつも造ってますから、
兵器のデザイン、となると途端にダメになっちゃうんでしょうね。
やはり戦争には向いてない人たちなんだと思います(笑)


[748] ファイアットC.R.42 投稿者:くさの 投稿日:2011/11/02(Wed) 08:16  

DB601を搭載した試作タイプで520km/hとか。何考えているのか
良くわかりませんが。

イタリア人って、車のデザインは上手いのに、軍用機になると
ダメダメなのは何故なんでしょうかね。アメリカ人は軍用機は
実用一点張りの無骨デザインなのに、車はやたら装飾的だし。

このあたりの文化的な考察した人とかいるんでしょうか。


[743] 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/29(Sat) 00:06  

ヒルネスキーさん、取り合えずどんなサイトであれ、必要がない限り、リンクは不要です。

戦闘速度というのは原語がなんだったか不明なのでよくわかりませんが、、
戦闘機の最高速度というのは、特定の高度において特定のプロペラピッチ(エンジン回転数)でのみ
出せるものですから、常に戦闘中それに近い速度が出せるなら、
速度に優れた機体であるか、そもそも最高速度がショボイのか、どちらかでしょう(笑)

ささきさん、五式戦、そういや水メタ積んでましたか。
だとすると、他に注入口もないですし、可能性はありますね。

ダクトはそもそもカウル上の空間に余裕を造って、中に埋め込んでしまえそうな感じも
するのですが、どうも機銃とのいろいろなカラミがあったようにも見えます。
まあ、これも謎、という事で(笑)。

最後に訂正を一つ。
本文は後ほど修正しますが、例の変な位置にある翼端灯、
あれ飛燕ニ型からではなく、どうも一型丁から変わってますね。




[742] タンクタンクロー 投稿者:ささき 投稿日:2011/10/28(Fri) 20:36  

五式戦のコクピット内にある注入穴、水メタノール噴射液の
タンクではないでしょうか。
五式戦のエンジン取り付け位置が機体中心より下寄りという
話、言われてはじめて気が付きました。なるほど、それで
吸気インテイクが機首上面に飛び出さずに済んでいるん
ですね。
五式戦の吸気インテイクでわからないのが、カウリング先端の
絞込みに合わせてインテイク先端も曲がっていること。
インテイクなんて絞っても大して空気抵抗減少にはならない
だろうし、むしろ吸気損失が増えて不利なんじゃないかと
思いますが…
やはり「土井さんの設計だから」なのでしょうか(´・ω・`)




[740] 寒い国から来た失敗 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/27(Thu) 23:14  

あれま、そんな結果になってましたか(笑)…

この作戦が今後も行われるとした場合、この淘汰を生き残ったエゾシカの個体は、
“対自衛隊能力が高い”個体のみとなるはずです。
よって、この作戦をあと30年も続けていると、生き残った個体は全て
強靭な対自衛隊能力を持ったDNAの持ち主ばかりなわけで、
この自衛隊に強いシカが大繁殖となる可能性は否定できないですよ(笑)。

自衛隊の仮想敵の筆頭がエゾシカ、という時代の種は確実にまかれてる気がします(笑)


[739] 時間差追記 投稿者:某氏 投稿日:2011/10/27(Thu) 00:21  

あのあと更に読んでみたところ、最初はヘリを勢子に使うつもりでいたもののなかなか鹿が動いてくれず初日の戦果はゼロだったとか(笑)。
最終捕獲数も目標の3分の1以下だったそうで、そのまさか、が起こりかけていた、といってしまってもいいかもしれません。

まあ、はじめての、訓練もしてるはずがない任務(むしろ日頃からこれ専門の訓練をしていたとしたら真剣に税金の使い道について考えてしまいます:笑)ですから、これから回数を重ねるにつれて猟友会の連携とか洗練されていくのでしょう。

 …作戦名は大人しくなるのかパワーアップしていくのかどっちに洗練されていくのかはわかりませんが、微妙に後者を期待してしまったりもします(笑)。



[738] それはクマった 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/26(Wed) 23:47  

ヒラオさん、人を一人も殺してないのに、あれだけ国家経済に貢献してる軍隊は
世界中探してもまずありませんから、誇っていいと思いますよ(笑)。
ギリシャ時代の彫刻に母性がテーマとして含まれるかは興味深いとこですね。
どの古代文明でも子孫繁栄で豊満型の女性像を造ってますから、
ギリシャにその流れがあっても不思議はないですが。

くさのさん、ヒグマがツキノワグマかでも変わって来るように思います。
昔会った南アルプスの猟師さんの話だと、ツキノワグマは銃声だけで
すぐ逃げ出してしまうから怖くないと言ってましたが。

某氏さん、昔誰かに聞いた
“負け戦&ショボイ作戦ほど名前がカッコよくなる法則”を思い出してしまいました(涙)
まさかエゾシカ相手に負け戦はないでしょうが…。
張り切り過ぎちゃったんですかねえ…。

猫ノ宮さん、そこら辺もヒグマかツキノワグマかで変わってくるんでしょうね。
大正4年の三毛別の時には、陸軍歩兵連隊に撃たれながら逃げ切ってますから、ヒグマ、恐るべしでしょう。


[736] 白糠の夜明け作戦 投稿者:某氏 投稿日:2011/10/26(Wed) 08:04  

熊とのカードはなくても自衛隊、確か昔々にトドにはセイバーで機銃掃射かましてたような… と思ってちょっと検索かけてみたら、どうやらごく最近にもエゾシカ捕獲に出動してるみたいですね。さすがに自ら鹿に機銃掃射とかいうわけではなくてハンターの支援を行った程度っぽいですが。

http://www.mod.go.jp/gsdf/nae/5d/syoukai/siranuka/siranuka.html

しかし作戦名が、こう… たまの機会だからはりきりすぎちゃったというかなんというか(笑)。




[735] クマ対自衛隊 投稿者:くさの 投稿日:2011/10/26(Wed) 02:10  

確か、6.5mm徹甲弾だとクマを無力化できないんじゃなかった
かしら。かといって12.7mm重機関銃持ちだすわけにも行かない
し。

狩猟用ライフルの弾丸って、確かソフトポイントですよね。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -