掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1145] ;2sfyq@\ 投稿者:杉村徹 投稿日:2012/09/17(Mon) 17:38  

高知はいろいろありますよー。……というか、休日に足摺岬へ行こうとして渋滞のひどさに断念して、というのが
善通寺行きのそもそもの発端だったり。
アンパンマンミュージアムは地味に遠いですが――。
レンタカーで移動するならば、室戸岬とか(ここの廃墟は全国区で有名です)、往年の「シャコタン☆ブギ」で知られる
横浪黒潮スカイライン(調子に乗ってアルファ145をオシャカにした苦い思い出が)とか、龍河洞とか。
ttp://www.ryugadou.or.jp/ 
……龍河洞へ行く“龍河洞スカイライン”の途中の“謎の古城っぽい博物館(閉鎖中)”とか、風景としては面白いです。
あと、龍河洞スカイライン手前の「龍馬歴史館」(桂浜のがピストル騒動の記念館と巨大銅像)と「四国自動車博物館」が。
ttp://www.vistanet.co.jp/museum.htm
愛媛との県境にある天狗高原も素晴らしい眺望で。
 
EF62の左ハンドルで思い出したことをいくつか。
以前、善通寺駐屯地のイベントで74式戦車(わざわざ本州から持ってきた)に乗った時、同乗していたオバサンが
後方の2号車を見て「アラ、この戦車って左ハンドルなの?」
……そんじょそこらのガイシャより高い国産車ですね。

もう一つ。半年ほど前、さるクルマ屋の社長さんが
「ウチのお客さん、左ハンのマニュアルでないと怖くて運転できないって人が多くて……」と。
……なるほど、ショールームと工場を見ると左ハンドル率高い。しかもトルコンATが何気に少なっ!
(時々左ハンのメルセデスに乗ってる高齢紳士を見かけるが、あれはきっと右ハンのコツが覚えられないからに違いない)

で、そのクルマ屋さんから代車を借りたとき。
1回目「ランチアのイプシロンです! オートマ(富士重製CVT)だけどちゃんと左ハンドルですから」
2回目「もう一台のイプシロンです! 左ハンのMTにせっかく慣れた頃ですから、今度は6MTのを用意しました」
……次は何が出てくるんだろう? アルファ155とか、フィアット・バルケッタあたりだったら嬉しいなあ。(←無理)

鉄道がらみだと、大阪の交通科学博物館も結構面白いですよ。


[1144] 碓氷峠 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/09/15(Sat) 21:05  

元山登りとしては、徒歩で突破なら寝ててもできます、
というレベルの碓氷峠ですが、自転車であれを超えるのは死んでもいやだ、と思います(笑)。
まあ、帰りはひたすら下りで楽だと思うんですが。

30年前の18号旧道だとトラックや観光バス、すごくなかったですか。
信越自動車道が出来、さらに碓氷峠バイパスが無料化された後はそうでもないですが、
昔はあの道を夜中に軽自動車で走るのはトラックだらけで相当怖かったです(涙)。


[1143] 碓氷峠 投稿者:くさの 投稿日:2012/09/15(Sat) 14:13  

もう30年近く前の話ですが、20代後半の頃、友人に誘われてト
ライアスロンを始めました。当然、ロードバイクを買った(当
時はロードレーサーと呼んだ)のですが、ロードバイクに乗っ
ていた別の友人から、軽井沢までサイクリングしようと誘われ
ました。彼の別荘が軽井沢にあったからなのですが、自転車を
買ってまだ1ヶ月も立っておらず、片道170kmを走破するのはか
なり無謀な計画でした。夜の11時に世田谷を出発、夜通し走っ
て碓氷峠の麓に就いたのが夜明け頃。友人に碓氷峠には100位
カーブがあるよと聞いていたのですが、実際には200弱。100を
過ぎたあたりから、もうすぐ、もうすぐと思い始めましたが、
まだまだ半分強。しかし、碓氷峠を越えて軽井沢が目の前に広
がったときは感動しました。で、途中で止めていた時期もあり
ましたが、今も自転車乗っています。


[1142] 無題 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/09/13(Thu) 23:38  

婆裟羅大将さん、情報どうもです。
サムスン財閥の一派でしたか。
手広くやりすぎで、製品のうち半分しか理解できませぬ(笑)。

儒教の国の上下関係はややこしいですねえ…。
ソウルでも社会が硬直してるなあ、というのはなんとなく感じたのですが
同時に、その条件下であれだけの国を造り上げちゃったのは
たいしたものだなあ、と思ったり。

でも、日本の産業が韓国に追いつかれて負けた、的な話を最近よく見ますが
韓国の勝因の7割は為替相場の落差であって組織の強さではないと思いますね(笑)。
この先、30年くらい経ったらちょっとわかりませんが。

コビッキーさん、たびたびありがとうございます。
あれま、新しい博物館を陸軍の兵器学校の近所に造ってるんですね。
なんのかんの言っても金があるなあ、アメリカと思ったら、
ホームページのあらゆるとこに寄付金募集の告知があってちょっと泣けました…。
しかし、パンター、ティーガー、キングティーガーが一箇所に集まるって
相当なレベルの博物館になりそうですね、これ。


[1141] National Armor and Cavalry Museum 投稿者:コビッキー 投稿日:2012/09/13(Thu) 02:28  

気になったので調べてみました。やはり Patton MuseumのTankの行先は、Fort Benningでした。
50億ドルかけて新しい博物館を作るようです。
5月26日に建設予定地で、地鎮祭が行われたようです。
リンクご参照下さい。

http://www.armorcavalrymuseum.org/index.html


[1140] Samsung Techwin no 投稿者:婆裟羅大将 投稿日:2012/09/12(Wed) 23:48  

Samsung Techwin のことなど

この会社 以前は 三星航空と言いまして
光学機器とデジタル処理装置、 半導体システム SMTs、ワイヤボンダ、 半導体コンポーネント リードフレーム、LOCs、金属CSPs、FPCsなど、 電力システム ガスタービン、ヘリ用エンジン、冷媒コンプレッサーなど、 防衛産業 等々と
手広くやってました。
サムスン電機とも サムスンSDIとも別の会社です。

実は婆裟羅の知ってる会社なんですが、社員は 皆さん 日本語、英語のどちらかは堪能で、背広の下は 黒か濃紺のワイシャツというおしゃれさんで、ナイスガイが多いです。
しかしですね、会社としての実力は、、、 いや ともかくナイスガイですから。


軍隊のことなど
彼の国では 軍隊の上官も神様ですが、お客様も神様です。
お客様に軍隊時代の 部下がいるとどうなるか?

見事に立場逆転します、言葉なんか分からなくても見ていればわかります。
お客様を立たせたまま 座って話をしてる 納入会社の社員なんて初めて見ました。

http://plaza.rakuten.co.jp/vajra33/


[1139] 戦車 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/09/12(Wed) 23:22  

コビッキーさん、情報どうもです。

パットン博物館の展示の件は初めて知りましたが、
民間団体から軍および軍関係の財団に展示物が寄贈されるケースが
アメリカでもあるのか、ちょっと確認ができませんでした。
イギリスでは普通にやってるんですけども。

空軍が運んでいる以上、このティーガーはアメリカ軍が所有あるいは貸与を受けてるはずです。
となると半軍半民のUnited States Army Ordnance Museumが何かをやってるんじゃないか、
と思って調べてみたのですが、連中、アバディーンからの引越しがまだバタバタしてるようで、
どうもこの件には絡んでないようですし、ジョージアにも施設は持ってないようです。
やはり謎だなあ、というのが正直なところだったりします。

杉村さん、高知はまだ見ぬ土地の一つで、一度くらいは行っておかないと、
と思っている場所ですが、いろいろありそうですね。
四国では讃岐方面での取りこぼしもあるし、さらに松山の方にも
一度は行っておいて赤シャツ襲撃事件の現場検証とかもやりたいと思ってるんですが、
なかなか時間が取れませんねえ…


[1138] マイナス異音発生中 投稿者:杉村徹 投稿日:2012/09/12(Wed) 21:07  

我がマルチロール機(立ち位置的にはライノ的な)の右前輪あたりから音がするので、明日入院に。代わりにロリババア的な小型車が代車となる予定で、憂鬱の中にちょっとした楽しみが。

ステッセル将軍の馬……は、みんなにかわいがってもらえるけど、銃は別にかわいがってもらえない……というか、生命体かそうでないか、とか?
「ここで自分が引き取らないと、故郷にも連れ帰ってもらえずここで処分されちゃうんじゃないか?」
なんて経緯があったのかも、と。

ただ……もう一つ言える事として、
スキンヘッドに荒縄ベルトの魔法部隊員は別に可愛くないけど、悪魔呼ばわりされる魔法少女はとても可愛い! と。
(↑論点が激しくずれている)
……某所の「映画日記」における、この魔法少女映画のレビューが極めて適切だったですが――宝塚で上演された「銀英伝」がすごく気になったりも。

>坂本龍馬の銃まで観光資源になってますか(笑)。
というか、すでに龍馬はかの地の名産品ですから(笑)。
「龍馬とついていれば、○○のにおいのついたずだ袋でも売れるんだ」
「それなら、自分の名前を“龍馬”と改名すれば、自分の商品に“龍馬・作”ってつけられるだろう」
という「深夜プラス1」的な妄想が流れたりもしましたが――はたしてどれだけ土産物としてマルシン製モデルガンが売れたか、は?

彼の地についての余談ですが、観光名所の鍾乳洞方面に行くと“長尾鶏(オナガドリ)と七曲署の刑事”の記念写真が飾ってあったりします(多分)。
あと、カツオに関して――桂浜で食べるのは――とても悲しい行為だと! 
いやその、市内の「ひろめ市場」で、もっと美味しいのをリーズナブルな価格で食べられるのに――。(個人的に苦い記憶が)
ttp://www.hirome.co.jp/
……みんな元気かなあ。あそこではスピリタスで火を噴いたり、酔いつぶれて顔に落書きしたりされたり、台風接近中に昼間からパーティーしたり色々あったけど。



[1137] Patton Museum 投稿者:コビッキー 投稿日:2012/09/12(Wed) 01:43  

ご無沙汰してます。Tank Museum といえば、Fort knox,KYのPatton Museumもなかなかのものでしたが、確か2年ほど前の
秋に改装で、戦車がすべてなくなり、本当にPatton(だけ
の)Museumになってしまいました。
記憶では、「ジョージアに新しい戦車博物館を作るので、そちらに輸送する」と書いてありました。パンターとキングテ
ィーガー(カットモデル)はありましたが、ティーガーはな
かったので、きっとラインナップの強化用だと思います。


[1136] 博物館 投稿者:アナーキャ 投稿日:2012/09/10(Mon) 19:44  

民間の戦車博物館で世界有数の規模を誇るとは
大きく出たなあ、と思ってコレクションを見たら、
あ、ホントに結構凄いもの持ってますね。
しかも寄付金は免税の対象だし、本格的(笑)。

実際、ルノーのFT-17と1号戦車、さらにマチルダとスーパーシャーマンまであるなら、
民間レベルでなら世界最高峰という気がします。
こんなのが近所ってのはウラヤマシイ限りです。

ついでに、どんだけ凄いんだと住所から調べて見たら一般家庭にたどりついてしまったので、
代表者の連絡先とレストア工場は別みたいですね。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -