掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[959] ありがとうございます 投稿者:coni 投稿日:2012/04/30(Mon) 22:11  

ご自身であげてないってことは、やはり直接は関わっていないのでしょうね。
よく「○○が有名になったのには、私が関わってましてね」なんていう人がいますが、
ハイネマンはそういう人ではなさそうですね。
ケリー・ジョンソンはそのテの人っぽいですが。
F-104は主翼があんな状態で飛んでるって、初めて知りました。
あれで対地攻撃をさせられたドイツのパイロットの皆さんの心境を思うと、涙が出そうです。


[958] ハイネマン 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/04/30(Mon) 21:32  

ハイネマン(Ed Heineman)は引退後、1985年にAIRCRAFT DESIGN という航空機設計の入門書を書いていて、
個人的にはいろいろと勉強させてもらった人だったりします(笑)。
一番難しい超音速対策部分をチャッカリ全部省いてたりしますが、いい本です。

彼がF-16の開発に関わっていたのは事実ですが、あくまで管理職としてだったので、
どこまで関わったのかはよくわからない部分があります。
彼自身は1973年の夏、初飛行より半年以上前に引退してますし、自身が設計に関わった機体にF-16を上げてませんので、
おそらく全体の進行と予算管理、という感じの仕事をしていたのではないでしょうか。


[957] 似たような話ですが 投稿者:coni 投稿日:2012/04/30(Mon) 20:21  

A-4の設計者のエド・ハイネマンがF-16の開発に
オブザーバーとして参加していたというのはほんとでしょうか?
当時ジェネラルダイナミクス社の技術副社長をしていたという話なのですが。


[956] ネガティヴ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/04/30(Mon) 18:03  

同じような質問をメールでいくつかもらったのでフォローを。

A-10の開発に、Ju-87の急降下爆撃エース、ルーデルが呼ばれて参加したという話はホントか、
というものですが、私は、そういった話は質問をもらうまで全く知りませんでした(笑)。
彼が開発スタッフから連絡を受け、いくつかのアドヴァイスをしたのは事実のようですが、
ルーデルはネオナチの熱烈なシンパとして知られてましたから、少なくともアメリカに
渡って直接計画に参加、というような事はありえないような気がします。
とりあえずスプレイはドイツ語が出来たので、電話で話すくらいならしたかもしれませんが、
設計レベルに関わるほどの仕事をした、という話は見た事がないのです。

まあ、私が知らないだけで、極秘にアメリカに入国していた、という可能性もありますが、
ルーデルは1970年代には政治的なスキャンダルを起こせるほどの(笑)、
大金持ちのビジネスマンになってましたから、わざわざ攻撃機の開発にアメリカにはいかないような気がします。

とりあえず、完全に否定できる事実関係は示せませんが、状況的にはネガティブ、という事で、ひとつ(笑)


[955] カウンター 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/04/28(Sat) 20:56  

実際に操縦してみないとわからない部分はやはりありますねえ(笑)。
なるほど、着陸できなければ、どんなにスゴイ機体でも怖くて飛ばせないですものね。

F-16のフライバイアでは操縦スティックが中立になった瞬間、機体はその姿勢の強制維持に入るそうな。
例えばロールして機体を横向きに一回転させたあと、中立位置に入れると、
自動的に当て舵まで操作して、ピタリとその位置で止めるんだとか。

が、これをよく理解できなかった当初、パイロットの多くがロール終了後、操縦スティックを反対に倒して当て舵を入れたため、
そのまま反対方向のロールに入ってしまい、軽いパニックになることがあったという話を見ました。

逆に考えると、フライバイワイアの機体に慣れてしまうと、物理操作の機体の操縦は怖いでしょうね…


[954] トリムとラダー 投稿者:ささき 投稿日:2012/04/28(Sat) 05:39  

F-16 みたいなサイドスティックだと操縦桿の中立位置が固定されるので、
トリムは FBY のコンピュータが勝手に合わせてくれるんでしょうね。

話をぐっと戻してラダーの話。機体を意図的に滑らせて飛ぶのは
なにも射弾回避や捻り込みだけでなく、横風離着陸時に必須です。
FBY に自動着陸も組み込んで横風も補正して着陸してくれる
ならラダー無しでも良いですが、そうでなければ常にオート
ラダーで吊り合い飛行しか出来ないと困ることもあるんです。

横滑りは機首直下を覗いて見るとか、フラップやエア
ブレーキのない機体で急減速するときにも使いますが、
それは二次的な使い方かな。



[953] 運転 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/04/27(Fri) 21:13  

なるほど、コストも重要な要素ですね。

ああ、あの爆撃機などのデカイハンドル、なんだろうと思ってましたが、あれ、エレベータートリムですか。

ジェット戦闘機の場合、F-86F以降、全可動式の一枚板の水平尾翼になってしまい、
物理的なタブが消えてしまったのも影響があったような気もしますね。
そういや、無尾翼デルタにエレベータータブが付いてるのを見た記憶がないのですが、
あれはエレボンの固定で対応してるのかしらん。


[952] 機能性だけじゃない 投稿者:ささき 投稿日:2012/04/27(Fri) 05:25  

音量調整機構がボリュームつまみからボタンになったのは、
「そのほうが安上がり」という理由もありますね。

飛行機の操縦桿ないしホイール+ペダルという操縦体系は
おそらくグレン・カーチスあたりが確立させたのではない
でしょうか。ご存知だと思いますが、ライトフライヤーの
操縦体系は恐ろしく非直感的(前後に動かすレバー3本で
エルロン、エレベーター、ラダーを操作する)ですから…。

操縦桿も細かくみると、エレベーター操作を「前後に
傾ける」タイプと「前後に引っ張る」タイプに分かれます。
セスナは後者の押し引きタイプ。日本でセスナを模した
シミュレータに乗ったときは、「傾けタイプ」と違って
中立位置が直感的にわからないので「なんて不便なんだ」と
思っていましたが、実機に乗ってみると実は操縦桿に
決まった「中立位置」なんて無いと知りました。
舵の中立位置は空力的に決まり、手を離したら勝手に
そこに収まりますが、必ずしも飛行機が水平飛行する
姿勢に落ち着くとは限りません。なのでエレベーターには
舵の中立位置を調整するための小舵トリムタブが付いて
おり、セスナの場合は計器板中央のダイヤルを回して
調整します。ずーっと上昇したい場合は機首上げ姿勢に
トリムを取れば、あとは手を離しても勝手に上昇を続け
ます。車でいえばクルーズコントロールにちょっと
感覚が似ているかな?

トリムも機種によって付いてる場所がまちまちで、同じ
小型機でもパイパーだと車のサイドブレーキあたりの
位置にあります。レシプロ戦闘機だと大抵スロットルの
隣で、旅客機や爆撃機は車椅子の車輪みたいな格好で
操縦席の横に付いています。いずれにせよ、操作方法は
機首角の上下に合わせてホイールを回す格好ですね。

ジェット戦闘機ではトリムホイールは付いておらず、
操縦桿のてっぺんにある小さなジョイスティック(ハットと
呼ばれる)でトリム調整するものが多いようです。
ユタで乗っていたパイパーにはトリムハットも付いて
いて、「おぉ、戦闘機みたいだ」と喜んだのですが、実際に
使ってみると「どれだけ回したか」ではなく「押した時間」
に応じてトリム量が変化するというのは感覚が掴みにくく、
けっきょく殆ど輪っかのほうを回していました。
(ボリューム調整をボタンでぷちぷち調整するよりダイヤルで
回したほうが判りやすい、というのに似ています)


[951] ラビ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/04/26(Thu) 23:55  

実はラビってユダヤ教の僧侶のラビだと思ってたんですが、英語のつづりだとLaviなんですね…。今回初めて知りました。

あれはイスラエル空軍のパイロットの要望で操縦桿にしたそうなので、よほど気に食わなかったのか、
旧約聖書には、操縦桿は中央にあるように指示されてるとか、そんなとこでしょうか。
あの段階では、とっくにF-16を導入済みですから、未知の技術ってわけでもないですし…。
謎ですね。

当然、J-10もそのまんまなのは、まあ、フライ バイ アイヤーゆえでしょうか(笑)。
ちなみに全く未確認の話、と断っておきますが、アメリカがF-2にフライバイワイアのプログラム提供を拒んだのは、
ラビの時にイスラエルから中国に皆流失しちゃって大ショックだったから、という話もあります。

尾翼もどうなんでしょうね、効果があるのかどうか。
ヨーロッパ方面の連中は、ハナッからあきらめてるので、果たして中国はちゃんと理解した上の設計なのか…。

フライ バイ アイヤーですからねえ…


[950] 無題 投稿者:coni 投稿日:2012/04/26(Thu) 22:16  

そういえばイスラエルがラビを作った時も、サイドスティックは採用しなかったですよね。
抵抗感あったのでしょうか?
そういえばラビや「フライ バイ アイヤー」のJ10は、
デルタ翼だけどノズルがいくらか囲われてますね。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -