■その他の展示たち



パラシュートになんだかリュックサックのようなものがぶら下がった展示。
解説が見つからなかったので詳細不明ですが、
こういった事もできるよ、というものでしょうか。



陸上自衛隊の現役銃器の皆さん。

上から89式5.56mm小銃、5.56mm機関銃、74式7.76mm機関銃。
ここら辺りはよくわからんので、とりあえず、写真だけ。




91式携帯地対空誘導弾。
歩兵が撃てる対空ミサイルですね。
で、てっきりスティンガーミサイルのライセンス生産だろうと思ってたら、
これ、東芝が(笑)開発した国産ミサイルなんだとか。

…なんで(笑)?
こんなの、スティンガー買っておけばいいだけじゃないですか。
あれなら1発4万ドル(320万円)もあれば買えちゃうんですよ…。

でもって、この兵器、配備数は全陸上自衛隊で100器以下、との事。
歩兵の携行兵器として、どうなんでしょう、その数。
そこから逆算して、一体全体、1器あたりのお値段はどれほどだったのだろう、
とか考えてしまうと、一納税者としては涙をこらえきれませぬ。
コストの概念のない戦争組織はロクなもんじゃないと思いますよ。

なんらかの未来に繋がる技術でも発明できたんでしょうかねえ…。



そのほかには、空挺部隊やらの装備の展示もありにけり。


NEXT