掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1799] 夫人 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/11/24(Sun) 06:42  

あ、夫人も著作があるんですね。
あのダンナとやって行くには、それなりに人格者だったのだろうなあ、という気もします。

リンドバーグ、実戦経験あるんですね。
そういえばゼロ戦に乗ったときは身長が高すぎてキャノピーが閉められなかった、
という話をどっかで見た記憶があります(笑)。

でもって、本日から明日まで、両親のお供で京都に行きます。
掲示板、メールでのお返事が遅れる事がありますので、ご了承願います。


[1798] マダム・リンドバーグ 投稿者:ささき 投稿日:2013/11/24(Sun) 06:17  

リンドバーグ夫人はシリウスによる世界周遊飛行記を出版しており、日本訪問記のところは
和訳されたものを読んだことがあります。
根室に到着したときは霧が立ち込めており、無線連絡を受けた日本海軍の軍艦から
カッターが迎えにきてくれたそうです。
「揃いの制服を着た水兵さんが掛け声を合わせてボートを漕いで霧の中から現われ…
一人が機体を繋留しようと空電線を掴み、無線電源を入れっ放しにして
いたので感電して手を引っ込め、慌てて無線を切って「大丈夫?」と
聞いたら、照れたような笑顔でニコニコ笑っていた」
「私と夫は日本中どこへ行っても歓迎された。日本は何もかもが小さく、可愛らしく、
美しい国だった」と、日本に対して好意的な印象が記されています。

まさかその「小さく可愛らしい国」と十数年後には血で血を洗う戦争をやる
ことになり、「どこへ行っても歓迎された」夫が前線指導の名目で太平洋戦線へ
出撃し、F4U に爆弾2トンを積んで日本の基地を爆撃したり、P-38 で99軍偵
(本人は「零戦」だと思っていたようですが)と空中戦をやって撃墜する
とは思いもしなかったことでしょう。

人嫌いで思い込みの激しい夫が戦争に行っている間、社交的で温和だったらしい
彼女は何を思っていたのだろうと思います…。


[1797] ジャンボ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/11/23(Sat) 21:21  

はらひれさん、初めまして。
やはりあるとこにはありますか(笑)。
オレゴンの方はぜひプールに入れる夏に行ってみたいですが、果たして機会があるかどうか…。

H-4、てっきりまだロサンジェルスと言うか、ロングビーチのクイーンメリーの横に
転がってるもんだと思ってたら、いつの間にやら博物館入りしてたんですね。
スミソニアンが引き取り拒否したまでは知ってたのですが、ついに丘にあがったんだなあ、と感慨深いものが。



[1796] 博物館における747 投稿者:はらひれ 投稿日:2013/11/23(Sat) 19:52  

はじめまして。
いつも旅行記を興味深く拝読させて頂いております。

さて今回のスミソニアン訪問記において「実際、世界中の航空博物館で747を丸ごと保存してるのを見かけたのはフランスの航空宇宙博物館くらいです。」とのことですが、私の知る限りではドイツのシュパイアー技術博物館と米国オレゴン州のEVER GREEN航空宇宙博物館にもあるようです。

ドイツの方は自動車博物館の分館ながら潜水艦やロシア版スペースシャトル、ブランもいたりします。
オレゴン州の方はヒューズ H−4 ハーキュリーズの展示でご存知かと思いますが、屋上に展示された747は併設された屋内プールのウォータースライダーの出発地点になっていて、機体からスライダー用の滑り台が生えているというステキ仕様になっております。

いつの日かここの旅行記で紹介されるといいなあと個人的に思っている次第です。
これからも旅行記や航空機に関する記事を楽しみにしております。


[1795] 計算 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/11/22(Fri) 00:05  

空気抵抗の計算はあくまで近似値を求めるだけなので、
どこまで数式が厳密に組まれているかはかなり微妙で、
実際に飛ばしてみると全然違った、というケースがままあります(笑)。

それでもとりあえず抵抗値の計算は主翼周りと断面積を別々に計算してから合計する、
というのが一般的で、両者の数字が同じになることはまずないはずです。

F-22の場合、どうも音速巡航を前提に、亜音速での抵抗は多少捨ててる、
という印象があるんですが、これもデータがないので断言はできません。
ただし機体の断面積に関しては超音速飛行でも大きな要素となるので、
(ただしマッハコーンの角度でカットする、という特殊条件になりますが…)
小さくする努力はしてるはずです。

空対空ミサイルは時代によっても使用条件によっても大きく目的が異なり、難しいものがありますね。
例えば現代の米空軍は、目視でもレーダーでも見えない位置から誘導ミサイルを一方的にぶっ放して、
相手は気が付いたら撃墜されていた、というのを狙ってます。

ただしドッグファイトに入った場合の話なら、ご指摘のような要素も大きいと思いますが、
残念ながら私も空中戦の経験が無いので、あまり詳しくはわからない、という部分です(笑)…。



[1794] Re:[1793] 省略 投稿者:Lim 投稿日:2013/11/21(Thu) 23:32  

>1/2を掛けるのは運動エネルギーの方程式と同じく積分の結果
これはわかっていました。
ただ、当初は「正面からみた断面積=主翼面積」という計算なのかと思っていたので、それで計算すると同じものを1/2して足すので結局1/2が消えてしまいました。

ステルスを考慮しているF-22は正面からの断面積が小さいだろうと思ったのですが、画像を見た限りではF-15とF-16もあまり違わないようなので、正面=0扱いでF-22が不利な計算になっているというわけでもないということなのかなと思いました。

ところでAAMを運用する意義はどこにあるのかと私なりに考えてみたのですが、ミサイルを発射すれば敵に回避機動を強制することができるし、2発間隔をあけて発射すれば1発目を回避する機動が終わったところで2発目を避けきれなくなる・・・と、こんなところでしょうか?



[1793] 省略 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/11/21(Thu) 23:14  

航空機の速度では単にノットと言う事が多く、そのままにしてしまったのですが、
確かに知らない人には分かりにくいですね。
修正の上、以後、気をつけます。

1/2を掛けるのは運動エネルギーの方程式と同じく積分の結果なのですが、
正面からの断面積を使ってないのは情報が無いからです(涙)。
世の中に出回っている図面から、凡その数値は取れますが、
空気取り入れ口周りの抵抗の計算が私にはわからず、
よってあの記事では完全に無視したわけです。
「あくまでおおよその数字」と断っているのはそういう意味でした…。
よって、恥ずかしながら私にもよくわからない、という事になります。
単純に考えれば、1つしか取り入れ口がないF-16が有利ですが、
こればかりは風洞実験のデータ等がないと、断言はできないのです。


[1792] Re:[1791] 感動 投稿者:Lim 投稿日:2013/11/21(Thu) 22:57  

ご回答ありがとうございます。
時速○○ノーティカルマイル
↓略
時速○○ノット
↓略
○○ノット
つまり速度で「〜ノット」と言うときは2重に略されているわけですね。
それから、ミサイルは超音速が前提だからあの式でPsを求めてもあまり意味がない、ということですね。
勉強になりました。
F-16については速度222.222で計算してみたらうまくいきましたが、やはり抵抗値の計算で1/2をかけていますね。
ということは「正面から見た断面積」はゼロとして計算しているということになります。
この点、正面から見た断面積はF-15、F-16、F-22ともに大差ないと考えてよいでしょうか?



[1791] 感動 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/11/21(Thu) 20:34  

Limさん、初めまして。
キチンとここまで記事を読んでくださる方が居ると知って、感涙しております(笑)。

計算の違いのポイントは、お察しの通り速度です。
読み返して見ると確かに分かりにくいのですが、あれは時速800q、秒速222.22mで計算しています。
(よーく読むと、最初の方にこっそり書いてあります(笑))
この数字で計算すると11.06前後の数字になります。
11.04としたのは理由があるのですが、ほとんど誤差の範疇なので、以上の考え方で十分だと思います。

ついでに400ノットは間違いではなく、400ノーティカルマイル(海里)/時のことで、
これは時速で約740q/hとなり、まあ800q/hと見ていいんじゃない、という話なのです。
長距離、とくに海上を飛行する機体の場合、速度表示が計算が楽な海里のものがあるのです。
もっとも本来なら、750q/h辺りで計算するべきなんですが、あまりキリのいい数字では無かったもので…

ついでに、対空ミサイルの主翼はダイヤモンド断面翼で、超音速時には揚力を生みますが、
当然、通常の揚力計算ではそれを計算できませんし、音速以下ではほとんど揚力は生みません。
(完全に水平飛行なら音速以下での揚力はゼロ)
逆に言えば、超音速以下では主翼に揚力が発生しない以上、
(迎角を持って飛ぶなら多少生じるが翼面積からするとゼロに近い)
音速以下で急旋回する機体には全く付いていけないのです。
ただし、誘導ミサイルは相手を追尾するのではなく、常に先回りしようとするため、
あまりに低速で旋回にはいるとショートカットコースで直撃されますから、限度はあります(笑)。
あの記事は、そういう意味で書いてあります。

****追伸
燃料切れの後のミサイルは出力0で目標にぶつかる、というのはその通りです。
ただし、当然、速度と質量分の運動エネルギーを持っており、
これが衝突の瞬間、力に変換されることになります。
ただし、実際のミサイルでは一種のレーダーによる近接信管で、
機体の側に達しただけでも、爆発してダメージを与えるようになってます。


[1790] エネルギー比率(Ps)計算式の検証 投稿者:Lim 投稿日:2013/11/21(Thu) 20:02  

はじめまして。
私はしがないゲーマーで、ミリタリー方面の知識については素人もいいとこですが、マニアックな記事の数々、楽しく読ませていただきました。
特にボイドにまつわるエピソードは奇跡のようにドラマチックで、なぜあまり知られていないのか不思議です。

あと、私の今までの認識と大きく異なる箇所があって、
http://majo44.sakura.ne.jp/planes/F22/boyd7/40.html
>高い旋回率で逃げる戦闘機に追いつけるミサイルは、今でもほとんど無いでしょう。
これはかなり意外だったので、ロシアのAA-12のPsを↓と同じ方法で計算してみようと思いましたが……
http://majo44.sakura.ne.jp/planes/F22/stealth/80.html

しかしその前に計算過程をチェックするため、まずはF-16でPsを計算してみました。
ミサイル回避の検証ではアフターバーナー使用時の出力を使いますが、今は計算結果の検証が目的なのでここでは通常時の値を使っています。
また有効数字も考えずに各数値を式に放り込んでいます。

まず抵抗力の式ですが、
 1/2×大気密度×(主翼面積+尾翼面積)×速度×速度×抵抗係数
+1/2×大気密度×(正面からみた断面積)×速度×速度×抵抗係数

ここで「空気抵抗の計算は主翼の面積によるもののみ」とあるので、上記の式は
 1/2×大気密度×主翼面積×速度×速度×抵抗係数
+1/2×大気密度×主翼面積×速度×速度×抵抗係数
=大気密度×主翼面積×速度×速度×抵抗係数

としました。
計算に必要な各数値は、「単位はm、kg、秒で統一しましょう」とのことなので必要に応じてmks単位系に変換し、以下のようになります。

大気密度 0.66kg/立方m
主翼面積 27.9平方m
速度 時速400km = 111.1111m/s
抵抗係数 0.0158
出力 7.78t = 7780kg
重量 12t = 12000kg

これをもとにF-16のPsを算出すると、

抵抗力=大気密度×主翼面積×速度×速度×抵抗係数
=0.66×27.9×111.1111×111.1111×0.0158
=3591.86594829

Ps=(出力-抵抗力)×速度/機体重量
=(7780-3591.86594829)×111.1111/12000
=38.7790151194

このとおり、計算結果が↓の11.04m/sと一致しません。
http://majo44.sakura.ne.jp/planes/F22/stealth/81.html
なお速度は「時速400ノット」と表記されていますが明らかに誤りなので、これを時速400kmと解釈すると111.1111m/sですが、400ノットと解釈すると205.7778m/sになります。
400ノットつまり205.77778m/sだとすると、Psは-77.84844553になりました。
ここでやはり抵抗力の計算で1/2をかける必要があるのかと思いましたが、そうするとPsは27.78207425となりました。
このようにどうしても計算が合わないので、計算過程を詳しく再現していただけますでしょうか?


補足:アダーの主翼面積と出力
情報源として当てになるかどうかは分かりませんが、↓によるとアダーは
http://www.eurus.dti.ne.jp/~freedom3/AA-12-AY.htm
直径 20cm
全幅 35cm
発射重量 175kg
弾頭重量 30kg
最高速度 マッハ4

主翼が直角二等辺三角形だとすると直径と全幅から主翼面積を算出できます。
また、抵抗力と出力がつり合った状態が最高速度マッハ4であり、抵抗力は速度の関数なので出力を算出できます(かなりいいかげんな推定値にしかならないとは思いますが)。
重量は、飛翔しながら燃料が減ることを考慮する必要がありますが、本体重量+燃料=発射重量ー弾頭=175−30=145kgまではわかりますがあとはどんぶり勘定するしかなさそうです。
あと気がかりな点としては、もし燃料は最初に全部使い切ってあとは慣性だけで飛ぶのだとしたら(私がやっていたフライト系ゲームではそんな感じでした)命中するときは出力=0になっています・・・。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -