掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2064] グリースガンとかステンガンとか 投稿者:CONI 投稿日:2014/04/06(Sun) 11:09  

 M3グリースガンってまだ自衛隊で使ってるんでしたっけ?
10年ぐらい前にシンガポール経由でミャンマーに行ったのですが、
シンガポールの博物館で展示されてた、ステンサブマシンガンと同じものを、
ミャンマーの鉄道警察の指揮官が普通に携行していました。
ちなみの部下の皆さんはボルトアクションの小銃を持ってました。
 何でそんなのをじっくり見れたのかというと、
ヤンゴン環状線に乗りに行ったら、車掌さんが「外国人だから」と(いいのか?)車掌専用車に乗せてくれて、
そこに途中から鉄道警察間の皆さんが武装して乗り込んできて、同席することになったのです。
さすがに銃を持ったまま着席はせず、車両の一角にちゃんと銃を保管するラックがありました。
鉄道警察の皆さんも、私が乗っていることを気にせず、むしろ歓迎してくれたのですが、
さすがに写真は撮ると怒られそうなのでやめておきました。
 「勇気と攻撃精神だけは旺盛」なグラント将軍みたいな人って、
ワタシ的には最も部下になりたくないタイプですね、軍隊でも普通の会社とかでも(^^;


[2063] 熊殺し 投稿者:ssk 投稿日:2014/04/06(Sun) 08:37  

米軍のパイロットは脱出時の護身用の拳銃に装弾数の多い9mmオートを使用するのがほとんどだそうですが
アラスカ基地のパイロットだけは重くて装弾数も少ない45口径を選ぶのだとか。
何故なら9mmじゃグリズリーを止められないから、という話を昔、某航空関係の掲示板で読んだことがあります。

>ささきさん
兵役経験者の韓国人の知り合いに聞いたところ「ベレッタはオモチャですよー(笑)」と不評でした。
何でもすぐ壊れる、弾道が螺旋を描いて頭狙っても足に当たる等さんざんだったとか。


[2062] ストッピング・パワー 投稿者:ささき 投稿日:2014/04/06(Sun) 06:49  

米軍には.45口径に対する「ストッピング・パワー」信仰があるとよく言われます。
もともとはフィリピンで闘争的原住民モロ族と対峙したとき、当時配備された
ばかりのダブルアクション・リボルバー 38 口径が通用せず、西部劇時代の
コルト.45 シングルアクションのほうが効果があった、という逸話から来ている
ようです。
38spl や 9mm パラベラムのような小口径高速弾は連射が利いて命中精度も
高く、貫通力はむしろ .45 を上回るのですが、大直径で重たい .45 弾は
貫通銃創にならないかわり体組織を広範囲にわたって破壊し、たとえ即死に
至らなくともショックによって人は動けなくなる…動きを止める効果
「ストッピング・パワー」があると言われています。
小口径弾でも体内で変形するソフトポイント弾…いわゆるダムダム弾は
同様の効果を発揮しますが、軍用のダムダム弾使用は原則禁止されているので、
.45 に対する信仰もひとしおなのでしょう。
米陸軍は 1985 年に M1911 に代わって 9mm のベレッタ M92 を採用しますが、
海兵隊はこれに反発して M1911 の近代改修型を M45 MEUSOC として採用、
また特殊部隊(SOCOM)でも 45ACP を使うヘッケラー&コック M23 を採用する
という珍事?が米軍の根強い .45 信仰を示しているようです。

M3 グリースガンも .45ACP ですね。グリースガンは SMG としては発射速度が
遅い(400発/分くらい、通常は600〜1000発/分くらいは撃つ)のですが、
あの重たい 45ACP を連射で吐き出すのは接近戦ではかなりの威力がありそう
です。
沖縄や硫黄島の記録映像で、海兵隊の兵士がジャングルや洞窟に向けて
撃ちまくっている姿が記録されていますね…。



[2061] 思わぬ反応 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/04/06(Sun) 01:30  

一部の人から思わぬ反応をもらいましたが、
今回の旅行記で登場してるスーパー スクウィールの決めセリフ、
「おっと、コイツはスーパースウィールの仕事だな」
の元ネタは、ご名答、スーパーグロバーです(笑)。

気になって調べてみたら、いつの間にやらスーパー グロバー2.0(ツー ポイント オー)
に進化してたのね…
https://www.youtube.com/watch?v=KORHQ8ekztU


[2060] ゴマ通り 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/04/05(Sat) 02:19  

そういやカーミット閣下の放送事故率はほぼ100%でしたね…。

セサミストリートもモンティーパイソンやサタデーナイトライブ式に、
いろんなキャラクターによるミニドラマの集合番組でしたから、変なキャラだらけでした(笑)。
個人的に好きだったのはスーパーグローバーで、その冒頭の紹介コメント、
皆が大好きなスーパーヒーロー、光より速く、鋼鉄より強く、
そして弾丸よりは賢い、あのスーパーグローバーがやって来た!
は、涙無しには思いだせませぬ。弾丸よりは賢いってあーた(笑)…
Take a bus home (バスで家に帰れ)と言われてバスを家に投げつけようとしたりして、
ああTakeには持ち帰るの意味があったなあ、と意外に英語の勉強にもなりましたし(笑)


[2059] アメリカンギャグ 投稿者:ヒラオ 投稿日:2014/04/04(Fri) 23:34  

話を少し戻して恐縮なのですが…

セサミストリート大好きでした。
特にカーミット。
中継が始まっているのに気づかず、独り言や出演者(?)に話かけていて。
で、慌てて「ハイホー、コチラ…」としゃべり始めるお決まりのパターンが。

幼児向けの番組なのに、なんでこんな高等なボケを…と感心してました。

他にもマペットの目玉や鼻を番組中に張り替えたり、ラプンツェルの長い金髪をはしご代わりに塔を登っていたらその金髪のカツラがとれたり。

アメリカって凄いなと思いますよ。
子供の頃見てたトムとジェリーなんて、たぶん今だと残酷すぎて放送出来ないようなギャグ満載ですもんね…。



[2058] アメリカン 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/04/04(Fri) 20:45  

inomamoさん、フォードのV8はちょっとややこしくて、
1932年のmodel 18から翌年の40(33-34年)、そして48(35-36年)に分かれる上、
日本とヨーロッパでは発売時期のズレがあったため、一部がごっちゃになってるようです。

フォードの日本進出関しては、NHKが1980年代前半に徹底的に調べ上げて、
ドキュメント昭和という連続番組の中の1本にまとめています。
番組そのものは、まあ、見るだけ時間の無駄なんですが(笑)、
その番組資料類を書籍として刊行しており、こちらの第3巻は日本のフォード研究には必須の資料です。
興味があるようでしたら、一読をオススメします。

フォードの場合、製鋼まで自分でやってたのがキモで、確かカーネギーが
車屋がこれほどの鋼を作るのか、と驚いてました。
エンジンのシリンダーブロックなどの重要パーツは彼らが自分で造った
質の高い鋼を大量投入してコストを下げていたのです。
おそらく、当時の日本の技術でフォードと同じ品質の
シリンダーブロックは造れなかったように思います。

あ、ビジネスクーペはそんな深い裏のある名称でしたか(笑)。

五反田猫さん、まあボスポラス海峡の橋を無視して泳いじゃう人たちですから、
あのくらいの高さから飛び降りるくらい平気なんでしょう。
個人的には人、集まり過ぎだろう、誰かもううい、間に合ってるって止めろよ、と思いました(笑)。

くさのさん、その赤い制服は見落としちゃいました…。
南軍の衣装、絵によっては山賊じゃないのか、みたいな人たちが出てきますからねえ…。
個人的にはジーンズが青く染められてるのは北軍の衣装が元ネタじゃないかと密かに思ってるんですが、
さすがに時代が離れすぎますかね…


[2057] 南北戦争の軍服とか 投稿者:くさの 投稿日:2014/04/04(Fri) 11:14  

映画等では北軍はブルー、南軍はグレーの軍服を着ています
が、志願兵連隊では独自の制服を着用している場合も(少な
くとも初期には)かなりあったようですね。歴史博物館にも
赤いズアーブ連隊の制服が展示してありましたが、アラブ風
の服が「格好良い」と思われていたようです。

逆に南軍でブルーの制服を着用していた場合もあり、第一次
ブルランの戦いでは、北軍砲兵隊がブルーの南軍部隊を自軍
と誤認したことが、北軍敗北の引き金となっています。

まあ、戦争後期になると、軍服を着ているのが北軍、ボロ布
をまとっているのが南軍、と区別できるようになっちゃいま
すけどね。


[2056] すごいのだ 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/04/04(Fri) 08:50  

ご紹介有難うございます。
ご紹介の動画:コメント表示を妄想してみました。

こんなのアリか?、人がアリのようだ、それを言うならゴミが人のようだ、アリ塚ジャね?

私が気になったのは、赤地に星のせいか 三日月が、鎌にみえてしまう点と、
あの飛び降り青年は、その後 どうなったのか..


プロパガンダ映像が凄いのは、主張がはっきりしていて迷いが無いからなのでしょうね。
コマーシャルフィルムの場合は、法的な規制や、消費者の受け取り方、ネガティブな人の批判への対応など、余計な事を色々考えるから印象が薄くなります。
前にご紹介頂いたディズニーのプロパダンガアニメも、迷いがないから凄いですね。 その分、今みると時局物ですけれど。



[2055] 横浜フォード 投稿者:inomamo 投稿日:2014/04/04(Fri) 01:51  

ずいぶん話題が流れてしまいましたが。

ノックダウン工場が本国からの部品供給を絶たれてしまうと、成す術がありませんものね。
ただ、この頃既に日本国内でフォード補修部品製造の一大ネットワークが既にできており
(満州事変に対する経済制裁で補修部品の輸入がが絶たれ、国内各社で自製した)
中国製スーパーカブのように、コピー部品を集めて完成車を組み立てることも可能ではな
かったか…と「フォード自動車部分品型録」なる冊子を見ながら妄想していました。

1932年式のフォードは無条件にB型だと思っていたんですが、A型後継の4気筒だけでV8は
違うのですね。日本の雑誌でも混同気味なので、大変勉強になりました。

そうそう、ビジネスクーペは営業車向けの低価格車としてドアの数を減らした2ドア車を
指していて、2ドアセダンではなくクーペを名乗ったのはちょっとしたシャレでしょう。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -