掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[4319] 電子 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/03/09(Fri) 20:34  

お買い上げどうもです。
普通に公開している記事を本にしてお金をいただく、というのはどうかなあ、と個人的には思ってたのですが、
満足いただけた方が一人でもいたなら何よりです。
でもってF-22への道に関しては現状、これもまとめる予定で進んでます。
でもって、それに伴って全面的に記事も今、見直してるというかヒデえな、これ、
という部分が多々出て来てしまい、サイトの記事も近日中に全面更新する予定です。


[4318] OODAループ買わさせて頂きました 投稿者:meats 投稿日:2018/03/09(Fri) 10:51  

こちらで講読させていただいてたんですが、Kindle版は便利で良いです。

丸い地球で戦争する話とかラプターへの道辺りもKindle化していただけるとたいへん嬉しいです。



[4317] スミソニアン 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/03/08(Thu) 20:32  

情報どうもです。
スミソニアンは落ち着いてきましたかね。
一方、空軍博物館はサイトを見ると大幅な展示変更を現在やっていて、
また人が行った直後にかよ…と思っております…

マーリン、空軍博物館の2段2速V-1650だと766.5sとなってますから恐らく何かの間違いでしょう。
過給機抜きでも軽すぎると思われます。

SR-71の胴体後部下面の多数の溝の事だとすると、あれYF-12やD-21には無いんですよ。
なので無くても飛べるけどあった方がいい、としてSR-71から追加されたものだと思われます。
普通に考えると、表面積を増やしての冷却対策、あるいは波板構造にしての構造強化ですが、
残念ながら私もその辺りの資料は見たことが無く、断言はできませぬ。


[4316] ウドヘジ 投稿者:くさの 投稿日:2018/03/08(Thu) 03:31  

立ち寄って見ましたが、大きな変更は無しですね。He219の主翼
は機体の横においてありますし、Ho229も大きな修復はされずに
展示されています。

ちょっと気になったのがパッカード・マーリンV1650-7なんです
が、重量が411kgって書いてあるんですね。隣においてあるアリ
ソンが608kg、アツタが715kgなんで絶対間違いとおもうのです
が、スーパーチャージャー除いた重量なんですかね。

あと、SR-71の主翼や胴体下面て、真っ平らではなく、薄い溝が
あるんですね。整流効果でも期待しているのか、あるいは耐熱効
果でもあるんでしょうか。熱膨張を吸収するためと説明している
ページもありましたが。


[4315] 今後 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/03/06(Tue) 23:39  

えーというわけで、今回では空軍博物館の連載終わらずとなりました。
この後、10日にはインドにゴーなので、帰国後、平行連載という形で決着をつけたいと思います。
多分、あと2回もあれば終わるので…終わるはず…


[4314] 順位 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/03/05(Mon) 18:42  

情報どうもです。
それなり苦労して書いてますので、売れてくれるのはありがたいですが、
amazonのサイト内で戦略・戦術部門なるランキングを探すだけでもかなり時間がかかった細分化された部門ですから、
その売り上げはやはりたかが知れてるように思われまする(涙)。

というかこれ、自分で電子書籍出して、自分で100部くらい買ってしまえば、
細かい部門別でトップを取るの、チョロイんじゃないでしょうかね。
それでamazon部門別売上一位の肩書が手に入るなら安い営業費のような気もします。


[4313] 一位 投稿者:一発屋 投稿日:2018/03/05(Mon) 04:13  

あまり興味がないのかもしれませんが、オンデマンド版を確認しに行ったら、
OODAループ本、amazon書籍の戦略・戦術部門で売り上げ一位になってましたよ。
キンドルじゃなく、書籍全体のランキングのようです。


[4312] 時間は回る 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/03/04(Sun) 06:07  

あ、その2作品は未読でした。
Fさんの場合、ドラえもんを始め、時間周回ものは意外に多くて、
1991年の「未来の想い出」とかは、「時をかける少女」の直接の元ネタはこっちだろうなあ、と思ったりもします。

時間周回ものには二種類あって、ひたすら同じ時間を繰り返すもの、
そして正解を求めて何度も時間を繰り返すもの、があり
後者は偶然正解にたどり着くと周回を抜けるパターンと、
自ら正解を求めてひたすら自分の意思で繰り返すパターンがあり、
先のThe Defence of Duffer's Driftは前者の、そして銀の三角は後者のご先祖様となるように思います。

銀の三角、SFマガジン連載版は、最終回前後の2回だけを地元の図書館で読んでました。
なんか変な話だな、バックナンバーで読み返してみようと思ったら、
前部のSFマガジンから、漫画部分だけが切り取られており、ああ、ここは千葉の図書館と思った記憶があります(笑)。
その後、数年経ってからZABADAKが銀の三角というアルバムを発表、あれ、これってあのマンガ?
と思って改めて単行本探すも千葉ではどこにも売って無く、神保町まで出て買いました…。
その時、書泉に一冊だけ宮崎駿イメージボード集が残っていたのですが、
まだ学生だった私はお金が足りず買い逃し、一生の悔いの一つになってます(笑)…


[4311] タイムループもの 投稿者:哲セ 投稿日:2018/03/03(Sat) 09:09  

タイムループ物といえば「銀の三角」以前にも、小松左京の「愚行の輪」
藤子F不二雄の「あのバカは荒野を目指す」などの短編作品が
あるにはあったんですが、確かに「銀の三角」はそれを上回る
インパクトがありましたね。

でも当時リアルタイムで連載を追っていたものとしては、古典的と
形容されるようになるとはちょっとショックだったり…。




[4310] オンデマンド 投稿者:アナーキャ 投稿日:2018/03/02(Fri) 21:14  

私も知らなかったのですが(笑)例のOODAループの電子書籍、
オンデマンドという形で紙の本でも買えるようになったそうです。
ただし高いし、オンデマンドなので配送まで時間かかるしなので、
時間とお金に余裕がある方がいらっしゃったら、以下のリンクから見て見てください。

https://goo.gl/6Fio9U


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432] [433] [434]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -