掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3435] きつね 投稿者:すぅ 投稿日:2016/05/20(Fri) 08:59  

きつね良いですよねーきつね。
基本的にいろいろな動物が好きで、家でも常になにがしかの生き物を飼ってるのですが、実はきつねがダントツで好きな動物です。もう本当かわいいですよねー。またあの我が道を行く感のある釣れない感じもたまりませぬ。犬と猫のいいとこどり(というか猫になろうとしてる犬)だと個人的には思っております。ロシアの方の研究所では人になつく子(というか狐?)の遺伝子を固定して、ほぼ完全にペット化できているそうです。そうなると今度は犬みたいにしっぽは丸くなるわ、いろんな色が出るわ、しっぽ振って甘えるわで大変なことになってるようですが、それでもいいから1匹家にいてほしいです、はい(笑)

山形再幹線(笑)の田舎感は半端じゃないですよね。なんでこんな駅に新幹線が?みたいなところに停まりますし(笑)私は運転免許を山形の米沢でとったんですが(合宿免許というやつ)、踏切で一旦停止→踏切がなる→新幹線が通るという体験は中々新鮮でした(笑)すごい違和感がありますね、はい。

国際標準軌という意味では、都内だと京成絡みで浅草線のほかに銀座線・丸ノ内線辺りがそうですよね。都営地下鉄は相互直通のために新宿線が馬車軌、三田線が普通の狭軌、大江戸線が標準軌なのにリニアと色々しちめんどくさい状況ですよね。何とかならんものだったのか(笑)


[3434] 酵母 投稿者:へまむし入道 投稿日:2016/05/19(Thu) 22:27  

蜂蜜酒というとクトゥルー神話のやつを思い浮かべてしまいます。

ベルギーのどっかでは酵母を加えるのではなく、窓を開け放つだけで作るビールがあるそうで(外から酵母が入ってくる)

前職の一つが飲料品の検査職だったので酵母には苦労させられました。(見つけるのが仕事なんですけど)
酒造りに適した種類かどうかはともかく酵母はそこらへんにいるんで、配管とか設備の洗浄がまずいとすぐ出てきます。
酵母汚染されたジュースを口に入れたことはありますが、
酔っぱらうというより、口の中がピリピリします。


[3433] 念のため 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/05/18(Wed) 16:45  

お役に立てず、申し訳ない。

ちなみに、とむらさんが書くところの横文字、“マニューバ”、
私は単に空戦機動の意味だろう、と判断させてもらいましたが、
英語のmaneuver には、巧みな操縦、高度な操縦技術という意味があります。
もし原語の意味通りなら、ある程度のベテランパイロットでないと使えなかったでしょうし、
単に空戦機動の意味なら、下でリンク先を書いた(ftpなのでリンクがされない。コピー&ペーストで)
トレーニングマニュアルなどに最低限の記載があるので、ある程度は取り入れらていたでしょう。
ドイツ側とかはよくわかりませんし、日本に至ってはさらに謎ですが…


[3432] 疾きこと 投稿者:とむら 投稿日:2016/05/18(Wed) 14:11  

アナーキャさん
早速のお返事ありがとうございます!
一刻も早く知りたい状況(どんな状況だ)ではないので、十分有り難いです。

資料がないとなると、
個々のパイロットや将校の方々の戦記などから自分でまとめるしかなさそうですね。
ただ、それも真贋を見抜く眼がないと難しそうですが…

WW2限定でいえば、私が今まで参考になったのは実は
European Air Warとcombat flight simulatorの説明書で、
ですが多少なりとも空戦がまとめられていて、
全然知らなかったバウアーシステム等、色々な戦法で「こう戦え!」って書いてあります(笑)
海外のゲームは本気の考証をしてマニュアルを作るので、入口には意外と良いかもしれないです。

で、結局は高い高度から一撃離脱、あとは加速で一足お先、馬力の力で明日へダッシュさー…
という一番簡単な原則を守った人々が最後まで生き残ってる気がします(笑)
空母の防空部隊などは乱戦必死でしょうから、生き残るのはキツそうです。
どちらにせよ、マニューバというのが実戦でどの程度使われたのかはイマイチ謎なんですが
訓練飛行や模擬空戦では趣味的にバンバン使ってたのではないでしょうか。


[3431] お返事遅れました 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/05/17(Tue) 20:13  

すみません、お返事が遅れました。

とむらさん、ボイドがあの航空攻撃の研究(Aerial Attack Study)をまとめた時、
散々に資料を探し回って何も見つけられ無かったので自分が書いた、
と言ってますので、おそらく英語圏でボイド以前に空中戦を体系的にまとめた本はありません。

ウーデットがドイツで書いた本が、第一次大戦の空中戦を比較的詳しく解説してる、
と聞いたことがありますが、残念ながら未読です。
ついでに、ウーデットの性格からすると、あまり論理的、体系的では無いと思いますが(笑)…

とりあえず、キチンと本人が体験したうえで、まとめられた資料は無いと思います。

あくまで基本的な航空機動のやり方だけならP-47Nの飛行マニュアルのP91から載ってますが、
あくまで機動のやり方だけで、それを使っての戦闘については記述がありまぬ、

ftp://il2er:il2er@www.dof.cn/p47trainingmanualsmall.pdf


がちょうさん、私も全州の教科書を見たわけではないのですが、
基本的にはその辺は教えない、あるいは生徒に自主的に討論させる、
であって生物の授業で全部神さんが造ったんよ、でおしまい、
という州は少なくとも知りませぬ。
(ただし、生物(理科)の授業以外ではわからないが)
あのテキサスですらそうですから、どんな過激な州でもその辺りじゃないかと。

ハチミツ、偉大ですね(笑)。
でんぷん質より糖分から直接発酵させてしまう方が確かに簡単かもしれません。


[3430] うーむ 投稿者:がちょう 投稿日:2016/05/16(Mon) 00:23  

アメリカでの進化論、私の思い込みだったのかなぁ・・
なんか、先の投稿で私が書いた事をアチラの女性が断言していたのを見て「アメリカならありえる」と思った記憶があったもので・・
記憶だよりで書いた私の落ち度です。すみません。

自家製酒ですが、蜂蜜酒は簡単らしいですよ。
なにしろ、蜂蜜に水を加えるだけらしいです。
人類が初めて量産した酒はワインでもなく、パンから造ったエジプトビールでもなくコレなんじゃ?と個人的には思っております。


[3429] まにゅーば 投稿者:とむら 投稿日:2016/05/15(Sun) 23:47  

アナーキャさん
こんにちわ
お酒の話に割って入ってしまって申し訳ないです。
飛行機の空中戦闘機動(マニューバ)について質問させて下さい。
スプリットSやインメルマンターンなどのマニューバと呼ばれるものは実際どの程度使われたもんなのでしょうか?
時代によって航空機の性能が変わると有効度が変わるのか
それとも、一対一の場合は普遍的に有効な戦法なのか等など気になりました。
その辺りのマニューバを体系的にまとめられた書籍なり、教本ってあるのでしょうか?
一次大戦ならこんな軌道とか戦闘方法、二次大戦の時ははこう みたいな
ジェット戦闘機の戦い方はボイドが作ったマニュアルや書籍で見たことがあるんですが、
一次大戦や二次大戦のものって探したけれど見つからなくて…
しかも、そもそもマニューバは乗っているパイロットさえも
自分の機動を外から客観的に見るなどということも不可能ですし、
言葉や絵でいくら説明しても100%理解できないという気もします。

少しでもご意見頂ければ有り難いです。


[3428] タバコ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/05/15(Sun) 19:59  

タバコの箱の写真、お店に置いてあるときはあまり見えないようにしてる所と、
どうだ参ったか的にばっちり見せてるところがあって、
展示方法に関しては特に法的規制はないんでしょうかね。
私もタバコは吸いませんが、何やったって、吸いたい人間は吸うんだから、
意味ないし余計な世話だよなと個人的には思ってます(笑)。


[3427] バナナの葉っぱ 投稿者:CONi 投稿日:2016/05/15(Sun) 08:55  

もっと白っぽいものだったのですね。
自分がタバコを吸わないので気づきませんでしたが、この8月タイに行くので気をつけて見てみます。
ミャンマーの緑色の葉巻も中身がタバコなのか、全く別物なのかずっと気になってます。
ところで最近海外の免税店で売ってるタバコの箱って、グロい写真が印刷されてますよね。
私なんかアレ見ただけでタバコ吸う気が無くなりそうですが。


[3426] お酒 投稿者:アナーキャ 投稿日:2016/05/14(Sat) 21:23  

あ、味はともかく家庭でできますか(笑)。
まあ、弥生人はあのツボと過熱でドブロク造ってましたしね。

バナナの皮は、タバコ屋さんらしい店で白っぽい紙のようなものを売っていて、
てっきり巻きたばこを自分で作る紙だろうと思ってたんですが、
帰国後、別の事を調べていたら、偶然、あれがバナナの葉っぱだとしったのでした。
ただし、1回しか見てないので、どの程度一般的かはわかりませぬ。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -