掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2691] スミソニアン 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/02/04(Wed) 22:58  

おお、塗りなおしてますね、主翼。
つーか、ホントにいい加減な迷彩で、むしろこういった方が
レストアには気を使いそうですね。

さらにリンドバーグのスピリット オブ セントルイス号、
床上展示に変更ですか。
ホントになんで人が行った後から次々と変更をするのだ、スミソニアン(涙)…


[2690] ウーフーに翼を 投稿者:ドラ氏 投稿日:2015/02/04(Wed) 12:39  

お久しぶりです。
He219の翼の修復が進んでいるようなブログが公開をされていました。
完成が楽しみですね。

http://airandspace.si.edu/?showfull


[2689] 豪邸 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/02/03(Tue) 23:03  

くさのさん、これって掘り出し物なのか、いわくアリ物件なのか一度は見てみたいですね(笑)。

欧米(アメリカ南東部を除く)と違って高温多湿な日本では、木造建築はアンティークになる前に
腐って廃屋になってしまうので、築年数が古いほど価格が暴落しやすいとはいえ、
これなら十分アンティークとして通用するような家なのに。

江戸東京たてもの園は、ナメてかかったら意外にスゴイ施設でした。
明治村の敵ではありませんが、首都圏ではちょっとない施設ではありますね。


[2688] 江戸東京たてもの園 投稿者:くさの 投稿日:2015/02/03(Tue) 14:04  

江戸東京たてもの園、全然知りませんでした。住みやすいかどうかは別として、
古くてしっかりした民家は魅力的ですよね。実はリタイア後(当分先ですが)にどこに住もうかといろいろと物件を探していたら、こんなのを見つけました。

http://www.inakakurashi.jp/list/990GA0007601970.html

建坪100坪を超えるという大正風の邸宅です。内装はリフォームされていてなんと
2000万円以下。場所は新潟市内です。雪が嫌ですが、東京を離れるとこんなの
があるんですね。


[2687] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/01/30(Fri) 21:28  

CONIさん、車やバスに比べるとバイクは買い替えのサイクルが早いのですかね。
スクーターなんかはピカピカのが多かったですし…。

sskさん、情報どうもです。
あ、タイ空軍、そんな事までやってましたか(笑)…
タイの場合、DC-3(C-47)とBT-67の両方を運用してまして、
数の上ではDC-3(C-47)の方が多かったはずです(60機前後)。
ガンシップのAC-47と電子戦用のEC-47も運用し、
EC-47に至っては1990年代まで現役だったと言われています…。
(未だにモスボールで保管してるという話もあり)

ささきさん、本文中では触れてませんが、ご想像のとおりで、
タイ空軍のF-5Eの塗装には二種類あり、両者を一機で再現してますね。
ただし、両者の塗り分けの基準はどうもよくわからず、故に記事中では触れてません。
確かにこれもスミソニアンの影響かもしれませぬ…。

そういえばタイ空軍、97式戦闘機も採用してましたね。
キャノピーがアレだなあ、という感じではありますが、
描いた人のつもりでは、97式戦闘機の可能性も高い気がしますね。



[2686] あしゅら男爵F-5 投稿者:ささき 投稿日:2015/01/30(Fri) 06:09  

更新おつかれさまです。
串刺し展示だと普段はなかなか見られない機体下面が近くで見られるので
「ま、丸見えだ…ハァハァ(´Д`)」しちゃいますね(変態)。

レリーフにある日本軍機は中島キ-27 97式戦闘機だと思います。
タイでも一時期は主力戦闘機として二個中隊を構成していたようですが、
「対日戦に大活躍するオレサマの図」に日本製の戦闘機を堂々と描いて
それでいいのか、タイ空軍…。

ついでにF-5E、左右で灰色と青系迷彩に塗り分けてますね。
まさかこんな塗装で従事していたとは思えず(いや、タイだからあり得る
かも知れませんが)、時期?部隊?によって2種類の塗装が使われていたことを
1機でまとめて表現しようとしたのでしょうか。
もしそうだとすると、ひょっとしてスミソニアン航空宇宙館にある
ボーイング247の展示を参考にしたのかも?
スミソニアンの展示機は1934年の地球半周エアレース、マックロバートソン杯に
ラスコー・ターナーの手で参加した機体ですが、レース後はユナイテッド
航空で旅客機として働いていたので、左側がエアレース時の塗装、
右側がユナイテッド時代の塗装に塗り分けてあります。

もしそうだとすると本当に海外の博物館をよく勉強しているなぁと思いますが、
そういう方面で勉強熱心なのと38小銃を一次大戦コーナーに展示しちゃうとかの
お茶目が同居しているのは、日本人としては理解に苦しむメンタルですね(苦笑)


[2685] DC-3? 投稿者:ssk 投稿日:2015/01/29(Thu) 23:27  

こんばんわ。
DC-3のレリーフは農薬散布では?と思って調べたら
タイ空軍では人工降雨薬品散布や消火剤散布を
行っていたそうです。

ところでタイ空軍で使用していたのはDC-3ではなく
バスラーBT-67というDC-3を復元してエンジンを
ターボプロップに換装した機体らしいです。
レリーフもよく見るとターボプロップっぽいナセルがついてますね…


[2684] ありゃ、ホントだ 投稿者:CONi 投稿日:2015/01/29(Thu) 22:47  

twindogさん。
あホントだ、良く見たらYAMAHAって書いてありますね(^^ヾ

私も初めてタイに行った頃は2ストバイクが多いなと思ったのですが、
最近はホントに見かけなくなりました。

田舎などでも比較的新しいバイクに乗っている人が多いので、
タイは景気がいいのかな?などと思っています。


[2683] 2スト 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/01/29(Thu) 21:22  

twindogさん、情報どうもです。

そういや2サイクルは世界的にほぼ絶滅してしまった感じがしますね。
アユタヤあたりの田舎町でも、見た(聞いた?)記憶がないです。
上海とかは2スト時代をすっ飛ばしてスクーターが普及したようで、
ほとんど電動バイクばかりでしたし…


[2682] タイバイク 投稿者:twindog 投稿日:2015/01/29(Thu) 01:40  

こんにちは。
CONiさんの揚げ足を取るようで申し訳ないのですが。写真のバイクはYAMAHAのRD90ですね。
特徴としては、エンジンのクランクケースカバー、シリンダーヘッド、一つだけ残っているメーターのハウジング形状が完全に後期のRD系のデザインですし、バックミラーやウィンカーの形状は70年代後半から80年代前半のYAMAHAの共通デザインです。
よく見るとガソリンタンクにYAMAHANのロゴがありますし。
年代的に言って 70年代後半から80年代前半のYAMAHA RD90です。。
最もこの年式は日本国内で販売された年式なので、タイではもっと長期間生産されていたでしょう。
私が最初にタイに行ったときは、まだバイクは2サイクル全盛だったのですが、一昨年10数年ぶりに行ったときはほぼ完全に2サイクルのバイクは絶滅していたのに驚きました。たまにバンコク市内で2サイクルの音を聞くと、十中八九トゥクトゥクが走ってきました。
でもこうやってまだ、2サイクルのバイクも生き残っているんですね。アナーキャさんがおっしゃっていたタイは異常に物持ちがいいと言うのもうなずけます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -