掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2281] 楽しませてもらってます 投稿者:ささき 投稿日:2014/06/15(Sun) 04:37  

フィラデルフィアはだいぶ昔(98-99年頃)に行って、美術館でマルセル・デュシャンの
大ガラスだの覗き穴だのを見て「ほうほう(^^)」とかやってたのですが、全然前知識なく
川沿いを歩いていたらオリンピアを見つけて見学しました。
そのときも「えっらく優雅な軍艦だな、床なんかピカピカに磨いたマホガニーだし」
と思ったのですが、石炭口の林立やら中国式水兵トイレを見た記憶はありません。
当時はまだ展示オープン直後で、上甲板の士官区域しか開放していなかったのかな。

石炭灰の排出については知りませんでした。石炭蒸気船は地球にも船員にも
やさしくありませんね(^^;)
蒸気機関車では「カマ焚き」の大変さが語られ、扉を一瞬開けてショベルを
平たく使って均等に石炭を撒きすぐ閉じるのだ、などと日本人の大好きな「名人芸」が
語られたりしますが、灰の処理はどうしていたんでしょうね。
後になって螺旋式の自動給炭装置が開発されたりしていますが、自動排灰装置というのは
聞いたことがありません。船みたいに喫水下に機関があるわけじゃないから、
自重排出で沿線にポロポロ落としてたのかな。


[2280] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/06/14(Sat) 21:20  

やまさん、初めましてですよね?
情報どうもです。中心部は弁装置ですか。
記事の方も修正しておきました。
小型ゆえの特殊な形状と思ってたんですが、他にもあるんですね、縦型蒸気機関。
逆転機なる構造も知りませなんだ。

CONIさん、私の場合、初めて空軍博物館に行ったとき、道に迷い、ドン・ムアン空港裏にある
空軍士官学校の歩哨の兵隊さんに道を聞いた事があります。

で、その人が英語を話せる人を引っ張って来たのですが空軍博物館なんてない、と断言されました。
あれま、閉鎖されたのかとガッカリして100mほど歩いていると、あっさりたどり着いたのでした(笑)。
それ以来、タイに惚れました。

次に行くなら海軍公園なる場所にあるらしい海防艦を狙ってるんですが、
これも苦労しそうだなあ、と思ってます…


[2279] 空軍博物館 投稿者:CONI 投稿日:2014/06/14(Sat) 18:11  

元陸軍士官のタイ人の友人に、以前、空軍博物館のことを聞いてみたのですが、
「知らない」とのことでした、やっぱり知名度低いんですねー。


[2278] 蒸気機関 投稿者:やま 投稿日:2014/06/14(Sat) 15:33  

鉄道系で縦型の蒸気機関といえば、アメリカ Lima社が製造していたシェイ式ギヤード機関車が有名なんですが、他にも試行錯誤でいろいろな蒸気機関車があったりします。
写真の蒸気機関は、一番外側がシリンダ、その内側が弁装置、中央のベベルギアのシャフトは逆転機だと思います。中央よりのシリンダのロッドが外側に比べて細すぎるのと上の出力軸にクランクでつながっていなく、たぶん偏心した円盤につながっています。また、動画を見るとストロークの動きも小さいです。
中央のシャフトは下の方でテコ状のレバーにつながっていて上下に動くように見えますので逆転機かスロットル系のものだと思うのですが、ちょっとわかりません。








[2277] おおおお 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/06/14(Sat) 13:53  

せっかくチューナーを買ったのだからと珍しくニュースを見ていての発見。
サッカー日本代表がレシペに入ったという映像の後ろに見慣れた影が。
確認してみたら、出所不明なB-17を屋外展示してるんですね、ここ。
その横にあるのはAT-26で、これも珍しいと言えば珍しい機体。
https://www.google.co.jp/maps/@-8.1385924,-34.9215395,308m/data=!3m1!1e3?hl=ja


[2276] 鉄工所 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/06/13(Fri) 23:52  

ありゃホントだ、これもユニオン鉄鋼所製でしたね。
全く気が付いてませんでした…
あまり良く見えないのですが、一応、運転の動画がこちらで見れます。
意外に派手に動くものの、中央のシャフトの働きは謎のままです…

http://s3.photobucket.com/user/rickv100/media/DSCN1927.mp4.html

そういや日本の軍艦の士官室とか艦長室はどうなってたんでしょうね。
あまり写真とかも見たことがありませんが。


[2275] ユニオン鉄工所, 投稿者:婆裟羅大将 投稿日:2014/06/13(Fri) 22:50  

いつも興味深いものを紹介してくださってありがとうございます。
初めて蒸気機関というものをまじまじと見ましたが ベベルギアの付いたシャフトは動弁系かガバナーでしょうか。
それとも 数十回転したら逆回転するような機構でしょうか。

下のカバーのUnion Iron Works SF ユニオン鉄工所 サンフランシスコ はUSSオリンピアも作ったところなんですねえ。

ぜんぜん違う話ですが、イボン・シュイナードという登山家が作った山用品のブランドに GPIW、 Great Pacific Iron Works というのがりまして
最初期のフリースジャケットを作ってまして当時の山屋あこがれの品でした。 その後安売りでありがたみはなくなりましたが。
シュイナードのフルリジッドの登山用シュタイク・アイゼン(クランポン)の方は少しは GPIW にふさわしいものでしたが。


イギリス、アメリカの戦闘艦の士官用贅沢設備の話を読んでいてWiki引用の

日本のワシントン条約型巡洋艦を見たイギリス人の 「我々は初めて軍艦(バトルシップ)を見た。今まで我々が乗っていたのは客船(ホテルシップ)だった」
という感想、皮肉?を思い出しました。

http://plaza.rakuten.co.jp/vajra33/


[2274] 逆らえない 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/06/13(Fri) 13:32  

絶対権力に違和感があるのでしたら、軍事的、政治的に逆らえない力を持った階層と説明しても問題ありません。
その階層に楯突く事で、地位、財産、最悪生命の危機を迎える相手と考えてください。

封建制と絶対王政では多少、色あいが異なりますが、その力が下位階層に対する支配者階層の存在理由となります。


[2273] 絶対的権力 投稿者:五反田猫 投稿日:2014/06/13(Fri) 13:24  

再確認ありがとございます。
議論を長引かせる気はありませんが、権力を「同一文化圏に絶対的な権勢を誇る階級」と仰るのならば、そんなものは日本には殆どなかっただろうと私は思っています。
一時的に、そういう立場になった人々はいますが、平家物語の序の如く、簡単に去っています(笑)

ですから、その意味で、旗本・御家人を上流階級と言われる事には、賛同できないのです。
結局、私が違和感を、感じたのは、そこなのだと判ったので、御礼申し上げます。


[2272] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2014/06/13(Fri) 12:16  

CONIさん、とりあえず命の危険はないと思いますが、空軍博物館とか影響ありそうな施設がどうなってるか、
イマイチ情報がないんですよねえ…。

五反田猫さん、まあ、個人がどういう考えを持つかは自由なのですが、
ここは私が管轄する掲示板なので、一応、そりゃどうかな、という指摘だけはしなきゃならないので(笑)。

同じ事を繰り返して何度も書くのは気が引けますが、支配者階級と言うのは、
その国家、および同一文化圏に絶対的な権勢を誇る階級です。

御料や当道座で国は動かせませんし、国中がその権威に恐れる事もありません。
その程度の実力なら、大規模な寺院でも似たような権限はありましたから、
江戸幕府の日本全国に権威、権力が及んだその支配者層とは比べるのが無理でして、
なんら、日本を実効支配していない連中が、支配者階級、階級社会における上流階級とは呼べないでしょう。
逆に支配者階級の外に居たからこそ、幕末の統幕活動で、
支配者階級に対抗する精神的中心になれたわけです。

それは、お上品な皆さん、血筋のいい皆さんではあっても、恐怖、羨望の対象にはなりません。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -