掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1232] 多謝 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/11/19(Mon) 10:20  

kazzさん、ご指摘どうもです。
確認してみたところ、確かにその通りのようです。
とりあえず、現在は修正いたしました。

まだ不具合がある、という方がいらしたら、
お手数ですが、こちらへの書き込みをお願いします。


[1231] Not Foundの原因 投稿者:kazz 投稿日:2012/11/19(Mon) 00:16  

リンクのURLにフォルダ区切りとして「\」が入っています。
ここは「/」にすべきとおもいます。
たぶん、Windows上のエディタか何かが勝手に変えちゃったんじゃないかと思います。

ちなみに、Linux(Ubuntu)のFirefoxでNGでした。
ここ(掲示板)に入れるのは、ここだけ「/」だったからです。
飛べないリンクも\を/に書き換えると普通に飛べました。
トップページのリンクも「スゴイのはドイツだ」以下はNGです。


[1230] 確認 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/11/18(Sun) 12:02  

とりあえず、いくつかの環境で確認してみましたが、ファイルは存在し、アクセスも可能のようです。
not found on this server が出る可能性としては、たまたまサーバにアクセスが集中して弾かれたのかもしれません。
他のページが普通に見られたのなら、サーバのport80不能で弾かれてる事も考えにくいので、
念のため、再度アクセスの上、ブラウザでリロード(再読み込み)をかけてみていただけませんか。

それでもダメな場合、お手数ですがOSとブラウザのバージョンを教えていただければ、助かります。

また、同様に画庫に入れない、という方がいらっしゃったら、同じような情報をいただけると助かります。


[1229] えーと 投稿者:ヒルネスキー 投稿日:2012/11/17(Sat) 22:28  

Not Found
The requested URL /draws\main.htm was not found on this server.

Apache/1.3.42 Server at majo44.sakura.ne.jp Port 80


こうなるのですが・・・


[1228] 名前 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/11/17(Sat) 21:58  

ヒルネスキーさん、悪くないカメラだと思いますから、機会があるなら一度使って見る価値はあるかと。
ちなみに画庫へのリンクは特に切れてないようですが…。

へまむし入道さん、駄洒落系の名前でしたか(笑)。
坂東太郎、気持ちはわかりますが関西では売れないでしょうねえ、この名前…


[1227] 訂正 投稿者:へまむし入道 投稿日:2012/11/17(Sat) 20:04  

×富士工業 ○富士産業でした


[1226] 無題 投稿者:へまむし入道 投稿日:2012/11/17(Sat) 20:02  

戦艦大和もそれのお陰で船窓の形とか便所の場所とかふめいですからねぇ・・・。

あと花沢さん、否、中島飛行機がスバルになった(厳密に言うとあくまでブランド名でスバルは企業名じゃないですけど)理由は、終戦後に富士工業に名前を変え、その後に財閥解体でバラバラの会社にされてそのうち6社が合併して富士重工業が出来ました。ちょうど同時期に自動車産業に参入しようとして完成した車があり、それの名前を車内で公募したら碌な名前がこなかった(坂東太郎とか)ので初代社長が合併した6社を星の数に例えたのと「統べる」の洒落で「スバル1500」として、その後「スバル360」が売れたりでそのまま自動車部門のブランド名として定着したという文章にすれば結構長い経緯だったりします。
さすがに社名まではスバルにはしませんでしたが、(計画はあった)社章を2003年に「フ」から六連星に変え、自動車以外の製品にも「SUBARU」ロゴを使ってたりします。


[1225] 綺麗な・・・ 投稿者:ヒルネスキー 投稿日:2012/11/17(Sat) 20:01  

買う時が来たらLXを買う気になりました。

ところで画庫がノットファウンドです・・・


[1224] 狂乱 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/11/15(Thu) 20:46  

ヒラオさん、あ、社長さんのお名前ですか(笑)。
LX-7は今回、ちょっとレポートしてみたので、良ければ参考にしてください。
黒い猫は事実上の光学迷彩みたいなものですが(笑)、ある程度の明るさがあれば、撮影できると思います。

ささきさん、やはりパニクってし燃やしてしまったんでしょうね(笑)。

ただこの話、軍から正式に焼却命令が来た、という証言をしてる人がいたりするので、
どうも、最も冷静でなければいけない指揮系統部分の中枢部分が
最もアマタに血が上ってしまった状況だったようにも見えます。
せっかくの先人の失敗ですから(笑)、後世の人間としては、そこからいろいろ学ぶ必要がありそうです。

ついでに、電気発火の方がプロペラ同調が楽と言うのは初めて知りました。
ここらあたりも、奥の深い世界ですね。


[1223] MG151 投稿者:ささき 投稿日:2012/11/15(Thu) 13:50  

>ヒラオさん
松本零士さんの漫画に出てくる「低伸弾道」という話、ひょっとすると
原型である 15mm 版 MG151 の話が混ざったのかも知れません。MG151 は
徹甲弾でも 900m/s、軽量榴弾なら 1000m/s を越える超高初速の機関砲
なので、たしかに弾道は低伸するでしょう。

>本体も弾薬もコピーできなかった
MG151/20の軽量榴弾 MinenGeschoss を調べた日本の技術者は、「我が国の技術では
真似ることすらできない」と驚愕したという話が「航空技術の全貌」に紹介されて
います。ただ、通常榴弾や徹甲弾はエリコン20mmとほとんど同仕様なので
(15mm MG151 の口径を広げて MG-FF 用の 20mm 弾頭をネジ込んだのが MG151/20 です)
薬莢さえ作れば理屈上は弾薬の国産化ができたはずです。
…でも、エリコン用の弾は海軍管轄下の工場で作っているから、陸軍が
「わけて?」と言っても「ウチも足りてないのに、陸サンに回す分
なんて無いよ」と言われてオシマイだと思いますが。

MG151/20 の弾薬には実は2種類あり、1種類は衝撃発火式、もう1種類は
電気発火式で MG151E とも呼ばれます。MG151E はプロペラ同調が容易なので
Fw190 に使用されました。日本に入ってきたのは衝撃発火式のほうだと思います。
13mm MG131 は電気発火式で、海軍の二式13mm旋回機銃はこれを衝撃式に変更
しています。電気発火式の雷管も、当時の日本では作れなかったのかも
知れません。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -