掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1010] F-22 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/05/20(Sun) 20:18  

Riccioniの意見と人柄については、まさにその通りだと思います(笑)。

F-22がどういう機体なのかは私もまだ理解しかねる部分がありまして、
機体単体で見た場合、たいしたものだ、としか言いようがないのですが、
タヌキ狩りをするのに戦車を買いました、的な現実環境とのズレは微妙な部分です。

また、あの機体の場合、どういう理屈で設計されたのか、未だに判断材料が少ないのも悩みどころです。
LERXは無いのに、渦が発生していたり、エンジン排気の方向をズラす以上、
旋回中に機体にかかるG(加速度)の向き、大きさが従来とは異なるはずなんですが、
ここら辺りの資料も未だに見つかってません(涙)。
よって、F-22に関しては、ある程度ハショッた説明に終わると思われます…。


[1009] Re:F-22とボイド 投稿者:ちっぷ 投稿日:2012/05/20(Sun) 16:07  

お返事ありがとうございます。
そうでしたね。
ボイドさん位の奇才は、航空機だけにおさまらないでしょう。
でもF-22への明確なコメントがないのは、航空機好きの自分としてはちょっと寂しかったりします。

Riccioniさんの批判を読みましたが、要すると自分達の意思が繋がっていないことが、F-22失敗作の最大理由なんですね。
空軍がまた悪癖を復活させていると、警鐘を鳴らしています。
はたから見れば、やっぱり自分の作った物が一番なんだろうなぁと、彼の人間味に触れられて面白かったです。
とはいえ、性能追求型の日本人としては、うらやましいジレンマなんですが・・・。

世界的に見た名機とは、作る人、使う人、消費する人の3者が納得できることが大事なんだと。
「先を進むもの」であるアメリカだからこそ、生むことができたF-22とF-35は、そのジレンマと教訓を教えてくれる迷機なんでしょうか・・・。
飛行機好きとしては悲しいやら、日本人としては羨ましいやら。


[1008] F-22 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/05/19(Sat) 23:15  

ちっぷさん、感想どうもです。

ボイドは1997年3月に他界してますので、生産型のF-22は見てません。
YF-22の存在は知っていたはずですが、晩年のボイドは全く航空機に興味を失っていたので、
私が知る範囲内では特にコメントを残してないはずです。

ただし、私は未見ですが、スプレーがアメリカの航空雑誌に批判的な記事を寄稿してるようですね。
あと、誰も覚えてないと思われるファイターマフィアの名付け親、
Riccioni は以前からF-22は反対の立場でして、彼の批判は
http://pogoblog.typepad.com/pogo/2005/03/riccioni_respon.html
にて読むことができます。

ちなみに、次回からは超音速編、エネルギー機動理論編の上を行くかもしれない
ヤヤコシイ話が始まると思うので、皆さま、よろしくお願いします(笑)。
ただし、今回は数字も計算もなしです。


[1007] F-22とボイド 投稿者:ちっぷ 投稿日:2012/05/19(Sat) 23:03  

今回も楽しく見させて頂きました。ありがとうございます。
ところでボイドさんご存命の際、既にF-22の存在を知っていたのでしょうか?
また1500万ドルのF-16を思考したボイドさんから、1億5000万ドルのF-22は、どのように見えたのでしょう?
あ、ネタバレになるようでしたら、ノーコメントで(笑)


[1006] 言葉 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/05/19(Sat) 21:03  

coniさん、新しい環境ってのはストレスの最大の原因になるようですが、がんばって欲しいと思います。

本編もようやくボイドの思想編に入りました。
1回で軽く流すか、と思ったんですが、考えた末に結局、
私にわかる範囲内で全部やる、という方向にしました。

人間の意思決定システム、という変なところからアプローチして、
世界の戦争を替えてしまった男の話を新たに始めようと思います。
…私にわかる範囲内で(笑)


[1005] ポイド 投稿者:coni 投稿日:2012/05/19(Sat) 19:39  

私の知人で、20代前半の男がいるのですが、
ミュージシャンの仕事に見切りをつけ、堅い仕事に就きたいと、CADの勉強を始めました。
私が励ましの言葉がわりに、「『もっとも素早く変化を進行させられるヤツが生き残る』って、ポイドが言ってる」と話したら、
「ポイドって誰っすか?」というので、
「空戦の歴史を変えたアメリカの偉い軍人さんだ」と言っておきました。
私の励ましがどの程度足しになったか知りませんが、
とりあえず彼は今、一人前の技術者を目指して設計事務所で働いています。
がんばれ。


[1004] そこが問題 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/05/16(Wed) 23:37  

その飛び立つ瞬間が理解できなければ、永遠に羽ばたき飛行機なんて飛ぶわけ無いよね、という話なんですよ(笑)。

1/4000の連写なら、今じゃLX-5でもできますが、鳥などを相手に望遠てやるのは現実的ではありません。
せいぜい快晴の昼間に1/2500までですが、それでも鳥が飛び立つ時の翼の動きの複雑さはある程度わかります。
一度、近所の適当な鳥で確認してみてくださいませ。


[1003] RE:動画とシャッター速度 投稿者:kazz 投稿日:2012/05/16(Wed) 23:23  

>見えたか
デカい鳥・・・本気のはばたきじゃ無いけど、白鳥とか青鷺とかかなりゆっくりはばたいてますよね?
飛び立つときは無理としても、目の前を航過するときは翼の動きとか結構見えた・・・気がします(笑


動画のシャッター速度はスチルカメラと比較してかなり遅いです。
露出計で動画の絞りを測る時は、30コマで1/60秒で計算します。
(最近の電子シャッター搭載機だと高速シャッター使えますが)

一眼レフの高速連写だと、1/4000秒や1/8000秒で秒10コマぐらい撮れますから、動画よりはお手軽ですね。
もちろん、はばたき飛行機の時代にはそんな高速連射は難しかったでしょうけど。

高速運動している物体の分析にはストロボスコープを使いました。数千分の1以下数万分の1秒ぐらいの短い発光で動きを止めて見ることが出来ます。


[1000] スゴイ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/05/16(Wed) 19:06  

kazzさん、ホントに見えました(笑)?
私はカラスやカモメクラスでも撮影に失敗しております。


[999] Re:鳥の羽の真似 投稿者:kazz 投稿日:2012/05/16(Wed) 12:37  

大型の鳥は比較的ゆっくり羽ばたいて、肉眼で追従できますから・・・って事では?


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -