掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1592] ダール 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/07/23(Tue) 23:01  

ロアルト・ダールの航空小説は宮崎さんの元ネタ宝庫の一つなんですが、
短編小説の方ではジョジョの漫画家、荒木飛呂彦さんが明らかに影響を受けてますから、
考えてみれば不思議な作家さんかもしれません。

惑星軌道計算が通、という感覚はカッコいいですね。
幾何学的に計算したのか、江戸末期なら積分で計算したのか
気になる所ですが算用数字がないと積分はキツそうですね…


[1591] 誤記訂正 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/07/23(Tue) 12:08  

申し訳ありません、初歩的なミスでした。

誤:天動説が常識ー>正:地動説が常識

誤:山片晩桃ー>正:山片蟠桃




[1590] オマージュ 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/07/23(Tue) 07:29  

あの幻想的な風景は『紅の豚』にもありましたが、元ネタがあるのですね。 そうした部品には気づきませんでした。
私は大型機が好きなのですが、堀越の”同窓の同僚”は、同窓の土井武雄(川崎)と同僚の本庄季郎の混合のように思えます。

>江戸の数学
江戸の後半ではアマ学者の間では天動説は常識で、惑星の軌道計算をするのは通だったようです。
まず、算額で高校数三程度の知識を確認して、その後 惑星に関する数値を入手して軌道計算が上級編のようです。
町人学者 山片晩桃「夢の代」を見ると、伝統的な神道世界図、仏教世界図に続いて、天動説に基づく惑星軌道が出てきて、これらの比較が面白いですよ。



[1589] 昭和の総集編 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/07/22(Mon) 22:51  

五反田猫さん、私は日本機はさっぱりわからんので、
ゼロ戦と96式陸攻以外は、どれがなんだかわからず、適当に見ておりました(笑)。

ついでにダールの小説に出てくる死んだ飛行機たちの天の川が再び登場していたり、
ヒロインではなく本人が倒れたのなら
あれはスピットファイアのミッチェルの物語そのままになるなあ、
などといった辺りもなんとなく気になりながら見てきました。

ニュートン力学の話は、まあ、あくまでざっとやるだけ、というつもりだったのですが、
現在、エライことになりつつあって、ちょっと焦っております…。
ここら辺り、まともな解説書を見たこと無いので、ある程度キッチリやるつもりですが…。

江戸期の数学は、幾何学を中心にそれなりのレベルだったようですが、
そういや力学とかはどうだったんでしょうね。
おっしゃるように天文と暦から入って来たのだと考えるのが自然な気がしますが。


[1588] ニュートン力学 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/07/22(Mon) 11:08  

ついに基礎知識として、まとめられるのですね。
大変判りやすいです。

ニュートン力学は、近似式としては十分なのです。
私は工学部出身ですが、工学部は近似値を、できるだけ短時間で、少ない要素で、十分な誤差範囲内で得る事が必要なのです。 正しい値や、盛り込んでいない要素を考えるのは理学部の仕事だと習いました。 確かに現実世界では、大砲の弾道を考えるのにはcm単位の弾体と標的の大きさに対してリアルタイムでの十分な精度が必要なのです。それ以上のmm単位の影響については、考えても良いが、その為に必要な測定や、数値計算の時間が膨大ならば、意味がないのですね。

話は飛びますが、ニュートン力学が日本に入ったのは、江戸時代後半。 映画「天地明察」の主人公 渋川春海が、正確な暦を作り、日食の予想が出来たのも、ニュートン力学(+ケブラーの法則)を知っていたからだと容易に想像できます。
おそらくオランダ経由で、かなり早く情報が入っていたのでしょう。



[1587] 風たちぬ 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/07/22(Mon) 07:06  

観てきました。
あんなに96艦戦が、美しく描かれるとは思いませんでした。

様々な事実を部品にして、再構築して映画にまとめているので、それらの元素材を見つけるのも楽しみです。

例によって、カプロニCa60や、ユンカースG38のような、通好み?な飛行機も登場します。
そのせいか、子供は少なく、大人、私も含み年配の人が多かったですね。


[1586] 訂正 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/07/20(Sat) 13:57  

今回のニュートンさんの記事でF-35Bのリフトファンをソ連が最初に採用した、
と書いておいたのですが、気になって調べて見たら、どうも最終的には採用はしてないようですね…。
しかも設計段階で終わったらしく、なんか怪しい気がして来たので、この部分は訂正しておきました。


[1585] 傾向 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/07/06(Sat) 10:26  

造兵側なる言葉を初めて知ったので、その定義にもよりますが(笑)
絶対条件ではないでしょうね。
F-102&106などは、明確な単一目的のための戦闘機ですが、スカタンですし…。

二つ目の質問は、リンク先の記事の文章が多すぎて、正直、読む気力がありません(笑)。
引用に頼らず、ご自分の言葉で、キチンとまとめてから再度、書き込みください。

ついでに、今後の更新予定ですが、来週あたりからOODAループの基礎編の全面改訂、
その後、ニュートンの基礎知識という脱線をやってから、エネルギー機動理論の全面改訂を予定してます。
上手く行けば、1ヶ月もかからないで片がつくはず。
行かなかったら…今は、考えないようにしておきます(笑)


[1584] おめでとうございます 投稿者:ヒルネスキー 投稿日:2013/07/06(Sat) 05:17  

造兵側が明快な目的の為の単純な機能を持たせる事に徹すると
用兵側も明快な戦術と単純な作戦に徹する事が出来て
結果的にループが早く回せて操縦者の脳も飽和し難いので凄く楽という事でしょうか。

F35関連でこんな記事がありました。
http://sorceress.raindrop.jp/blog/2013/06/#a001379
>統計をとって、分かったこと。とにかく「決心」のタイミングが早くなってきている
http://www.strategypage.com/htmw/htairfo/20130629.aspx

・・・Mig15に対するF86式勝利を今度は意図して求める事にしたという事でしょうか。


[1583] あれま 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/07/05(Fri) 10:01  

ご指摘どうもです。
ホントだ、数字をすっかり勘違いしてました…。
とりあえず、修正をしておきました。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -