掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1385] チョコレート 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/02/18(Mon) 22:20  

深いですねえ、チョコレート(笑)。
コンビーフにチョコレートは、カロリーとたんぱく質
を効率よく摂ってしまう、という点ではハンバーガーより効率よさそうですね。
…登山以外、日常生活でやったらあっという間に肥満でしょうが(笑)。


[1384] 全くの余談でありますが 投稿者:CONI 投稿日:2013/02/18(Mon) 21:49  

今を去ること20年ぐらい前に、
父が仕事で中国に行き、お土産に中国製のチョコレートをもらってきたのですが、
これがまさしくチョコ味の蝋燭というか、口の中がネチャネチャになる代物でして…
カカオバターが高価なためなのか、高温対策なのかはわかりませんが、
おそらくカカオバターの代わりに変な油脂を使っていたのではないかと。
米軍使用のチョコバーもそんな食感だったのでしょうか。

さらに余談ですが、父が若いころ富士山に登ったら、アメリカ兵が手ぶらで登ってきて、
昼食にポケットから大きなコンビーフの缶とハーシーの板チョコのデカいのを出して、
そのままモリモリ食べて、登山を続けていたそうな。
なんかいろんな意味で「負けた」と思ったそうです。


[1383] 戦争の食事 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/02/18(Mon) 18:39  

哲セさん、湾岸戦争の時は調理機材と人員が最後まで揃わなかった、という部分があったようですね。
メーカーによって味の差があるってのも興味深い話です。

隕石は公開された映像を見る限り、飛行中の衝撃波が確認できないので、高度1万メートルを切った後は、
よほど小さくなっていたか、音速ギリギリくらいの速度しか出ていなかったか、どちらかだと思われます。
そうなると最後の衝撃波は隕石中の氷(水)による水蒸気爆発だろうか、という話になるんですが、
そうなるとなんで地上付近まで発生しなかったのかが謎となります(大気圏突入直後の温度で十分発生する)。
衝撃波の専門家というのは、世界でも決して多くはないので、解明には結構時間がかかりそうな気がしてます。

五反田猫さん、ハーシーが造ってましたか。
つーか、このトロピカルもスピットファイアと同じ、南方戦線のトロピカルなのか…。
そういや羊羹は中国戦線の日本軍でも結構、人気だったと言う話を読んだ記憶があります。


[1382] Harshey's Tropical Bar 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/02/18(Mon) 06:59  

米軍仕様のチョコバーは食べた覚えがあります。
確かに、蝋燭のような雰囲気だったような...

製造元のHP記載によれば、砂漠仕様は90年に出来て91年に製造中止になっていますので、よほど評判が悪かったのかもしれません。
http://www.hersheyarchives.org/essay/details.aspx?EssayId=39

日本では非常食用に、メリーチョコが出しているものがありますが、これは美味しいですね。
虎屋の小型ようかんも、非常食に良いです。
どちらも保存期間は1−2年程度なのが、少し残念ですが。




[1381] 食いしん坊万歳 投稿者:哲セ 投稿日:2013/02/17(Sun) 23:22  

本来なら、前線でも食事はちゃんと調理されたものが支給され、MREは作戦
行動中の非常食に近い扱いで、保存と携行性、摂取カロリーを優先コンセプト
としているようですから味については二の次でもいいでしょうけど、第2次湾岸
戦争のイラン侵攻時には、長期間MREのみを連食した部隊もあるようですから、
そりゃあいやにもなるでしょうねえ…。
また、同じメニューであっても、生産メーカによって味がだいぶ変わるようで、
民間に流れてくる場合でも、メーカによって値段が変わることもあるそうです。

戦時中の融けないチョコは確か、燕麦粉などの混ぜ物追加とカカオバターを融点の
高い脂肪分に置き替えたり、砂糖を結晶化させたもんだそうで、チョコレートの
旨さである口どけの滑らかさの全くない、チョコ味のするロウソクと揶揄される
ものだったそうですが、現在流通しているのは製法が全く異なっていて、かなり
おいしいそうですが。

あと、ロシアの隕石は途中で爆発分解したため数回の衝撃波が発生したんじゃな
いかと憶測が出ていますね。


[1380] MRE 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/02/17(Sun) 20:26  

量の問題は1日の消費カロリーからこれ以上はダメ、となったようですが、
味の問題は最後までもめたようで、MRE(meals ready to eat/調理済食料)の事を
Meals Refused by Ethiopians/飢餓に苦しむエチオピア人にすら受け取り拒否された食料、と呼んでいたそうで…。

高温で溶けないチョコっていわゆるストーンチョコがそうだと聞いた事があるんですが、どうなんでしょう。
覚醒剤入りチョコは…カフェインとの相乗効果ですごい事になりそうですね(笑)。

余談。
ロシアに落っこちた隕石、あれの衝撃波はスペースシャトルと同じく、
飛行時の前後衝撃波だと思ってたんですが(ゆえに2回)、YOUTUBEの映像を見る限り、全く別物でした。
なんで最後の最後にあれだけ広範囲の衝撃波が複数回起きたのか、
レポートが出てくるのは1年くらいかかるでしょうかね。


[1379] レーション 投稿者:CONI 投稿日:2013/02/17(Sun) 11:13  

「ミリメシ」関連の書籍を読むと、
アメリカのレーションは他国に比べて不味い
という評価が一般的ではあるものの、
それなりに研究を続けてだいぶ改善されてるとか。
やっぱり量の方に不満が出るのでしょうか。
個人的には湾岸戦争の時に開発された、
高温でも融けないチョコレートって、一度食べてみたいです。
余談ですが私の母が子供の頃(戦時中か終戦直後かわかりませんが)、
親戚のヤミ屋のオジサンから日本軍の軍用チョコをもらって、
家族みんなで分けて食べたら、
実はパイロット用の覚せい剤入りチョコで、
家族全員一晩中眠れなくなったとか。


[1378] 食事 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/02/16(Sat) 22:51  

くさのさん、そう考えると南北戦争は近代戦の入り口として、意外に重要なポジションにある気がしますね。
食の執念、といえば、湾岸戦争で現地の兵員から最初に出た苦情がレーションがまずくて量も少ない、
だったらしいですから、確かにそうかもしれません(笑)。

五反田猫さん、アメリカ人の食事量に関する執念は確かにある気がします。
特にポテトはフライだろうがマッシュドだろうが、スゴイですよね、あれ…。
食品の消費税に関してはイギリスも安いのですが、
あまり肥満の人は見なかった印象があるので、文化的な差なんでしょうね。


[1377] アメリカの食 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/02/16(Sat) 22:29  

>アメリカ人は食(質ではなく量)に対する執念が異常に強いのかも

これは、仰るとおりだと思います。
欧州や日本では、レストランでは食べ物は適量が出てきます。
アメリカでは、一番 食べる人の量に合わせて出さないと、まともな店として見られないそうです。ですから、何でも量が多いですよね。 また貧富の差はありますが、食料品は税率を下げ、非常に安いのです。 量だけで考えれば$5のビュッフェは、ざらにあります(笑)



[1376] 経験はある 投稿者:くさの 投稿日:2013/02/15(Fri) 23:32  

南北戦争のときは、ノースカロライナには十分食料があるのに、バージニアの前線ま
では輸送できず、南軍兵士が飢えてた、とか海上封鎖によって最後は物資事自体が
不足した、という事態は生じています。

合衆国陸軍がこれを研究したかは知りませんけど。

あと、アメリカ人は食(質ではなく量)に対する執念が異常に強いのかも。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -