掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1997] ディズニーさんの苦労 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/03/13(Thu) 08:53  

戦中に、ずいぶんとプロパガンダ・アニメを作ったようですが、背に腹は代えられないという事情もあったのですね。

その昔 自宅にあったLDに、『グーフィーの船乗り教室』というプロパガンダ・アニメが入っており見入ってしまいました。 今なら、メガネをかけた帝国海軍の戦艦を、艦コレに置き換えれば、さぞ面白かろうと思います(笑)




[1996] 使節団 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/03/11(Tue) 21:41  

そういや万延元年遣米使節は、既にサンフランシスコ到着の段階で大歓迎を受けていますね。
福沢諭吉がアメリカ万歳主義(笑)に走るのは、
この時の歓待の印象が死ぬまで続いたから、という印象があります。
オダテられると、簡単に有頂天になる人でしたから。

アメリカ側の新聞を調べる、という手もありましたね。
新見という人は良く知りませんが小栗に関しては、
フランスからの借金問題と非戦論であれだけ対立した勝海舟が、
明治になってから、あれは度量がやや狭かったが、
知的にも人間的にも立派な人物だったと述べてます(氷川清話だが…)。
幕末期の勝は明らかに精神を病んでましたが、彼の人物を見る目は確かでしたから、
それなりの人物だったとのは間違いないようです。

ついでに、本当は木村さんもワシントンDCまで行くつもりだったんですが、
勝が明らかに精神異常状態で、怖くて帰りの船をまかせられず、
仕方ないので自分も一緒に咸臨丸で帰ったと明治になってから証言してます(笑)。

岩倉使節団の時代になると、確かにある程度西洋文明への免疫は出来てたんでしょうね。
この時、特許庁の見学もしてるのですが、蒸気機関、電気関係の特許を
ある程度キチンと理解して報告してますし。
まあ、なぜか古代ローマの電気ウナギの話が出てきたりしますが…(笑)。


[1995] 小栗さん達 投稿者:くさの 投稿日:2014/03/11(Tue) 06:32  

小栗が参加した万延元年遣米使節は「日米修好通商条約」の
批准という大目的があったので、米国側がいろいろと設定し
てくれた見学会などは、やや「ありがた迷惑」みたいな感は
あったようですね。明治の岩倉使節団に相当するものは、オ
ールコックが後押しした「文久遣欧使節」で、福沢さんはこ
ちらにも参加しています。

ただ、以前NY Timesを検索していたところ、「正使の新見正
興がワシントン海軍工廠の機械の原理を説明を受けたとこ
ろ、そえを直ちに理解した」、といった感じの記事がありま
した。そのときは新見も結構有能だったんだと思ったのです
が、ひょっとすると実は説明を受けたのは小栗だったのかも
いしませんね。出展が不明ですが、Wikiには小栗の態度が立
派だったので正使と勘違いされた云々とありますので。

岩倉使節団は1872年で、そのときには小栗が計画を進めた横
須賀造船所が完成しています。規模の差はありのでしょう
が、使節団は造船所そのものは見慣れていたのではないでし
ょうか。


[1994] 構成比 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/03/10(Mon) 20:46  

sskさん、なるほど女性の比率もありましたね。
そういやX-menがX-persons に名称変更になるというウワサ、
最初に聞いてから10年以上経ちましたが、どうなったんだろう…。

へまむし入道さん、プロデューサーによるとスタートレックは当時大ヒットしていた
TV西部劇Wagon trainのアイデアを頂いて、さらにスウィフトのガリバー旅行記の要素を取り入れ、
その上で宇宙を舞台にしたSFにしよう、というアイデアだったそうで、
よくまあそれがあのような内容になったなと思いますね(笑)。
ベトナム戦争&公民権闘争真っ只中の作品ですから、そういった時代背景もあったのでしょうが。

alphabetteさん、それを私に聞かれてもわかりませぬ…。
直接、博物館に問い合わせてくださいませ(笑)。


[1993] ターゲットはどういう人たちなんでしょうか? 投稿者:alphabette 投稿日:2014/03/10(Mon) 12:12  

不定期に休んでいつ休みかはTELしてくれってことは一般の観光客はターゲットじゃないんでしょうね。


[1992] アメリカ特撮 投稿者:へまむし入道 投稿日:2014/03/10(Mon) 00:13  

パワーレンジャーは最初のジュウレンジャーを元にしたのが我が地方局でやってたので観たことありますが、アメリカの子供たちってよくあんな内容で熱中したなぁ・・・っていうのが第一印象でした。

スタートレックは元々、アメリカ社会の社会風刺をやるための手段という部分がありますからね。人種差別がまだ大っぴらにやってた頃に白(カーク)人と黒人(ウラ)のキスシーンやって地方局から放映拒否されたりしてます。


[1991] 無題 投稿者:ssk 投稿日:2014/03/09(Sun) 22:52  

映像作品内の人種構成については、日本の戦隊シリーズの特撮パートだけ使用してドラマパートは米国の俳優で撮り直した
パワーレンジャーシリーズの例が有名です。
5人編成なら男3:女2、白人3:有色人種2となるように配慮されています。
日本版の昔の物は紅一点だったので、米国版では一人性別変更して対応していました。
近年の戦隊は初めから海外版を意識して男3女2になっています。



[1990] アメリカ本祭り 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/03/09(Sun) 17:15  

五反田猫さん、映画の人種構成までは気にしたことがなかったです。
スターとレックの艦橋内の人種構成はバランスいいなあ(含むスポック)、
と思ったことありますが(笑)。

エリート意識の巣窟であり総本山である(笑)東部のIVYリーグ学校には、
19世紀イギリス式の社交クラブがあるのが多いです。
それに入るには成績優秀、あるいはスポーツクラブのレギュラー選手などの条件があるのですが、
ここに含まれる黒人およびユダヤ人の数が、学内の人種比率より多い、と聞いたことがあります。
これは「紳士による公正な倶楽部なのだ」というアピールのため、
毎年一定の人種的な配慮をしているからだ、と教えられて、
なるほど、そういうものなのかと思った事が。

Asaさん、ギリギリ文字が読める大きさで掲載したつもりでしたが(笑)…。
あれは毛峰東、あるいは車と書かれています。
毛峰は中国のお茶のブランドで知られてますが、人名にもあります。
ついでに車なら完全に別人ですし、東なら簡体字でありませんから、
香港かマカオ、あるいは台湾の人間で、毛沢東の名を上げる事は考えにくいです。
さらに中国国内で入手できる毛沢東の本で、彼のフルネームが使われる事はまずありません。
少なくとも毛主席となり、毛沢東と呼び捨てにすることはないでしょう。


[1989] 毛沢東では? 投稿者:Asa 投稿日:2014/03/09(Sun) 12:38  

いつも楽しく拝見しています。
さてWhat book do you think shaped the world?というボードにある中国人の名前は、毛沢東ではないでしょうか?
とすると、書き込んだ人自身の名前ではなく(質問の意味が分かったうえで)、毛沢東の著作が世界を変えたという意味ではないでしょうか。。。

http://majo44.sakura.ne.jp/trip/DC2013/921/16.html


[1988] 人種の話 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/03/09(Sun) 06:38  

鋭い指摘ですね。
見える人は短期滞在でも判るし、見えない人は長期駐在しても気づかない点かもしれません。

アメリカの映画やドラマを見ていて、不思議に思ったのは、人種構成なのです。実際の現場と異なります。 
刑務所の中、法廷の法曹関係者、学会などが典型です。

不思議に思って米国の知人に聞くと、法律等で人口における人種構成に近づけて作ることが求められているからだと聞きました。ですから、それに近いのがハリウッドの俳優の構成なのだと、笑いながら教えてくれました。 これがジョークなのか真実なのかは浅学にして知りません。



[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -