掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3095] 論点 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/11/09(Mon) 01:20  

ここ数回の私の発言は、以下の矛盾点を問うてるのであり、
五反田猫さんの日本語論を尋ねてるのではありません。

まず日本語における軍事と他の分野の文化的な背景の密接な関連性につき
“今の話題は、軍事ですから、他の分野を話すと発散してしまうように思います”
と、両者の分離を前提とする発言をされております。
そして、それを分離するのは無理があるよ、という指摘に対し
“私は両者を切り離したつもりはありません。”
と答えられた段階で、既に論理的な議論は破綻しております。
最初の発言はABは分離せねばならぬ、という論旨であり、
次の発言は、私はABを分離せねばならぬと言ってない、という論旨です。

この点において、私には論理的な議論が成立できる余地が見出せませぬ。

この矛盾点を問うてるのです。
明確に正誤の判定が付く問題として今回のお話を続けておりますが、
正当な議論における大前提、論理的破綻の無い説明が正しい、という条件を無視する、という事であるなら、
残念ながら当掲示板での議論の対象外とさせてもらう事になります。


[3094] 日本語の特殊性 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/11/09(Mon) 00:12  

モンゴル帝国が関係ないならば、整理して書く事が出来ます。

日本語の特徴である漢字仮名交じり文という特殊性は、別に軍事に限らず、あらゆる分野で同じです。
この困った点は、漢字で書かれた単語や文章の読みが一意的に決まらない事です。つまり記載された漢字に対して複数の読み方が存在する点です。更に同じ音を表現するのに、複数の文字が存在します。表意文字である漢字に加え、表音文字としての漢字、その符号化された仮名、そして近代では、一応 標準化された平仮名と片カナです。
このように、文字に対して音が一意に決まらず、同じ音に対しても複数の表記が存在するのは、非常に特殊な言語と思います。

もう一つの特殊性は、膠着語の性質として、文章が最期まで読まないと判らない点です。
加えて、主語や目的語の省略がしばしばおこる事です。

少なくとも、自然な会話や、文章では、このような事が起きます。

このため、軍隊では、主語、目的語が省略されないような、言い方や報告、また固定の方にはめた言い回し、例として「敵らしきもの2隻見ゆ」を作り、教育をしました。 これが、私が前にいった「軍隊語」なるものです。

このような自然な話し方、書き方から離れた特殊な言い回しをせざるを得なかった事を、日本語は戦争に向いていないという表現をしました。これが私の一環した論理です。

表記の問題に対しては、アルファベットにしてしまえという議論が、明治と敗戦後に出て、かなり真剣に議論されています。
後者の問題については、法律文書なども特殊な言い回しになっておりますが。結局 専門家の間だけの言葉なのです。

仰る通りに、言語は文化とお互いに強く影響しあっており、この点は私も全く異論はありません。
結局、軍事や法律のような曖昧さを否定しなければいけない世界では特殊な言葉が存在するが、自然語としての日本語は、曖昧さ(読みでも、論理面でも)を残したままなのです。 これは近代化しようが、変わっていないと私は考えます。
だから、英訳をする時に、技術者が書いた論文でも、補足が必要なのです。 このような曖昧さも、戦争には向いていないのだと思うのです。



[3093] いずれにせよ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/11/08(Sun) 23:05  

当時の軍の日本語というのは、明治期以降のすべての日本語の一部である、
という話ですから、今回の論点にモンゴル帝国は微塵も関係ありませんよ。



[3092] うーん 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/11/08(Sun) 21:48  

そういう事ですかぁ。
もともとの記事が珊瑚海の海戦で、それに関連して当時の日本語が戦争に向いていないというお話を始めたつもりです。
そこで、モンゴル帝国という壮大なお話になってしまったので、そういう壮大なお話のつもりはないという事です。

いづれにせよ、お互いの見ているものが違っていたのが判ったので、それでかみ合わない点は理解しました。
これからの記事を楽しみに読まさせて頂きます。



[3091] と書かれてますが 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/11/07(Sat) 11:22  

“今の話題は、軍事ですから、他の分野を話すと発散してしまうように思います。”


[3090] 不明な部分 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/11/07(Sat) 06:48  

アナーキャさま

お話の「両者を切り離して考える、という段階で間違いです。」の意味が分かりませぬ。
私は両者を切り離したつもりはありません。
むしろ、日本語の漢字仮名交じりという構造(話し言葉も同じ)が、単純明快なコミュニュケーションに向いていないと言い続けているつもりです。 判りにくい文章な点はご容赦を(笑)


[3089] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/11/06(Fri) 22:28  

くさのさん、文章の場合、文語と同時に草書による手書き文字、という難易度が加わるように思います。
大戦中のアメリカ軍は、押収した日本側の日記を片っ端から読んでるのですが、
草書文字の日記は日系2世でも読めなかった、という話を見たことがあります。

イスラエルの話は初めてしりましたが、なるほど言われてみればそうですね。
となると科学用語としての共通語として生きながら得て来たラテン語はある意味スゴイ気がします。

五反田猫さん、あらゆる軍事はその国家の文化的、文明的背景の影響下にあります。
モルトケのドイツ軍のシステムはインドやジンバブエでは成立しえませぬ。
両者を切り離して考える、という段階で間違いです。
無線による送信情報量の限界、という点はおっしゃる通りだと思いますが、
日本の暗号はあらゆる地名、艦名を単純なアルファベット数文字表記にしてましたし、
基本的な命令文も同じような工夫をしてます。
文字数の削減と内容の単純化、という点の努力は意外にやってるのです。


[3088] 言語の近代化と、無線インフラ 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/11/06(Fri) 22:12  

アナーキャさん
なるほど、仰る通り江戸末からの近代化で、おおきく変わったのは軍事に限りませんね。口語の世界でも、標準語が導入されまして、これも地域に限らずどこに行っても話ができる状況になりました。学問の分野でも、言葉が大きく変わったのは仰る通りです。ただ今の話題は、軍事ですから、他の分野を話すと発散してしまうように思います。

現在のネタは、太平洋戦争ですから、とりあえず時代を昭和のはじめに絞って考えたいと思います。 また比較の対象としては、戦争相手であるアメリカと中国を考えてみたいと思います。
軍隊の資料とは、日記や電文、はては手紙などで、どのような言葉が使われているか判ります。
私が、軍事関係の原文資料(メモや伝単など)を見て、一番違和感を覚えるのは片カナ書きです。一方で当時の普通の手紙は、漢字かな交じりです。
なぜ軍事分野で片カナ書きが用いられたかと考えれば、日本語故の理由;漢字かな交じり文だからです。
仮名文字は、特に手書きならば、困った事に仮名字母が漢字である事から、同じ音に対して複数の表記が存在します。
特に草書体、変体仮名では、漢字で読むのか仮名で読むのか不明、濁点の有無で意味が変わる、句読点による区切り場所に意味がかわる。
片カナ書きを用いたのは、ひら仮名の問題を回避し、一意的に読める文字として選択されたのだと思います。
また、当時の電信技術では、漢字は送れませんので、当然に 平文を片カナにして電信で送り、受信側がこれを漢字仮名交じり文として平文に戻しました。
(または片カナのままで読んだ) 当然に、送られる文書は、一般の自然語とは異なる軍隊固有の言い回しになっております。
米国人で日本語を学んでいる人に、この片カナ文を見せましたが、理解するのに非常に時間がかかるか、誤訳をしました。

一方で、英語には、漢字仮名交じり問題はありませんので、基本的にアルファベット+数字(34文字程度)です。
米国の電文記録などを見ても、特に英語の専門家でもない私でも普通に理解することができます。
これは、日本語の片カナ文が、一般的な日本語として読めない事と大きな違いです。

なぜ、これがおこるかと言えば、当時のモールス信号でトンツーと送るならば、伝送できる時間単位の情報量が少ないからです。
アナーキャさんは、黎明期からのパソコンをご存じですから、これに例えると良くお分かりと思います。
初期のパソコンは、片カナ文字が表示出来れば万歳。 漢字が扱えるのは高級機、しかも一文字は16×16ドットという嘘漢字。
これが、処理能力も、伝送量も増える事で、自然な日本語を、今では扱えるようになりました。
一方で、英語情報は、初期のパソコンでも、何ら問題なく、処理も表示も、印刷もできました。

戦争していた時代には、残念ながら無線伝送できる情報が限られた為、数百km離れた距離(航空戦の間合い)で、本来 自然な日本語文を送る事も、音声を送る事もできませんでした。
これはアメリカの無線は、もう少しましですが、それ以上に言語構成としては、アルファベット+数字程度ですから自然語に近い文章が送れた。
一方で、日本語は、本来自然語は無理、軍隊固有の言い回しを作って、片カナをかろうじて送れる。
このような、当時の貧弱な無線伝送の中で、扱える言語情報の違いが、大きな差になったように思っております。
私の本業では、ユーザビリティ評価をやっていますが、自然な動きに反したユーザインタフェースは、エラーや誤り操作を生む事は当然と考えます。
このような平常とは異なる、片カナ文字で電文をやり取りしていた事は、飛行機と空母、艦隊間の連絡不足や誤りにつながったと考えています。


ご指摘のように、日本の近代化が、言語体系も含めて様々な進化した事は、仰る通りと思います。
しかし、戦争当時の、貧弱な無線インフラに載せられる情報量で、何とかなったのが英語、日本語は漢字仮名交じりという特殊な体系故に、
自然語を使えなかった事が大きな問題なのだと思います。長くなりまして済みません。


[3087] 口語とか文語とか 投稿者:くさの 投稿日:2015/11/06(Fri) 07:20  

幕末に来日したアーネスト・サトウは日本語の口語は比較的
容易に習得できるが、幕府との正式交渉のための文語は難し
いと述べていますね。同時期にアレクサンダー・フォン・シ
ーボルト(シーボルトの息子)も英国公使館の通訳を務めて
いたのですが、通訳はできても翻訳は得意ではなかったよう
です。シーボルトは父に連れられて12歳で来日しているので
正規の高等教育を受けておらず、そのあたりが文語翻訳に熟
達出来なかった原因かもしれません。

幕末には歩兵操典のたぐいも翻訳がされており、ペリー来航
前の1850年にはハインリッヒ・フォン・ブラントの
Grundzüge der Taktik der drei Waffen (1833) が、高野長
英によって翻訳されています。その他にも幕府陸軍はいくつ
か軍事書を翻訳して訓練に使っています(残念ながら、戦列
歩兵時代の操典でミニエー銃以降の散兵戦術に対応したもの
ではなかったようですが)。私自身は翻訳本を見たことが無
いですが、幕末から明治にかけて軍事書の翻訳ががどのよう
に変わっていくかを見てみると面白いかもですね。

幕末・明治には様々な用語が造語されていますが、イスラエ
ル建国時にも似たようなことがなされたそうです。ヘブライ
語はラテン語と同様に死語でしたので、当然現代の用語はあ
りません。それを古代のヘブライ語を基に新ヘブライ語を作
っていったそうです。


[3086] 来た 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/11/05(Thu) 23:31  

あの子が帰ってきた!
自分で魚まで取れるようになった!

https://www.youtube.com/watch?v=zwI9omOWH9k


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -