掲 示 板
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照先
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
パスワード (記事メンテ用)

[2739] ワット・ポー 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/03/11(Wed) 08:15  

寺院内のマッサージ学校は、私も不思議に思って現地の人に聞きました。 それによれば、僧侶は医師の役割を果たしていたので、マッサージも技術としてもっている人々がおり、王族などに施術していたようです。 それがもとになって、タイ古式マッサージになったとの事です(資料による真偽不詳)
http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=15

>寺院の子供
タイ仏教では僧侶の結婚は禁止と思いますので、子供は孤児を育てているのか、寺の下働きの人の家族なのではないでしょうか。



[2738] 海老とタイ 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/03/11(Wed) 00:13  

すぅさん、言われてみればカッコいい感じもありますね。
連中は水の中に居るとかなり印象変わりますし。
海老の目があんな動きをするのか、というのは今更ながら初めて知りました。
ちなみに1枚目の写真の撮影後、私が注文してしまった分、2匹分が減っております(笑)。

CONiさん、確かに微妙にひっかかりますね、その辺りのネーミング(笑)。
靴、やはり脱ぐのが普通でしたか。

外人料金はアユタヤの渡し舟がそれだったので、やはり観光地のお寺もそうなんでしょうね。
そういや、10年前に見に行ったルンピニのムエタイはタイ人の2倍以上の料金でした。
その代わりリングサイド、それどころか選手控え室にまで入れましたが。
(というか、なぜか売店がそこにある)

アジアの旅行で自分の貧相な外見はひとつの武器でして(笑)、
今回はアユタヤの涅槃仏で金くれ、と言われた以外、完全に無視され続けました。
王宮周辺にもタクシーとトゥくトゥクがかなり居たのですが、
その前を通過中、誰も声をかけて来ずでした。
人間、何かとりえがあるものだと思ったり(笑)。

MURAJIさん、初めまして。
あの時の某氏さんのフランス旅行記は2011年の旅行でだいぶ参考にさせてもらってます。

あ、共産党軍既にやってはいますか。
後は規模が追いつかなかったんですかねえ。
朝鮮戦争のときは、万単位の人間が夜までにこっそり移動して、
深夜にチャルメラの音とともに突撃、という戦法を繰り替えし、
数度にわたってアメリカ軍をパニックから壊滅に追い込んでます。

アメリカ海兵隊の下士官が、チャルメラの音に驚いて、
中国人だ!叫んで隣のやつを見たら綿入り帽子を被った中国人だったとか、
夜襲の時、中国兵は鉄兜の形でアメリカ兵と友軍を見分けていたらしく、
無帽だった兵士が目の前に現れた中国人にアメリカ兵はあっちに行ったぜ、と
反対側をと指をさすと、わーっと、みんなで走って言ったとか、
半分笑い話のような戦闘がいろいろあったようです。

もっとも雲山の戦闘などではアメリカ軍は大隊の3/4が死傷で未帰還とか
笑ってる場合でない損失を出してるんですが…

カンブリア生物もいい味だしてますね。
あの時代に絶滅は、創造担当の神様のデザインが前衛的過ぎて、
絶対神からダメだし食らって全部やり直しとなった結果ではないかと思ったりもします(笑)。



[2737] いつも楽しく読ませて頂いてます 投稿者:MURAJI 投稿日:2015/03/10(Tue) 22:24  

どうも初めまして。
いつも旅行記とか楽しく読ませて頂いております。
昔は某氏さんと一緒にフランスやルブルジェ航空博物館に行ってたりしました。

日記にありました日中戦争時に奇襲とかゲリラ浸透とかは北支で共産軍が多用してますね。
ただ日中戦争は日本軍占領地域と国民党占領地域の間を跨って、中国の郵便局ネットワークが機能して占領地域関係なく郵便が届くという謎戦争なので、何が起こっても不思議ではありませんw
大戦末期には日本軍に補給がないので前線部隊の殆どが徴発した中国民間服着て戦闘してたり、石油がないので家という家から酒を徴発してアルコール精製して戦車やトラック動かしてますし。

あとエビとか甲殻類系の口周りとかは昔のアノマノカリスとかとけっこ似てて、その系列なんだろう、なと思わせてくれます。



[2736] ワットポー 投稿者:CONi 投稿日:2015/03/10(Tue) 18:42  

むかし「ホットポー」っていうお湯で溶かして飲む飲料があったけど、
ワットポーとは関係ないですかねぇ?
消臭剤の「サワデー」もタイとの関係が気になるところですが。

日本国内のタイ式マッサージ店に行くと、
タイのワットポー発行と称する免許証みたいなのが貼り出してあることがあります。
お店の人に聞くとたいてい店長さんのだとか言われます。
体のマッサージと足マッサージは別免許と聞いたこともあります。
タイのお寺の免許が日本でどの程度認められるのかと思うのですが。

タイのお寺とか博物館で、靴を脱ぐケースは結構ありますよ。
基本、タイ人は家の中で靴を脱ぎますし、田舎に行くとネットカフェでも靴脱いで入るお店が結構あります。

タイのお寺の拝観料はタイ文字でタイ人料金が書いてあり、
英語で外国人料金が書いてあると聞いたことがあります。
近所の人なら入り口で「やぁ」とかって入れてもらえると思いますが。

以前、タイ人の友人と地方の遺跡を見に行った時、入口で「口をきかないように」といわれ、
友人が料金をまとめて払ってくれたことがありました。
私がぱっと見タイ人に見えるので、料金節約したんだと思います。

ところでワットポーの近くに「今日はワットポーおやすみ、タクシーで観光に行かないか?」
っていう客引きはいませんでしたか?
よくガイドブックに書かれてすが、私も声をかけられ、「よく日本人と見破ったな」と感心したことがあります。


[2735] エビ 投稿者:すぅ 投稿日:2015/03/10(Tue) 08:53  

こんにちは。
エビもそうですが、基本的に水中にいる甲殻類は皆良い恰好していると感じますね。
オニテナガエビやタイワンガザミなんかのアンバランス感も何とも言えない良さがあると思います。
やっぱり水中で、鰓呼吸可能なことと、浮力があるおかげで陸上よりも自由な恰好できてると感じます。
そういう意味では陸上外骨格派の昆虫たちは相当頑張っているのでしょう。体の大きさも制限されてますし。。。
…今回は数は数えませんでした。たぶん彼らは明細とか気にせずどんぶり勘定な気がします!!!


[2734] 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/03/05(Thu) 23:43  

まあ、あの機体の最大の特徴は、艦載機の戦闘機に、
蛍という名を付けるイギリスセンスかもしれませぬ(笑)。


[2733] フェアリー ファイアフライ 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/03/05(Thu) 12:16  

この機体は『世界の駄っ作機 蛇の目の花園編』で読んだので、現物の写真は感慨深いものがありました。

翼下にそれぞれ下げているのは、増槽でしょうか?
スピットファイアのような円形の翼端がセクシーです。
翼から突き出ているのは20mm×4ですよね。
このボロボロ状態で、もし撃ったら凄い事になりそうです。

「無事是貴人」と言いますが、二人乗り偵察も出来る大型戦闘機は、実戦に合う機会も少なく、多くが基地に帰ってこられたのは大慶なのです。 老後は標的係留機というのは、それしか使い道がなかった駄っ作機よりかは、幸せな気がします。


[2732] 破壊創造 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/03/04(Wed) 23:33  

ああ、そうか考えてみればGoproもそうですが、ウォークマンも、
アイフォンも、全て既存の技術を分解し、再構築して
既にあるものから、今まで無いものを作り出した過程ですね。

…ボイドの破壊と創造のキチンとした説明、できそうな気がしてきましたが、
とりあえず、今は旅行記を片付けます。


[2731] イカス ネコさん 投稿者:五反田猫 投稿日:2015/03/04(Wed) 09:46  

得意げな顔が可愛いですね。面白かったです。

日本のデジカメ屋さんとは長い付き合いだったのですが、GoProに対する開発者の言い分は、あんなものいつでも作れたとの事。 
製品化するかは、結局市場のユーザの興味をひくかと、企画側の判断です。

日本の場合は、ヘビーユーザ、写真愛好家の話を聞いて一眼レフ・デジカメは発達させたが、新しい使い方をするユーザーには、あまり興味を持たなかったのでしょうね。

カメラを既存の使い方と違う所で楽しむ分野は、これからも発達すると思います。 やっと日本メーカーも追かけ始めましたが。



[2730] チョークール 投稿者:アナーキャ 投稿日:2015/03/03(Tue) 23:32  

イカスぜ。

https://www.youtube.com/watch?v=vYyUb_MI7to


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100] [101] [102] [103] [104] [105] [106] [107] [108] [109] [110] [111] [112] [113] [114] [115] [116] [117] [118] [119] [120] [121] [122] [123] [124] [125] [126] [127] [128] [129] [130] [131] [132] [133] [134] [135] [136] [137] [138] [139] [140] [141] [142] [143] [144] [145] [146] [147] [148] [149] [150] [151] [152] [153] [154] [155] [156] [157] [158] [159] [160] [161] [162] [163] [164] [165] [166] [167] [168] [169] [170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [179] [180] [181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [193] [194] [195] [196] [197] [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [205] [206] [207] [208] [209] [210] [211] [212] [213] [214] [215] [216] [217] [218] [219] [220] [221] [222] [223] [224] [225] [226] [227] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] [239] [240] [241] [242] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [254] [255] [256] [257] [258] [259] [260] [261] [262] [263] [264] [265] [266] [267] [268] [269] [270] [271] [272] [273] [274] [275] [276] [277] [278] [279] [280] [281] [282] [283] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [295] [296] [297] [298] [299] [300] [301] [302] [303] [304] [305] [306] [307] [308] [309] [310] [311] [312] [313] [314] [315] [316] [317] [318] [319] [320] [321] [322] [323] [324] [325] [326] [327] [328] [329] [330] [331] [332] [333] [334] [335] [336] [337] [338] [339] [340] [341] [342] [343] [344] [345] [346] [347] [348] [349] [350] [351] [352] [353] [354] [355] [356] [357] [358] [359] [360] [361] [362] [363]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -