掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[4018] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/07/19(Wed) 21:05  

まさるさん、すいません、エルロンの話を書いてるうちに頭に血が上って予想以上に長くなってしまい、
冷却器周りの話は、メアディス効果の再考と合わせて次回となります…
図はその通りで、ちょっと違うのがメンテナンス用のマニュアルにもあります。
明確にあの穴とは指示してないのですが、位置からしてほぼ間違いないかと。

くさのさん、速度ごとに気流に打ち勝つのにどの程度の力がいるんだろうと思ったものの、、
面積あたりに掛かる力の計算方法を思いつかず、あきらめました…
ムスタングのエルロンの改良はその通りで、エルロンのヒンジ部にかかるモーメントを軽くした、
としてますから、どうもギアとチェーン周りもいじってる気がするんですが、
記録が無いので、とりあえずは空力的な改良が主だったのだと思われます。

また一定以上の力をかけてエルロンを曲げても、主翼の剛性が足りないと
翼全体が歪んでしまってエルロンの効きを落としてしまうので、高速域で性能向上が限られるのはそのせいもあるかと。
ただスピットの高性能化を見てると、話はそう単純ではなく、どうも翼端渦とか、
僅かな主翼の長さの違いとかも、大きな影響を与えてる感じがします。
NACAもそこまでは調べてないので、詳細は不明ですが。


[4017] 50ポンド 投稿者:くさの 投稿日:2017/07/19(Wed) 08:52  

B型になってエルロンの上下角が大きくなったことはロール性能
の向上につながるとは思いますが、単純に考えて人力でかつ同じ
操縦桿で動かすとなると、重さは倍になるはずですよね。それを
空力的な改善で少ない力で操作可能にしたのならスゴイことです
ね。

ただ、ちょっと分かりにくいのが、50ポンドで倒すという試験。
つまり低速域であっても50ポンドでは限界までエルロンを動かす
ことはできず、平衡状態になってしまうと言うことでしょうか。
だとすれば、同じ力で倒しても改良後はエルロン動作角を大きく
できると考えれば良いのでしょうかね。高速域になると空気抵抗
がでかくなるので、改良後でも50ポンドの力では得られるエルロ
ン角度はあまり変わらないということですかね。エルロン角度も
併記してあればもっと分かりやすいのでしょうが。

ちなみに、昔フィールドアーチェリーやっていて、50ポンドの狩
猟用コンパウンドボウ使ってました。弓の場合は体近くで引けば
良いので50ポンドでも大丈夫ですが、操縦桿は体から離れた位置
にあるので片手で弾くのは無理、両手というか体全体を使って操
作する必要があると思います。まあ、旋回と違ってロールを長時
間続けることは考えにくいですが、航空で酸素も薄いと体力の消
耗は激しいでしょうね。



[4016] 謎の穴の説明図が見つかりました 投稿者:まさる 投稿日:2017/07/19(Wed) 01:10  

先日いただいたヒントを元に、P-51D Heater で検索した所、自分もあっさりと正解にたどり着くことができました。アナーキャ様も同じものをご覧になってのご回答とは思いますし、著作物取扱の判断ができませんので、直リンクは避けますが、P-51-D-5のPilot's Flight Operating Instructionsのpdfがネットに転がっており、47ページ目の図42がまさにそれなのですね。。。Cold Air Intake と明示されておりました。感謝の気持ちで一杯です。


[4015] 時差 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/07/18(Tue) 23:17  

ネズミに気を使って暑くなる前に予定を組んだのですが、
帰ってきたら完全に夏でちょっとあせりました。
ただし、本人の生命力は想像以上で、自動えさやり器が帰ってきたか、
程度の認識で、最初手を出しても、なんだっけこれ?という感じでしばらく乗ってきませんでした…。

それは豪快な時差解決ですね(笑)。
イギリスからアメリカ経由で日本なら地球の回転に素直に従ってますし、マイルも貯まりますが…。


[4014] 遅くなりましたが 投稿者:すぅ 投稿日:2017/07/18(Tue) 08:35  

お帰りなさいませ。
ネズミさんもご無事で何よりです(温血動物の放置は怖い勢)。

記事中におっしゃるように確かにアメリカからの帰国はなんか時間的に
あんまり美味しくないですよね。。。
唯一の良い点は、せいぜい時差ボケになりにくい程度ですしね…。
しばらく前に父がイギリスに単身赴任していたころは、日本に帰る際に
アメリカで何らかの仕事を作って帰って、直帰すれば、時差ボケにならない
と謎のドヤ顔をしておりました。

連載、適宜楽しみにしております。


[4013] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/07/17(Mon) 22:23  

あごごさん、日本海軍の戦闘詳報類は話半分で見た方がいいです。
特に沈没船の場合はこれがひどくて(例外もある。祥鳳のはかなり優秀な方)、
ミッドウェイ海戦の赤城、加賀とかなんか結局、何発爆弾食らって、
どうやって沈んだのか、という重大な部分をまともに記述してません。
文化なんでしょうが、それで敗戦から何を学ぶんだろうと常に思ってる部分です。
まあ、アメリカ海軍も珊瑚海の時のレキシントンとか、航路の記録とかはかなり適当ですが(笑)、
さすがに沈没に至る経緯は極めて詳細で、後の参考にされています。

Ta152さん、ネズミはさすがに生命力高いですね(笑)。
多めに与えていたエサを床材の木材チップを集めて塚状に備蓄し、
貴様が帰ってこなくても、あと1週間は戦えた、という顔してました。



[4012] 無題 投稿者:Ta152 投稿日:2017/07/17(Mon) 01:40  

あひゃ、ちょっと前のやまさんへの弾切れについての回答を全く読み間違えておりました(大恥
ってことはやっぱり帰還時には弾切れしてた時もあった訳ですね。
焦ったでしょうねぇ。

ネズミさんご無事で何より。
エナジーとガッツの塊ですからねぇ、やつらは。
その分早死にしてしまうわけで、何でそんなに生き急ぐのかと。


[4011] Re:[4002] いろいろ 投稿者:あごご 投稿日:2017/07/16(Sun) 23:50  

> あごごさん、実際に96艦戦で出撃して生還されたパイロットが1名居り、戦後には手記も残してるのです。
> 昭和30年代あたりの丸だったかと思いますが、国会図書館のバックナンバーで読めます。

ご教示頂きありがとうございます。そういうことだったんですね。飛行隊戦闘調書のfc0の記載を鵜呑みにしてました。本件は沈没当日の調書なので内容があやふやになるのもやむなしですね。


[4010] 微妙 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/07/16(Sun) 23:21  

スミソニアン、日本機の展示には熱心なんですけど、
レストアが無理、と思ったら意外にあっさり投げ出しちゃうんですよね。
ちなみにそろそろ橘花の展示が始まるはずなんですが、今のとこ発表がないですね。


[4009] Re:[4006] ボロボロ 投稿者:kobikky 投稿日:2017/07/16(Sun) 15:42  

アナーキャ様、情報ありがとうございました。

> 屠龍以下、ほとんど胴体だけで、レストアは全くしてない
展示状態でした。後ろ側にも未だ回れないままのようです。

10月の5連休に深夜発着便で行けば丸3日、現地行動に充てら
れるので、昨夜はかなりその気になったのですが、屠龍レベル
となると悩みますね。ドイツのムンスターに行こうかと思案中
です。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -