掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[700] 返信機能 投稿者:くさの 投稿日:2011/10/13(Thu) 00:04  

今、気づきましたが、この掲示板って返信機能がついているん
ですね。誰も使っていないのは何故?


[699] ビクトリアクロス 投稿者:くさの 投稿日:2011/10/13(Thu) 00:02  

下関戦争ではビクトリアクロス受章者が3人でているとのこと
でしたが、一人は最年少の受章者で割りと有名です。残り二人
は知らなかったのですが、調べてみたら一人はアメリカ人だと
のこと。それも米国海軍ではなく英国海軍に勤務していたアメ
リカ人。当時はそんなことができたのですね。他国の海軍に士
官が「出向」することがあったのは知っていましたが。

実はこのときアメリカは南北戦争の真っ最中で、横浜にじは帆
走軍艦が一隻いただけでした。そこで急遽ターキャンという商
船をチャーターして戦争に参加しています。船主は砲台の射程
範囲には入らないということで契約したらしいですが、当然無
視して、他国の陸戦隊の上陸を支援しています。

で、米国も莫大な賠償金を手にするのですが、さすがに気が引
けたのか、明治になって返還しています。このお金で御桟橋が
作られました。

また、ターキャンは後に幕府が輸送船として購入し、太江丸と
命名しました。戊辰戦争で土方達を箱館まで運んだのは、この
大江丸でした。


[698] 墨塗り 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/12(Wed) 23:05  

可能性としてはゼロではないですが、何とも言えないとこですね。

銘板はいくつか見たことがあるんですが、
意外に多くの種類があり、今回のと同じのはちょっと思いだせないのです。
なので、謎、となります(笑)


[697] 零戦の塗り潰し銘板 投稿者:猫ノ宮 投稿日:2011/10/12(Wed) 21:46  

「零戦 銘板」で画像検索すると「零式1号艦上戦闘機2型」とか書いてあるのが出て
来ますにゃー。
残念ながらアナーキャさんの写真と同じ形式のじゃなくて、他の場所に貼ってあった
やつなんでしょうけどにゃ。
零式○号みたいな呼び名は3号まででしたっけかにゃ。
52型だと当てはまらないからそこだけ塗りつぶしたとか……52型用のがありそうな
気もしますけどにゃー。


[696] 描き分け 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/11(Tue) 22:05  

あのマンガは制服とヘルメットで敵味方を描き分けてますので、
おそらく、特徴の無い日本軍のヘルメットより、あの日除けの付いた帽子の方が判り易かったのだと思います。
あの後ろがヒラヒラしてる変な帽子は日本兵の代名詞らしく、
別のマンガで空母の上で、パイロットらしき人物も被ってました…。

ヘルメット、1.9kgは日本人の体格だとキツイですね…。


[695] 日本兵のヘルメット 投稿者:くさの 投稿日:2011/10/11(Tue) 04:54  

あの漫画の日本兵、ヘルメットつけていませんね。単なる「英
軍との区別」のためなのか、あるいは日本兵はヘルメット無し
というイメージがあったのか。

調べてみたら、98式鉄帽って1.9kgもあるそうで、多分戦闘時
以外はかぶってなかった感じです。それが戦闘時ですらヘルメ
ット無し、のイメージを作ったんでしょうか。


[694] 排気管 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/10(Mon) 22:34  

感想どうもです。

ささきさんも、結構貴重な体験されてるわけですから、
何らかの形で残してもらえると、第三者としては
ありがたいのですけれども…(笑)
風のウワサに今年の旅行の話もチラリと聞きましたし…。

イギリスのタンク、そんな欠点がありましたか(笑)。
あれは時速が遅い上に後方が完全に死角ですから、
後ろから歩いて近づいて、マフラーに石とドロを詰めてしまえば
勝ちなんじゃないか、と思ったり…

Car に関しては、改めて辞書引いてみたら、
“ワイアに引かれた箱状のもの”もCarと言うんですね。
ゆえにケーブルトレインでなくケーブルカーで、
エレベーターの箱もCar、そしてあの悪夢の観測装置も
Car と言う事になるようです。
初めて知りました…。後で本文も修正しておきます。

かなりテンパった状況での更新が続いておりますが、
うまく行けあと2回で最終回にたどりつける、
というとこまで来ております。
ここに来るまで7ヶ月かかってますが(涙)…


[693] 旅行記 投稿者:ささき 投稿日:2011/10/09(Sun) 23:19  

いつも楽しく拝見させていただいています。
物凄いパワーだなぁ…と感心もしております。
おいら、自分のページに旅行記を載せるのはとっくの昔に
諦めちゃったからなぁ…。

菱形戦車の排気管が妙に長いのは、排気煙を隠す意図があった
のかも知れません。あのエンジンは始動時にかなりの白煙を
吐いたそうで、総攻撃の朝に一斉始動したら一帯に立ち上る
排気煙で奇襲の意図がバレバレなばかりか、ドイツ砲兵から
先制攻撃を食って攻撃がオジャンになることもあったそうです
から…。

飛行船の観測ゴンドラ、載せられた人は「これってどんな
罰ゲームだよ」と涙物だったでしょうね。あれを「Car」と
呼ぶのは妙なセンスですが、米国ではエレベーターの箱の
ことも「Car」と呼んでいますから、日本語としての「カー」
よりも英語の「Car」は包括範囲が広いようです。



[692] 要塞 投稿者:アナーキャ 投稿日:2011/10/09(Sun) 22:12  

そう考えると、兵士10人とスコップ10本あれば、どこでも要塞化してしまうと言われたロシア人は
防御戦闘やらせたら、やはり世界一の民族だったのかも知れませんね。
旅順、セバストポリ(2回)と、陥落はするものの、常に最強レベルの要塞戦をやってますし…。

ドイツの植民地欲しい病はやはり統一が遅れて、ヨーロッパでも先進国とは言いがたい状況に置かれた
コンプレックスの裏返しなんでしょうね。
スラブ民族とは違うのだよ、スラブ民族とは!という妙なプライドを持っていたように見えます。

ドイツの中国領は微妙ですが(笑)、当時、南太平洋の結構な数の島を抑えてましたから、
それへの補給基地、みたいのを考えていたのかもしれません。
その島々も、第一次大戦で、日本とオーストラリアに持ってかれちゃうんですが…


[691] 長州の砲台 投稿者:くさの 投稿日:2011/10/09(Sun) 09:08  

長州は馬関海峡を通過する外国船を砲撃するため、砲台の建設
を始めるのですが、藩内には洋式砲台の知識を持つ人物がいま
せんでした。そこで蘭学者に設計を依頼するのですが、「蘭」
学者ですからオランダのテキストを基に設計します。オランダ
ですよ、オランダ。平地ばっかりの。なので、馬関海峡には山
が迫っていたにも関わらず、山上や山腹ではなく、海岸沿いに
砲台を作ってしまいました。

なので、陸上側のメリットは全く生かせず、おまけに崖下に建
設した砲台もあったため、崖のどこかに砲弾が命中したら、岩
やら何やらが転がり落ちてきて砲台を破壊してしまいました。
別に軍人でないサトウですら、日記に「放題の設置場所が悪
い」と書いています。これは軍人から聞いたのかもしれません
けどね。

数年後、幕府は箱館に砲台を作りますが、さすがに山の上に作
りました。しかし、これを見たプロイセン領事でもとプロイセ
ン陸軍士官であったフォン・ブラントは、「砲台は脅威だが、
陸戦隊を上陸させれば簡単に占領できる」と述べています。砲
台だけ作って、それを防御するラインを作っていなかったので
すね。平和慣れすると、「兵器」は理解できても、「戦術」ま
では目が届かないのでしょうか。

しかし、そのバカにした当人たちのお国は、後に「後ろから攻
められるとは思っていませんでした、テヘ」のシンガポールや
絶対増援部隊来ないだろうという青島要塞で、バカにされた国
に降伏してしまっています。

シンガポールは計画では本国艦隊の半数が日英開戦後180日以
内に派遣される計画があったらしいですが、これでも間に合い
ませんよね。青島はさすがに無理とドイツも思ったらしく、中
国と返還交渉していたらしいですが、日英が「うんって言うな
よ」と脅したので、あんな状態になったそうです。つうかドイ
ツ、あんなところに植民地持って何したかったんでしょう。ど
うも19世紀半ばから、「植民地を持つ」こと自体を目的にして
いた気配がありますよね。ブラントは北海道植民地計画とか建ていて、ビスマルクから「無理」と拒否されています。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392] [393] [394] [395] [396] [397] [398] [399] [400] [401] [402] [403] [404] [405] [406] [407] [408] [409] [410] [411] [412] [413] [414] [415] [416] [417] [418] [419] [420] [421] [422] [423] [424] [425] [426] [427] [428] [429] [430] [431] [432]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -