掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[3916] 流れる 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/04/13(Thu) 20:58  

今回の記事、アップ直後に一部リンクがおかしくなっていたので、
もし青い箱によるせん断応力の解説を見た記憶がない、という方がいらしたら、
お手数ですが、再度、読んでみてくださいませ。

やまねこさん、エアバスに乗るって言い方はちょっといいですね。
ピトー管、今ならGPSからの逆算で速度はある程度出ますが、それでも失われると離着陸時がエライ事になります。
意外に長生きな装置の一つかも知れません。


[3915] ピトー管 投稿者:やまねこ 投稿日:2017/04/13(Thu) 09:56  

と言うと、以前A330がピトー管を凍結させて大西洋上で墜落した事故を思い出します。穴(全圧or静圧)が塞がったのかそれともセンサーが凍ったのか、はてさて。
#静圧の穴が塞がっただけなら何とか飛べそうな気がしますが。
ハイテク化が進んでセンサーと操縦系統が人を介さず直結している最近の航空機ではセンサー類の故障はちょっと致命的ですね。

あまり関係ない話ですが、JASがJALに吸収される前、青森線三沢線にはA300が就航していたので、青森にはエアバスファンが結構います(年配の方には「飛行機」ではなく「エアバス」に乗る、と言う人もいます)。エアバス機はアジアで結構落っこちているイメージがあるので(名古屋とか)アレなのですが、めげずに青森の空に戻ってくるとうれしいな、と。

アナーキャ様
昔の遺跡は「製鉄所」というよりは「鉄工所」くらいのものと考えたほうがいいかもしれませんね。
#大人でも文系であれば区別してない人もいますし。


[3914] ピトー液体 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/04/10(Mon) 21:14  

実際の技術的な話は私にはわかりませぬが、粘性による抵抗を示すせん断応力は
流体の移動速度と流体の厚みの比、V/Hに比例します。
なので液体の層が薄いと確かに影響は大きくなるのですが移動速度が十分に遅い状態にできれば相殺されます。
その辺り何らかの工夫があるんじゃないでしょうか。
ちなみにせん断応力は次回に詳しく説明します。

ああ、技術継承はやはり困難なのですね。出なくて済んだイモの犠牲に合掌…


[3913] ぴとーかん 投稿者:すぅ 投稿日:2017/04/10(Mon) 13:27  

記事内でちょっと知ってたら伺いたいのですが、
ピトー管ってめちゃくちゃ細いですよね。
これは管の中で粘性の影響を受けたりってのはしないんですかね?
細かく速度とか変わっちゃうと素人目には影響ありそうなのですが…。
それともその誤差までも含めてのIASという理解で良いのでしょうか。


ついでにマシュマロのノウハウは継承されず、ある年には
焼き芋を入れて大変なことになった(何せ1,500℃です)という
逸話が残っています。。。


[3912] 技術 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/04/08(Sat) 21:12  

そこら辺りのノウハウは、ぜひ新しい世代にもキチンと継承して行きたいですね(笑)。
…全力で拒否されるかもしれませんが…


[3911] マシュマロ 投稿者:すぅ 投稿日:2017/04/08(Sat) 09:24  

たたら製鉄において、マシュマロを焼くタイミングというのは
非常に難しいです(笑)
砂鉄を入れれば舞い上がり、マシュマロはジャリジャリに
炭を入れればこれまた舞い上がり、マシュマロは真っ黒に。
これらのタイミングを避けて高火力で一気に焼いてしまうのが
重要と言えるでしょう(笑)


[3910] 製鉄 投稿者:アナーキャ 投稿日:2017/04/07(Fri) 21:14  

すぅさん、マシュマロを製鉄に導入する、というアイデアは素晴らしいかもしれませぬ(笑)。
神奈川の海岸は、砂鉄が多いらしいので、向いてるかもしれませんね。

やまねこさん、製鉄の跡、については微妙なとこもありまして、
「地元の教育委員会によれば(笑)」室町以前の製鉄用の炉とされる遺跡はいくつかあります。
それらは規模が小さく鉄鉱石による製鉄跡、とされますが、日本で露天堀ができるような鉱脈は無い事、
そして製鉄会社出身の(この業界には多い)研究者があの規模で製鉄は無理、とツッコミを入れてるのとで、
おそらく輸入の地金を溶かして、鋼にしてたものだと思われます。


[3909] 夕撃製鉄 投稿者:やまねこ 投稿日:2017/04/07(Fri) 09:36  

結構製鉄経験者がおられるんですね、驚きました。フィンランドの原住民サーミ族では製鉄は秘術中の秘術とされ、製鉄できる人はとても尊敬されるそうです。日本で食えなくなったらみんなでフィンランドへ(違

>アナーキャ様
>砂鉄による製鉄のポイントは、まず砂の中に鉄がある、という知識が要求されます(笑)。
確かに大前提ですねorz。現代だったらノーベル賞ものの大発見でしょうか。
仮に何らかのきっかけで砂鉄からの製鉄法が確立されたとしても、現代の私たちが砂鉄を選別収拾して製鉄してもこの程度の効率、ましてや選別せずに砂から作ったらどれだけの労力が必要かちょっと気が遠くなります。
規模を大きくしてやるなら遺跡として残るはずですし、コツがあるなら何らかの形で伝承されてもおかしくないですし、中世以前に製鉄の形跡がまるっきりない、というのも妙な話ですね。


[3908] 間違い 投稿者:すぅ 投稿日:2017/04/07(Fri) 09:07  

砂鉄採ったのは由比ヶ浜ではなくて七里ヶ浜でした…。


[3907] 製鉄 投稿者:すぅ 投稿日:2017/04/07(Fri) 08:27  

私も高校の頃やりましたね。
鎌倉の由比ヶ浜で磁石で砂鉄取ってきて、煉瓦で炉を作って
炭炊いて、上でマシュマロ焼きながらどんどん砂鉄入れて、
最終的には取れた鉄の量×鉄の純度×係数が期末の点数でした。
取れた鉄から純度高そうなところのサンプルを取るんですけど、
大体97-99.8%くらいの純度にはなりました。。。

ただ、磁石が無い中で、いくら由比ヶ浜とはいえ、
砂鉄を大量に採集するのは古代では難しいかもしれません。。。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -