掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3157] 魚雷 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/26(Sat) 16:24  

魚雷は強力ではあるんですが、きちんと運用するのが難しい兵器でもありますね。
日本海軍の場合、とにかくどこで起爆するかわからん、
という必要以上に男気あふれる兵器になってしまいました。
近距離で連鎖爆発しては、機雷原があると友軍に勘違いを引き起こして、
駆逐艦の突撃を妨げたり、かと思うと目標を素通りして、はるか彼方の敵艦を沈めたりもしてます。
同時に、はるか彼方に居た、日本陸軍の兵員満載の輸送船をバカスカ沈めたりもしてますが…。
実戦で使うには、両軍とも、相当なデータの積み重ねが必要だった、という辺りなんでしょうね。


[3156] 夜遅くこんばんは 魚雷の話 投稿者:無名 投稿日:2015/12/26(Sat) 02:37  

米軍の魚雷、どえらい不発率ですね(笑)
15本発射して12本命中、全魚雷不発とかいう恐ろしい事もあったようで。(スクリューは破損して曳航されたそうですが・・・)他にも後の南極観測船宗谷にも不発エピソードがありましたね。
尚翻って我が日本海軍。
何故か開発者が信管感度の調停機能をつけ、不発を嫌った現場が敏感にし過ぎて波に叩かれただけで爆発したり。(サマール沖での魚雷命中報告はほとんど早期爆発)

御二方落ち着いて。足して二で割りましょう(笑)


[3155] 意味が深い 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/25(Fri) 11:51  

今年もやってるNORADのサンタ追跡作戦、日本の訪問地がかなり増えてる上に、
広島と長崎が訪問先に加わってますね。
あのアメリカ空軍が…と思うと、時代の違いなのか、何かが動いてるのか。

http://www.noradsanta.org/

余談ながら追跡画面を×ボタンで消して左側から入れるNORAD HQの中にある
Secret santa filesが例によっていい感じです。
さらにFAQの中で紹介されてる非キリスト教の連中のとこにもサンタは来るの?
という考えようによっては子供の夢に強烈なボディブローを与える質問に、
もちろん、彼を信じる子供のとこには来るのさ、という回答があります。
そこまではいいんですが(笑)、その証拠として挙げられてる日本の絵本の不気味さが…
というかどこから引っ張ってきたんだ、これ…


[3154] しまった 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/23(Wed) 02:07  

A-11さん、コメント漏れてました。すみません。
月齢と月の出は70年前後の時間差なら単純計算でも誤差の範疇で数字が出る、
とは思ってたんですが、面倒ですっ飛ばしてました(手抜き)。
最近は自分で計算しないでも便利なサイトがあるんですね…。勉強になりました。


[3153] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/22(Tue) 23:55  

すぅさん、確かにそのサイクルはありますねえ…。
戦国期の秀吉も、なんか南蛮渡来とかあって俺ら世界最強だよな、
という勘違いもあって朝鮮半島に攻め込んでますしね…
(まあ事実、ある程度までは強かったんですけど)
鉄砲伝来から朝鮮の二回の役までがざっと50年、明治維新から日中戦争までがざっと70年で、
どうも100年我慢しなさい、というのができない民族性なのかもしれませぬ。

りんごさん、フィリピンはアメリカ陸軍、もっとハッキリ言ってしまえば、
マッカーサーの庭でして、そんなところの魚雷を集積したという話を私は知りませぬが、出どころは何でしょう?

兵器の信頼性については、実戦経験不足というのはその通りですね。
ただし、日本側の兵器の信頼性が高かったというわけでもないですけども…


[3152] 米海軍の魚雷 投稿者:りんご 投稿日:2015/12/22(Tue) 12:30  

お久しぶりですアナーキャさん。

「日本軍の攻撃はフィリピン」と予想していた米海軍はフィリピンに魚雷を集積し備えていた。しかし、真珠湾奇襲により太平洋艦隊が行動不能に陥り、フィリピンに集積してあった魚雷を搬送できなかった事が初期に米潜水艦の行動を制約したと考えていました。

また、太平洋戦争勃発より10年前から戦争状態であった日本軍と軍縮により準備不足の米軍、兵器の信頼性もそのあたりの要因が大きいと考えているのですが、どうでしょうか?


[3151] インスパイア系の国 投稿者:すぅ 投稿日:2015/12/22(Tue) 10:26  

技術文化に限らず日本全体の文化としてのパク…基、優れたものを積極的に取り入れることがありますよね。
歴史を大まかな流れで見ても
やべぇ俺たち遅れてる

先進国に追いつけ追い越せ、とにかく参考にし続けろ

ついうっかり追いつけた(気になってしまう)

俺たち最強!!!(とついうっかり思ってしまう)

独自路線を歩んで迷走

ある時諸外国にぼこぼこにされる

一番上に戻る
というループがあるように思えます。

縄文→弥生で諸外国に感化され
飛鳥で独自路線を行き白村江でぼこぼこにされ、
奈良でやっぱり強い国に習わないととなり
平安〜室町途中で独自路線を行き(その間まぐれで外国に負けずに済んじゃう)
戦国で最新技術を知り
それでも江戸幕府は独自路線を行き
幕末にあわて
懲りずに昭和初期に独自路線を行き
戦後に慌てる
みたいな流れができてると思うのです。
近年は技術革新等でそのループは速まっていますが。

そしてそれはお隣のとても大きくて強い大陸の国の政治の動乱に大きく影響されているんですよね。

という私独自の歴史観でした。


[3150] 「夜の着艦 in 珊瑚海」での月の状態 投稿者:A-11 投稿日:2015/12/22(Tue) 00:12  

興味深く読ませてもらっています。

「夜の着艦 in 珊瑚海」
で月が雲に隠れている可能性が気になったので、手元のプラネタリウムシミュレータ
http://www.stellarium.org/
で1942年5月7日の月の状態を目視してみました。
月齢22日くらいで、午前11時ごろから午後11時ごろまで沈んでいるようです。
結論としては、
「月のない真っ暗な夜だった」というアメリカの報告書は正しかった。
だけの話ですが、何か参考になれば幸いです。


[3149] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/12/21(Mon) 23:31  

すぅさん、確かに空母母というべき存在がイギリスですね。
日本の場合、19世紀末の幕末から20世紀まで、下手をすると今でも、
人が完成させたものをパク…参考にする、というのが技術文化の根幹でしたから、
ああいった試行錯誤が面白おかしく感じるのだと思うのですが、
本来なら、イギリスやドイツ、一部アメリカの狂気の実験兵器こそが
進歩と進化の正しい形なのかなあ、と最近は考えてます。
限度はあると思いますけどね(笑)。

ドーントレスのはダイヴ フラップと言うんですが始動スイッチはあってその開閉は手動です。
ただし角度設定がどうなっていたかは、ちょっとわかりませぬ。

くさのさん、あ、日本に来てるんですね。
最初のは私が小学校2年生くらいの時で、さすがに見に行ってませんが、
アメリカでも誰もヒットすると思ってなかった、という話もあるので、
日本公開まで時間がかかったんでしょうかね。

ご覧になるなら、帝国の逆襲の最後とジェダイの復讐の冒頭の砂漠シーンを観て行くといいと思われます。
人類史上、最も地味な主人公用メカの新旧交代をやったのが初期3部作のスターウォーズですが、
そのマニアックな間隙を突いて妙な伏線を張って来ます、今回の新作。
本国のマニアとかは、見た瞬間、気が付くのでしょうけど…。
そもそも、あの人のも同じ形なんですよね、実はあれ。


[3148] スター・ウォーズ 投稿者:くさの 投稿日:2015/12/21(Mon) 18:09  

本日新宿に眼鏡を買いにいったついでに、歌舞伎町の東宝シネコ
ンに行ってみましたが、タッチの差でスター・ウォーズのチケット買えませんでした。

現在は東京では日劇がスター・ウォーズの聖地とされているそう
ですが、私が第一作を観たのは、当時都内最大のスクリーンサイズを誇っていた今は亡きテアトル東京でした。また、当時は世界同時公開ではなく、アメリカより1年も遅れての公開で、わざわざアメリカまで観に行った人も結構いたようです。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -