掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[1911] 口径 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/02/06(Thu) 22:07  

感想どうもです。

鹵獲機銃のほうが使える、というのは既に上海事変のころからやってますね(笑)。
いわゆるチェコ機銃ですが、日本製の機関銃の性能に見切りを付けた現地軍は
中国側の機銃の性能に注目、その工場を占拠して丸ごと押収、これを前線に投入したと言われてますね。

10年くらい以前となるとメリーランド州のガーバー倉庫時代でしょうか。
ここは2005年の段階で既に一般公開は中止してますから、運が良かったかもしれません。
現在、これもウドヴァー・ハジーに引越しつつあるようで、その内、公開が再開されるかもしれません。


[1910] 機関銃 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/02/06(Thu) 08:05  

いつも、楽しいお話有難うございます。
それにしても、保存されている状態が良いですね。
射撃も出来そうなくらい良い状態です。

>日本の混迷
名称と実態が訳わからないのは、使っていた側の話を聞いてもサモアリナンと思います。 私の師匠は、陸軍甲幹でフィリピンのジャングルに引きこもっていましたが、機関銃と砲は、弾があるのは銃砲がなく、銃砲があるのは適切な弾が無いと言っておりました。 似たようなものを無理やりつかって、事故が起こったのは日常で、結局 安心してつかえたのはアメリカの鹵獲兵器だと言っておりました(笑)

>レストア
専用のエリアが公開されているのですね。 10年くらい前に行ったときは、ガレージのような所で無理やりホルテンの残骸を見せてもらいましたが、そんな人が多いから公開出来る場を作ったのでしょうね。 レストア状態も、やり方も判り、素晴らしい展示ですね。


[1909] 説明なし 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/02/04(Tue) 17:49  

空軍のお偉いさんが、F-15で記念飛行、としか説明されてない動画。
普通に見てると、なんだか退屈な飛行にしか見えません。

https://www.youtube.com/watch?v=HfkZhQsj7K8

が、途中で急上昇反転するときの地面に注目。
これ、ペンタゴンの真上やがな(笑)。
ここはレーガン空港に着陸する民間機の侵入ルートでもあり、
(ペンタゴンの上に見えてるのがレーガン空港。その右上あたりが私が泊まった場所)
国の心臓部の真上で、よくこんな飛行の許可が下りたなあ…。
参考までに、9.11テロの飛行機とは逆ルートで飛んでますが、
それでもまあ、事情を知らない人はちょっと驚いたのでは。

とりあえずDC.旅行記連載中の人間としては、
D.C.を空から捕らえた貴重な映像として紹介しておきます。


[1908] すごい 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/02/02(Sun) 22:07  

おお、これは興味深い情報をありがとうございます。
うれしそうな博士と迷惑そうなカモの顔の写真が印象的ですが(笑)。
翼端流を使ってるなら、たしかにマイクロプレーンの後ろは楽にこれに乗れそうですね。
つーか、以後鳥たちだけで渡りを行ったら、おかしいな、前回はもっと楽だったのに、
といった感じになりそうな気も(笑)。

となると、渡り鳥の飛行高度をグラフ化するとサイン波のようにになるって事ですか。


[1907] 無題 投稿者:ssk 投稿日:2014/02/02(Sun) 06:07  

書き漏らしました。
おそらく先頭の鳥はマイクロプレーンの翼で発生した過流に
乗ってるのではないかと。


[1906] タイムリー 投稿者:ssk 投稿日:2014/02/02(Sun) 05:54  

先頭の鳥が羽ばたいていない理由ですが、つい先日研究結果が発表されたばかりです。

渡り鳥が「V字隊列」を保って体力を温存する本当のメカニズ
ムとは
http://gigazine.net/news/20140120-birds-v-formation/


[1905] 渡れ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/02/01(Sat) 19:11  

渡り作戦チームの今年の状況の動画があったので紹介しておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=uzqfssO9_nk

人類が他の生命体と編隊飛行するという特異なケースの成功例ですから、
後はガミラスだろうがグリゴンだろうが、いつでも仲間にできますな。

メチャクチャ画像が荒いものの、空撮の動画もあり。

https://www.youtube.com/watch?v=X9yZezOAqgY

ちょっと感動しますね。

追伸:よく見て見ると編隊の先頭の鳥がほとんどはばたいていないのに気が付いた。
気が付いたけど、なぜかは全くわからない(笑)。
先頭の鳥が一番楽してる感じで、これはちょっと意外。
一緒に飛ばなきゃ、こんなこと絶対わからないよなあ…。


[1904] ヒューイ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/01/31(Fri) 18:28  

RGSさんもお久しぶりです。
そういえばUH-1、日本じゃまだまだ現役でしたね。
最近まで生産が続いてたとは知りませんでした。

あと5年飛んでれば、初飛行から60年を超えますが、
生産はとっくに終わってたものの、はF-4ファントムIIも同じほぼ同じ歳だったりします。
軍用機って意外に長生きなのかもしれません。


[1903] ご長寿飛行機&エンジン 投稿者:RGS 投稿日:2014/01/31(Fri) 01:53  

UHー1も数年前まで、二枚ローターで単発エンジンという基本的な構造が変わっていない陸上自衛隊向けのJ型が富士重工で生産されていましたから、エンジンのT53と一緒に半世紀以上生産というご長寿な航空機とエンジンの例に挙げることができますね。


[1902] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/01/29(Wed) 19:55  

ささきさん、あー、ありましたね、AI家電(笑)。
1980年代だと、ハード的にはもちろん、まともな進化&学習理論も
まだ完成してないですから、先走りすぎちゃった感がありますね…。

日本の場合、ロボットのニュースでは歩けますとか、走れますとか、
フィジカルな話ばかりで、老後の話相手になります、というのは今でも皆無ですし(笑)。
ロボットの最大のカギは、それを動かす知能だと思うんですが…。
複雑系の学習問題の影響を強く受けてると聞く、
IBMの対話型人工知能のワトソンとか見ると、
このジャンルで日本は20年は遅れてる気がします。
あれ、本人(創業者の名前)より賢いとか言われてるそうですし(笑)。

Experimentalがそんなに適用範囲が広いとは初めて知りました。
何も知らずにEZはExperimentalな機体です、とか言われたら、
そうだと思いましたよ、どう見ても試験機でしょ、
こんなの個人が飛ばさないでしょ、と納得しちゃいそうです(笑)。

そういえば戦後にP-51のターボプロップ改造機とかが出てきたのは、
普通に民間人が飛行可能だったから、という話を何かで見た記憶があります。


杉村徹さん、お久しぶりです。
90年代半ばといえば、閣下がまさにB-29回収作戦に
失敗した時ですから(笑)、その借金返済ですかねえ…。
もっとも、あれはTV局に売り込んで金を出させ、
ノンフィクションライターにもネタを売って金を出させてるので、
赤字にはなってない、と聞きますが…。
スミソニアンの場合、無償提供が原則なので買い取ってはないはずですが、
何らかの差し押さえで現物返済しちゃったのかなあ。

F-104と105のは油圧回復用のものだったと思いましたが、
あれって発電能力あるんでしたっけ?

あれま、お粗末なミスやってしまいましたね。
ご指摘どうもです。修正しておきました。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -