掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1465] 上手く利用 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/04/01(Mon) 21:11  

>現実の月と地球と太陽は、無限小の時間で常にその解を得ながら公転してるわけで、現実的な物理現象を使ったアナログ計算

これの典型的なものが、天球儀ですよね。
軌道計算をした結果を、歯車で実現して、互いの位置関係から、月食、日蝕や、潮の満ち引きを読み取ることが出来ます。

19世紀辺りを舞台にした、ライラやシャーロックホームウの冒険などで、書斎の定番アイテムです。 中国では渾天儀と呼ばれ、古くは漢時代からあったそうですが、北京には明代の復元模型が屋外展示されていますね。
最近の邦画「天地明察」でも、元時代の暦を基にして、西欧のケブラーの法則の軌道概念を取り入れた復元模型が出てきました。

結局、射撃盤も、物理法則を元に歯車による自動計算装置ですから、似たようなものなのですよね。


[1464] アナログ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/04/01(Mon) 07:53  

Alphabetteさん、訓練と肉体的能力で結果が変わる、というのは日本人好みかもしれませんね(笑)。
ここらあたり、機械式コンピュータのスポ根マンガとか、やればできる気も…

五反田猫さん、なるほど、初めて電気式のアナログコンピュータの原理がわかりました。どうもです。

数値で近似するデジタルコンピュータは、物理学的な思考によくあうのですが、
当然、現実世界を数値化して近似してるだけですから、限界があります。
現実世界は数値で出来てるわけじゃないですから。
よって天体の三体問題とか、関数が通用しない世界では、数値による近似だとエライ作業量になりますが、
現実の月と地球と太陽は、無限小の時間で常にその解を得ながら公転してるわけで、
現実的な物理現象を使ったアナログ計算というのはある意味スゴイな、と思います。
これをもう少し上手く利用できないものか、とか思うんですが、難しいでしょうねえ…。

ヒラオさん、あ、T-72って複合装甲モデルがあるんですか。
高温の噴射が車内に飛び込む成形炸薬は、乗員にとっては極めて残酷な砲弾ですね。
車内の砲弾の誘爆も、後方からくらってエンジンで受け止めた場合以外、必須ですし…。

余談ながら朝鮮戦争の時の撃破された北朝鮮のT-34は、ほとんど砲塔が残っていて、
ここから、こりゃ航空攻撃のでやられたな、と判断がついたりします。

バズーカ砲やRPGの場合、射程距離の問題から限界がありますが、
(シリアの場合、市街戦なので近距離に近づける)
中東戦争では成形炸薬弾をミサイルで遠距離から飛ばしまくって、
この結果、戦車の時代終わりジャン、と思われたわけです。
戦車に比べるとアホみたいに安価な成形炸薬弾であっさり撃破されるんじゃやってられません。

ここらあたり、同じ中東戦争の地対空ミサイルによって、戦闘機の時代終わりじゃん、
と思われたあたりとよく似ていて、興味深いと思います。

で、戦闘機の場合はジャミングとエネルギー機動理論による高機動化、
さらにステルス技術でこの危機を乗り切るのですが、
戦車の場合、成形炸薬で撃ち抜けないセラミック入りの複合装甲が解答と成り、再び戦車の時代となるわけです。
そう考えると、湾岸戦争は、戦車の復活を高らかに歌い上げた戦争だった、とも言えるのか。



[1463] モンキーモデル 投稿者:ヒラオ 投稿日:2013/04/01(Mon) 00:40  

シリアだけでなく中東に輸出もしくはライセンス生産されたTー72は複合装甲なしのいわゆる「モンキーモデル」なんですね…

映像いくつか自分も見ましたが、誘爆が凄まじいの一言です。
あれじゃ乗員は…

独ソ戦末期、スターリン戦車を一番破壊したのはパンツァーシュレックってのを思い出しました。
あの戦車も分離薬筒だから誘爆しやすいでしょうし。


[1462] Re:[1461] とらとら 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/03/31(Sun) 18:31  

>補足です
アナログ計算機の利点は、計算時間が短い点です。
入力値の設定が終われば、計算そのものの時間は殆どありません。 但し、設定値や、読み出しの誤差が付いて回ります。
電気回路を利用する場合には、電気的なノイズも誤差の原因になります。 あやしい真空管の場合は、入出力の関係が安定しない、ノイズが多いから、計算結果も当然怪しくなります。

デジタルの場合は、桁数や、計算の複雑さにより、時間が大きく変わります。 但し、設定された計算、そのものの誤差を管理可能なので、どこまでの桁数が使えるかの誤差の管理が可能です。



[1461] とらとら 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/03/31(Sun) 17:59  

そういう歌があるのですね。

タイガー計算機は嗜みとして習いましたが、当時出たての関数電卓が嬉しい味方でした。
HPやTIのものは高くて、カシオやシャープが国産品を出してくれてお金の面で随分と助かりました。 その後、パソコンが出てきたので、個人で使えるようになり随分と楽になりました。

婆裟羅大将さんと、似た世代かもしれません。
但し、私は計測屋なので、数学はあまり得意ではありませんで、計測を体力勝負でやっていました(笑)

>アナログ計算機
微分積分の計算は、意外に簡単なのです。
真空管の回路は不明ですが、オペアンプならば入出力にコンデンサと抵抗を使って作れます。
物理法則からコンデンサに流れる電流の積分は電圧に比例します。その電圧の微分は電流に比例します。
この関係を使って回路を組めば、作れます。

但し、対数や三角関数は回路で組めないので、計算板や目盛りを使うのですね。 これが頭に入っているのが、日本の砲兵の名人芸だったそうです。(但し、システムが変われば、使い物にならないのが悲しい)






[1460] 初期の計算機と職人芸だと 投稿者:Alphabette 投稿日:2013/03/31(Sun) 00:54  

職人芸のほうが強そうかと。日本軍だと稽古せい!とか絶対言ってそうなのは気のせいでしょうか?


[1459] 電気式 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/03/30(Sat) 22:49  

歯車式の型の計算機、昔見たアメリカの航空機設計事務所の記録映像で、
100人近い人数が皆でガチャコンガチャコンやってるのがあり、
ああ、第二次大戦期までは航空機設計も意外に体育会系だったんだ、
と思ったことがあります(笑)。
ドイツのハインケルはそれがいやで、電子式のデジタルコンピュータを開発して使ってた、
という話もあるんですが、未だにこれがどんなものかよくわかりません。

電気式のアナログコンピュータ、意外と実用的だったんですね。
知りませんでした…。


[1458] 虎よ、虎よ 投稿者:婆裟羅大将 投稿日:2013/03/30(Sat) 21:34  

虎よ、虎よ

ウィリアム・ブレイクの詩でも アルフレッド・ベスターのSF小説でもなく 国立大学の計算機学科に入った学生さんが
演習でタイガー計算機の使えるようになるまで しごかれる歌ですかな。
実は私も計算機屋の端くれのなれの果てなので 虎式計算機 使えます。

それは もやい結び、ブーリアンノットを死ぬまで忘れない山屋みたいなものかな。(私、こちらも暗闇でも結べます)
ひょっとして五反田猫さんと同窓かも、、私。


ところで私のちょっと上まで世代の四輪ラリーのナビゲータは 揺れまくるラリーカーの ナビシートの前の丈夫な台に固定された
手回し計算機のハンドルを回すのが仕事だったようです。


アナコン、アナログコンピュータは80年代までは日本の古い工場ではプロセス制御なんかに現役で使われてました。
それがどういう物であったかというと アナログ電気回路で 加減乗徐算や対数、逆対数の計算をするもので 回路変更を容易にする為にパッチボードと呼ばれる
電話交換器みたいな配線板を交換することで 「プログラム」つまり回路を入れ替えてました。
有効数字はまあ 2〜3桁が良い所でしょうか。

半導体のオペアンプ(演算増幅器)でできることは 基本的に真空管でも同じことはできますが 体積と消費電力が2〜3桁位大きくなるので
アナコン史の最後の方の仕事をしようとすると実用的な大きさにならないと思います。

まあ、真空管アンプでウォークマンを作っても実用にならないようなイメージでしょうか。

http://plaza.rakuten.co.jp/vajra33/


[1457] 72 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/03/30(Sat) 19:56  

日記に書くにはやや殺伐とした話なのでこちらに。
21世紀の凄いことはシリア内戦の各勢力がYoutubeを利用して
自軍のプロパガンダを流してる、というあたりなんですが、
その映像を見ていてT-72がRPGの成形炸薬弾で装甲抜かれまくってるのに驚きました。

後ろからやられたのだろう、と思ってよく見てみると、真横、斜め前からも完全に撃ちぬかれており、
あのゴチャゴチャした変な装甲、意味無いじゃんか、という状況です。
複合装甲でないと、こんなに簡単に成形炸薬弾で撃ちぬかれちゃうんですね。
第二次大戦の映像を見てるような錯覚を感じましたです。
こりゃ、湾岸戦争で一方的にやられるわけだ。
逆に言えば、海兵隊のM-60、相当危険な状況だったとも言えますね。
なるほど、虎の子のM-1隊を正面に押し出すわけだ。
複合装甲は戦車の時代を取り戻した最大の功労者なのかも知れません。


[1456] アナログ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/03/29(Fri) 22:14  

数値で近似するのではなく、直接物理現象を用いるアナログコンピュータは、
ある意味、究極の計算機のような気もしますが、確かに意外と人間との相性が悪いんですよね(笑)。
その点、ジャイロ照準機とかは、細かい数値無しでオッケーだったので、比較的、
上手く行ったアナログコンピュータの例かもしれません。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -