掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2205] ホームページの上書き? 投稿者:das 投稿日:2014/05/20(Tue) 18:17  

私もOODAつながりでこのサイトを知り、週に1回は拝読させていただいています。
連載はもちろんのこと、時折の造形論や英語の話はとても勉強になり、訪問が楽しみです。

さて、現在、ホームページが「■千の葉の下で明日を思う」になってしまっているようです。
アップロード先の間違えのようです。

今週も更新を楽しみにしています。
行き違い、ご容赦ください。



[2204] 主砲 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/20(Tue) 12:54  

くさのさん、なるほどそんな事情が…
考えてみれば砲身も無交換でしょうから、無理はしてた感じですね。

五反田猫さん、アメリカ海軍の場合、戦闘参加の定義は明確で、
作戦に従事して、本文中でも紹介したBattle starを授かった場合となります。
USSニュージャージーの場合、1月のマーシャル島攻撃でこれを受けてますから、
議論の余地なく、その初陣はマーシャル島攻撃です。
ただし、この時の防空任務では日本側の襲撃はなかったようですが、
どちらにしろ、その点は問題となりません。
結果として砲火を交える事がなくても、命を懸けて現場に居たわけですから、
それは戦闘参加である、となるわけです。


[2203] 初陣 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/05/20(Tue) 08:57  

管理人さま 言葉の定義が不明確で済みません。
私は、実際の戦闘という意味で書きました。
参加でも初陣なのですから、その点では仰る通りかもしれません。

マーシャル攻略には参加したかもしれませんが、この時には戦闘をしたのかが、私には不明でした。 ここで戦闘をしたのならば初陣ですね。 トラック島の時には、実際に逃げてゆく、逃げ遅れた日本の艦艇を、主砲で砲撃したようです。 これえは、どちらの記録にもあるようなので、明確なようです。

もちろん、日本側は、大きな水柱で戦艦かと思っただけで、まさかニュージャージーが、パナマを越えてきていたとは、当時は知るはずもありませんけれど。

前の書き込みで、光人社を光文社と書き間違えました。
判る人には訂正せずとも判りますが、相変わらずの間違いで申し訳ありません。


[2202] 砲弾初速測定 投稿者:くさの 投稿日:2014/05/20(Tue) 00:08  

40cm砲の装薬は大戦中のものをそのまま使っていたらしいですから、当然経年劣化
が生じており、それを補正するために初速を測定したのではないでしょうか。

ちなみに、50口径用の装薬は理由は不明なれど散布界が大きくなりすぎてしまい、
戦後のいつ頃からかは45口径用で代用していたそうです。


[2201] 初戦 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/19(Mon) 23:41  

いえ、USSニュージャージーは1月に機動部隊に合流後、
1月末のマーシャル諸島空襲に間に合ってますから、こちらがデビュー戦です。

この段階でアメリカの戦艦はほぼ防空戦闘と上陸前の艦砲射撃に特化してましたから、
アイオワ級も主にそういった任務にまわされてますね。


[2200] ニュージャージーの初陣 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/05/19(Mon) 21:51  

『駆逐艦野分物語』(光文社)を読むと、USSニュジャージーの初陣は、1944年2月のトラック島大空襲の時なのだと書いてあります。大型艦は、すでに逃げるか飛行機に沈められ、残っていた駆逐艦を砲撃した時に、例の主砲が火を吐いたのですね。

実際の戦闘の記録の中で、艦名が出てくると、主砲の説明が余計に興味深く読めます。



[2199] 戦艦の事情 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/19(Mon) 21:27  

ささきさん、どうもいろいろ聞いて見ると、アイオワ級、4姉妹とも公開エリアが狭いみたいですね。
見るならUSSマサチューセッツ辺りがサービス精神旺盛のようです。
USSテキサスも結構がんばってるようなんですが、アメリカでも地味すぎるのか、
あまり情報がありませぬ…。

USSニュージャージーの場合、朝鮮戦争の時、うっかり沿岸に近づいて砲撃をくらって、
1人だけのようですが、死者が出ています。
例の味方からの対空砲弾の流れ弾を別にすると、
これが唯一の戦闘による死者のようで、アイオワ級、戦闘による損失の少なさ、
という点でもスゴイ戦艦だなあ、と思いました。
まあ、ここら辺りは運と、神風攻撃では空母が狙われたというのもあるのでしょうが…。

くさのさん、そういやありましたね、アスベスト問題。
イギリスでは、見学中コースの真っ只中に除去中の工事中エリアがあったりしましたが…


[2198] アスベスト 投稿者:くさの 投稿日:2014/05/19(Mon) 09:55  

古い軍艦には断熱材としてアスベストが使用されているので、それを取り外さないと
見学が許されないんですよね。アイオワの砲塔もアスベストが撤去されていないのか
もですね。ちなみに、我が家にもアスベストが使ってあって、改装の際には専門の業
者に回収を頼むことになります。


[2197] ほうとう(山形風のうどんではない) 投稿者:ささき 投稿日:2014/05/19(Mon) 08:24  

ロングビーチのアイオワは砲塔には入れませんでした(´・ω・`)
パンフレットによれば、今後の予算状況次第でCICや機関部も見れるガイドツアーが
計画されているようでしたが。
主砲射撃管制装置、日本海軍では「方位盤」という用語を当てていたようです。

アイオワを見て思ったのは、バイタルパート外の構造はかなりぺらぺらの鉄板で、
特に上部構造の非装甲部分なんて飛行機みたいに軽め穴を開けてあり、
集中防御設計の戦艦というのは守らないところは徹底的に守らないものだな、
という印象でした。
現在のアイオワに大戦中ハリネズミみたいに増設された20mmや40mmの対空機銃は
残っていませんが、写真で見ても「取って付けた」感が感じられ、特攻機が
突入すればバイタルパートにはかすり傷も付かないだろうけど、装甲区画外の
対空砲やその要員には少なからぬ被害が出たんだろうなと思いました。

そういえばアイオワは1944年3月にマーシャル諸島で艦砲射撃を行った際、日本軍の
沿岸砲台から2発の直撃弾を受けたそうです。6in砲弾が2番砲塔に、5in砲弾が
舷側装甲に当たったとされており、陸軍重砲ではなく艦載砲を陸揚げしたものでしょうか。
被害は軽微であったとされており…そりゃまぁ、対 40cm 徹甲弾防御の装甲を
軽巡クラスの砲弾で抜けるはずもなく…16in 砲の反撃を受けて日本の砲台は
すぐに沈黙した、とありました。無念だったろうなぁ…(;_;)


[2196] またもやいろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/05/18(Sun) 23:01  

五反田猫さん、テキヤのお兄さん、子供相手だと結構適当なこと言いますからねえ…(笑)。
鳥越神社は微妙に私の縄張り(笑)から外れてたので、どんど焼きしか知りませんでしたが、
お神輿も有名のがあったんですね。

杉村さん、10式戦車が来てましたか。
最近の自衛隊はアメリカ空軍並に民間のイベントに協力しますね。

あの手の絵は、本人がこれはノビタ、といえばノビタですから、
あまり深く考えない、が正解のような気がします(笑)。

S2E2さん、初めまして。
OODAループはボイドが文章の形でほとんど資料を残さなかったため、
アメリカでも日本でも、ほとんどまともな解説がありません。
逆に言えば、あれは半分は私の考えで、ボイドの考えに忠実かは断言ができないのですが、
論理的に構築された理論ですから、大筋で間違ってはないはずです。
適者生存に関しては、記事中に載せたボイドの「破壊と創造」で少し言及されてますので、
時間があればご覧ください。

ついでに、今トップページで連載中の旅行記において、後10回後くらい(涙)に
ボイドの墓参りに成功しますので、よければまた見に来てくださいませ。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -