掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2917] 魔の倫敦 投稿者:tada 投稿日:2015/07/13(Mon) 23:13  

仕事でこれだけ訪英できるのはある意味幸せかと思っておりますが、狂乱物価と素材の味のみで勝負するレストランを乗り切るスキルも随分と身についてきたのはちょっと悲しくもあります。スリランカ人でUKで長いこと仕事している同僚に話しを聞くと、倫敦塔はほっといても客がくるからずんどこ値上げするんだと言っとりました。

>そういえばIWMのロンドンからムスタングとFw190が移ったはずですが、展示されてました?
僕の興味は最近のジェット機にあり、あまり覚えておりません。申し訳ないです。
ダックスフォード入場料は高いので再訪する可能性は薄いですが、行けば注意して見ときます。


[2916] 弱った 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/13(Mon) 14:23  

ページ内に入れてる広告で、どうも胡散臭い金融関係のものが出始めてるので注意しといてください。
ブロックをかけてるんだけどなあ。

株式だろうがFXだろうが、あらゆる自由市場の未来予測は原則論として不可能です。
グラフを使おうが、秘伝の術を使おうが、熱エネルギーによる永久機関が
原理的にできないのと同様に、決して乱数系の未来予測はできませぬ。
乱数系は何が起こるかは完全に予測できますが、いつ起こるかは決して予測できませぬ。
決して、です。
そして自由市場で利益を上げるにはいつ、を予測しないと話しにならんのです。
そういった怪しい広告は無視するようにしてください。


[2915] イギリス 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/11(Sat) 20:14  

tadaさん、お久しぶりです。
1年ほどでずいぶん回られてますね。羨ましい限りです…。
私がダックスフォードに行ったときはまだ大格納庫が改修中で、
さらにほとんどボランティアというかヴェテラン(退役兵)の解説の方もいませんでした。
レストア格納庫でプカラを直してたおじさんに、アルゼンチン機は構造が変だ、
という話を聞いたくらいですね。
そういえばIWMのロンドンからムスタングとFw190が移ったはずですが、展示されてました?

ロンドン塔、24ポンドですか…
相変わらず狂乱物価ですね、イギリス。
あ、投票機なくなってましたか(笑)。
あるいは真犯人が特定できる新資料でも見つかったのかなあ。

となるとダックスフォードも値上がりしてそうですね。
そのくせ大英博物館とかは入場無料ですから、バランスは取れてるのかなあ。


[2914] 倫敦塔 投稿者:tada 投稿日:2015/07/11(Sat) 07:59  

こんにちは。
ずいぶん前にロンドンRAFミュージアムについて書き込したtadaです。
あれから順調に訪英回数を重ねまして、ロンドンRAFミュージアムは3回、ダックスフォードIWMは1回、ロンドンIWMは1回と英国に毒されております。
ダックスフォードは説明係のおじ(い)さんが面白いですね。コメットさんの中にいたおじいさんの疲労破壊の話は非常に興味深かったです。あと、ブラックバードを作った理由がこれっぽっちも思い浮かびませんでした。たんなるおもちゃ?
2週間ばかり前の訪英時に倫敦塔に初訪問しました。ということで、こちらの2006年ロンドンの記事を読み返していたのですが、入場料15ポンドでしたか、当時。今回24ポンド払いました。レートは約200円なのでほぼ5000円。費用対効果は微妙ですが、楽しめました。なお、「誰が殺した」投票機は撤去されておりました。


[2913] 続く 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/10(Fri) 19:44  

そんなわけで約1ヶ月続いたスピットファイア強化月間は、
バトル オブ ブリテン初日のこの日を持って終了です。
ただし、航空機愛好機関補充期間はもうちょっと続きます。
ちなみに次の機体が何になるかは秘密だニャー。


[2912] いろいろ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/06(Mon) 23:55  

水抜き剤さん、初めまして。
変なリベットだとは思ってましたが、そんなのがありましたか。
情報どうもです。
スピットなんかも初期はそれほど機体表面の空気抵抗に気を使ってないので、
500km以下の機体の場合、よほど低出力エンジンでないと気にしなくていいのかもしれませんね。

ヒラオさん、パンター以外のものはお金で買えるものなのですが、
さすがにパンターはなあ、という事でちょっと調べてみました。
で、調べてみたら、これもこの人、お金で買ってました(笑)。

ドイツ人のパンターマニアの情報を追いかけてみると、
戦後、工場に放棄されていた車体を部品単位で検証するためにイギリスが持ち去った車両で、
エンジンを含めたパーツをほとんど剥ぎ取られた状態で(写真を見ると砲身は途中で切断されてる)
1970年代にはスクラップ扱いになっていたようです。
それを、このオジイチャンが1977年に買い取って、
コツコツとレストアしたらしく、30年近くかかってのレストアでしょう。
よって、おそらくエンジンはガランドウか、適当に別の物を積んでる可能性が高いですし、
砲身も他から持ってきたんじゃないかと思います。
資料性云々は別にしても、スゴイ話ではありますね。


[2911] やっぱり 投稿者:ヒラオ 投稿日:2015/07/06(Mon) 23:18  

保存状態が良すぎる、というよりはキッチリとレストアされたと考えるべきでしょうね。パンターとアハトアハトは。
パンターはA型とG型両方の特徴が見られるようで、まあ大戦後期にもこういうハイブリッドな車両はあったでしょうけど。

ただ、他にも見つかった、魚雷とかV−1に関してはけっこうオリジナルっぽい感じがします。映像の限りでは。

しかし一人でコツコツレストアしたのかなぁ。しばらく前までは戦車が走り回ってたって報道もあるようですし。ジイさんの年齢も気になります。
従軍経験者の90代なのか、戦中戦後生まれの70代なのか。

次号のアーマーモデリングあたりが詳報してくれる事を期待します(笑)。


[2910] グリフォンスピット 投稿者:水抜き剤 投稿日:2015/07/06(Mon) 00:46  

初めまして、水抜き剤と申します。いつも楽しく拝見させていただいております。
航空機愛好機関のグリフォンスピットファイアの記事も読ませていただきました。個人的にスピットファイアはグリフォン搭載型の方が好きなので詳細なディテール写真の数々に感激してしまいました。
さて記事内で指摘されているエレベーターのリベットですが、リベットヘッドに穴が開いているのを見るに、ブラインドリベットではないでしょうか?
ブラインドリベットは狭い個所などで当て盤が当てられない箇所に使うリベットで、反対側からリベットを押えることなく片側から打つことが出来るのがウリです(但し普通のリベットより耐久性に少々欠けるそうです)、今回の場合は機体の端っこですし当て盤が反対側から当てられないので仕方なく使っているのではないかと思います。
現代の軽飛行機では主翼にも胴体にも万遍なく多用しているのを見かけます。速度性能は求められていないからというのが理由でしょうね。

ttp://ihc.monotaro.com/topic/080314/


[2909] レプリカ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/07/05(Sun) 21:37  

ヒラオさん、ドイツにもこういう人、居るんですね(笑)。
押収されたのは兵器コレクターだという事なので、パンターはよくできたレプリカ…にしては
砲塔周りがやけにデキがいいので、スクラップからレストアしたものですかね。
少なくともこれまでも存在が確認されていない車両ですが、オリジナルの要素はあまり残ってないように見えます。

通りすがりさん、あの機体は事実上のレプリカで、庭に飾って自慢するにはいいですが(笑)、
資料性はないので、私はあまり興味が惹かれないのです。


[2908] セール中 投稿者:通りすがり 投稿日:2015/07/05(Sun) 16:53  

一機いかがですか?

http://www.afpbb.com/articles/-/3053621


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363] [364] [365] [366] [367] [368] [369] [370] [371] [372] [373] [374] [375] [376] [377] [378] [379] [380] [381] [382] [383] [384] [385] [386] [387] [388] [389] [390] [391] [392]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -