掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1335] 首相 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/01/25(Fri) 18:49  

現代の首相を当時の立場につけたらどうなるか、は興味があるところですね(笑)。

ただ、当時の人に言わせるなら、俺らが選らんがわけではない、という事になると思います(笑)。
近衛殿下の二期目、そして東条閣下の登場は、あれは完全に軍と重臣の都合でした。
特に、東条を選んだときの重臣会議の記録とかを見ると、まあ、泣けてきます…。


[1334] 何で選んだの? 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/01/25(Fri) 07:24  

管理人さま

>最悪、といっていい人物が、最悪といっていい時期に日本のトップに居たわけです。

私のモットーは、その時代を特別に思わず、現代に当て嵌めて感じてみようとの事です。真偽は不明ですが感覚は掴めます。

その意味では、現代でも 不思議ちゃん首相 政権の時代に、大災害、エネルギー政策の根幹に関わる原発事故と役立たずな管理体制が明らかになり、領土問題の発生。

後世から見ると「何で選んだの?」と聞かれても、あそこまで駄目とは思わなかったとしか言いようがなく、おぼっちゃま閣下に期待した当時の人も似たような気持ちだと、勝手に思っています(笑)



[1333] カエサル 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/01/24(Thu) 22:49  

いや、精神年齢と格調はあまり関係ないかと(笑)。
IV号とはまたシブイ戦車ですね。

そういや、既にアウグストス帝の時代に入ってるのに、
なんでエルサレムにカエサルのコインがあったのだろう、田舎だから?
と思ってたんですが、ラテン語だとカエサルは皇帝の意味なんですね。
(ただし新約聖書はセム語、ギリシャ語系の言葉で書かれてるので、何か変な表現になってます)
本人、皇帝になってないのに…。
日本語で信長が将軍の意味、みたいな違和感を感じます(笑)。

イージーエイトで遊んだ、というのはちょっとうらやましいですね。


[1332] W号戦車の測距儀の使い方 投稿者:婆裟羅大将 投稿日:2013/01/24(Thu) 22:05  

アナーキャさん
こちらの板の精神年齢と格調を地に落としてすいません。

でも面白いですよ、W号戦車の測距儀の使い方を一生懸命解説してたり、
動画サイトによっては音声日本語でも字幕英語とドイツ語のチャンポンだったりします。まあ&を Und にしてるところから変ですけどね。
ただ突然 Festina lente なんてラテン語の格言を女子高生が言うものだから にやにやしてしまいます。
けっこうペダンチックなんです、これの作者。

ところで 私も今日仕事場で 余っている特殊な油を環境法規のおかげで捨てられないので捨て方を相談されて 一発吹いてしまいました。
そのボトルのラベルの下を指し示し、「カエサルの物はカエサルに、神の物は神に返しなさい」
このラベルの技術部に引き取らせなさいとアドバイスしました。(笑)


2000年前に言えればキリストになれたんですがね。



そういう私は戦車に乗って遊んで育ちました。

http://plaza.rakuten.co.jp/vajra33/diary/201212090000/

http://plaza.rakuten.co.jp/vajra33/diary/201212090000/


[1331] データ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/01/24(Thu) 21:35  

確かに、ありがたい事に、ここ10年、以前なら手に入らなくなった資料が簡単に手に入るようになりましたね。

おっしゃる通り、近衛さんは“無意識の戦犯”の最たる例でしょう。
国家の滅亡、という崖っぷちに全力でアクセルを踏んだのが東条閣下だとすると、
その前の段階、明らかに崖っぷちに向ってるのに全くブレーキを踏まなかったのが近衛殿下です(笑)。
あの人ほど、陸軍に人気があった首相も珍しいのですが、理由は極めてコントロールしやすいからでした。
少しでも気に入らないことがあると、すぐに一国の首相が別荘にこもって出てこなくなってしまうのですから(笑)、
まあ、その間に軍部はやりたい放題ですね。
最悪、といっていい人物が、最悪といっていい時期に日本のトップに居たわけです。


[1330] お坊ちゃま と 戦車少女 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/01/24(Thu) 07:25  

管理人さま
ネットは有り難いもので趣味の研究者でも、議会の一時資料が家でみられます。 議会議事録をみると、毎度軍の暴走は問題になり不拡大の方針が出ているのに、止まらない。 邦人被害が増える71回からあっさりと予算が通るのですね。
内閣の顔ぶれをみるとお坊ちゃま君や広田弘毅なのですよ。
当人の経歴やポリシーを脇に、議会記録だけをみると戦犯追及されても不思議ではないのですね。
歴史の曲がり角にいる人は、その時点では気付けない典型に思えます。

>哲セさま
Actviraの無料アニメで第一回を見ました。 女子高の授業で「戦車道」という設定が面白いですね。
謎テクノロジーは、不正地の踏破性能も、機動力もハンパ無いですね。 きっとクラッチも、ギヤも無いオートマ化に成功したのか、ポルタンの如くハイブリット化でDCモータで動いているのか(笑)


[1329] 戦争 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/01/23(Wed) 23:43  

五反田猫さん、情報どうもです。
思った以上にいい金額ですね(笑)…。
近衛さんは、西園寺元老が残した最悪の遺産でしょうね(笑)。
どうしようもない根性なしで、中国戦線の拡大、太平洋戦争の開戦の
7割はあの男の個人的な責任と思っておいて間違いないでしょう。

哲セさん、熱いですね(笑)。
そのうちTV買ったら見てみます…その時放映してたらですが。

余談ですが、現在連載中の記事の主要人物、シュワーツコフ司令官が昨年年末、他界されました。
よりによってこのタイミングで…と思ったものの、とりあえず冥福を祈りつつも、書くべきことは書いておこうと思います。


[1328] GIRLS und PANZER 投稿者:哲セ 投稿日:2013/01/23(Wed) 22:36  

ガルパンいいっすよ!ガルパン。

まあ、戦車を動かしてるのが女子高生で、やってるのが「戦車道」という架空の武道で、謎テクノロジーで砲弾が貫通しそうなダメージを受けても、中の人は大丈夫なんて言う突っ込みどころ満載なところがありますが、WW2当時の戦車がCGでグリグリ動き回ってドンパチやってるのを見るだけでも楽しいです。
ストーリーも昔の青春ものぽくって湿っぽくありませんし…。

婆裟羅大将さんが書き込まれているのは、後にエルヴィンにグデーリアンなるソウルネームを貰ったキャラ(二人とも女子高生)が全長7キロの空母型学園艦の森の中で38(t)見つけ車体に頬ずりしながらしゃべるセリフです。
(こう書くとホントすごい状況…。)


[1327] 軍事費 投稿者:五反田猫 投稿日:2013/01/23(Wed) 19:55  

さすが管理人さま、帝国議会議事録も確認されておりますか。
私は国会図書館の近代デジタルライブラリで確認しています。
http://rnavi.ndl.go.jp/politics/entry/Japan-gikai.php

師団単位の費用は不明ですが予算全体はわかります。
これによれば七十二回では「暴支膺懲」の世論が後押しして、陸軍14億2千余万円、海軍3億4千余万 円、予備費2億5千余万円、計20億2千余万円にのぼる巨額の経費請求。(承認額は不明だが反対が無かった所から満額か?)
七十一回では約5億円の軍事費追加予算が成立しており、これが対中戦の8月までに使った金額の後追い予算と思います。

丁度 陸軍の「何もせんじゅうろう内閣」から、第一次近衛内閣に刷新、皮肉なことにリベラルを期待された首相の下で大規模の軍事予算が承認する事になります。


[1326] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2013/01/23(Wed) 10:09  

婆裟羅大将さん、お若いですねえ(笑)。
話には聞いてますが、ウチは未だにテレビが無く(涙)…。

komitiさん、参考なったならなによりです。
ただし、スピットXVI(16)に搭載されたのはパッカードの266系マーリンで、
ムスタング系に搭載されたV-1650-3系とは若干、エンジンの特性が異なります。
ただし、どこがどう違うのか、までは調べてないのでよくわかりませんが(笑)。

五反田猫さん、そこらあたりもメンドクさい話なんですよね(笑)。
以前にノモンハンで1個師団を3ヶ月戦闘状態に置くと、どれだけ金がかかるのだ、
と思って調べたことがあるのですが、よくわかりませんでした。
軍事予算委員会、いわゆる第四分科会の議事録を追っかける限り、あれ、
作戦行動の予算とか、出てこないんですよねえ…。

ちなみに、第71回、72回の国会で決めたのは公債発行の法案だったように記憶しますが、
あれって予算編成の自由も含む、だったのですか。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -