掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[4191] 増刊号 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/11/11(Sat) 07:43  

ゆうさん、感想どうもです。
あれで準備体操がおわって次で本番…と思いながらまだ手をつけてません。
旅行記のベトナム戦争時代の展示とモロに内容が被るので、そっちをどうするか決めてからやることになりそうです。
まあ、そんなに増刊を連発するのも何なので、半年後くらいまでには…と考えております。
今後も可能な範囲内で(笑)よろしくお願いします。


[4190] 優良増刊号 投稿者:ゆう 投稿日:2017/11/10(Fri) 22:16  

有料増刊号を楽しく読ませていただきました。今後も可能な範囲内でこっそりと訪問致します。ありがとうございます。


[4189] 迎え角 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/11/10(Fri) 06:45  

背面飛行に関しては基本、その通りでエンジンパワーの無い単翼のプロペラ機で、
高度低下をともなわずに長い距離の背面飛行をやるのはかなり困難です。
F-16以降の機体なら主翼の前縁、後縁を反対側に曲げて揚力を稼ぐ事も理屈ではできますが、
サンダーバーズの飛行を見る限り、そこまではやってないようです。
いずれにせよフライバイワイアですから、簡単に飛べるはずですが。
この点、フライバイワイアが無いT-4ブルーインパルスの背面飛行はがんばってると思います。

札幌の住所は地元の人には判りやすいのだと思いますが、逆に私の場合、京都の印象が強くて、
南北に別れて一条、二条というのが最後まで感覚として掴めませんでした。
特に北は北上するほど数字が大きくなってゆくというのは最後まで理解できず、帰宅後地図を見てようやく気が付きました…



[4188] straight street 投稿者:tomura 投稿日:2017/11/09(Thu) 23:51  

なるほど、迎え角次第で逆の形でも揚力稼げると。
なら昔の翼が厚い飛行機よりも、ジェット以降の薄い翼のほうが有利そうですね。
F16に至ってはどっちでも変わらなさそうって思いました。

投票所、他にも合ったんですね。
個人的には一番チップが入ってるのが右端なんで驚きました。
質問的には左端と中央が答えやすそうなのに。
それにしてもYESも十分入ってますし。日本ではこうはいかんだろうなあ。

ところで私は京都出身なのですが、
札幌で一番驚きつつ、同時に少し親近感を感じたのは、
交差点の「北12東4」などの直球看板でした(笑)
でも、住んでるとあの構造は便利です。
旅行で他の都市に行くと迷いやすいのが欠点ですが…


[4187] 修正 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/11/09(Thu) 17:53  

ありゃほんとだ、152q/hですね。修正して置きました。
投票システムは同じ質問が3か所あって、どれも同じ結果だろうと
適当に写真を撮って来てしまってます。
が、確かに写真の場所のはちょっと結果が違いますね。
気が付いてませんでした。こちらも修正しました。ご指摘どうもです。

背面飛行の原理は簡単で、下面となった湾曲した面が生じる揚力に対し、
より強い揚力が上面、本来の主翼下面に生じるように十分な迎え角をとれば飛べます。

が、この辺りを数式で示すのはかなり面倒で、私は解法を思いつきませぬ…




[4186] マイル 投稿者:tomura 投稿日:2017/11/09(Thu) 07:50  

こんにちわ
トーマス モースS4C偵察機は最高速度が時速95マイル(約243km/h)
とありますが、時速だけ性能上がってるのでは…(笑)

あと、随分前の産業科学博物館 航空機&999編のオマケなんですが
右端の質問、箱の中に入ったチップはNOが多く見えるんですが…
もしかして、写真に写っていないとこに集計データがあったりします?

最後に、流体力学の基礎知識を読んで思ったのですが、
背面飛行の原理って結構説明するの面倒でしょうか?
書いてあるのに、見落としてたらスイマセン。



[4185] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/11/07(Tue) 02:27  

やまねこさん、札幌、人工的な街ではありますね。
昭和に造られた京都だな、という印象は受けました。

CONIさん、やはり養殖魚でしたか。
…となると、やはり台湾のネコも魚が好きなんでしょうかね。
あるいは日本統治代に持ち込まれた猫文化なのか。


[4184] 虱目魚主題館 投稿者:CONI 投稿日:2017/11/06(Mon) 19:50  

台湾旅行記に出てきた「虱目魚主題館」に関する記事を見つけました。
禁止ワードに引っ掛かるるので、
「日本人が食べない世界一の養殖魚サバヒーを知りたい」
で検索してみてください。
台湾南部でよく見かける養殖池、虱目魚みたいです。


[4183] 玉突き 投稿者:やまねこ 投稿日:2017/11/06(Mon) 14:05  

市電でのお散歩、満喫されたようですね。
#新型旧型の他に除雪用の「ささら電車」もあります。

札幌市中央図書館についてですが、あそこは元札幌教育大学札幌校の跡地です。教育大はあそこの土地を市に売り払って(物々交換?)、あいの里という石狩平野のど真ん中に移転しました。
#おかげでそれまでは一時間一本程度だった札沼線が途中まで学園都市線というおしゃれな名前になり、20分に一本「電車」not「汽車」)が走るように。
読みたい本を本館や別の区の分館から取寄せるシステムがあるので、立地的には本館があそこでもそんなに不便は感じないかな、と言うのが実感です。

北海道民はこの手の玉突きがお好きなようで、図書館の他にも東区のコンベンションセンターは元国鉄の操車場(白石のコンテナ駅に集約化)、中島公園もその前は野球場が建っていたはずです(円山公園に移転)。その感覚でいくと次のターゲットは競馬場か北大、というのもわからないでもないですがw

もともと札幌は河口の平野にありがちな大小の河川が入り組んでいた土地なんですが、運河利用+泥炭地の水抜きのために創成川や新川のような直線的な人工河川に統合されてしまい、開発のときに埋められた川が結構あります。北大構内のサクシュコトニ川もその一つだったんですが、最近構内の環境整備の折、復活しました。公園整備の際に古い川を復活させて水際公園にするというのは最近の札幌の流行のようです。

しかし、玉突きで建物移動させたり、川を埋めたり復活させたりと、リアルシムシティそのままですね、この街は。


[4182] 増刊号連絡 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/11/01(Wed) 10:06  

夕撃旅団増刊号をお申し込みいただき10/29、30に入金いただいた方の中で
増刊号を添付したメールが転送不能で戻って来てしまってる方がいらっしゃいます。
転送先のアドレスから不達通知が来るため(送付希望アドレスとは異なる)、どなたなのかが特定できません。
10004で始まる転送アドレスをお使いの方、転送が失敗しております。
指定されたアドレスには届いてるはずですが、それではダメ、という場合、お手数ですが、以下のアドレスまで連絡下さい。
問題ない場合、連絡等は無しでかまいません。

yumat@majo44.sakura.ne.jp


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -